Welcome to BBS Log site.

Return to BBS Log Index


 (1月24日から3月14日までのデータが抜けて不完全です。)
 (H.Horiuchiさんから一部補充して頂きました。Thanks.)



---------------------- (1998/01/01 - 06/30) 昇順 ---------------------

 簡易伝言板です。何でもご自由に書き込んで下さい。

 アスキーネットのBBSに書き込んで頂いた皆さんへ、
 いろいろ有り難うございました。こちらは簡易BBSですので以前
のデータを持ってくることができませんでした。今後ともよろしく
お願い致します。

  T.Kubo/x-pds


掲示板が新しくなったのですね.この方が好きです.

 タイトルのカメラですが,先日がらくた屋(古物屋)で見つけ
 ました.とはいっても18,000円だったので買いませんでしたが.

 畳んでおいてあったのでどのようにして開けるのかわからなか
 ったのですが(店主も知らなかった...)近くの中古カメラ屋に
 走って聞いてきてくれました.何もないところにボタンが隠さ
 れているんですね.そりゃわかりませんね.

 レンズはF値の記述もないような単玉っぽいもので,絞りとシャ
 ッターが前に付いていました.絞りも1〜4までの数字のみ.そ
 してシャッターは単速(多分1/50ぐらい?).

 120フィルムが使えるということで,今度いったときに試し撮
 りをさせてもらおうかなぁ.ちょっと写りが気になる今日この
 頃です.

 minamiさん、こんちは。

 これは簡易掲示板で小さなプログラムです。ご覧のように書き込み
がそのまゝ出てきますので、30個以上書き込みがあると古い順に消
えていくようにセットしています(重くなるので)。

 コダックJRはWEBにもありますが、よくできたカメラです。
 120フィルムが使えるのは珍しく大方は620フィルムを使いま
す。Kodak Anastigmat f7.7の付いたものは大変シャープに写るそうで
す(エド・ロムニー氏談)。しかし単玉は単玉で面白いので撮ってみ
たいですね。私は最近、写りそうにないカメラで撮ってみるのが面白
く、先日東京ドームであった物産展に行ったときはピコレット(コンテ
ッサ・ネッテル、1920年頃)で撮りました。まだ焼いていませんが
ネガを見る限りよく写っているように見えます。では、T.Kubo


菅間と申します。初めて投稿します。
 4×5カメラ B&Jプレスカメラを入手しまして、1年かけてやっと感動品に成りましてworensakのレンズを試し撮り
 しました。皆さんの中にこのプレスカメラの生い立ちを知っている方がいましたら、いつごろ作られて居たのか教
 えてください。
 以上。

 笠間さん、こんちは。45のプレスカメラはスピグラやクラウン以外に2、3コ
ピーも出たようですが、B&Jプレスというのはよく分りません。時間をかけて完動
品にされたとか。写ったネガを見たら感激もひとしおでしょうね。
 私も写りそうもないカメラに手を加えて「写り」の意外性に感激することがよく
ありますが、作業自身を楽しんでいることも事実です。

 薦田さん、アクセスありがとうございました。ベス単は比較的簡単にソフトが楽
しめるので私も愛用しています。ペンタックスSVですとスクリューマウントです
ね。このヘリコイドが手に入れば事は簡単ですが入手は難しいと思います。
 そこで私が実現したのは、タクマー55mmf1.8をワゴンセールで買ってきて、
そのヘリコイドを利用する方法です。500〜1、000円くらいでした。タクマ
ーのレンズをすべ取っぱらいますが、絞りはバラ必要はありません。1mmのアル
ミを円形に切って中心にべス単をシャッターアセンブリーごと取り付けます。穴は
20mmΦです。これを最前玉の位置にタクマーの前玉押さえリングで締め付けて
固定します。ベス単レンズの焦点距離は72mmくらいですが、メニスカス(三日
月型)レンズなので実際の焦点の位置はレンズより20mmくらい後ろになります。
すなわち、55mmのヘリコイドでも∞から50cmくらいまでのピントがきます。
 スクリューマウント用ソフトを一本作っておくとSPFや、変換リングを用いて
Kマウントカメラにも使えるので便利です。他のソフトレンズでは味わえない滑ら
かなソフト効果を楽しんでください。

 では、T.Kubo


H.Horiuchi Title: Kuboさん 有難うございました
[02月01日(日)07時13分]
 533/16のフィルム送りの件ですが、御助言有難うございました。お話を
うかがって、勇気がわいてきました。カメラに興味が出始めた頃なもので
すから、ついついあちこちに手をのばしたくなってしまいます。新たなカ
メラとの出会いは興奮しますが、トラブルも恐いですね。この辺は沢山経
験なさっていると思いますが、対処はどうなさっているのでしょうか。殆
ど御自分で直してしまわれるのですか? ロムニーブックは必携の書籍な
んでしょうか? まだまだ自分の中で謎だらけです。

H.Horiuchi Title: フィルターとシェード 
[02月26日(木)15時17分]
 古いカメラで、既に専用のフィルターやシェードが手に入らない時は皆さん
どうなさっていらっしゃいますか? ちなみに私の場合は、何度かお話しした
スーパーイコンタ533/16用のフィルターとシェードが見つからなくて困ってい
ます。計ってみますと37ミリかなぁと思えますが、スリップオン式なので現行
のものが合いません。海外通販のカタログを見ますと、それらしき口径のフィ
ルターはありそうなのですが、普通のUvとかであるのかが分かりません。私は
カラー撮影がしたいのですが・・・。シェードはカタログにも出てこないよう
に思えます。この辺りの事情をお教え下さい。



T.Kubo Title: 蛇腹カメラのフィルターとフード 
[02月26日(木)20時56分]
 そうですね、純正のフードやフィルターはなかなか手に入りません。特に蛇腹
カメラの場合、ネジ式は少なく被せや差込型が多く市販のフードやフィルターは
使えないのが実状です。日頃、ジャンクボックスからいろんなフードやフィルタ
ーを買い集めておきカメラに併せて作る(改造)というのが私の友人達のもっと
もポピュラーな方法です。
 被せフードの場合は少し径の大き目のフードに硬化ビニールの輪になったもの
(パイプをカットしたようなもの)を内側に張り付けているのが一番スマートな
方法です。
 私は45カメラ用のゼラチンフィルター兼フードを使ったりしますが、これは
撮影会の時くらいで、持ち歩きが面倒なので普段は使いません。レンズに挟みバ
ネでクリップして使うようになっています。
 スナップなどで、直射日光がレンズに直接当たるときは手でハレキリをした
り、
誰かにハレキリを頼んだりします。三脚を使う時はともかく、手持ちでは言う程
簡単ではありませんが古いレンズでは効果が有ります。
 フィルターはセロテープで貼り付けると言ったら何とも原始的ですよね。
たゞ、
UVやスカイライトをレンズ保護に使おうと思っても、フィルターを付けたまゝ
ではカメラを畳むことができないのが普通で、期待しない方がいゝと思います。
 スーパーイコンタ(69)に関して、
 スーパーイコンタ(69)の戦後の製品はレンズの外周にローレットが刻んであ
り40.5mmのラバーフードやフィルターが使えます。ただし、ネジは外周なのでラ
バーフドを一旦リングから外して逆向きに付けてやる必要があります。
 私はスーパーイコンタ69をよく使いますので、長年フードで悩んだ末、次の
方法に辿り着きました。まず、40.5mmのラバーフードのリングだけを常時レンズ
に取り付けておきます。このリングを取り付けてもスーパーイコンタは折り畳む
ことができます。そして撮影のときは、ライカのズミクロン50mmF2用のフード
をワンタッチでそのリングのネジの部分に挟んで使います。文章で書くと分かり
難いのですがやってみると簡単です。これは戦前のスーパーイコンタには通用し
ません。では、T.Kubo



H.Horiiuchi Title: 6×6スプリングカメラのピントでまた悩んでます 
[03月13日(金)16時34分]
 T.Kuboさん、いつも御助言有難うございます。
 さて今回は、先日某有名リペア専門店から帰ってきた私のスプリングカメラに
ついてお話します。距離計がくるっていましたのでその調整をお願いしたのです
が、試し撮りをしましたらピントが合っていません。f8ぐらいに絞ればどうにか
か見られるのですが、開放f2.8とかf4ではぼんやりです。玉は80ミリです。
 常々、6×6のピントは浅いので一絞りか二絞り絞ることなんて父に言われたよ
う
な記憶がありますが、専門店でも調整しきれないなんてことあるんでしょうか。
なんだかモヤモヤしていますので、今度は三脚に載せてバッチリと試し撮りを
してから、お店に持ち込もうかなぁ〜などと考えています。御意見を頂戴したく
思います。皆さんはこのような悩みはありませんか?



T.Kubo Title: スプリングカメラのピント 
[03月13日(金)20時50分]
 蛇腹カメラのピントは難しいものがあることは事実です。昔と今ではフィルム
ベースの素材の違い、裏紙の厚みなどに差があるため、発売当時の新品でも必ずし
も今のフィルムを使ってベストピントが得られるかどうかと言うと疑問です。80
mmF2.8クラスではかなりシビアだと思います。また蛇腹が膨らむ時の負圧か
らフィルムが前にのめってピントを悪くすることもあります。これは撮影状態でフィ
ルムを巻けば避けられます。
 買って来た蛇腹カメラをそのまゝ使うと、理由はよくわかりませんが、往々に
して前ピン(狙ったポイントより前にピントが合う)の傾向があるように感じてい
ます。必ずしも全てのカメラがそうといわけではありませんが。
 また、連動機構の調整の自由度はそれほどなくお手上げの状態になることもあ
ります。私はコレクターではなく、写真を撮って楽しむ方に魅力を感じていますの
で、ピントが悪い場合は自分でシャッターごとレンズを前後させてピントを調整して
います。前ピンの場合は、調整のために入っている何枚かのリングを減らします。
後ピンの時はリングを作って追加します。リングはアルミ板で作りますが、時には
厚紙を使うこともあります(せいぜい0.5〜1mm)。もちろんピントは無限遠
で調整します。スーパーイコンタなどは、この方法で調整すると見違えるほどピント
のいゝネガが得られることがあります。
 蛇足ですが、WEBに載せたピコレットはテッサー75mmF4.5付きです
が固定焦点のカメラです。4〜4.5メートルにピントが固定されていて、後は深度
でカバーするしか方法のないカメラです。しかしいくら撮ってもシャープな画像は得
られず、思い切ってリングを足して2mmほどレンズを前に出してみたら、びっくり
するほど鋭いピントを結ぶようになりました。作例は調整前の写真です。
 私の方法がいゝか悪いかは別にして、Horiuchiさん、ご参考になれば幸いで
す。
 では、T.Kubo



中古カメラ屋で、コニカのセミ版スプリングカメラを見つけました。
 距離計連動でコニカの75ミリ4.5がついていたとおもいます。露出計無しです。
 程度が良く、精密感があり欲しくなったのですが、どなたかこのカメラのことをご存じないですか。
 写りや中古相場などもお教えいただければ幸いです。

 Yuji Hagioさん、こんにちは。
 パールは戦後発売された小西六のセミ判(6x4.5cm)蛇腹カメラです。
戦前にはセミパールというのがありましたが距離計は付いていません。
 パールは大きくわけて、I型、II型、III型と最終機のIV型があります。それ
ぞれの特徴は、I型は距離計が付いていますが連動はしません。いわゆる単独
距離計と称するもので測距した値をカメラにマニュアルでセットして撮影する
方式です。
 II型から距離計は連動するようになり、III型でフィルムが自動巻止めになり、
IV型では採光型ブライトフレームが付き完成された蛇腹カメラになります。
 Yuji Hagioさん、言われるカメラは情報が少ないのでどれに該当するか確か
なことはわかりませんが、75ミリF4.5ならパールII型初期だと思います。II
型以降のパールのレンズはヘキサー75mmF3.5が定番であり、F4.5はI型、もし
くはII型の初期に付けられていたからです。あくまで推理ですが。
 パールII型の特徴は、一眼式距離計(距離計とビューファインダーが同じ窓)、
焦点深度環、コニラピッドSシャッターなどです。私も以前にこのモデルを持
っていて使ったことがありますが、よく写るカメラでした。スーパーセミイコ
ンタに比べるとややボディが大きかったような記憶があります。
 できるだけ寒い日にスローシャッターが正確に動くかどうかを調べて買われ
ることをお薦めします。レンズシャッターのスローは夏はOKでも冬の寒い時
期になると粘りがちです。中古相場は2〜4万円くらいでしょうか。T.Kubo



H.Horiuchi  Title: 6×6スプリングカメラのピントでまた悩んでます
 [03月13日(金)16時34分]

  T.Kuboさん、いつも御助言有難うございます。
  さて今回は、先日某有名リペア専門店から帰ってきた私のスプリングカメラに
 ついてお話します。距離計がくるっていましたのでその調整をお願いしたのです
 が、試し撮りをしましたらピントが合っていません。f8ぐらいに絞ればどうにか
 か見られるのですが、開放f2.8とかf4ではぼんやりです。玉は80ミリです。
  常々、6×6のピントは浅いので一絞りか二絞り絞ることなんて父に言われたよう
 な記憶がありますが、専門店でも調整しきれないなんてことあるんでしょうか。
 なんだかモヤモヤしていますので、今度は三脚に載せてバッチリと試し撮りを
 してから、お店に持ち込もうかなぁ〜などと考えています。御意見を頂戴したく
 思います。皆さんはこのような悩みはありませんか?

 蛇腹カメラのピントは難しいものがあることは事実です。昔と今ではフィルムベ
ースの素材の違い、裏紙の厚みなどに差があるため、発売当時の新品でも必ずしも
今のフィルムを使ってベストピントが得られるかどうかと言うと疑問です。80m
mF2.8クラスではかなりシビアだと思います。また蛇腹が膨らむ時の負圧からフ
ィルムが前にのめってピントを悪くすることもあります。これは撮影状態でフィル
ムを巻けば避けられます。

 買って来た蛇腹カメラをそのまゝ使うと、理由はよくわかりませんが、往々にし
て前ピン(狙ったポイントより前にピントが合う)の傾向があるように感じていま
す。必ずしも全てのカメラがそうといわけではありませんが。
 また、連動機構の調整の自由度はそれほどなくお手上げの状態になることもあり
ます。私はコレクターではなく、写真を撮って楽しむ方に魅力を感じていますので、
ピントが悪い場合は自分でシャッターごとレンズを前後させてピントを調整してい
ます。前ピンの場合は、調整のために入っている何枚かのリングを減らします。後
ピンの時はリングを作って追加します。リングはアルミ板で作りますが、時には厚
紙を使うこともあります(せいぜい0.5〜1mm)。もちろんピントは無限遠で調
整します。スーパーイコンタなどは、この方法で調整すると見違えるほどピントの
いゝネガが得られることがあります。
 蛇足ですが、WEBに載せたピコレットはテッサー75mmF4.5付きですが固
定焦点のカメラです。4〜4.5メートルにピントが固定されていて、後は深度でカ
バーするしか方法のないカメラです。しかしいくら撮ってもシャープな画像は得られ
ず、思い切ってリングを足して2mmほどレンズを前に出してみたら、びっくりする
ほど鋭いピントを結ぶようになりました。作例は調整前の写真です。

 私の方法がいゝか悪いかは別にして、Horiuchiさん、ご参考になれば幸いです。
 では、T.Kubo



ペンペン太郎  Title: 変わったサイズは?
 [03月14日(土)08時58分]

 はじめまして。
 オリンパス・ペンFTのスタイルが好きで購入を考えているんですが、ハーフ判についてわからない事があるのです。
 それはプリントについてなんですが、ハーフ判で撮影したフィルムは普通のDPEに頼んでも、ちゃんとプリントされるの
 でしょうか?
 まさか2コマを1枚にプリントしてしまうって事はないですよね。
 それとも手焼きをしてもらうのですか?どうなんでしょう。
 それさえハッキリすれば購入してしまうのですが、どなたかご教示下さい。

 このWEBのスタッフの一人はオリンパスペンWを愛用しています。彼に聞いた
ところ、今でも普通のフルサイズ同様の処理をしてくれるそうです。T.Kubo



H.Horiuchi  Title: 6×6のピントの道は遠い・・・その3
 [03月28日(土)08時45分]

 T.Kuboさん、どうも。続きです。
  リペア専門店再度行って来ました。社長さんいわく、計測による数値的には
 既にこれでピタリなのだそうです。ですが、このカメラの諸々の事情でやはり
 数値による調整ではピントは来ないようなので、あとは実写をしながら職人的
 感によって調節しますとのことでした。Kuboさんがおっしゃっていたレンズを
 工夫して前後させるという作業をして下さるということでした。
  私としましては、5.6くらいでシャープになればいいかななんて弱気になって
 いましたのですが、社長さんは、ここまで来たのですから徹底的にやりましょう、
 もともとこのツァイスの距離計は正確なのですからと言って下さいました。
  まったくもって他力本願の私ですが、深く感謝するばかりです。また一ヶ月
 程かかるのかなぁ〜と思えますが、これでピントが来ればあとはバラ色です。
 その日が待ち遠しいです。実は我が家には極少数ですが、半病人のクラカメが
 リペアを待っているのでした。お小遣いをためてなんとかせねばのこの一年に
 なりそうです。自分である程度出来るようになりたい! まずは御報告まで。



菅間光雄  Title: リーフシャッターのメンテ
 [03月28日(土)13時50分]

 久保さん、リーフシャッターのメンテの内容、了解しました。やはり日陰を作ってやることが手ですね。
 そのつもりでしたのが、気がつくとあの有り様、調べてみましたらスピグラにも立派なフード、丁度
 四角い箱、いや筒を斜めに切ったようなフードのかかった写真を見ました、あれだと思いました。
 しかし、湯煎には気がつきませんでした。ラパックスの1番シャッターだと思いますが、0番はライカ
 アメリカにローレンザック社が収めていたときには有ったのでしょうかね、口径から察すると1番
 相当かなと認識しています。
 400分の一秒までありますが、ちっょと長手時間に誤差が生じております、ご指摘の様にグリス関連
 の樹脂と思われます。まあ、壊れませんので、じっくり慎重にやってみます。

 ご指導ありがとう御座います。

 以上。



杉山 勇次  Title: リーフシャッターのメンテ
 [04月02日(木)21時05分]

 久保さん、おじゃまします!!いつぞやスーパーグラフィック関連で
 お世話になりました、杉山です。ごぶさたしました。

 リーフシャッターの
 >>とんでもない荒療治
 大変参考になりました。

 実は、カルメット社製シャッターテスター?(速度計)を手に入れた
 ら、、今までどうも狂っているな・・と思ってそれなりに撮っていたん
 ですが、、変に神経質になってしまいました。
 愛用のホースマンのセイコーSLV#0番の高速が全滅状態で!!

 駒村商会さんに修理にだしたら、スーパートプコールは終了しました
 とつれない返事、スーパーERはOKでしたが!!

