なぜバルナック型ライカか?
 このカメラを買ってもう20年になる。以来出張や散歩のお供にもって行った。常に使っているせいか一度も不具合や故障もなく元気である。とはいえ距離計の二重像はかなりあやしくなっているがよほど暗い被写体でないかぎりピント合わせに困ることはない。いわゆるブラック・シンクロモデル(IIIFの初期型)で中古市場ではお手軽値段のライカである。ストロボは1/30秒に同調する。
 レンズはエルマー5cm F3.5、70年くらい前の俗称ニッケルエルマーだか軽くて良く写る。絞りは大陸メモリ(3.5、4.5、6.3、9、12、18)だが不便を感じたことはない。他にも50ミリレンズは数本あるがたった「ひと絞り半」明るいだけで重さは3倍にもなってしまう、この暗いレンズで十分である。沈胴型なのでライカの携帯性がすこぶるよくなる。10年くらい前にグリースがあやしくなってきたのでメンテに出したことがあるがレンズの値段より高かったことを覚えている。19ミリΦのスカイライトフィルターはレンズ保護用である。
 唯一贅沢といえるのがライツ・ブライトラインという50mmの外付けファインダーだ。被写体が隅々までよく見えることは写真のできに影響すると思う。内蔵ファインダーはお世辞にも見やすいとは言えないからだ。
 当時「牛が引ける」と皮肉られたネック・ストラップ(吊革)を使っている。「ゴツイ」印象だが革は丈夫で柔らかくボディにやさしいのが気に入っている。革の表にはLEITZ WETZLAR GERMANYの刻印があるが本物かどうかは怪しい。  
Home