 そこで、自分でやるしかない!!ということで、格安のセイコー#0
 付きを集めています。(もう、2個集めました)
 1個をバラして、練習台にしようと思っています。

 それで、一つ発見しました。同じスーパートプコールでも製造年代に
 よって規格が変わっていました。シャッターチャージレバーの指当て?
 の計が大きいものと最終型の小さいものとでは、前玉・後玉とも取り付
 けネジ径が違い互換性はありません。

 うーむ、あと、1〜2個集めて二個一体制を確立しようなんて、急に
 心配性になった杉山です。

 こんごとも、よろしくお願いします。



T.Kubo  Title: hello
 [04月03日(金)09時22分]

  Horiuchiさん、80mmF2.8はあまり追い込んだことがないのでわか
 りませんが、105mmF3.5では開放でもかなりいゝピントが来ます。
  菅間さん、ウォーレンサックやコダックのシャッターは羽根に少しでも
 油が回ると調子が悪くなるのが多いように思います。
  杉山さん、しばらくです。時々顔を出して下さい。

  荒療治の後日壇ですが、これを始めて5年くらい経ったものもあります。
 幸い今も元気に動いています。「鉄を水に浸けると錆びる」のは常識ですが
 熱いうちに乾かすのがコツだと思います。とは言っても非常識な方法ですか
 ら、諦めるしか手のないシャッターを救うくらいに考えたほうが無難です。
  低速が具合悪いのはガバナーの動きが油や汚れで鈍っている場合で、どの
 スピードでも高速しか出ない場合はガバナーが完全に動かなくなった状態で
 す。これらは荒療治で完治する可能性があります。50分の1以下が正確で、
 それ以上の高速が指示値より低めに出る場合は経年変化による劣化も考えら
 れます。この場合は洗っても完治しないこともあります。
  しつこいようですが、ジャンク箱行きのシャッターに限って試されること
 をお薦めします。T.Kubo



オオニョ  Title: はじめましてローライ35について情報を!
 [04月03日(金)17時45分]

 コンパクトカメラブームですね。なんかプロの間でもビッグミニなんかも堂々と
 使ってる。ボクは基本的には希なオリンパスユーザ(OMシリーズ)なんですけど、
 このたび、コンパクト欲しくなりまして..。そこでってのも変な話なんですけど
 フル(古?)マニュアルで個性の強いのと考えまして、ローライ35です。
 これを探すに当たって注意点や35sとか機種の特徴等詳しい方がおりましたら、
 教えてください。新橋のカメラ屋がとりあえず在庫多いかな?と思ってますが
 ほかに見ておいたほうがいいカメラ屋もありましたら、教えてください。
 ゾナー、とかテッサーとかそういうレンズの違いも教えてください。



杉山 勇次  Title: リーフシャッターのメンテ
 [04月03日(金)22時02分]

 久保さん、こんばんわ!!杉山です。

 かさねがさね、シャッター修理の緊急避難術ありがとうございます。

 だいぶ前からシャッター修理の迷人になろうかと思っていました。
 いまは、部品集めに‘あれこれ’ウインドウショッピングをしてます。
 あと、絞りメモリ板に彫刻する技術が、とっても欲しいです。

 ホースマンVHはリンホフテヒニカV(23)よりも、一回り小さな
 バッグに入り、一式の重量は−500g(グラム)以上の差が出て、
 手放せません。

 凹みボード付きトプコール65mmとか・・凹みボードに初代フジノ
 ンW150mmはレンズを装着したままカメラ本体に格納できます。

 この、凹みボードにはセイコー#0番SLVしかないのです。

 凹みボード無しで格納できる(た)のは・・
 ダゴール150mmはokでした。180mm/210mmもコパル
 プレスシャッター1番に交換すればokかも!!(かもです??)

 コパル・プレスシャッター1番にコマーシャルコンゴー210mm
 f6.3はokでした。(シンクロを使うのは苦しい!!)
 コマーシャルコンゴー180mmf6.8はそのままok・・

 ひょっとして、アポランサー150mmは格納できるかも知れない!!
 なんて、しきりに、ウインドウをのぞいているこのごろです。

 もちろん、アポシロナー100・アポロナー150・アポジンマー
 100・旧ニッコールW100・M105あたりはokですけど・・

 いやはや、格納できることにこだわる杉山でした。



T.Kubo  Title: ローライ35
 [04月05日(日)14時43分]

  オオニョさん、こんちは。
  ローライ35は恐ろしくよく写るカメラです。私のはテッサー付きでシンガポ
 ール製です。テッサー、コンパーの組み合わせは高級クラカメの定番です。クラ
 カメでもないのに(当時は)、この理由だけで買ってしまいました。小さなカメ
 ラですが、さすがにメカと仕上げはローライフレックスを偲ぶ出来映えです。
  ビッグミニなどと比べると「ころころ重く」スーツのポケットに入れると、か
 なり地球に引っ張られる感じがします。一時アメックスのコマーシャルに出てい
 たようにアタッシュケースに入れるのが正解でしょうね。また、一部の機種を除
 いてストロボ用のシューがボディの下に付いているのでフラッシュ撮影のときは、
 少し面くらうかも知れません。ピント合わせは目測式なので近距離撮影ではどう
 してもオートフォーカスのコンパクトに負けます。花などの接写には弱いですが、
 その他の写りには満足しています。
  ローライ35は一般にドイツ製の方がシンガポール製より高いようです。この
 差は「ドイツ製品信仰」の名残(なごり)かも知れません。このカメラはフィル
 ムを巻き上げておかないとレンズがボディに沈みません。露出計の不具合なもの
 が多く買うときには必ず確認して下さい。T.Kubo



T.Kubo  Title: 大判レンズ
 [04月05日(日)17時57分]

  レンズを装着したままカメラ本体に格納できるかどうかは私も拘って
 います。ホースマンVHは持っていませんがレンズや45撮影装置とい
 ったアクセサリーはセンチュリーやテヒニカ用に買ったことがあります。
 今は23テクニカルカメラはあまり使わなくなりましたが、45カメラ
 に比べるとコンパクトでいゝですね。

  話は変わりますが、大判(中判)用レンズですと、コマーシャルコン
 ゴーやワイドアングルコンゴー(山崎光学)がお薦めです。小型コンパ
 クトな上に、カラーバランスが優秀で廉価なことがその理由です。プロ
 の方もフィールドではよく使っています。私は普段古いレンズの甘い描
 写を楽しんでいるのですが、時にはキリッとした写真が必要な場面もあ
 ります。こういう用途には何本かのレンズをコンゴーで揃えています。
  先日、山崎光学さんにおじゃましているとき、たまたま写真家のTさ
 んが来てダンボール箱一杯のポジをルーペで調べていました。2時間以
 上かゝりましたが、終わったとき印象を聞いたところ、「シャドー部の
 色がこうは写らない」とライトボックスの上で他社レンズとの違いを説
 明してくれました。確かにN社やF社のレンズと違いシャドー部分がご
 く自然に写っていました。
  山崎光学は75年の歴史を持つ大判レンズ専門のメーカーで、社長の
 山崎さんからはレンズ設計の失敗談やコーティングの珍事など面白い話
 をよく聞きます。タンバール(ライカのソフトレンズ)のようなライカ
 スクリューマウントのレンズを売り出して欲しいと、難問を持ちかける
 のですが、素人の私の話でもまじめに耳を傾けてくれます。そう、簡単
 にOKとはなりませんが。T.Kubo



オオニョ  Title: ローライ35
 [04月05日(日)23時38分]

 T.Kuboさんへ>ありがとうございます。お金がなく購入を躊躇していたのです
 が、やはりほしくなってしまった。ところで、「コンパー」ってなんですか?
 (ど素人ですみません)。フィルムもなんか「ライカ版」とか書いてあったの
 ですが、普通の35mm使えるのでしょうか?



T.Kubo  Title: コンパー
 [04月06日(月)09時18分]

  コンパー(Compur)はドイツのミュンヘンにあるDeckel社(1905年設
 立、シャッターメーカー)のブランド名です。当時多くのカメラメーカーはシャ
 ッターをDeckel社から供給を受けていました。今でも、どのメーカーも
 シャッターだけは専門メーカーから供給を受けています。コンパーシャッターは
 正確には、コンパー、コンパーラピッド、シンクロコンパーに大別されます。
  戦前のカメラは、ツァイスのテッサーレンズとコンパーシャッターの組み合わ
 せが最高とされていました。特に蛇腹カメラは少し高級機になると、この組み合
 わせが定番だったのです。フォクトレンダー社はヘリアー、スコパー、アポラン
 サーというツァイスに勝るとも劣らない自社製の優秀なレンズを持っていたので
 シャッターだけがコンパーでした。有名なローライフレックスやローライコード
 もコンパーです。ハッセルブラッドも昔はコンパーでした。私のピコレットは1
 920年製ですがコンパー、テッサーの組み合わせです。他にも、コンパーシャ
 ッターの付いたカメラは無数にあります。

  35mmフィルムがライカ判と呼ばれたのは、ライツの技師オスカーバルナッ
 クが作ったライカに当時映画専用だった35mmフィルムを採用したことに始ま
 ります。映画の2コマ分を1画面としてカメラに採用したわけですが、映画のフ
 ィルムは縦に走るので1コマは今で言うハーフサイズです。むしろ当時はライカ
 判の方がダブルサイズだったと思います。私が子供の頃はいろんなフィルムが市
 場にあったので「ライカ判」と指定して買っていました。今ではフィルムは他に
 APSと120しかないので、フィルムといえば35mm、ライカ判という言葉
 は死語になってしまいました。ISO感度も400が主流なのでフィルムを買う
 ときは「何枚撮りですか」と聞かれます。では、T.Kubo



オオニョ  Title: コンパー等
 [04月06日(月)12時32分]

 Kuboさん>詳しい情報ありがとうございます。非常に勉強になるとともに
 写真(機)にとても興味を持ち始めました。モノの歴史っておもしろい
 ですね。



杉山勇次  Title: ローライ35
 [04月06日(月)20時59分]

 オオニョさん始めまして、杉山ともうします。

 ローライ35の話題に参加させてください。
 20年ぐらい前にゾナー付きのローライ35を持ってたことがあります。
 たしか、35mmF2.8だったと記憶してますが・・・?
 久保さんのおっしゃるとおりピントは目測ですが、チョット絞って使えば
 3mmぐらいでもokだったように記憶してます。

 レンズの描写の好みは人それぞれですが、カリカリしないシャープさで
 とても気に入りました。
 当時、N社のレンズを使っていたんですが、コダクローム64での発色に
 四苦八苦してたころ、ローライ35ゾナーの発色は感激ものでした。
 初代コンタックスTのゾナーとよく似てます。が、やや、柔らかい描写で
 気品が漂う写りと言ったら、誉めすぎかな・・・



杉山勇次  Title: コンゴーレンズ
 [04月06日(月)21時38分]

 久保さんお世話になります。すぎやまです・・・

 山崎光学さんに顔が利く・・・もとい・・懇意だそうで・・・
 私がこのような出だしで話し掛けるときは、下心・裏があります。

 4×5用のレンズはドンドンでかく(大きく)なってしまってます。
 フィールド派は、こんなもの望んでません!!(私だけかも!!)
 イメージサークルはそれほど大きくなくていいです。
 でも175mm以上はなんとか・・・

 本音をいいますと、ワイドフィールドエクター100mmF6.3の
 コピーを作って欲しいのです。

 そこは、近代化を図って、アスフェリカルをチョット取り入れて・・
 f11で4×5をカバー(周辺光量を確保)してほしい??
 チョットお値段はってもいい!!(10manぐらいまでok)

 重量は250g以内で・・・フィルター径46mm未満・・・
 フランジバッグ95mm以上・・・全長45mmまで・・・
 シャッター#0番・・・描写はWコンゴー120mm・・・

 すみません、興奮して、スキ放題申し上げました。

 コンゴーレンズは180mm・210mm・テレ300mmを使っています。
 特に180mmF6.8が気に入ってます。



オオニョ  Title:
 [04月07日(火)15時23分]

 そうそう、なぜテッサーじゃなくて、ゾナーの情報にこだわるのかと
 いうのは、明るさのせいなんです。ちょっとゾナーの方が高価みたい
 ですけど、明るさのためならいいかな?と思っています。ところで、
 ゾナーって何ゾナ?って洒落ている場合ではないですね(笑)。



H.Horiuchi  Title: 私もまぜて下さいローライ35
 [04月08日(水)14時04分]

 オオニョさん、杉山さん、初めまして。堀内です。久保さん、いつもども。
  私もローライ35大好きです。ほんの2年前に35SEを手に入れました。どうし
 ても欲しくて、家内用の旅カメラという名目で許可を得て購入したのでした。
 ちなみにSですからゾナーです。Eは電池によるメーターを内蔵している証しで
 あります、たぶん。それでですね、測光が楽であるカメラでなくてはダメとい
 う条件でこれになったのでありました。35Sの針を適正値に合わせるタイプでも
 良かったのですが、ファインダーの中でオーバーとアンダーの間を行き来する
 赤ランプが可愛いです。緑が出た時は感動ものです・・・。
  さて、以来家内の旅カメラとなったわけですが、開放2.8にしますと目測での
 ピントは厳しいですね。もっとも、絞ってしまえばいいのですが、2.8ですと開
 いて撮りたくなるのが人情ですよね。でも最近は開放は諦めております。描写
 素晴らしいんですけどねぇ。購入した所の主人が小さい単独距離計(ドイツ製
 ・銘柄不明)をおまけでくれたものですから、そいつをアクセサリー・シュー
 にくっつけて時々微妙な距離は計ったりすることもあります。それでも結局の
 所は面倒になって目測です。いつもf8くらいに絞っちゃってます。これでほと
 んどパンフォーカス状態であります。
  購入の際には輸入カメラ協会(名称うろ覚え)から出ていた「ローライ」の
 特集号を参考にしました。96年版だったでしょうか?今でもバックナンバーが
 手にはいると御参考になると思います。



オオニョ  Title: ローライシリーズ
 [04月08日(水)16時12分]

 みなさま。いろいろと情報をありがとうございます。
 ますますもって、買いたい気持ちが込み上げてきます。しかし、お金が…。
 なんで、ボクってこんなにお金のかかる趣味ばかりハマルんでしょ。
 先々月維持しきれなくて車を手放したばかりだというのに…トホホ。
 カメラ、車、バイク、ギター、エアーガン…平成・男の7つ道具って
 こんな感じなのですかねぇ。



杉山勇次  Title: RE:ローライ
 [04月08日(水)21時24分]

 堀内さん、オオニョさん、こんばんわ!!杉山@風景専門です。

 すみません、ローライ35ゾナーですが・・私の場合、当時はお寺さん@
 奈良専門で撮ってました。絞りは5.6〜11で撮っていたものですから
 ・・・開放は??

 オオニョさんここまで、散財する気になったところで、じっとっとガマン
 ・ガマンしてライカに向かったらいかがでしょうか?
 ライカってY橋カメラさんのM6デモ機を4〜5回、触っただけなんです
 けど・・・
 これまた昔、木村伊兵衛さんのピントは‘ドコダ‘という開放に近い公園
 の風景写真を見たんですけど、いいですね、いいですね!!
 ボデーはM3あたりで、調子は運を頼みにして、その分著名なレンズで、
 (無責任モードです、甘い話は???)
 あと、ローライでしたら、ローライフレックス・ローライコード6×6あ
 たりもいいですね。
 コードVBを持ってたことがあります、しみじみとした写りがいいですね。
 クスナー(シュナイダー製)って地味だけど・・クセノンにも通じるとこ
 ろが・・・あると思い込んで使いましょう。(思い込み派の杉山です)
 全て、ホースマンER−1という機種の下取になった気がします。

 ローライフレックスT(テッサー付き)は・・ほんとに欲しかった時代が
 ありました。(うふふ、年を重ねるうちに覚めます!!)



オオニョ  Title: それでもなんとなくローライ
 [04月08日(水)22時37分]

 実は、幼少のころからオリンパスのOM-1を使っています。3年前くらいに
 ほとんど未使用のオリンパスM-1を発見。すぐに買いました。静かなシヤッター
 に、小さいボディ。それでいて、露出の勘さえあれば電池なしでも動く
 ところがすばらしい。そんなわけで、メカメカって感じのものがすきなのです。
 ライカでしたら、M-5になんとなくひかれているのですが、一度だけシャッター
 を押したことがある程度です(観光で他人の記念撮影とりました)。M-1あるので
 ライカはもっと後でって感じです。おじいさんになったら、また考えようと
 思っています。



H.Horiuchi  Title: あぁ魅惑のささやき・・・
 [04月09日(木)14時59分]

 たびたびおじゃまします。堀内です。
  杉山さんのライカ・ローライに関する魅惑のささやき、拝見しました。実に
 罪なお方っ!と思いつつ、またあれこれと手を出したくなっている自分に気づ
 きます。M3にしてもコードVbにしても、実に魅力的ですね。私はかつて届い
 たばかりのカメラの梱包をといて、枕元に置いて寝たことがありますが、いま
 杉山さんのお話を拝見していて、あの頃(といいつつそう何年も前ではないの
 ですが)の新鮮な感動がよみがえって来ました。うぅ〜CLが欲しいぃぃぃ。
 できればM4とかM5ともお付き合いしたいぃぃ。煩悩が渦巻いております。
  ところで、杉山さんは風景を御専門としていらっしゃるのですか?私は今
 京都のお寺さんや周辺の風景をスナップするのに熱中しています。とは申せ、
 神奈川在住なものですから、そう頻繁というわけにはいかないのですが。
 大判をやっていらっしゃる方たちはすごいですね。私の職場にも4×5でもっぱ
 ら風景という友人が数名いますが、その手順の大変さを聴くだけで、自分には
 6×6が限界かなぁ〜と思ってしまいます。その内の一人はビギナーなのですが、
 ピントがうまく合わせられない、いじっている内にフィルムが感光してしまった
 等のトラブル続きで苦労しているようです。力になってあげたいところですが、
 まるっきりの門外漢にはいかんともしがたいものがあります。大変なのですね。
 尊敬しちゃいます。



T Kaneko  Title: Rollei 35 Classic
 [04月09日(木)17時34分]

 今を去る事18年前、Rollei 35SE(シンガポール製)を購入しました。初めは目測式距離計に悪戦苦闘、
 現像に出すたびソワソワドキドキの連続でした。 ピンぼけ写真を見てはまた失敗したと後悔、いいできの写真
 を見るとなんともいえない満足感を呼び起こす、Rollei35は写真を取る楽しみをしみじみと感じさせてくれ
 る
 究極のカメラ(?)であると思います。
 そんなRollei35をヨーロッパ旅行中に紛失した時はショックでした。ContaxT−2を購入して使ってきたも
 のの
 満足できず、先日中古カメラ屋でRollei35Classicを発見して思わず衝動買いしてしまいました。AutoFocus
 カメラは、どんなにきれいに写ってもやはり味気ない、やっぱり全部マニュアルのRolleiにはかないませんね。
 写す時の機械シャッターの音は、Contaxにない独特の味わいです。
 また、現像に出す前の緊張がよみがえりました。今度のは高価なドイツ製、盗まれないように大事に
 使おうと思います。



オオニョ  Title: ローライヒ〜
 [04月09日(木)23時48分]

 T.Kanekoさん>いいな〜、いいな〜。やっぱりマニュアルって響きは
 カメラにしても車にしてもいいですよね。失敗しても自分でやってる
 ことだから納得できちゃうし。機械やテクノロジーが進歩しすぎると
 使われてる感じしちゃうし。ほら、プロのセッティングをチップに
 したやつなんてのもありましたよね。いつまでたっても自分のものに
 ならない写真なんて寂しいですよ(きっと)。マニュアルのややこしい
 カメラを使っている限り、「自分の写真をとっている」と言い張れる
 ような気がします、ちょっと歪んだ考えだけど…。



ktanaka  Title: ローライ35に関するWebページ
 [04月10日(金)19時59分]

 はじめまして。

 私も購入してまだ一年ですが、シンガポール製ローライ35SEを愛用している
 者です。購入価格はおよそ48,000円で、百貨店の中古カメラ市でかなりボロ
 ボロの元箱、日本語の取扱い説明書付きの物でした。

 購入した後でテストしたところ、シャッターをチャージした状態でレンズを
 沈める機構に無理があるせいか1/250秒以上の高速シャッターが遅めになっ
 ていた以外は良好な状態でしたので、いい買い物だったと思っております。

 私がこのカメラで気に入っている点は、ちょっと凝ったことをしようとする
 と繁雑なボタン操作が必要になる最近のコンパクトカメラと異なり、迷うこ
 となく高い自由度の操作性が得られる点です。もっとも、これはシャッター
 スピードと絞りの設定、ピント合わせがマニュアル操作であることの裏返し
 でもある訳ですが。

 目測式ゆえのピント合せの困難は、巻尺やレンジファインダー(距離計)を使
 用したり、歩測で距離を測ったりといった工夫でなんとかなる場合が多いと
 思います。

 最後に、ローライ35愛用者による面白いWebページを見つけましたので、
 以下にご紹介いたします。
 http://walli.uwasa.fi/~jsuomine/rollei35.html
 http://www.canalvip.com.br/nagano/rollei_1.htm



杉山 勇次  Title: CL
 [04月11日(土)20時20分]

 堀内さん、始めまして、杉山ともうします。

 いやー京都はいいですね!!私も最初は京都が多かったのですが
 後半は奈良専門になりました。(昔、昔、観光客の増加で!!)
 京都は、東福寺塔頭(たっちゅう)芬陀院(ふんだいん・雪舟寺)
 さんに毎回寄らせていただきました。
 なにか、落ち着きすぎず、落ち着ける唯一のお寺さんという存在
 でした。(懐かしく思い出しています。撮影は禁止かも???)
 でも、10年ぐらい行ってないみたいです。どこかの国みたいに
 慢性的な財政の悪化から交通費やら行動費の削減のためです。
 当時6×9版になって、とにかく‘ビッシ’とした写りに傾斜し
 N社・F社の大判レンズに移っていったんですが、最近は‘やわら
 かい’味のものに好みが変わってきつつあります。
 N社・F社の前に使ってた‘手放したトプコール’を再び入手す
 るなんて、人には決して言えない愚行してます。

 ライカCL・ミノルタCLEはそそられますな〜〜(昔から)
 6×9版レンズで、ミノルタCLEの純正ゴムフード・レンズキャ
 ップ・フィルターを使ってたので手元にあるんですが・・・
 キャップ無しの超格安CLEが見つかったらあぶないです。
 でも、そうなると28・90mmが気になるし〜〜
 人の作品を見て、あれこれ‘夢のなか’のカメラとしましょう。

 同好の士が集まり、盛り上がると、夢が、体(胸)の中から飛び
 出してしまいそうになります。
 ご自愛を!!(自分に言い聞かせてます)



T.Kubo  Title: 写真
 [04月11日(土)21時51分]

  皆さん、盛り上がってますね。拝見しているとローライ35もさる
 ことながら、自分で何でも決められる、マニュアルな操作に酔ってお
 られるようですね。私も全く同感で、ローライ35に限らず蛇腹やス
 ピグラまでをも持ち出しています。手をかけてやるだけ、結果に現れ
 ますし、失敗することも「また楽し」です。アマチュアカメラマンの
 特権でしょうか。
  オートフォーカスもTPOによっては威力を発揮しますが、誰が撮
 ってもそー変わらない写りというのは気に入りません。よく撮れてい
 たらそれでいゝじゃないか、というもんでもありません。

  バッグからパッとオートフォーカスを出すのは、最近は女子高校生
 だそうですが、ローライ35あたりをすーと出す「あなた」、とにか
 く粋ですね。しかも手慣れた操作で2,3カットあっというまに撮っ
 てしまう「あなた」、間違いなく通です。
  いやぁー、写真って面白いですね。ではまた、ごいっしょに楽しみ
 ましょう。T.Kubo



オオニョ  Title: ライブ
 [04月13日(月)01時22分]

 友達のライブの写真を頼まれ取ってきました。
 マニュアル2台で四苦八苦(笑)。普通の写真は他にまかせて、
 ボクでしかとれないものを取ったつもり…でき上がりがたのしみです。
 「粋」ってのイイですね。そんな女子高生かえって「イヤ」かも。
 形から入るにしても、ボクのは曲がってますので、入門のオリンパス(笑)。
 F4にはとうてい行き着かない「形」でしょうか?



H.Horiuchi  Title: ピントに固執するわけじゃないけれど・・・
 [04月13日(月)12時46分]

 皆さん、こんにちは。堀内です。
  杉山さんのおっしゃる「夢が、体(胸)の中から飛び出してしまいそう」に
 なってしまわれるお気持ち、よ〜く分かります。どうっどうっ(自分を鎮めて
 いる)。よく家内に、ローライ35を使っている女性観光客なんてなかなかいな
 いよっ!なんておべんちゃらを言ったりしますが、久保さんがおっしゃるよう
 に、少しでも「粋」になれたら嬉しいですね。
  さて、杉山さんが「とにかく‘ビッシ’とした写りに傾斜し」たとおっしゃ
 っていましたが、私も京都旅のスナップとは申せ、ピントの来る所は来るよう
 に努力を致しております。しかし、実はピントが甘いんじゃなかろうかという
 自問自答が常にあります。実は3月の下旬に二泊三日でまた京都の桜を撮りに
 行って来たのですが、これが上手くなかったですねぇ・・・ちょっとがっかり
 でした。持参したものは、京セラ・コンタックスの50ミリプラナー一本であり
 ます。本当は例のスーパーシックスを持参する予定でしたが、リペア行きで駄
 目でした。貧乏性で雨が降るらしいぞなんて予報を聴きますと、恐くなってク
 ラカメ持参をやめてしまう軟弱な私です。そこで現行機となるわけですが・・
  一眼レフの水平スプリット方式の画面は悪くはないんでしょうけれども、な
 にやらじっと凝視していますと涙が出てきて良くピントがみえません。未熟で
 あります。それに桜の花びらは難しいですね。当然、f2.8〜4くらいで周囲を
 ぼかして・・・なんて考えて撮ることも多かったものですから、開いて撮った
 ものはピントが厳しかったです。後日いろいろな本を見てみましたら、せいぜ
 いf5.6くらいで撮影していたようでしたから、密集して咲いている花びらをあ
 まり開いて撮ることはタブーだったのですね?絞って撮るか、開いて撮るか、
 いろいろと悩むところであります。それに本来ならば三脚持参でやるべきなの
 でしょうね。もう一度、気合いを入れ直さなければ。ややもすると、「やっぱ
 レンジファインダーじゃないと駄目だなぁ〜」なんてカメラのせいにしてしま
 いそうですから・・・。



オオニョ  Title: しばらく購入延期な予感
 [04月15日(水)00時14分]

 さんざんお世話になったあげくなんですが、購入のためにお金をおろしたとたん
 友人の結婚式や兄貴夫婦の出産祝等の出費が決定確実。テッサーやコンパーが
 ベビー用品や洒落たワイングラスなどに、なってしまうらしい。7月目指して、
 一から貯金して出直します。バイト生活は衝動買いを許してくれないらしいです。



菅間光雄  Title: 国産の粋のレンジカメラ
 [04月15日(水)20時44分]

 菅間です。
 どうも世の中、ローライ35なんざ、とっても粋に見えます。先日鎌倉の鶴ケ岡八幡宮に行ってペンタックスの6×7で
 境内を撮っていたら、そばに来た、かわゆ〜〜い姉ちゃん、それも20代と思われます美人、その人、なな、な〜〜ん
 と
 首にはローライの二眼レフ6×6版でシヤカッ、っ〜〜、何たる粋な人と見えましたので、ジグジョウ、俺だって、と
 思いまして、やわらバックからローライ35ならぬ、ヤシカエレクトロ35を取り出してジャカッ、シヤカッ、と撮りま
 した。
 粋が良いでしょう、ところが現像して分かったこと、ななな〜〜〜んと、シャッターが壊れていた。揚げ句に修理
 を出したら、断られ、それでも手ずるで直したら中古の15000円より高く撮られた。ククククッソー、てな粋な話で
 で、なんとも閉まらない羽目になりました。

 皆さん又。



T Kaneko  Title: 中判カメラ
 [04月16日(木)06時43分]

 ちょっとした質問なのですが、みなさんの御知恵を拝借したくこの文を書いております。
 私は現在長年の夢であった中判カメラの購入を考えております。 予算の関係もあり中古品購入を計画
 していますが、なにせ中判カメラのど素人、 何がいいのやら見当もつきません。
 ハッセルブラッド、ローライ、マミヤ、ブロニカなど、どのブランドがいいのか、また一眼がいいか二眼がいいのか、そんな
 基本的な質問にたいするお答えお待ちしております。
 くわえて、購入時の注意すべき点、たとえば、レンズやシャッターの状態など、特別に注意すべき点が
 あれば、それらのこともお知らせ下さい。



黒歌和  Title: 3fと3gの違いについて
 [04月16日(木)11時18分]

 初めまして。わたしは3fのRDセルフ無しを使っていますが、最近3gに触る機会がありそのなめらかな使用感と
 静かなシャッターに感激してしまいました。そこで、3fも調整によって3gのようになるかどうか、ご存知の方が
 いらっしゃったら教えてください。



T.Kubo  Title: 中判カメラ,etc
 [04月17日(金)23時24分]

  中判カメラはサイズによって機種が異なり、どんなサイズのカメラを
 買うかで機種が決まってきます。35mmカメラ程選択の幅がないので
 機種選定は楽かも知れません。最近のカメラはAEは当たり前、AFの
 カメラも出てきましたので中判のファンも増えているようです。
  私は、中判といっても殆どがクラシックカメラなので、新鋭機につい
 ては詳しくありませんが、サイズと撮る対象が決まれば自ずから機種、
 メーカーが決まってくると思います。たゞ、中判はカメラもそうですが
 レンズやアクセサーも大きく重いので、そのへんも考慮された方がいゝ
 と思います。三脚もかなり大きなものが必要です。

  ライカIIIgは、使ったことがないのでシャッター音がどうなのかはよ
 くわかりませんが、IIIfについていえばM3と比べればかなり金属的な
 音がします。主観なのでうまく表現できませんが、IIIfはM3ほど静か
 でないことは確かです。M3やIIIfは何台も日暮里でオーバーホールし
 てもらったことがあるので、シャッターの感触は知っていますが、何れ
 にしても一眼レフの音に比べれば静かです。最近のカメラはシャッター音
 以外に、モードラやその他のいろんな電子音が出ますがあまり好きではあ
 りません。参考にならなくて恐縮です。T.Kubo



T.Kubo  Title: お願い
 [04月18日(土)20時47分]

  このBBSは1996年12月に、当時aixのCGIで開設して以来切
 れることなく続いています。皆さんから寄せられた貴重なカメラ情報を見る
 ことができるようにしました。Past BBS LOGです。

  この新BBSは30個の書き込みが保持できるようにセットしてあります。
 うれしいことに最近は皆さんのUPが多く、で、ちょっと油断をしているう
 ちに、最初の部分(1月24日から3月14日まで)が抜けてしまいました。

  どなたかログを取っておられる方がいらっしゃいましたら、この間のデー
 タを提供して頂けませんか。よろしくお願い致します。 T.Kubo



T.Kubo  Title: 幻のアルパ
 [04月21日(火)16時06分]

  今年の'98国際プロフォトフェア(IPPF、3月上旬)で中判カメラ
 「アルパ」がその姿を現し話題になりました。
  新しくオープンした、雑誌「日本カメラ」のホームペジで、田中長徳さん
 のこのアルパによる空撮がサービスショットとして紹介されています。
  場所は、月刊誌(5月号)、さらにこゝから4月号を見るとアルパの姿写
 真を見ることができます。雑誌には出ていないショット。カメラ好き必見。

 http://www.nippon-camera.com/

  では、T.Kubo



T.Kubo  Title: 幻のアルパ・続き
 [04月21日(火)16時19分]

  ちなみにこのカメラ・アルパ12s/WAは100万円を越えるらしい。
 レンズはスーパーアンギュロンXL47mmF5.6またはアポグランダゴ
 ン35mmF4.5を装着できる。日本カメラ5月号に簡単な記事と写真が
 載っています。T.Kubo



H.Horiuchi  Title: 私も中判カメラ
 [04月21日(火)18時09分]

 T Kanekoさん、初めまして。久保さんのお話の後に恐縮ですが、私
 も中判カメラのお話に加わらせて下さい。
  現在私が愛用しております中判カメラはローライコードVaです。
 黒の上張りが少し葡萄色に変色しかかった、おじいちゃんのような
 カメラですが、行楽シーズンになりますと、純正の革ケースに入れ
 てやって、首から下げて出掛けます。
  久保さんがコードIIIの紹介をなさっていますが、軽量で良く写る
 カメラです。ローライフレックスより確実に軽いですね。私は実は
 大変な肩凝りなものですから、この軽さが有り難いのです。露出計
 は当然のごとく内蔵されていませんので、この子と出掛けるときは
 セコニックの単体露出計をやはり首から下げて行きます。何やら色
 々と下げて幼稚園生になったような気分であります。
  さて、このカメラ、今まで順調であったかと申しますと、悲しい
 かなそれなりに有りましたトラブル。まず、受け取ってみますと、
 (私は大半を海外通販に頼っておりますので)フィルムの巻き上げ
 の部分のストッパーが作動しませんでした。つまり、どんどん巻い
 てしまうのですね。ショック!これは自費で国内でリペアしてもら
 いました。以来、機嫌の悪いときは引っかからずに行ってしますこ
 と度々でございます。磨耗してしまっているのでしょうね。さらに
 は、シャッターをチャージするノブがレンズの下に付いているので
 すが、これがやはり不具合なのだそうで、修理不能とのことでした。
  っということで、満身創痍のようではありますが、大切な一台で
 す。レンズはきれいですしピントも良く合いますのでまだまだ現役
 で使ってやるつもりです。そういえば、6×4.5に変換するキットも
 ある時手に入れられたものですから、時々は16枚撮れるぞ〜と威張
 ってみたりもしております。実は私としましてはフレックスの2.8C
 のクセノター付きの程度の良いのがあったらい〜な〜などと内心野
 望を抱いております。これはきっと重いと思いますので、先ほど述
 べました肩凝りの件とは相反するものではありますが、そんなこと
 は関係ないっ!欲しいものは欲しいっ!という有様で、困ったもの
 です。全然御参考にならない文章でごめんなさい。



T Kaneko  Title: Rolleiflex
 [04月21日(火)18時39分]

 H. Horiuchi さん、そして Kubo さん、
 貴重なご忠告有り難うございます。
 実は、私は現在アメリカに在住しておりまして、日本の方とお話することはまれ、
 ましてやカメラのことを訊ねられる人は回りには皆無。Internetて便利なものですね。同好の人と
 簡単に出会えることができるなんて。もしも日本国内にいたとしても同じ趣味の人とはなかなか
 出会えないのではないかと思います。今後ともよろしくお願いします。
 さて、Kuboさんのご忠告をもとにRolleiFlex2.8Cの購入を計画、現在価格の調査中です。
 価格はだいたい500ドルから750ドルくらいしてるみたいですが、状態がわからないのでなかなか
 選択が難しいです。
 ところでちょっと質問なのですが、小耳にはさんだ(Internetで見た)のですが、RolleiFlexのF2.8は
 35mmカメラのF1.4くらいの明るさがあると言うのは本当でしょうか。中判カメラのレンズの明るさと
 35mmのレンズの明るさの比較につき何方か教えて頂ければとてもありがたいです。 以上。



T.Kubo  Title: 28C
 [04月21日(火)19時47分]

  H.Horiuchiさんも、相当なカメラファンですね。おっしゃることはよく
 わかります。私も不具合を承知で使っているカメラが何台もあります。
  ローライコードはフレックスの陰で軽く見られがちなカメラですが、使
 ってみると銘機であることがわかります。写りもフレックスに劣るとい
 うことはまず有りません。また、フレックス28Cをターゲットにされて
 いるという点は通ですね。理由はWEBに書いた通りです。

  T Kanekoさん、しばらくです。RolleiFlexのF2.8は 35mmカメラのF1.4
 くらいの明るさがあると言うのはちょっと理解できませんが、クセノター
 F2.8が世に出たとき、レンズ設計者がうなったという話を聞きます。中
 判レンズでF2.8というのは驚異的でしたし、その性能にど肝を抜かれた
 というのは、いまや語り草になっています。それまでにF2.8レンズはテ
 ッサーがあったのですが、開放性能がいまいちだったこともあって世間で騒
 がれる結果になったようです。以後は同種の構成のレンズをクセノタータイ
 プと呼ばれたこともあります。大口径レンズの幕開けの時代ですから、35
 mmのF1.4くらに嘱望されていたのかも知れません。

  私の28C感
  いろんなモデルを使いましたが28Cに勝るモデルはないと今でも信じ
 ています。私の写場は近く(調布市)の神代植物公園ですで、レンズテス
 トのための定点撮影場所を決めています。主に後ボケのテストです。ロラ
 イフレックスでは、あくまで私の好みですが、28Cが群を抜いていまし
 た。
  今は、28Cは手放してしまいましたが、プラナー、クセノター付きの
 両方をずいぶん永く使いました。何台か見たプラナー付きはコーティング
 が剥(は)がれかゝっているものが多く、また日本では値段も高いので、
 クセノター付きがお薦めです。私の持っていたプラナー付きもコーティン
 グにムラが出ていましたが写りには全く影響がありませんでした。両方と
 も40年以上前のレンズとは思えないくらい発色は自然です。28Cは見
 た目ほど重くはありません。
  28Cの難点を一つ、問題は吊紐です。フードやフィルターは他のF2.
 8レンズと共通ですが、吊紐だけは28C専用の物が必要です。他のもの
 では流用できません。また滅多に手に入りません。紐は無ければ何でもいゝ
 わけですが、純正の吊紐は拘りというより、撮影にも具合がいゝのです。
 ある意味ではケースより貴重かも知れません。
  以上は私の経験をもとにした偏見です。では、T.Kubo



T.Kubo  Title: 新製品
 [04月21日(火)21時18分]

  新製品情報
  日本カメラのホームページによれば、

  ニコンから、ニコンI型発売50周年を記念し、『ニコンF5 ニコンカメラ
 50周年記念モデル』が6月から限定発売される。仕様は従来のF5と同じで、
 ペンタ部のNikonのロゴにニコンI型当時のロゴを使用するなど外観上いくつ
 かの変更点がある。

  T.Kubo



T.Kubo  Title: Sorry
 [04月22日(水)10時26分]

  中判カメラで盛り上がっているところに、2,3水をさすような
 書き込みをしてすいません。ここんとこBBSソフトに機能を追加
 しましたのでデバッグのためテスト書き込みが必要になり、テスト、
 テストでもつまらないので適当なネタをアップしました。T.Kubo



S.Matsuda  Title: ASP対応プレスカメラ「ポケットグラフィックス」発表
 [04月22日(水)10時59分]

 皆様、はじめまして。
 2×3のスピグラのボロボロ格安品をうっかり入手して以来、ロムニーブック
 と www.graflex.org の助けかりて、ようやく完動美品まで修復し、スピグラ
 の道?にはまっています。
 シャッター、レンジファインダーまで分解で、再調整したのですが、時計
 ドライバーでほとんど直せるカメラなので感動。
 さて、graflex.orgのホームぺージでフラッシュガンについて調べていま
 したら、エイプリルフールの特別ニュースが掲載されていました。
 もう既に読まれた方もおられるのではと思うのですが、
 スピグラと米国製プレスファンには大変面白い記事なのでご紹介です。

 タイトルは、「グラフレックス社、APSフィルム対応としては初の
 プレスカメラ、"ポケットグラッフィクス"を発表」です。
 かなり詳細なニュースで図版も多数あります。特に、既に発表済み?の
 "Grafocus Back"との互換性に関する記事もあり、一見に値します。(かなり楽屋オチ)
 このバックは本当に欲しいです。
 オートフォカッシングは、サーボモータで、フォーカノブをギヤードライブで
 回転させる構造で詳しく解説されています。
 スピグラはかなりつぶしの効く魔法のカメラなので、リンホフのデジタルバック
 ユニットをバックに無理矢理つけてあげれば、デジタルカメラにも変身できるし、
 ロールフィルムバックの代わりに、京セラCONTAXのAXボディの後側をつけて
 しまえば、そのままオートフォーカスにできてしまう(135Filmを使用)
 のではないかとか、変な妄想に耽っているこの頃です。

 以前、B&J Pressを修復された方の書き込みを拝見させていただきましたが、
 米国製プレスカメラは楽しいですね。
 これからも宜しくお願いします。

 S.Matsuda



T.Kubo  Title: スビグラ
 [04月22日(水)12時23分]

  S.Matsudaさん、はじめまして。
  一時は私も相当なスピグラ狂で、友人にもそこまでやるか、皮肉を言
 われたものです。とにかく凸レンズであれば、虫めがねまでも写して見
 たくなるたちですので、フィルムのサプライされていないカメラなどは
 レンズを外してスピグラに付けてそのレンズの味を楽しみます。
  今は4x5を主に使っていますが、撮影会などでは2x3を持ち出す
 こともあります。4x5はバックの交換によって6x9、6x7、6x
 6のほかパノラマやポラロイドも使える点で多様しています。
  で、蛇腹カメラの情報をひとつ。
  私は昔かなり6x9蛇腹カメラをやりました。レンズは軒並み105
 mmF3.5かF4.5です。中には100mmや90mmもありました
 が。その頃、片っ端から撮っては、ピント、4隅の像の流れ、周辺光量
 などのチェックをしていました。
  後にこれらのレンズを4x5スピグラにつけて撮影してわかったので
 すが、殆どのレンズは4x5をカバーするくらいのイメージサークルを
 持っていました。厳密には∞で少し4隅がケラれます。6x9では十分
 な余裕のイメージサークルなので、周辺光量や4隅はあまり気にしなく
 てもいゝということがわかりました。これは蛇腹カメラに限って言えば
 6x6や645にも当てはまることです。
  また、古いF6.3クラスのレンズは4x5でも十分実用になるくらい
 のイメージサークルを持っていることもわかりました。余談ですがライ
 カのエルマー90mmF4は6x9を十分カバーしますし、ヘクトール
 135mmF4は問題なく4x5で使えます。では、T.Kubo



オオニョ  Title: 覗き見
 [04月23日(木)00時17分]

 なんか、スピグラとかよく分らないですけど、覗いてるだけで楽しい
 ですね。ここは。
 ところで、ローライ35もしばしあきらめ、しばらくはM-1(オリンパス)
 をかわいがることにしました。すると、中野で瑞光40mm/f2発見。
 珍しいな、ほしいな、40mmなら結構癖ある画とれるかなとか、思いを
 めぐらし値段をきくと、7万。とほほ。なんか、珍品あつかいされてる
 みたいで、残念でした。7千円だったら、買ったのに…。



H.Horiuchi  Title: そ〜ら火がついた!私の2.8C購入欲
 [04月23日(木)12時44分]

 皆さんこんにちは。私、火がついております・・・。
  Kanekoさん、2.8cになさるとのお話で、羨ましく拝見しました。
 早速私も手元の通販プライス・リストに目を通し、かつっ、インタ
 ーネットで二三のお店を巡ってみました。それにしても2.8cはあま
 り出ていないですね・・・。あっ、有りました、EX+でレンズはク
 リーン、でも、イニシャルが多数彫られているそうで。欲しいです。
  銀座の三原橋の三共カメラ本店のウィンドーにはローライ二眼が
 沢山飾られていますが、結構良い物もあるように見受けられます。
 Kanekoさんは米国にいらっしゃるので別格であるとは存じますけれ
 ども、国内に居る私のような場合、円が弱くなった現在、それでも
 現物を見ずに海外通販に頼るか、国内のお店でじっくり探すか、本
 当に悩むところです。リスクありますものねぇ、通販は。
  いかんっ、いかんっ。もっとカメラ本体とかレンズとかについて
 のお話をすべきですが、欲しい気持ちが渦巻いております。オオニョ
 さんのお気持ちもよ〜く分かります。いかんっ、スピグラとかの私
 には禁断の話題も眼に入って参ります(自分にはまだ早いと自制し
 ておる分野であります)。このような私、どなたかお救い下さい。



T.Kubo  Title: また、スピグラ
 [04月23日(木)20時57分]

  スピグラ(スピードグラフィック)は、オルドファンにはライカと
 同じくらい垂涎のカメラでした。特にプレスカメラ専用として作られ
 たわけではありませんが、戦後報道関係で多く使われ、記者証がなく
 ても、スピグラを持っていれば何処でも取材OKだったというくらい
 シンボリックなカメラだったようです。古い映画によく登場するカメ
 ラでもあります。記者とスピグラを持ったカメラマンがペアで登場す
 るシーンはよく見られます。
  時代が変わったとはいえ、今では200〜300ドル出せばレンズ
 付4x5の完動品が買えます。連動距離計が付いているので数少ない
 手持ち撮影可能な4x5カメラとして根強い人気を保っています。ま
 た、フォーカルプレーン付の4x5カメラはそう多くはありません。

  スビグラにしかない機能、
  設計者が何を考えて作ったのか、暗闇でピントを合わせる前代未聞
 の機能があります。理屈は連動距離計を逆用して、距離計の二つの窓
 から光を出します。二つの光は被写体に当たってスポットになります
 が、このスポットが重なるようにレンズを繰り出すとピントが合う仕
 掛けです。もちろん近距離でしか実用になりませんが面白い発想です。
 もちろん撮影にはフラッシュガンを使います。実用になったかどうか
 は別にしても、大真面目に作ってあるところが傑作です。後期モデル
 には標準装備されていて、ファインダー内に単三電池二本と豆電球が
 入っています。前期モデルでは距離計にアタッチメントを付けるとこ
 の機能が使えます。姉妹機クラウンにもこの機能はありました。T.Kubo



オオニョ  Title: 二眼レフ
 [04月23日(木)23時27分]

 つづきのような、展開のような話題ですが、そのオリンパスのレンズ
 おいていた中野の店で、ちょうどそのレンズの値段を聴いている最中に
 他のお客がマスター(こう呼ぶべきだろな)がやりとりしていたのは
 オリンパスの「ローライフレックス」みたいなやつでした。珍品なそうで…
 レンズを直してからわたして10万だそうです。
 「キャップがついているのが、めずらしいんだよ」とボクにもすすめて
 いましたが、『レンズキャップじゃ写真とれないしな』と口をすべらせ
 てしまいました。ちょっと失敗。



T Kaneko  Title: RolleiFlex 2.8C 価格情報
 [04月24日(金)03時48分]

 Horiuchi さん、はじめまして、Kanekoです。
 私はRolleiflex2.8Cをとうとう注文しまして、どんなのが来るか楽しみに待っております。
 いろいろ調べた結果、状態の良さそうな2.8Cのアメリカにおける値段は$500-$700前後の
 ようです。ちなみに、Adorama と言う店に$559で2.8Cが2台売っているようです。この店は私
 利用した事があるのですが、ユダヤ人がやってる結構しっかりした店です。
 現品が到着しましたら、またご報告します。
 それとオオニョさんへの情報なのですが、Pacific Rim Cameraと言うお店でのRollei35の値段は
 ドイツ製でやく$400、シンガポール製なら$200をきるくらいの価格で購入できるようですよ。
 状態はよくわかりませんが。 以上。
 T.Kaneko



T.Kubo  Title: オリンパス
 [04月24日(金)08時52分]

  オオニョさんが中野で見た二眼レフはオリンパスフレックスでしょう
 か。オリンパスの二眼レフは1952年から数種類発売されたようです。
 ミノルタの二眼レフより数が少ないせいかあまり見かけません。オリン
 パスフレックスは今話題の28Cに範をとったような、よく似たカメラ
 です。フィルム装填がオートマットでないこと、巻き上げがノブ(ロー
 ライはクランク)であることくらいがローライフレックスとの違いです。
 レンズは、もちズイコーですが初期の28モデルには75mmF2.8(4群6枚)
 というこの頃としてはすごいレンズが付いていました。後期型になって2
 8モデルはコストダウンのせいか3群4枚のテッサー型になったようです。
 オオニョさんが見たのは初期の28モデルかも知れませんね。

  Kanekoさん、28Cは楽しみですね。報告をお待ちしています。もしロ
 ーライフレックスが初めてでしたら、まずフィルム装填機能(オートマッ
 ト)に驚かれることでしょう。では、T.Kubo



S.Matsuda  Title: スピグラ生活の始まり
 [04月24日(金)12時07分]

 またまたスピグラですが、ようやく試験撮影までこぎつけて、
 いよいよ あこがれ のスピグラライフは始まりました。
 先週の金曜日に新宿の新しく出来たなんとかスクエアのコーヒーショップ
 の前で、撮影試験をルンルン気分でしてましたら、警備員君から撮影許可
 の確認を求められてしまいました。今時の商業写真家はNikonF5でお仕事
 でしょと説明したが信じてもらえず、困った。
 ついでながら、ミーハーなので、アカデミーショーの受賞式をTV
 で見てましたら、プレス君達は、タキシード正装でスピグラ(当然ガン付き)で参加
 していました。これがカッコイーのなんのって。パ-ティー、結婚式には、
 僕もも早速このスタイルを真似しようと目論んでいます。
 所で、アメリカのプレスカメラマンの古い写真を見てますと、全員、帽子をかぶって
 いるのですが、これも、当時のプレスカメラ「スタイル」なんでしょうか?
 以下、真面目なカメラの話題。
 ロムニー本を詳細に読んでましたら、ポラロイド110ロールフィルム
 カメラのレンズがそのままスピグラに使えるという事で
 (ウオーレンサック127mm 4.7Rapter 、グラフレック127mm 4.7 Opter
 ガ がついているらしい?)早速がらくた屋に電話をしてみたら、
 2万円位であるらしい。(もう半額だと嬉しいですが)
 がらくた屋の親父の話によれば、ヤシカ製でレンズはトプコール?
 かもしれない? という事なので、早速行ってみます。
 その他、ライカのエルマー90mmならぬ、ウオーレンサック90mmを
 たまたま持っているので、試してみます。安いマウント金具を
 買いに行かなくちゃあ。
 Kuboさん、カラートの資料大変有り難うございます。実はスピグラ
 2号のファンダー調整を休みにするつもりだったので、嬉しい限り
 です。
 Kanekoさんはじめまして。28Cゲットおめでとうございます。(うらやましいなあ)
 僕も とある店にある、28cならぬ28Fシャッタースローねばり格安品
 を入手して、直してみようかと、画策してます。それしてもいいなあー。
 スピグラのおすすめ。
 スピグラは、良いのに安い(西独製でなのいのが其の原因か)
 アメリカを歴史を撮ってきたカメラはスピグラですし、
 スピグラはフォトグラファーを育るカメラですね。
 僕の2×3スピグラは、本体85$、レンズ45$(外観悪し)、
 120フィルムホルダー100$でした。
 その他あれこれお小遣いは使ってしまいましたが。
 分解掃除には3ヶ月かかっています。(のんびりしてたので)
 スピグラ生活
 スピグラ生活に入りましたら、カメラを使う状況を
 周りの人と一緒に楽しめるカメラで或る事に気が付きました。
 友人達のパーティーで全員仲良くならんで、記念撮影を
 撮ったりするのは面白いデスよ。子供には特に受けます。
 キッズは全員、ピントグラスを覗くのが大好きです。
 きれいなおねえ様方にも覗いていただくと、自然に良い雰囲気になれま
 すので、日本製35mm一眼レフでバシャバシャ撮るより仲良くなるには
 宜しいかと。プレスカメラの外観は、畳んだ箱の状態が可愛いと、
 大受けしました。



T.kubo  Title: スピグラのルックス
 [04月24日(金)14時39分]

  スピグラ生活は楽しいですね。250ドルのカメラでも道行く人は相当
 高価なカメラにみてくれるようです。
  ポラロイドカメラのレンズを利用することは昔流りました。ポラカメラ
 には大画面用に設計されたレンズが付いていてシャープな写りをしていた
 からです。当時、ポラフィルムの感度はISO4000もあり、レンズに
 はF45、F64、F90といった普通のレンズにはない目盛がありまし
 た。これが利用する最大の理由で大判のパンフォーカスや長時間露光には
 打ってつけのレンズだったのです。

  ガン付きのスピグラは映画の小道具によく使われます。戦後のクラウン
 が戦前の場面に出てきて笑えますが、堅いことは抜きにしてルックスのい
 ゝカメラであることは確かです。昔のカメラマンは大抵ハンチング(帽子)
 をかぶっていましたが(映画でしか知らない)、ハットでは鍔(つば)が
 邪魔になるためでしょう。昔は帽子も紳士の正装の一部でしたから、特に
 カメラマンだけが帽子をかぶっていたわではありません。
  Matsudaさんが新宿でハンチングをかぶってスピグラを構えてもイキかど
 うかは保証の限りでは有りません。T.Kubo



クロカワ  Title: ライカVfビット付き
 [04月24日(金)19時06分]

  先日はシャッター音についてお答えいただきありがとうございました。実は私のVf、もうひとつ気になる点が
 あります。それはパーフォレーションに画面がかかってしまう事です。ノーマルの底蓋使用時は大丈夫なんですが
 ビットを付けると1ミリほど画面にかかり、なおかつ画面が傾いてしまいます。何件かの修理屋さんに電話しまし
 たが直る、直らないが半々位でした。そこでこのような症状についてご存知の方、また良い修理屋さんをご存知で
 したら教えて下さい。お願いします。



T.Kubo  Title: パーフォレーションの写り込み
 [04月24日(金)21時29分]

  クロカワさん、今晩は。
  お手持ちのIIIFは後期のものだと思います。前期のモデルと違って
 底蓋にフィルムをブレないようにする安定装置(たゞの突起)が付い
 ていると思います。前期のモデルにはこれがないので、おっしゃるよ
 うなパーフォレーションが写り込むことがあります。ビットにも同様
 の突起がついているでしょうか。多分ないと思いますが、この場合は
 この現象は出ても不思議ではありませんし、直らないと思います。
  前期のブラックシンクロ・モデルでは、この現象がよく出ます。こ
 れがむしろ「ライカらしい」という写真家も現にいます。T.Kubo



Y.Maeda  Title: NATIONAL GRAFREX U
 [04月25日(土)00時04分]

 始めまして、Y.MAEDA と言います。つい最近「ロムニーのカメラリペアー」に掲載されていた「NATIONAL
 GRAFREX U」を購入しました。使い方は解るのですが、どんな本を見ても、ホームページを見てもこのカメラにつ
 いての記述が有りません。もしよろしければ、どなたかこのカメラについて教えて頂けませんでしょうか。宜しく
 お願いします



T.Kubo  Title: グラフレックス
 [04月25日(土)09時19分]

  Y.Maedaさん、こんちは。
  NATIONAL GRAFREX は最近こゝによく出てくるスピグラと同じメーカー、
 グラフレックス社の1933〜41年の6x6判一眼レフです。グラフレ
 ックス社は1800年代の終わりからあった歴史的なカメラメーカーです
 が時代によって社名が異なります。こゝでは、社名を調べるのが面倒なの
 でグラフレックス社と呼んでおきます。
  グラフレックス社の製品には大きくわけて、折り畳みカメラのスピグラ
 系と箱型SLR(一眼レフ)のグラフレックス系があります。
  それまでのグラフレックスSLRは大判が中心のボックス型SLRでし
 た。ナショナル・グラフレックスは、このスタイルをうち破って120ロ
 ールフィルム専用の6x6cm小型一眼レフにして、女性マーケットを狙っ
 て発売されました。しかし、小型な精密なカメラであった為メーカーの思
 惑とは別に一般のマーケットでも人気があったようです。形が大きく異な
 る点、フォーカルプレーンにセルフキャッピングが付いた点を除けば、基
 本的な機能はそれまでのグラフレックスSLRと変わりません。
  モデルはI型とII型がありますが外観では見分けが付かないくらいよく似
 ています。大きな違いはレンズ交換の可否です。レンズは当時ツァイス・
 イエナのテッサーと性能を競っていた B&L Tessar 75mm F3.5 が標準で
 す。II型の交換レンズとして B&L Telephoto 140mm F6.3 がありました。
 シャッタースピートはB、1/30〜1/500秒です。
  私は、このカメラは実際に使ったことがないのですが、B&Lテッサー
 の描写はよく知っています。よく写るレンズです。T.Kubo



H.Horiuchi  Title: アンダーパーフォレーション?
 [04月25日(土)09時33分]

 クロカワさん、初めまして。Horiuchiです。パーフォレーションの
 お話をさせて下さい。
  実は私のIIICもパーフォレーションが写り込みます。これについて
 は、お恥ずかしい話ですが今まであまり気にせずに来ていました。ち
 なみに私のIIICは1950年製のものと思われます。IIIF直前のモデルで
 すね。構造的にすごく近いんでしょうか?
  さて、バルナック初心者である私はフィルムを入れるのが下手でし
 たので、それが原因かなぁ〜などと考えておりましたが、ネガを見て
 みますと、きれいに?一列にアンダーパーフォレーション現象が出て
 いましたので、きっとこれは俺の責任ではないと諦めておりました。
 むしろ、田中長徳さんが以前何かに書かれていたかと記憶しています
 が、キエフ?だったか何かにこの現象が出る物があるのだそうでして、
 私の友人では「この現象」がでるカメラのみを探しまくっている者も
 おります。ですから、おぉ〜カッコイイやなんて思って済ましており
 ます。キャパの「ノルマンディー上陸」の写真にもこの現象が現れて
 いるようですが、これはコンタックスでしたね(「ちょっとピンぼけ」
 ダヴィッド社刊の表紙からの推測)。
  っというわけで、カッコイイ〜で済ましている私は楽天的ですが、
 少しでも御参考になればと思います。でも本当は私のは壊れていたり
 して・・・。Kuboさん、大丈夫ですよね?

  それからKanekoさん、RolleiFlex 2.8C 価格情報有難うございま
 した。私、直ぐに行動というわけには行かない状況にございますが、
 将来的に何とかすべく、鋭意努力中であります。受け取られたら、お
 話をお聞かせ下さい。楽しみにしております。では、また。



Y.Maeda  Title: NATIONAL GRAFREX U
 [04月25日(土)23時43分]

 T.kuboさん、早速教えて頂いて有難う御座います。ところで、私の持っている「NATIONAL GRAFREX U 」は、レンズ
 交換が出来るように成っていますので「U」型には間違いが有りません。しかし画面のサイズは6x6ではなく、6
 x7に成っています。また、シャッターはセルフキャッピングに成っておらず、シャッタースピードに相当するスリ
 ットが開いたまま左から右に移動します。この時ミラーは下がっており、このミラーが遮光版の役割をしてフィルム
 面に光りを漏らさない様に成っています。この事が KUBOさんの言っておられるセルフキャッピングなのでしょう
 か?。まだこのカメラで写真を撮っていません早く撮影してみたいと思っています。



Y.maeda  Title: Rollei Frex 2.8C
 [04月26日(日)00時31分]

 Horiuchiさん、はじめまして Y.maedaです。実は私、4月の初めに「2.8C Xenotar」を購入しました。購入の理由は
 「Xenotar付の円形絞りは、これしかない」からです。購入先は「Pacific Rim Camera」です。程度は、「前面の皮が
 かなり傷んでいる」。「撮影レンズに擦り傷がある」。「ケース付、ただし裏のネジが無かった」。「フォーカシン
 グ ノブが何故か少し曲がっている」。のような物で、価格は $325でしたが、送料が $31、更に消費税が 4%(査定
 額25295円)で1000円、更に更に地方消費税が1000円に対して25%かかり250円合わせて1250円ですが、100円以下切り
 捨てで、1200円。おまけに、通関料200円。合わせて1400円余分に必要でした。
 まだ、リバーサルで1本撮っただけなので評価は出来ません。ただ気に入らない点は、シャッターボタンとシンクロタ
 ーミナルの根元に付いていている黒いつまみが金属でなくプラスティックで出来ていることです。ここだけが残念で
 す。
 ところで、このカメラに付ける事の出来るフードは何型でしょうか?誰か教えて下さい。



T.Kubo  Title: ナショナルグラフレックス
 [04月26日(日)00時45分]

  確か、ナシュナルグラフレックスは世界初の6x7カメラの筈です。
  過日の松屋で見たのも6x7でした。6x6と書いたのは私の見間違いで、
 文献には、2 1/4 x 2 1/2 inch とあります。すなわち6x7cmが正解です。
 失礼しました。私はこのカメラは使ったことがないのでよくわかりませんが、
 文献にはやはりセルフキャッピングとも書いてあります。ミラーが下がって遮
 光板の役割をするのは他のグラフレックスSLRでも同じなのですが、これを
 称してセルフキャッピングと言っているのかも知れません。
  スピグラでは、ミラーがないのでレンズを開けたまゝシャッタースピードを
 変更するとカブってしまいます。普通はダークスライドでフィルムは保護され
 ているので問題ありませんが、手持ちで撮っているときなど、面倒なのでダー
 クスライドを抜いたまゝにしていて、よくこの失敗をすることがあります。グ
 ラフレックスSLRの方はこういう失敗はありません。ナショナルグラフレッ
 クスは文献が少ないので、また何か分かったらお知らせします。T.Kubo



T.Kubo  Title: ロラーフレックスのフード
 [04月26日(日)10時27分]

  Y.maedaさん、こんちは。
  ローライフレックスには次の4種類のフードやフィルターがあります。
 多分レンズキャップもその構造から同じだと思います。

  1 F3.5レンズ用
  2 F2.8レンズ用
  3 35E、F型のプラナーF3.5またはクセノタールF3.5レンズ用
  4 ローライワイド用

  Y.maedaさんのローライフレックスは28Cですから、2.8レンズ用で一
 種類しかありません。F3.5レンズの場合、35E、F用と35C(それ以
 前)用は別物ですから注意が必要です。(昔のLOGから引用しました。)
  では、T.Kubo



Y.maeda  Title: ローライフレックスのフード 
 [04月26日(日)23時51分]

 T,Kuboさん、今晩は、フードの事有難う御座います。早速都合浸けたいと思います。此れからも色々と教えて下さ
 い。それと、私も恥ずかしながらHPを開いています。何でも有りのページですが、カメラや、写真のことも載せてい
 ますのでもしよければ覗いて見て下さい。
 URLは、http://www2.net117.or.jp です。
 有難う御座いました。





H.Horiuchi  ローライをめぐる情報、感謝です!
 [04月27日(月)12時09分]

Y.maedaさん、初めまして。貴重な情報を有難うございました。
 maedaさんはパシフィック・リムで買われたんですね!あそこの
ホームページは整然としていてなかなか良いですよね。私も時々覗
いて楽しんでおります。
 さて、フィルターとフードのお話をKuboさんとなさっていました
が、私の場合はコード(f3.5レンズ)ですので、バヨネットI型とい
うフィルターとメタルフードを用いています。海外通販でもローラ
イの小物は高い?ように思えますので(日本はもっと高い?)、撮
影用のレンズにしかフィルターを着けておりません。なんかみみっ
ちいようですが、こんなことしているのは私だけでしょうか?
 最近このページで皆さんに2.8cの件で励まし?のお便りを頂くも
のですから、早急に買わねば・・・という気持ちになって参りまし
た。とは申せ、順序的にはCLが先かなぁなんて浮気性です。っとい
うことで、いずれのカメラを求めるにしても、通販の情報が欲しく
思います。Wall Street Cameraから購入された御経験のある方、
いらっしゃいましたら、どんなお店かお教え下さいませんでしょう
か。どうぞ宜しくお願い致します。



Y.maeda 海外通販について
04月27日(月)15時04分

堀内さん今日は、二眼レフのフィルターの事ですが二つも付ける必要は有りません。
付けるとすれば、偏向フィルターぐらいでしょう。
それと、通販のことです、手前みそになりますが私のHPに体験日記を書いていま
す。私は今年の2月から始めました。「在庫の紹介文書」「FAXでの注文書」は
全てパソコンに付属していた「翻訳ソフト」で作りました。私はFAXを持ってい
ませんので、こちらからの一方通行(これも付属のFAXソフト)で、あちらから
は、メールをもらっています。今まで通じなかった事は無いので向こうも努力して
読んでくれているのでしょう。
それと、アメリカから届くカメラは日本で売っている様に奇麗になっていませんし
ひょっとしたらカタログにはない不都合な箇所が有るかも解らないという「リスク
」が有りますが、「磨きをかける」という楽しみは格別です。
それと、2.8Cの値段のことですが私の買ったのと同じくらいのものは、他の店で
も$350で売られていました。「絶対に完璧なものでなければならない」という
のでなければ安く買えると思います。
「Wall Street Camera」についてはHPを見てください

URL http://www2.net117.or.jp/~yassan/



T.Kubo テスト
04月27日(月)14時31分

 私とライカ
 私は、社歴40年近いアマチュアです。職業はソフトウェアエンジニアで、
カメラや写真とは直接関係ありません。子供の頃に買ってもらったリコー35
が写真の始まりで、このカメラはよく写りましたがレンズ交換のできるライカ
やキヤノンに憧れていました。時が流れて、気が付くと世の中は一眼レフの時
代になっていて、あのライカやキヤノンは十分手の届くところに来ていました。
私はコレクターではなく、写真自体が好きなのですが、それでも10台を越え
るライカが集まってしまったことはWEBにも書きました。もちろん、キヤノ
ンやニコンもそうでした。当然全て中古ですが、撮ってみるとどれもよく写る、
カメラの進歩って一体何なんだ、と思ったこともあります。
 私がライカ沼にはまったのはまだ今ほどのブームになる前だったらしく、M
3が500ドル、IIIfは200ドルが相場でした。いろんなライカに巡り逢え
たのもこんな背景があったからだと思っています。では、T.Kubo




Y.maeda T.kuboさんへ、自分のURL間違えました
04月27日(月)15時17分

T.kuboさん、今日は。Y.maedaです。昨夜にお知らせした私のHPのURLが間違っていました。
恥ずかしいです。正解は
http://www2.net117.or.jp/~yassan/
でした。



T.Kubo ホームページ
04月27日(月)16時50分

 前田康房さん、WEBを見て来ました。なかなかきれいなWEBですね。
魅力あるカメラもいっぱいあって楽しめます。頑張って下さい。T.Kubo



H.Horiuchi ホームページ私も拝見しました
04月27日(月)17時14分

Y.maedaさん、私もWEB拝見しました。素敵ですね。
 重ねて、海外通販の情報、有難うございました。皆さん色々と御
苦労をなさっているのですね。私もこの3年くらいの間、小物も含
めて色々と海外通販では失敗を繰り返して大きくなりました(なん
て全然成長はしていない)。maedaさんもおっしゃっていましたが、
新規開拓というのはなかなか難しいですね。連絡を密に取ってくれ
るお店もありますが、一回こっきりでまるで相手にしてくれないよ
うなお店で苦い思いもしますよね。今私は丁度新規開拓中でござい
ます。Wall Streeetに関してもそれだったのですが、maedaさん
の御体験がとても参考になりそうです。有難うございました。まだ
まだひよっこですので、Kuboさんを師と仰ぎつつ、また、諸先輩方
のお話をも沢山うかがいたいと思っております。
 さて、小物についてですが、どなたか御存知でしたらお答え下さ
い。先日「コダックのシリーズVI」のフィルターとフードのセットを
手に入れました。フィルターの口径は37ミリです。これは以前から
何度か書きました、スーパーシックス533/16用に使えないかなぁ
という考えに基づくものです。それにしても肝心の533/16が入院
中なものですから、レンズにあてがいたくても出来ません。っとい
うことで、せめてこのセットが本来何者であるのかを知りたいと思
います。また、ライツのシリーズ○○とのサイズの一致はあるので
しょうか。その当時、何か規格めいたものを作ろうとする動きがあ
ったのでしょうか。なんてこともお教え頂ければ幸いです。



T.Kubo テスト
04月27日(月)17時21分

 何人かの方からBBSのログを残して欲しいという要望があり、そのた
め暇をみてはCGIをいじっています。手書きでアップデート(新しく書
き込まれたデータをマニュアルで別ファイルに移す作業)して、取りあえ
ず過去のログを見られるようにしました。ところが、BBSとは逆にログ
は上から古い順(昇順)の方が望ましいので、手書きではこの作業は結構
大変です。で、ちょっと苦戦しましたが何とか書き込みと同時にログファ
イルにも自動的にアペンドされるように書き換えました。
 現在、最新の50個を残すようにしていますが、それ以前のものは過去
のログで見て下さい。
 と、実はこれもテストのための書き込みです。失礼しました。T.Kubo



T.Kubo フィルターやフード
04月27日(月)17時45分

 H.Horiuchiさん、まいど。
 その当時、何か規格めいたものを作ろうとする動きがあったかどう
かは疑問ですね、フィルターやフードに関しては。ローライ、ライカ、
コンタレックスそれにキヤノン40mmなど、純正がないとどうにも
ならないカメラが多く、その造りにも磨きがかゝっていて、削り出し
とか結構手間をかけてステータスを誇示していたように思えます。特
に調べたわけではなく私見です。では、T.Kubo



T.Kubo URL変更しました。
04月27日(月)18時26分

 弊社のサーバーの事情があって、BBSのURLを変更しました。
 すいません、よろしく。T.Kubo



S.Matsuda スピグラを通販すると・・・
04月28日(火)10時08分

Maedaさん。ホームページを楽しく拝見させていただきました。
スピグラの海外通販仲間でいらっしゃるようで嬉しいですね。
ちなみに、私もスピグラを通販購入し、手元に3台の2×3
スピグラがあり(内、一台が更正修理完了しました。スピグラの
フォーーカルプレンのメカなんぞは、古い柱時計のようでした)
、同年代の同一モデルのはずなのですが、レンズ、カメラのバック
の仕様、レンジファンダー、フォーカル巻き上げメカの金属カバー板、
、ベローズ等々、すべて異なっていました。まあ、年代物なので、
後世のユーザと修理屋により、いろいろ改修を受けているのが多い
ようですね。先日は、レンジファインダーのパーツ取り用に、安い
ボディーを買いましたら、なんとバックのおまけに近代的なGlaflock Backが付いて
きました。狂気乱舞です。しかも、ピントグラス付き。
(pacific rim camera)
Graflex.Orgの記載によれば、スピグラは、公官庁納入仕様はすべて
真っ黒ボデーだったらしいので、Maedaさんのモデルは、消防署、郵便局、
警察、学校で、もう少し平和な利用をされていたかもしれませんね。
さて、私といえば、45$のエクターの試し撮りをしながら、
先日仕入れた知識?で、ポラロイド110 ローデンシュトック
127mm f4.5 プロンター付きを65$で発見し、在庫
確認中ですが、まだ売れていないと嬉しい。2×3のスピグラの
レンズボードに収まらない、とか、カメラの蓋が締まらないとか、
色々心配はあるんですが、駄目な場合は、4×5のスピグラを
買ってしまおう。
その他、古いBUSHのフラッシュガンのジャンクに大型ストロボのジャンクを
仕込み、クラッシックなガンスタイルストロボを作ってみました。
(スピグラは工作も楽しい)
スピグラに付けてみると格好はえらく良いです。
先日の日曜日に完成したばかりなので、これから
試し撮りをしてみます。
ではでは。



T.Kubo スピグラ、あれこれ
04月28日(火)12時45分

 S.Matsuda さん、そういえば私の2x3スピグラも後部をグラフ
ロックバックに変えてあります。当時は4x5や2x3のグラフロ
ックバック・キットなるものが販売されていたようです。後年に、
たまたま新品箱入りが手に入ったので2x3スピグラを買ったとき
に取り付けました。それにしても、部品取りに付いて来たとはラッ
キーですね。
 Bush Press用のガンは私も持っていました。スピグラを
始めたころ、友人が持っていないというのでスピグラの純正ガンと
交換しました。この純正ガンは、スピグラに限らずクラウン、セン
チュリー、スーパーグラ、またスーパーDグラフレックス(SLR)
にまでワンタッチで着脱可能です。要は、台座が共通ということで
すね。また、スピグラ系はガンからソレノイドによるシャッター・
レリーズができますが、配線はスーパーグラ用だけが異なります。
これらの配線類も店頭ジャンク箱から見つけて集めることができま
した。バルブはプレスB級を使うとF22くらいに絞っても十分集
合写真を撮ることができます。では、T.Kubo



Y.Sugiyama スピグラ、あれこれ
04月28日(火)23時55分

みなさん、こんばんわ!!杉山です。

スピグラ&海外通販の話題に加わらせてください。
実は、世の中、テレパシー(古い、平賀源内でもあるまいし)が走っ
ているんでしょうか!!
皆さんの、話題をみる直前ですが、私も、通販にチャレンジしてます。

ダメかな、と、思っていたら、今日、Holdしたよ、って、返信が
ありました。

シンクロコンパー付きのエクター203mmF7.7を探していたん
ですが、ありまして、それに、Cam(スーパーグラ45用)も、
そして、バッテリードアーってのもありまして(予備で欲しかった)
チョット高かったんですが、今、送金するよって、メールしました。

航空便と指定したんですが、ご丁寧に、トータルプライスが低額なん
で、船便の方がいいんじゃないというような書き方で、航空便では
$xx`UPS`と記してありました。

シャッター不良の`スーパースピードグラ`用のオプター135mmが
あるんで、そのボードに203mmを付け替えようとしてます。
到着後の顛末が有意義(~o~)でしたら、また、アップします。

では、では、失礼します。
PS.
スピグラライフ(生活)をする方が増えてるみたいですね!!
半年間、目を付けていた新橋の`2x3`がなくなっていました。



Y.maeda スピグラ
04月29日(水)00時35分

S.Matsuda さん情報有難う御座います。そうですね、私の買ったスピグラが血なまぐさい戦争に使われていなければいいのですがね。
ところで私2X3のスピグラを探していますがピースメーカーの物がなかなか見つかりません。「ミニチュア、スピグラ」ならいっぱい有るのですが。実用上どんなに違いが有るのでしょうか?やはり「ミニチュア、スピグラ」は敬遠した方が良いのでしょうか



T Kaneko やっと来ました、Rolleiflex 2.8C
04月29日(水)06時25分

皆さん、お久しぶりです。
私が注文したRolleiflexがやっと届きました。注文したお店は何とここでも取り上げられた
Wall Street Camera、ちょっと危惧していたのですが無事届きました。状態はとても良し、ただ
ファインダーがすこし暗めなのが玉に傷です。 近くの店にあった2.8fの方がファインダーは
見やすいみたいです。(2.8Cのファインダーて取り替えられるんですか?)
レンズの状態も良し。0.5ミリほどのかびらしきものがレンズの裏表面についていますが、撮影に
はあまり影響ないでしょう。シャッターの状態も良し。高速も低速も滞りなく動きます。
それにしても、このカメラ約40年から50年前のものなんですね。何回所有者が代ったのか興味が
あります。 さっそくフィルムを詰めて、写真を取ってみます。 現像後にまたご報告します。



T.Kubo スピグラ他
04月29日(水)08時48分

 正直言って、こんなにスピグラに反応(失礼)があるとは思っていま
せんでした。Nifty時代には書いても反応はいまいちでした。ロム
ニーブックもライカやローライには大きく水をあけられています。
 杉山さんはスーパースピードをお持ちですか。私も持っていましたが
数年間にスピグラ入門者に譲りました。今はスーパーグラだけで、WE
Bの姿写真は殆どこれで撮っています(ポラ)。Sコンパー付きのエク
ターの報告、楽しみにしています。
 Y.maedaさん、23ペースメーカーは少ないですね。これに付いている
エクター101mmエクターは別格の優秀なレンズだと思っています。ミニチ
ュァはバックが問題で、そのまゝ写真を撮るには厳しいものがあります。
Matsudaさんが詳しいのでコメントを待ちましょう。たゞメカの造りは数
多くあるスピグラモデルの中ではトップクラスです。私はバックを改造し
て使っています。
 T Kaneko さん、来ましたか。Rolleiflex のファインダー交換が出来る
モデルは28Eの後期型からだったと思います。ところで、米国内で買う場
合、Rolleiflexくらいのカメラの送料はどのくらいかかるんでしょうか。

 では、T.Kubo



T Kaneko 送料
04月29日(水)12時52分

まずご質問の送料から、10ドルでした。
アメリカの国内では通信販売の場合消費がかかりません。
もし店頭で現物を買ったら場合、その州ごとの消費税がかかります。
(New York州の消費税は8.25%、ペンシルバニア州は7.00%)
ゆえに、通販で買っても現地で購入しても価格はほとんど変わりません。
高額な商品をアメリカ国内で購入する場合、保険の問題があるものの、通販の方が安く商品を手にいれられます。
アメリカ国内で通販が発達している理由は以上のこと、それに近くに専門店がないこと、この二つであるとおもいます。
ところで、お恥ずかしながらrolleiのフィルムの装填にとても苦労しました。あれ初めにローラーに
挟むようにしてフィルムを入れるんですね。フィルムを一本無駄にしてしまいました。
それと、500のシャッタースピードの時は、フィルムを巻き上げるまえに500に設定しないと
だめなんですね。これなぜなのかよくわからないのですが、そうみたいです。






H.Horiuchi スピグラに質問!(その1)
04月30日(木)11時10分

皆さんこんにちは。スピグラで盛り上がっていらっしゃいますね!
 さて、私はまるっきりのスピグラ門外漢ですが、それでもその魅
力はこのKuboさんWEBや書籍などからひしひしと感じております。
そこで、このような私から素朴な質問です。論理的であっても、主
観的感情論?でも結構ですので、皆さんの思いをお聞きしたいです。

質問1 数ある4×5フォーマットのカメラの中でも、スピグラに惹
   かれるのは何故でしょう?
質問2 2×3スピグラの醍醐味とはどのようなものでしょうか?世
   の中に6×9を専門とする120カメラは沢山あると思いますが、
   それらとは異なる魅力があるのでしょうか?

以上宜しくお教え下さい。



S.matsuda 23のスピグラ(その1)
04月30日(木)11時28分

Maedaさん。23スピグラですが、私のスピグラ記録です。
多分、Maedaさんも数台買うはめになるのではと思いますが。
ここで白状してしまいますと、2×3スピグラにはまっってしまったの
はかなり最近のことで、まだまだ分からないことが多いのですが、
(だから面白いという事もりますね)、皆さんの知恵で御一緒に探求
できたらと思ってます。実はビギナーです。
私の3台は、すべてMini SpeedGraphicで、これは安かったから?です。
どの2×3のスピグラが良いかは、コレクター的に楽しむか、実用撮影派
で楽しむかで若干分かれるような気もします。
コレクター的には、すべての2×3を入手!!です。アメリカでは、
かなり渋いコレクションとして、ファンがひそかに急増中のようです。
お金もそうかからないし。
 さて、2×3のスピグラの、Miniと Pacemakerとの差は、バックが
バックがスプリングバック(シートフィルム使用)、Graflock(
近代的?交換バック)の違いにつきるようです。

23スピグラの私の考えるベストは・・
お勧めは、Miniでも、Pacemakerでも、GraflocKバックになっていて、
エクター101mmがついているモデルでしょう。(ロールフィルムが使えて
良いレンズ仕様)。
ただし、ロールフィルムが使えるという事は、ホルダーをどこかで
見つけて入手しなくてはならないという事でになります。
ホルダが、これまだ各種サイズと色々なタイプがばらばら
揃っていてくれて嬉しい限りです。(とほほほほ)
ロールホルダーは、巻き上げ形成が、古い回転ノブ式の方が故障が少なくて
良いです。(MamiyaのRBのホルダーの使えるらしいですが、まだ付けた
事はありません。)6×9サイズは、グラフレレックス製のホルダー
だけの様です。
ロムニーおじさんの意見では、Graflockバックのついた安いMimiは他がどんな
状態であっても買っておくべきだ!! ですが、私もまったく同感です。
その場合、Grafloc用のピントグラスが付いていることも肝心。
後からのんびりとインターネットでピントグラスのみを探すという楽しみ
もありますが。

 さて、ここから混乱のはじまりなのですが、Spiringバックもピントグラス
ユニットを外すと、ロールフィルムホルダーは納まり、改良金具セット
も出ていました。。すでに、その金具がついている物もあるようです。
(アメリカでは金具を自作している人もかなりいるようです。)
さらに、交換バックキットも販売されたので、このバックに交換済みの
Miniですと、ロールフィルムが使えます。
Miniに後からPacemaker用のバックを付けたユーザもいますので、
中古マーケットは、すべての組み合わせが存在してるわけです。
ボディ側はほとんどMiniとPacemakerの違いが分からないので、
レンズとバックで選択されるのが良いのではないでしょうか。
(Mini用のGraflocコンバージョンバックは、フォーカルプレン用の
シンクロ接点コネクターが付いていまが。PacemakerのGraflok
には付いていません。悩ましいでしょ)
私の3台は具合良く、1,SpringBack, 2,SpringConversionBack(Graflok)
3,GraflockBack と揃ってしまいました。3は、MiniではなくPacemaker
だったという事かもしれませんね。
3は、カタログでは、23speedGraphic with Graflocとなっていました。
今日たまたま、springback用の改造金具を持っているよ という通販屋さんから
メールが着たので早速頼んで見るつもりです。
CenturyとCrownの23を持ていない理由はフォーカル
プレンシャッターが付いていないからです。
その他、Centuryのプラスティックボディーは、今日のような
丈夫な樹脂ではなので、落とすと欠けやすいようです。
(でもグレーボディーに赤ベローズのモデルはちょっと触ってみたい誘惑)
レンジファインダーはほとんどカラート製が使われていて、まれに
Mayer製があるようですが、調整法はカラートの資料の方が入手しやすい
ようです。レンジファインダーを実用にしたい場合は調整は必須です。
フォーカルプレンは分解清掃すると、驚くほど調子が良くなります。
この辺は、ロムニー本が私ににとっては天の助けとなりました。
(相当著者自身がこのカメラが相当好きらしく、入れこんだ記述は
スピグラユーザにはとてもナイス)
 Spiringバックでは、シートフィルムとホルダーで一苦労してしまいました。
この話は長くなりますので次の機会に
ではでは。御参考になれば幸いです。
45スピグラも欲しくなってしまった S.Matsuda
 




Y.Maeda 23スピグラ
04月30日(木)13時24分

Matsudaさん、ものすごく詳しい説明をありがとう御座います。
この説明を読んで益々23スピグラがほしくなってしまいました。
Miniとpacemakerの差がそんなに無いようですの、でそのことは
気にせずご指摘の点に注意して購入したいと思います。これから
深みにハマッテ行くと思いますので、ご指導の方を宜しくお願い
します。今日は本当にありがとう御座います。



T.Kubo スピグラあれこれ
04月30日(木)13時40分

 H.Horiuchiさん、まいど。
 4x5スピグラ
 スピグラを使う理由は、1にも2にも安いからで、これに尽きます。
 レンズが付いて距離計連動機で250ドルくらい。送料はAIRだと
デカいので40〜50ドルかゝります。
 いろいろ理由を付けるなら、レンジファインダー機であること(4x5
でも手持ち撮影ができる)、フォーカルプレーンが付いていること、アメ
リカンメイドであること(S.Matsudaさんのコメントにあるように時計ド
ライバーだけで直る)くらいでしょうか。対抗馬としてリンホフテヒニカ
くらいしかありませんが価格の点で手が出ません。

 2x3スピグラ
 おっしゃるように中判カメラは数多くありますが、やはり値段の点で群
を抜いて安いのです。その他の理由も4x5スピグラとそうは変わりませ
ん。

 今時大判カメラにフォーカルプレーンが必要か。多分普通はNoですね。
私のように凸レンズであれば、虫眼鏡やドアスコープでも写真を撮ってみ
たくなる狂人には垂涎の機能です。子供のふんどしくらいの大きな幕がカ
シャッと落ちる音はスピグラ経験者にしかわかりません。しかもこれが大
変正確なのです。で、フロントシャッターを選択すれば通常のレンズシャ
ッターを使った撮影が可能ですからフォーカルプレーンを無理に使う必要
はありません。ただ、フォーカルプレーンの厚み19ミリ分ボディの奥行
きが深く、この分ワイドレンズの使用には不利になります。では、T.Kubo



S.Matsuda 23スピグラ(その2:魅力は・・)
04月30日(木)14時11分

スピグラ話題が続きます。どうもすいません。
先ほどの長文投稿と一緒に、ゴールウィークに免じてお許しください。
私は2×3しか持っていないので、
自分なりに、23の魅力を上げてみます。
多分に贔屓の引き倒しなような感想で恐縮ですが、
ちょうど撮影ができるようになったばかりなので、
相当 熱い もんですかご理解ください。
欲しかった理由は色々あるのですが、

1:機能:6×6以上、レンズ交換可、ピントグラス使用可能、カメラのバック交換
     できると嬉しい。
2:価格:しかも、安上がり。
3:スタイル:その他、格好が良いこと。これは大切。
4:構造;仕組み簡単で、自分で修理と調整ができること。電池不要。
5:その他:一応実績ある ちゃあんとした カメラであること。
の以上の条件にぴったりだったわけでです。

入手してみて感じたこと。
1:フォーカルプレンは便利。
  レンズボードに取り付きさえすれば、どんなレンズでも使えそう。
2:アメリカでかなりのユーザがいるので、まだまだ部品も入手
  できるし、多いに安上がり。
3:写真を撮るが楽しい。35mmだと、撮ろとうすると逃げてしまう
  人も、撮らせてもらえる。一応尊敬に値する外観のなせる技か?
  小型なので、手軽に持ち出せるし、レリーズでカシャっとやって
  いると、いかにも良い写真が撮れそうな実感(実はは使い慣れない
  ので失敗は多いです。)。このカメラのおかげで友達増えた。
4:構造が簡単で質実剛健実用本位なので、修理が非常に楽で、
  レンズを割らない限りは、自分で直せる。工作できる余地
  が多くて楽しい。
*ハッセルは怖くて分解できないし、修理に出すのも怖い!!
   (おそるおそるのユーザ。レンズがちっとも増えない。)
5:高級機でないので、気が楽。

電池不要なのは非常に長所ですが、スピグラでカラーリバーサルで撮影する
時に使ってみようと、高級な入射(スポット可)、反射光用、デジタル露出計
を買ってしまいました。カメラはローテク、露出計は電池必須のハイテク。
ちなみにカメラより高かったです。
ご参考までに、23といっしょに使ってみたかったのは、同じく、グラフレックスの
XLでした。

S.Matsuda



H.Horiuchi スピグラに質問!(その2)
04月30日(木)16時56分

ううぅ〜ん、皆さんの熱い思いにやられてしまいそうです。
 どうも、大変御丁寧で、かつ、熱いお答え有難うございました。
さて、疑問に思うところその2でございます。私はもっぱら35ミリ
のスナップが中心。違うフォーマットは6×6でさえほんの数年の
キャリアしかありません。120ブローニーは時折巻き終える際に失
敗して、はじっこが感光しちゃったりしてしまうこともあるような
状態ですが、それでもカメラと写真に対する熱い思いだけは皆様の
ようであるはずだと信じております。そのような私ですが・・・

質問3 このような私ですが、いきなり4×5に手を出しても大丈夫
   なものでしょうか。自分としましては、なじみのある120関係
   の2×3の方がかわいいかなぁ〜などと思いますが。

質問4 海外通販の手順は慣れているつもりですが、まるで違う分野
   ですね。カタログの読み方が分かりません。例えば・・・
   2X3Century Graphic Trioptar4.5/105,red bellows
   Kalart rangefinder,Graflock back
   と、あった場合、これで直ぐに写真が撮れるパーツが揃って
   いることになるのでしょうか?なにやら皆さんのお話に出て
   きた赤いベローズの距離計付き?しかもグラフロックのバッ
   クが付いているようですね。120ロールフィルムが使えそうに
   思えます。ボディはベークライトでしょうか?

 などなど、またまた初心の初心の質問で申し訳ありません。また
お教え下さい。あぁ〜まずいっ!何やらこの道にはまってしまいそ
うな浮気な自分をかんじますぅぅぅぅ。 



T.Kubo スピグラ、あれこれ
04月30日(木)23時30分

 私自身、4x5の必然性はあまり感じていません。フィルムの性能が
進歩した現在普通の写真は35mmで十分だと思っています。より高画
質を求めるなら中判でその差を十分堪能できますが、 特殊な用途以外
4x5はオーバースペックでしょうね。それにDPEは高くつきます。
リバーサルで撮ってライトボックスの上でルーペで見るのではつまりま
せん。私はカラーの場合リバーサルで撮って気に入ったものだけを4切
に伸ばしています。また、4x5カメラは中判も撮れるのでカラーは中
判で撮ることもよくあります。急ぎの場合はポラを使うこともあります。
 モノクロでは4x5をよく使います。現像、伸ばしは自分でやります
のでの、こっちは安上がりです。この連休には10人くらいの集合写真
をスピグラ+アンギュロン90mmで撮るつもりです。4x5カメラは
6,7台ありますが、出番が多いのはやはりスピグラです。

   2X3Century Graphic Trioptar4.5/105,red bellows
   Kalart rangefinder,Graflock back

 は、ボディはプラスチックです。ロールホルダーさえ買えばすぐ写真
は撮れます。ホルダーはマミヤRB用6x7かホースマンの6x9用な
ら使えますが、プロテクト用の小さな部品を外したり、若干ヤスリが必
要な場合もあります。グラフレックス社の中古を探せば問題ありません。
新品のホルダーだとカメラより高くつくのでは。
 6x9バックは一応グラフレック社の規格に準じていますが、誤差の
基準が曖昧なため多少合わないものもあるようです。4x5は全てコン
パチです。
 スピグラはMatsudaさんも言われているように、撮っていて楽しい、レ
ンズやフィルムの選択幅が広い、シフト、アオリによるより高度な写真
が撮れるなどですが、速写性や重量の点ではどうでしょうか。4x5の
場合、バックもいろいろ揃えたくなるので、こちらの出費も必要です。
 T.Kubo



Y.maeda 23スピグラ
05月01日(金)11時06分

皆さん、かなりスピグラに入れこんでおられる様ですね。
ところで、23スピグラの価格ですが、101mmエクター、グラフロックバック、
ピントグラス、レンジファインダー、23ロールホルダー付きで、程度EXLぐらい
の物なら、何ドルで「買い」でしょうか?



S.Matsuda 23スピグラ(その3)
05月01日(金)12時03分

maedaさん。23スピグラのお値段ですが、その仕様ですと多分
250から300ドル前後ではないでしょうか。この仕様は、
かなり気長に探さないといけなさそうです。ロールホルダーが単品
120ドル位が相場で、私の23スピグラ本体より高いんです。

Horiuchさん。私の23スピグラ歴もかなり最近なので。冷や汗・・・・・
つまり、かなりのビギナーなんです。まあ、怖いもの知らずだった?
数々の失敗を元に、解読してみますと、
2X3Century Graphic:いわゆる樹脂ボディー、フォーカル無しですね。
           カメラ屋さんの展示品を持たせてもらったら、
           非常に軽かったです。
Trioptar4.5/105,  ウオーレンサックがグラフレックスにOEM
           したレンズで、よく付いているオプターより
           レンズが高級? でしょうか?。 
           (Triと称するからにはレンズの群数が多い?)
           私の安オプターでもしっかり撮れました。
red bellows:グレーボディですよ。これは。
kalart rangefinder:一応、レンジファインダー付き。
Graflock back:Kuboさんのご指摘とおり、ロールフィルムホルダーが必要。
        その他、ピントグラスがついていると嬉しいですね。
        距離計の調整、無限大の調整等、ピントグラスがあると良いです。
        
私はすでに、ロールフィルムを多数パーにしてます。
多少のミスは心配しないほうが精神衛生によろしいのでは。
多重露光、遮光板引き忘れ、装填ミスによる、部分多重露光、
(これは偶然に面白い写真が撮れてしまった)等々失敗の嵐。
失敗したフィルムは捨てないで、フィルムフォルダー送りの謎?使い方の謎
の解明、装填の練習用に非常役に立ってます。(負け惜しみ)。
まだまだ未熟なので、ここ一番の時は、オリンパスのXAで押さえの
シャッターを押してます。(メモと称してます)
ではでは。




T.Kubo スピグラ、あれこれ
05月01日(金)14時06分

 maedaさん、グラフロックバックの2x3カメラですと2x3ペースメ
ーカーというのがベストです。これは、戦後というかグラフレックス社の
2x3スピグラでは最終モデルに当たります。日本国内ですと5〜10万
円くらいします。通販では350ドルくらいでしょうか。レンズは大抵エ
クター101mmF4.5が付いています。このレンズは超一級品だと思
っています。レンズシャッターは1/800秒まであります。あまり市場では
見かけませんが、あれば美品です。私もかっては使っていましたが今は手
放して手元にはありません。

 ミニアチュアスピグラ
 以前に、アニバーサリーモデルという、ペースメーカーの一つ前のモデ
ルを送料込み100ドルくらいで買ったことがあります。相当汚いのを時
間をかけて磨き上げました。その後「パブリック・アイ」という映画でこ
のモデルは一躍脚光をあびました。主演のカメラマン(ジョー・ペシだっ
たか)が使っていたのがこのアニバーサリーモデルです。4x5をやった
ことのない友人が、この映画で見たスピグラと同じモデルがどうしても欲
しいと方々を探したそうです。結局、私のアニバーサリーは彼のものにな
りました。レンズはオプター135mmでしたが、リバーサルで撮ったカ
ットを何枚か見せてくれた時に、飾り用で欲しかったのではないことをあ
らためて知りました。アニバーサリーモデルは永いスピグラの歴史の中で
職人が最もいゝ仕事をした時代で、カメラそのものも美しく、部品ひとつ
ひとつが大変丁寧に作られています。ミニアチュアはこのアニバーサリー
モデルのベースになったカメラです。

 センチュリーグラフィック
 センチュリーのレンズは、高級品ではクセノター80mmF2.8、ニ
ューテッサー100mmF3.5、アンギュロン65mmF6.8がありま
す。その他、ラプター82mmは優秀、センチュリー(レンズ名)、トリオプ
ターはあまり高級とは言えません。私はセンチュリーグラフィックを10
台近く買っていますが、不思議にエクターやオプターは付いて来ませんで
した。センチュリーは少し後の時代だったからでしょう。また、不思議な
カメラで、買っても買っても友達が持っていくので、手元にはいつも酷い
のが一台という有様でした。相当センチュリーファンを増やしたことにな
ります。色はボディが黒に黒蛇腹、グレーボディに黒蛇腹と赤蛇腹があり、
黒ボディに赤蛇腹というのはまだ見たことがありません。あれこれゴミネ
タでした。T.Kubo



H.Horiuchi スピグラに質問!(その3)
05月01日(金)18時01分

Kuboさん、いつもども。Matsudaさんコメント有難うございました。
 Matsudaさん、ビギナーなんておっしゃっていましたが、本当に
勇気のある方なんですね。すごい!私は逡巡しております。実は膨大
な他フォーマットでの撮影経験をお持ちなんでしょぉ?今度その辺り
をもお聞かせ下さい。
 さて、私徐々にスピグラなるものが分かり始めて参ったような気が
します。もう少し質問しても宜しいですか?っと言いつつ図々しくも
既にその体勢に入っています。

質問5 GraflexのRollfilmbackとして、「6×9cm,for2×3inch
   camera with Graflock back」とありました。この場合、
   Rollfilmbackを購入するとGraflock backが一緒に付いてく
   るということなのでしょうか。通常米国ではこのように込み
   で売られているのですか? また、「Viewfinder masks
   #2,#3,#4,#9,#10,#12」などという記述を発見しました
   が、これはピントグラスとは違いますよねぇ?ピントグラス
   は何と書いてあるのでしょうね?

質問6 Graflex XL Ysarex 3.5/95,Synchro Compur, focusing
   back,quick focusing handleっというのがありました。XLは
   以前本で読んだことがありましたが、これまた魅力的なカメラ
   ですね。Matsudaさんのお話にも出てきましたね。これについ
   て御解説下さいませんでしょうか。
   



T.Kubo スピグラ、あれこれ
05月01日(金)21時42分

 H.Horiuchiさん、こんばんは。
 基本的にグラフロックバックはカメラの後部機能ですから、ホルダー
を買って付いて来ることはないと思います。ホルダーと言ってもグラフ
レックスにはグラフィックバックというのもあり、外観では見分けが付
かないくらい似ています。従って、素直にグラフロックバックのカメラ
用と取った方がいゝと思います。センチュリーはグラフロックバックで
すがモールドでボディと一体になっています。
 スピグラは長い間、ビューファインダーにはフレーム(スポーツ)フ
ァインダーを採用していました。アニバーサリーモデルの後半から今の
ようなチューブ型の逆ガリレイ式になりました。この先端のスリットに
マスクを入れてレンズ交換をしたとき画角を制限することができます。

 グラフレックスXLはリジッドタイプの中判カメラです。すなわち、
シフトやアオリはできません。レンジファインダーの付いたレンズ交換
可能なモデルXLRFと、ワイド専用のXSL、スーパーワイド専用の
XLSWの3種類があります。
 XLRFは蛇腹カメラを使ったことがある人なら、6x7を撮るのに
何でこんなに大きく重いカメラが必要なの、何で泡までおいしいの、と
なります。私は何台も使いましたがあまりお薦めのカメラではありませ
ん。変わったカメラのコレクションとしては面白いかも知れません。XL
やXLSWはコンパクトでいゝカメラですが、目測のベテランにお薦め
です。
 XLシリーズはグラフロックを外して専用のポラバックを取り付ける
ことが可能です。他の中判カメラにはない特徴と言えます。では、T.Kubo



Y.maeda 23スピグラ
05月02日(土)00時25分

Kuboさん、長文のご説明を有難う御座います。Matsudaさんのご説明と合わせて。かなりの線まで絞り込めてきました。ここ2日ほど、アメリカの業者にメールでアタックしているのですが、なかなか当たりが有りません。根気よく探してみたいと思います。
それと、話は変わりますが、先日、アルファベータ社の「クラッシックカメラ、その集め方と使い方」と言う本を買いました。日本の本と違って(翻訳本ですが)このカメラが「良い」、「悪い」がはっきりと書かれてあって興味深いです。
そこで Kuboさんに提案です。ロムニーさんの「ベーシックトレーグ」の翻訳をして頂けませんでしょうか?。たしか Kuboさんはこの本を取り扱っている会社にお勤めでしたね?。私この本を買ったのですが、とても読めません。時々イラストに書かれているカメラと同じ物を分解する時に「絵本」のように見ているだけです。たいせつな事がいっぱい書かれているはずなのに!。とにかく私英語はダメです。 Kuboさんどうでしょう???!!!!。



T.Kubo スピグラ、あれこれ
05月02日(土)10時16分

 スピグラに興味のない方はうんざりでしょうね。映画によく出てくるカメ
ラですので、興味ない方でもカメラファンならその背景くらいは知っておい
ても損はないと思います。
 スピグラは一言でいえば、一眼レフが台頭してくるまで、はっきり言えば
戦後ニコンFが出てくるまで新聞社が報道用に使ったプレスカメラです。ア
マチュアには手も足も出ないほど高価で、しかもしばらくはルートがないと
買えないカメラでした。
 ライカ判カメラの35mmレンズに相当するエクター127mmが、当時
で言えばワイドレンズですが、標準で装備されていました。とに角、広く撮
っておいてトリミングして使うという報道写真のプロセスにはうって付けの
カメラだったようです。また、当時安定に動作するフラッシュ撮影はどんな
場面でも絵がものを言うニュース写真には威力を発揮したようです。今では
当たり前のシンクロ(同調)技術ですが、これは戦後のペースメーカーモデ
ルで実用になったテクニックです。

 興味のある方は私の現用スピグラを見て下さい。
 WEBのスピグラページの Schneider Angulon 90mm にあります。実は、
今日載っけたばかりです。T.Kubo



T.Kubo ベーシックトレーニング
05月02日(土)13時06分


 ベーシックトレーニングの日本語化については、多くの方からご要望を頂いて
います。著名な方から「翻訳するなら是非当方」に、という話も来ています。
 この手の本は数が出ませんので、著作権料、翻訳料を払って出版したとしても
採算の点でいつも話はボツになってしまいます。
 「ペーシック・・」は技術的な内容に加えて、ロムニーさんの文章の面白さか
ら日本語化する価値はあると思っています。こういう本は少ないのでロングセラ
ーにはなるでしょうね。
 その他のロムニーブックをいろいろ読んでみると、「カメラをこうして直そう」
というより、「壊れたカメラを安く買って、直して高く売ろう」という次元の高
い(?)思想がところどころに伺えます。建前より、アメリカ人の本音というか
合理的な考え方が伝わってきます。「直したカメラを買った本人に売ってはいけ
ない」などを大真面目に書いてあるところが面白いのです。理由は、皆さんが想
像される通りです。T.Kubo



ぶねぶね ほむぺよろしくね
05月03日(日)20時38分

まっく@静岡っす
スクーバと、写真が趣味です
http://www2.wbs.or.jp/~bunebune
クラカメのガレージセールスはじめました



T.Kubo スピグラ、あれこれ
05月03日(日)21時27分

 風景写真の好きな人なら誰でも一度はパノラマ撮影をしてみたくな
ります。
 一時流行った35mmカメラによるパノラマにはがっかりした人も
多いことでしょう。小さいネガを、半分くらいしか使わないのですか
ら、無理もありません。ニューマミヤ6では、35mmフィルムを装
填して24cmx56cm(?)のワイド画面を得ていますが、これなら画質は十
分期待できます。
 4x5カメラでは簡単に高画質のパノラマ写真が撮れます。理屈は
35mmカメラと同じですが、一枚のシートフィルムから2枚のパノ
ラマカットが撮れてフィルムの無駄がありません。方法は簡単で、撮
り枠(シートフィルムホルダー)の引き蓋を買ってきて半分(上下)
をカットして取ってしまいます。撮り枠は一個1、000円くらい、
引き蓋だけは1枚300〜500円です。カメラをセットしたら、こ
のカットした引き蓋を入れて先ず上半分の撮影をします。次のカット
はこれを逆に入れて下半分を使います。
 4x5カメラは簡単にレンズの上下シフトができるので、ねらった
ターゲットを中心にもってくることができます。
 5cmx12.5cmのパノラマネガが出来上がります。中判の高価なパノラ
マ専用機にも匹敵するパノラマ写真が楽しめます。DPEは普通に6
切か四切に焼いてもらってカットすればOKです。T.Kubo



Y.maeda スピグラのシャッター
05月03日(日)23時34分

今日は、今日先日購入した「アニバーサリー、スピグラ」のフォーカルプレーン、シャッターのスピードの調整をしていたんですが、いくらばねのテンションを緩めても最低スピードの1/10秒には成りません。幾ら頑張っても1/30秒が限度で、これ以上緩めるとシャッターが動かなくなってしまいます。このシャッターには、「スローガバナー」が無い様なので、機構上スローは無理なのではないのでしょうか?皆さんのシャッターの調子はどうですか?低速にした時アンダーになっていませんか?



T.Kubo スロースピード
05月04日(月)00時31分

 確かに、フォーカルプレーンのスローは出しにくいですね。結論で言えば
出るもの出ないものがあります。軸受けや幕自体の摩擦なども影響してくる
ようで、個体によって異なるようです。新品の頃はどうだったのか知りたい
ところですが、これだけはどーにもなりませんね。
 ペースメーカになって最低速が1/30秒になったところを見ると、この
方式での安定な動作はこの辺までかと想像しています(ガバナー無しでは1
/50秒)。1/15秒まで追い込んだマシンもありますが、カメラを逆さ
まにすると動きませんでした。1/10秒にすると高速がダメでした。T.Kubo



S.Matsuda 発条メカとフォーカルの繊維ごみ掃除
05月04日(月)01時18分

私のi23mini(と勝手に略している)は、3台とも入手直後は、3段目当たりから、幕が がさごさ いって、まともに落ちてくれませんでした。フォーカルのロールが納まっている内側の繊維ごみを掃除し、フォーカルの端の繊維のほつれをハサミで切って奇麗にし、ぜんまい と、軸受け、歯車 も汚れを落とし、シリコンオイルを薄く引いて拭き取って上げた所、するする 気持ち良く、発条テンション (1) で4段目も落ちるようになりました。
何と、フォーカル軸受けの上側は、発条ネジの上に、
軸が露出してるのを発見して目が点!!
所で、1/10とか、1/30とか、スピードは、どんな
方法で計るのがよいのしょうか?
体感では、3段目と4段目の幕の速さはほとんど変
りなく、幕の窓幅のみが大きく異なっている感じです。
さて、フォーカルネジを巻き上げた状態で、小窓に
D が出ますが、最初に入手したi23miniでは、1段目
を落とすとDの表示がでるので、変な設計のカメラだ
と思ってましたら、後から来た23miniでは巻き上げた状態でD の表示がでました。後者が正解だと思うのですが、皆さんのは大丈夫?



T.Kubo シャッター計測
05月04日(月)02時13分

 私はシャッター計測機は自作しました。もう、10年以上使っています
が正確です。
 ロムニーブックに作り方を書いた本がありますが、Matsudaさん作って
みたら。私も時間があれば、2台目はロムニー型を作ってみようと思って
います。
 ロムニーのホームページ(日本)に工具を並べた写真があります。これ
をクリックすると写真が拡大されます。その左の方に写っています。その
上のカメラに張り付けてあるのがセンサーです。クリッカブルマップにな
っていますが、シャッター計測機の説明はありません。T.Kubo



T.Kubo スビグラのフォーカル
05月04日(月)02時33分

 ミニアチュアスピグラでは幕の幅をA、D、C、Dで表示していますが
確か、アニバーサリーやグラフレックスSLRでは幕の幅を直接インチで
示していたと思います。違ったかな、Y.maedaさん!。
 テンションはどのモデルも1〜6です。Dが幕の幅が一番狭いので一番
巻き上げた状態がDです。
 ペースメーカーの中期以降になるとこの組み合わせをやめで、ガバナー
のon/offと幕幅3種類で、1/30〜1/1000秒の6種類を得
ています。テンションの切り替えはなくなりました。では、T.Kubo



T.Kubo サーバー停止
05月04日(月)23時00分

 今日(4日)の午後、サーバーのハードを別の部屋に移動したため午後しば
らくの間WEBサーバーが停止しました。ご迷惑をおかけした方、申し訳けあ
りませんでした。T.Kubo



Y.maeda スピグラのフォーカル
05月04日(月)23時24分

イヤー皆さん夜遅くまでご苦労様です。私疲れていましたので投稿してからすぐに寝てしまいました。その後皆さんがこんなにもして下さっていたとは!大変もうしわけ有りません。でも、いくらゴールデウイークだからと言っても、あまり夜更かしはいけませんよ。
ところで、本題です。アニバーサリーの場合もABCDの表示です。
私は10年ほど前に買った「カルメット」のメーターを使っています。確かその当時は、「ホースマン」の駒村商事が取り扱っていました。値段は3万円まででした。これからの事を考えて「清水の舞台」から飛び降りた気持ちでした。
今回それで計ってみると1〜6のAではいずれも大体1/30秒〜1/40秒、1〜6のBでは1/100〜1/125、1〜6のCでは1/250、1〜6のDでは1/1000位でしょうか。ボディーに貼りつけてある表のようなスピードは出ません。細かい事は言わずに上の4段階のスピードしかないと思って使った方が良いかもしれません。



T.Kubo スピグラ、あれこれ
05月05日(火)21時28分

 休みを利用して、4x5スピグラで撮影可能なレンズ(ボード付き)をリ
ストアップしてみました。72mmから400mmまで23本ありました。
内7本はイメージサークルが6x9迄です。その他ボードに取り付ければ撮
影可能なレンズが4,5本ありました。
 リストしてみて、よくこれだけ集まったものだと思いますが永い間の自然
現象でしょうね。本当(?)の4x5用レンズは10本、残りは壊れたカメ
ラから外したもの、出所不明のレンズなどです。カメラから外したレンズは
大半がシャッター付きですが、スピードがあてにならないのでフォーカルの
お世話になるというわけです。レンズボードは自作したものも有ります。
 4x5レンズのうち新品で買ったのは山崎光学のテレコンゴー400とソ
フトコンゴー150だけ、4万円以上の中古レンズはアンギュロン90とア
ポジンマー150だけ、スピグラに付いてきたレンズはエクター127だけ、
残りは100ドル以下のレンズです。ライカでレンズの味を楽しむには経済
的な余裕が必要ですが、スピグラはお金をかけずに長く楽しめるカメラです。
T.Kubo



S.Matuda rennzu
05月05日(火)23時58分

連休中は掲示板がスピグラウイークになってしまいましたが、休み明けに見れる皆さんはびっくり必死。
でも、スピグラでこれだけ濃い内容は前代未聞なので、
不明点が解明できて、幸せな私です。

kuboさんのスピグラはレンズがいっぱいあって
幸せ者ですね。
私といえば、 ミニグラ(ミニチュアスピグラ)で撮影
できるようになってきたのがうれしくて、安いレンズ
をあれこれいじっております。
45ドルのエクター101で味をしめたのが原因です。
もうすぐ届くのが、
203mm f7.7 Kodak Anastigmat in Supermatic shutter
This coated lens is the same one which was
renamed a year later "Ektar." Exc. [4x5] needs
cleaning $65
お掃除すれば使えそうなの、頼んでしまいました。
なんとなく良さそうだし。(良く知らないので、あくまでも
雰囲気での決定。)
後からエクターって呼ばれたと言ってますが、
本当でしょうか?まあ、安いからいいですが。

105MM F4.5 JUNKER ANASTIGMAT.
IT IS ACTUALLY A USABLE LENS AND SHUTTER
BUT HAS NO F-STOP SCALE! $10.
この10ドルというのは、いままでの最低価格賞
なんですが、 Fスケールが無い?ってこと?
これも、まあ、安いからいいや。という感じです。
このレンズだけ頼むと運送費の方がかさんでしまう。
その他、連休中にのんびりカタログを見ていましたら、
探すと、訳アリ格安レンズが60ドル代でかなり出てますので、しばらくは、楽しみがつきません。
次は、エクター127mmの65ドルが欲しい。
その他、横浜の大通公園フリーマーケットで、コンパー
シャッター付きのメイヤー101mm装備フランス産
JUNKカメラをロシヤ船員のおっさんから、格安に
値切った物を入手しました。これも、レンズボード
に付けてみようかと思ってます。
(メーカー名なしの120蛇腹カメラでした。、PARIS
という文字がついてます。本体は粗悪な作りで、レンズ
のみドイツ製のしっかり物。いったいこのカメラは何だ?)
こうしてレンズが増えるのですねえ。ハッセル、ライカ、
コンタックス(WG製)等々のレンズを買うときの あの、
「悲壮感」がないので、なによりの幸せです。自分でオーバーホールして、いじり壊しても、そう気にならない値段だし。
そういうわけで、レンズボードの大量生産をしなくては
なりません。これもスピグラならではの楽しみですね。
リンホフでこの真似をするとバチが当たってしまいそうです。
ではでは。




T.Kubo スピグラのレンズ
05月06日(水)01時12分

 S.Matudaさん、まさに私はそんな感じでレンズを集めていました。
長い間には溜まってきます。手放したレンズもいっぱいあるので私の
ところを通過していったレンズはこの倍くらい有ると思います。
 Kodak Anastigmatはその時代時代でコダックの最高級だったレンズ
です。戦前はレンズ名やFに金や銀の象嵌(ぞうがん)文字が使われて
いました。たかだかレンズに刻む文字に手間と行程のかゝる象嵌を使
ったのは、最高級の製品でありメーカーの自信と誇りの現れだと思っ
ています(私の独断です)。ライカも初期の頃はボディに銀象嵌を使
っていました。私のライカIII型(D3)は文字が銀象嵌で今でもくっ
きり美しく見えます。エナメルはところどころすり減って真鍮が出て
いますが。
 Kodak Anastigmat Specialは後にEktarになったレンズです。3群4
枚のテッサータイプで先鋭さと色再現に定評のあった評判のレンズで
す。
 メイヤートリオプランなら3群3枚のAnastigmatです。私のはF6.8
ですがよく写ります。テッサーに比べて「あめーやー」と当時ちゃか
された記事を読んだことがあります。T.Kubo



ktanaka クラシックレンズ
05月06日(水)01時36分

 こんばんは。スピグラの話題を読ませていただいているうちに、俄然スピグラに興味が沸いてきました。
と申しますのも、先頃、目測式スプリングカメラで撮ったスライドを見ていて、このカメラに付いている
ローデンストックの三枚玉レンズ(トリナーF3.8)がかなりクセのある描写ではあるものの、意外なほど先
鋭に写ることを知り、精密なピント合わせをして撮影したくなったことと、昨年イカのハンドカメラを入
手したもののロールフィルムホルダがいまだ入手できないため、せめてレンズだけでも他のカメラで使え
ないものかと丁度試行錯誤していたところだったからです。
 現在のところ、スプレー缶のプラスチック蓋をアダプタ代わりにレンズをブロニカS2Aに取り付けて撮
影するといった不格好なことやっております。これではあまりにみっともないので、ブロニカのスレッド
マウントに合うように、直径 57mm の真鍮の円盤の外周に 1mm ピッチで捻子を切ったアダプタを作ろう
と計画中でして、一見の素人客に適価でこの旋盤加工を請け負って呉れる業者を探しているところです。
ただ、ブロニカには一眼レフゆえの便利さや融通性の反面、フランジバック(101.7mm)から来る制限やレ
ンズのイメージサークル全域を使用できない勿体無さが気になります。でも、スピグラならずっと高い
自由度が得られる(シャッタースピードの問題はあるにせよ)という訳ですね。
 私も是非スピグラを入手してみようと思います。



T.Kubo ブロニカS2
05月06日(水)08時36分

 ktanakaさん、こんちは。
 私もブロニカS2はずいぶんやりました。町工場でスクリューマウント用の
筒を作ってもらったこともあります。それよりバヨネットマウントを自作する
方がGOODです。ネスカフェプレシデントの緑の蓋がぴたりです。二種類あ
るので、S2を首にかけてコンビニに行かれることをお薦めします。コーヒー
を味わいながら古いレンズの味わいを楽しむというのも「おつ」なもんです。
味はエクセラの方が好きですが。
 一眼レフの便利さからS2にいろんなレンズを付けて楽しんでいた時期もあ
ります。仰せのフランジバックの問題、いかんせん6x6cmの物足りなさか
らやめてしまいました。また、この手のカメラは懐(ふところ)が狭いので逆
光での内面反射に悩まされます。蛇腹を使ったカメラは内面反射に関する限り
パーフェクトで、安いカメラでもヌケがいゝネガが得られるのはこのせいだと
思っています。でも、S2は自作レンズボードが使える数少ないカメラのひと
つであることは確かです。楽しんで下さい。スピグラなら公園でシャッターを
切っても、S2のように一斉にハトは飛び立ちません。T.Kubo



H.Horiuchi スピグラに質問!(その4)
05月06日(水)11時41分

御無沙汰致しておりました。連休中家のMacがダウンしまして・・
 さて、また質問させて下さい。4×5に色々なレンズを付けること
の自由度はかなり高いようですが・・・

質問7 アダプターのようなものはほとんどが自作なのでしょうか?
   また、自作するにしてもかなり難しそうに思えますが、取り付
   けたらレンズとボードの角度がきちんと保てなかったなんてい
   うことも生じたりしますか?

質問8 フォーカルの付いていない2×3の機種の場合には、やはり付け
   られるレンズに制約が生じますか?この場合、2×3用として巷に
   出回っているレンズシャッターのものの中から選択するしか方法
   は無いのでしょうか。

以上またまた宜しくお願いします。



T.Kubol スピグラ、あれこれ
05月06日(水)16時14分

 H.Horiuchiさん、しばらくです。
 私も連休中は出かけても人が多いので家中にちらばっているスピグラ
のレンズやアクセサリーを一カ所に集めたりして過ごしました。
 アダプターとはレンズボードのことだと思いますが、専用のものを買
った場合はセンターにレンズを取り付ける穴をあける必要があります。
買えば新品だと5千円くらいするので、ほとんどの場合自作しています。
長い玉の場合は1mm厚、ワイドレンズの場合は1.6〜2.0mm厚のアル
ミ板を使います。加工のしやすさを考えると1mm厚でほとんど問題あり
ません。ボードは平板でもほとんど光漏れは起こりませんが、安全の為
私は裏側に羅紗を貼っています。スピグラとスーパーグラのレンズボー
ドは寸法は同じですが突起の位置が違います。両方使えるように合計8
個の突起を作ります。突起は裏からポンチを打って作ります。なんだか
複雑なようですがスピグラボードを見れば一目でわかります。簡単な作
業です。なおセンターのレンズ用の穴はハンドニブラーを使うと綺麗に
丸く開けることができます。穴開けが終わったら全体にサンドペーパー
をかけて、その後水洗いし、乾かしてから黒の艶消しのスプレーをかけ
ます。塗装が乾いたらレンズを取り付け、最後に羅紗を貼ります。

 フォーカルプレーンのついていない2x3モデルはセンチュリーグラ
フィックか2x3クラウングラフィックになります(2x3クラウンは
数が少ない)。レンズは新品を買うならシュナイダー、ニッコール、フ
ジ、コンゴー、その他の6x9用があります。これらのメーカーの中古
を探すのも手です。私のように壊れたカメラからレンズアッセンブリー
(シャッターごと)を拝借して楽しむのもいいのではないでしょうか。

 これ1本という場合は、ためらわず山崎光学のコマーシャルコンゴー
90mmF3.5(0番シャッター、重さ190g、42,000円)をお薦めしま
す。T.Kubo



Y.maeda スピグラを注文してしまいました
05月06日(水)16時25分

とうとう注文してしまいました。「miniスピグラ、ボディーを2台」。
「クラウン2x3、101mmエクター付き、を1台」。「2x3フィ
ルムバックをまとめて注文してしまいました。と言うのもそれぞれが中
途半端な仕様だった物で。たぶん、今週末か来週早々には到着するはず
です。今後「使えるレンズ」「面白いレンズ」を探して行きたいと思っ
ています。取り敢えずはこのまえ購入した「135mm、ヘクトール」
を装着出来るようにしたいと思っていますが、カタログを見ると、それ
ぞれでボードの規格が違うように思います。どうなんでしょうか?自作
可能でしょうか?それと話しは変わりますが、以前ローライSL66用
のリンホフアダプターが有ったと思いますが、今ではもう手に入らない
のでしょうか?どなたか情報を持っていませんか?



T.Kubo スピグラ、あれこれ
05月06日(水)17時18分

 Y.maedaさんも、とうとうはまりましたか。この沼は、底が深いのはラ
イカと同じですが、大きな違いはお金があまりかゝらないことです。従
ってそう簡単には抜け出せません。「使えるレンズ」「面白いレンズ」
を追求しだしたら底なしですね。ミニアチュアスピグラと2x3クラウ
ンはレンズボードの大きさ、材質が異なります。同じレンズを共通には
使えません。どちらも自作は可能です。2x3クラウンはセンチュリー
の陰に隠れていたせいか、数が少ないのが特徴です。
 2x3フィルムホルダーはクラウンにはそのまゝ使えますが、miniス
ピぐらはバックを少し改造する必要があります。Matsudaさんが詳しい
と思います、よろしく。
 ヘクトール135mmは、どこかで書きましたが4x5でもシフトし
て使えるくらいイメージサークルが大きく画面隅々まで安定した像を得
られます。階調が豊かでカラーにも適しています。私は相当の枚数をこ
のレンズで取りました。取り付けにはちょっと工夫がいるかも知れませ
ん。T.Kubo



T.Kubo スピグラとレンズ
05月06日(水)22時47分

 リストアップしたスピグラのレンズの内8本はソフトレンズです。
 あんなボケ玉とお考えの方も多いと思います。しかしあれはボケで
はなくフレアが暗部にはみ出しているだけで、よく見るとピントはち
ゃんと合っていて周りが滲んでいることがわかります。すなわちボケ
写真とはイメージの性質が異なります。
 コダックの初期の折り畳みカメラの中にはこのフレアの大変きれい
なレンズが存在します。有名なのはVPK(ベストポケットコダック)
に付いている単玉、いわゆるベス単レンズです。ビロードのような滑
らかな描写をご覧になった方も多いと思います。しかし、このレンズ
は645までは文句のない描写をしますが、これを越えるサイズでは
像面湾曲が目立ってきます。
 6x9でも安定して撮れる「ベス単」のようなレンズはないものか
と、私の「ソフトレンズ行脚」が始まりました。途中ベリートなどに
脱線もしましたが、何年もかけてテストしたレンズは20本を越える
と思います。めがねに適ったレンズが一本だけありました。大正初期
のNo1コダックという蛇腹カメラに付いていた120mmF6.8く
らいの1群2枚の単玉レンズです。4x5でもそれなりのポートレー
トが撮れますが、6x9なら実に安定したフレアを出してくれます。
コンパーラピッドに組み込んでスピグラ用ソフトレンズとして使って
います。
 こういう宝物を見つけるのもスピグラの楽しみのひとつです。T.Kubo



Y.maeda 奥が深そなレンズ道
05月07日(木)00時13分

色々なレンズを探してきて、それで写真を撮るのって楽しいですね。私も以前に「カラースコパー105mmF3.5」「ウオーレンサック90mmF6.3」などで撮った事が有ります。「カラースコパー105mmF3.5」は、クールな色合い。」「ウオーレンサック90mmF6.3」は暖かみの有る感じでした。私の場合どんなレンズでもカラーで撮りますが、現代のレンズと比べても極端に色の再現が悪いという物は有りませでした。他に「エクター127mmF4.7」も有りますが、これではまだ撮った事が有りません。また、「小西六」「ハンザ」の引き伸ばし用のレンズも有ります。これで撮れる写真はどんな物でしょう。「miniスピグラ」の到着が待ち遠しいです。ソフトレンズも使って見たいです。



T.Kubo スピグラとレンズ
05月07日(木)10時56分

 スピグラファンにレンズの穴場をお教えします。
 私のように古いレンズに楽しみを覚えるのは狂人の範疇で、最新のレ
ンズでシャープかつクリアな中、大判の画像を楽しむのが本来の筋とい
うもんでしょう。
 山崎光学のコマーシャルコンゴーは有名ですが、意外に知られていな
いレンズに「スタジオコンゴー」があります。これは山崎光学の拘りレ
ンズのひとつで、シャッターのついていない普通鏡胴のレンズです。コ
マーシャルコンゴーはコパルシャッターを使っているので、絞りの形状
はシャッターに依存してます。スタジオコンゴーはこの制限が無い為、
拘りの13枚円形アイリス絞りを採用しています。最新のレンズであり
ながらこんなに美しい完全円形の絞りは今では珍しいと思います。
 シャッターが無い分価格は安く、たとえば90oF3.5(6x9用)が
28,600円、135oF4.5(手札用)が22,000円、180o
F4.5(5x7用)が27,500円などです。これらは全て中、大判レ
ンズの新品価格です。信じられますか。他に210〜450oまでいろ
んなレンズが揃っています。このスタジオコンゴーはコマーシャルコン
ゴーと同じ3群4枚のテッサータイプで、安いからといって手を抜いて
いる訳ではないそうです。大きさ、重さはシャッターが無い分コンパク
トです。

 スピグラならフォーカルプレーンがあるのでこれらの新品レンズを使
って高画質の写真をローコストで楽しむことができます。T.Kubo



S,\.Matsuda mimiのフィルムバック
05月07日(木)13時17分

miniスピグラのバックですが、標準のスプリングバックだと、
フィルムホルダーがそのまま入らないので、私もちょっと苦労
しました。早く撮りたい一心で、2×3シートフィルムホルダー
を大量入手したまでは良かったのですが、フィルムが無い!!
ついに、カッターで大名刺フィルムを切るはめになりました。
 KODAKが、2.25×3.25サイズのフィルムをアメリカで今も
販売してるらしいのですが。
シートフィルムで連続6枚装填可能な、グラフマチック ホルダーも
(大げさな名前だ)入手したのですが、フィルム切りが面倒なので、活躍してません。
 ロールホルダーは、スプリングバックのピントグラスを
はずすと、一応納まりますが、固定ができません。
そこで、スプリングバック金具の穴を利用し、フォルダー留めの
金具を簡単に自作すれは、取り付け可能です。
自作が面倒な向きは、GRAFLOCKバックを探す事になります。
そうすると、ボディーがまた増える?
スプリングバック(ホルダー?)の個体差で、ホルダーを納めると
多少サイズがきつい事もあるようです。maedaさんのminiはどんな
状態のが届くのか楽しみですね。
 



Y.maeda miniスピグラ
05月07日(木)13時45分

KUBOさん.MATSUDAさんどうも親切にありがとう御座います。
レンズのラインナップは、まず「奇麗に撮れるレンズを」「その次にお
遊びのレンズ」をそろえることを目指したいと思います。4x5のレン
ズが何本かあるのでそれも利用出来ます
それとフィルムバックの件有り難う御座います。2台のスピグラの内、
1台はグラフロックバックなので、良いところを組み合わせて「2個1」
で使えたらと思っています。私も「パシフィック、リム、カメラ」で注
文しましたので、MATSUDAさんのように思わぬ拾い物をするかも
知れません。楽しみです。



T.Kubo スピグラ、あれこれ
05月07日(木)14時30分

 グラフマチックフィルムホルダー(大げさな名前だ)は私も愛用して
います。といっても4x5用です。6x9用も持っていますが、はっき
り言ってフィルムホルダーにはかないません。4x5カメラでは他に連
続撮影できるホルダーが今は無いので重宝しています。ちょっとした散
歩にはピントグラスを外して、これだけを付けて出かけます。6枚撮り
終わったら散歩は終わりです。こういう使い方にはクラウングラフィッ
クが適しています。昔、フジにグラフマチックを真似たクイックチェン
ジャーというのがありましたが、最近また新製品が出たようです。若干
問題ありとも聞いています。T.Kubo



ktanaka ブロニカ、スピグラ、レンズ
05月07日(木)15時29分


 Kuboさん、大変有益な情報をご教示いただき、有り難うございます。
ネスカフェプレジデントの蓋は早速試してみようと思います。スプリ
ングカメラのレンズについては、仰せの通り、やはり本来の蛇腹の付
いたカメラの方が宜しいようで、ピント合わせの際は他に距離計を使
うなど工夫しようと思います。それでもブロニカよりずっとコンパク
トでしょうから。
 じつは、一週間ほど前、ここでも名前のあがっているPacific Rim
Cameraにホクトレンデルのへリアとボシュ&ロムのテッサーを注文い
たしましたので、スピグラが入手できるまでは、ブロニカでこれらの
レンズを試してみようと考えております。



H.Horiuchi スピグラに質問!(最終回)
05月07日(木)16時01分

Kuboさん、いつも的確なお答え有難うございます。堀内です。
 maedaさん、いよいよですね。到着が待ち遠しいですね。また御
感想を色々とお聞かせ下さい。
 さて、この「質問!」もかなりしつこくなってきましたが、本当に
徐々にスピグラ(および大判カメラ)というものが見えて参りました。
私も何時踏み切るべきかで悩んでおりますが、もう少し情報を御提供
下さい。
 スピグラの最大の魅力として、様々なレンズが味わえるという要素
があるようですが・・・

質問9 ライツのビゾフレックス用、或いはM42の数ある名玉といわ
   れるレンズなども取り付けて味わえるのでしょうか。この時、
   4×5のイメージサークルを満たすかどうかということは、やっ
   てみて初めて分かることなのですか?また、上記のようなレン
   ズを選ぶことはもしかしたら邪道なのでしょうか?

質問0 レンズを様々味わうという目的にかなう機種は、やはりフォ
   ーカルのモデルということになりますか?それでもまずは始め
   るのならば2×3フォーカル無しの方が手軽だとお考えになりま
   すか?「最初の一台」として皆さんが推奨される機種をお教え
   下さい。

以上、最後?の質問に宜しくコメント下さい。



T.Kubo スピグラ、あれこれ
05月07日(木)19時34分

 ビゾ用のレンズは、何回か書きましたようにヘクトール135mm
は4x5で十分使えます。しかも描写が素晴らしいのでお薦めです。
他のビゾ用レンズは持っていなので、試したことはありませんが長い
玉なら試してみる価値はあると思います。Lマウントのエルマー9c
mは6x9を安定にカバーし中判でも十分使えるシャープなレンズで
す。M42は35mmカメラ用レンズですから中判では使えません。
イメージサークルが狭く、またフランジバックが短いためスピグラに
取り付けてもピントが来ないことも考えられます。
 イメージサークルが4x5をカバーするかどうかは、ピントグラス
で見たぐらいではダメで、実際に撮ってみるより手は有りません。

 2x3機種の選択は、フォーカルモデルもいゝと思いますが、ミニ
アチュアスピグラはそのまゝではロールホルダーが使えません。ペー
スメーカモデがいゝと思いますが数が少なく、価格の高いのが難点で
す。フォーカル無しのモデルではクラウンですが、数が少ないことは
以前に書きました。無難な入門用ということにあんると、結論はセン
チュリーグラフィックしかありません。このモデルは付いているレン
ズにもよりますが比較的安く、すぐ手に入ります。65〜180mm
の範囲のレンズが使えます。当時は人気のあったカメラでスペックは
クラウンと同じです。ボディがプラスチックになった分軽くなり、長
期間に渡って売れたようです。クセノター80mmF2.8付きやアン
ギュロン65mm付きを見つけたら「買い」でしょうね。レンズボー
ドは今でも売られていますし、アルミ板で自作もできます。フォーカ
ルがないので、どのレンズでもというわけにはいきませんが。T.Kubo



Y.maeda センチュリーグラフィック
05月07日(木)23時22分

今晩は、maeda です。今回はセンチュリーグラフィックについて質問です。
センチュリーグラフィックは、プラスティック製だそうですが、強度的には
どんな物なんでしょうか?たぶんベークライトの様な物かと想像しているん
ですが。現在のエンジニアプラスティックと比べてどうなんでしょうか?
軽いと言うことは携帯には好都合でしょうが、チョットの衝撃で壊れるよう
では恐いので質問します。



T.Kubo センチュリーグラフィック
05月08日(金)00時31分

 Y.maedaさん、こんばんわ。
 プラスチックですから、木製のクラウンやスピグラよりは丈夫だと
思います。プラスチックなどの材質は詳しくないのでよくわかりませ
んが、今のABS樹脂のような感じです。大変強固で落としてもヒビ
などは入りませんし、角がカケて割れるようなことも有りませんでし
た。ボディの肉厚は6mmあります。ベッドは金属です。ボディがプ
ラスチックでできていること以外は2x3クラウンと全く同じです。
 では、T.Kubo



T.Kubo センチュリー雑感
05月08日(金)09時47分

 センチュリーグラフィックは1949年に市場に現れ21年間続いたモ
デルです。ちなみに一番長いのは4x5クラウンで26年、4x5スピグ
ラがその次で23年です。グラフレックス社は1973年に83年間続い
たスチルカメラの歴史を閉じることになりますが、センチュリーは最後の
方まで残っていたモデルのひとつです。
 前にも書きましたが、センチュリーは買っても買っても誰かに持って行
かれるカメラでした。小さく軽く、ホルダーが交換でき、アオリの効くの
が魅力です。スプリングカメラの一見華奢(きゃしゃ)なルックスに対し
て、見るからに頑丈そうな、壊れるところを知らない外見から、見ている
うちに欲しくなるのか「おい、譲れ」となるわけです。
 35mmに飽きた連中(仲間)には新鮮に見えるようで、「あたしゃ、
どーなっても知りませんょ」と思いながらも、心の中ではクラカメ沼に引
っ張り込む快感に酔いしれたものです。
 初めての人にはベッドの開き方が分からない、知恵の環より難しい。や
っと開いたらレンズをストッパーまでスライドさせてロックする。焦点を
合わせる。ピントグラスを外してフィルムホルダーを取り付ける、オープ
ンにしたシャッターは閉じておく。引き蓋を引く。これでやっと撮影可能
になるわけです。こんな面倒くさいカメラが他にあるでしょうか。露出な
んかはこの後の問題です。最後にベッドダウンをするときに壊れることが
あるのでその注意をしてお終い。
 こんなことを何回か繰り返しましたが、2台あれば程度のいゝ方を譲っ
てしまうので、手元にはいつも悪い方しか残りませんでした。
 数年前の話ですが、ある友人が家族旅行にセンチュリーを持って行った
らしく、記念撮影をしようとセットに手間取っていたら家族がいなくなっ
てしまった、と電話で報告してきました。修行が足りんと答えておきまし
た。T.Kubo



Y.maeda センチュリーも面白そう
05月08日(金)14時42分

センチュリーもなかなか面白そうですね。私も一段落したところで手に
入れたいと思います。どうです、ハマルのが早いでしょう?
ところで、「蛇腹カメラ」を沢山持っておられると蛇腹の「穴開き」に
悩まされる事も数多く有ったと思います。その時の対処はどのようにさ
れているのでしょうか?



ktanaka ブロニカS2用レンズアダプタ
05月08日(金)17時18分

 昨日は夕方、ネスカフェプレジデント(90グラム入り)を買って帰りました。瓶の蓋は
プラスチックの二重の筒になっており、内側の筒がマウント部とほぼぴったり合う大き
さでした。工作は、内側の筒にブロニカS2のバヨネットに合う様、ナイフで溝を入れ、
内側の筒に銅板を巻いて補強するところまで行いました。この後は、穴開けと反射防止
対策、それから若干の化粧を施せば完成する筈です。反射防止の塗料としては、以前カ
メラ店で買ったテテナールのカメララッカー(つや消し黒)を使う予定です。
 今日になって、職場で同じ蓋の付いたネスカフェプレジデントの空瓶を見つけてしま
いました。勿論、これは頂いて帰り、予備のアダプタ作りに使うつもりです。蓋の無く
なった瓶の中身をどう保存するかが、一番の難題かもしれません。(笑)
 注文したレンズの到着が待ち遠しいこの頃です。



S.Matsuda センチュリーの材質
05月08日(金)18時41分

センチュリーの材質の事でちょっと。
グラフレックスでは、あのプラスティックを称して「マホガナイト」
と命名してるようで。スピグラ用語辞典入りですね。
マホガナイト、グラフロック、グラフマチック、スプリングバック、
・・・・・・他にもまだありそう。



T.Kubo 蛇腹の穴
05月08日(金)21時51分

 蛇腹の穴の修復は黒い紙をなるべく小さく切ってのりで貼ればいゝでし
ょう。後、上から艶消しの塗料で仕上げておきます。紙を大きく蛇腹の折
り目に合わせて切て貼るのはNGだと思います。
 穴の位置が分かれば問題はないのですが、目に見えない穴を探すには苦
労します。コツは子供のクリスマスツリーからマメ球を一個ソケットごと
ガメておき(通じるかな)、蛇腹の中で点灯して暗闇で外から探すのがベ
ストです。蛇腹の中に眼を突っ込んで探すのは感心しません。蛇腹カメラ
の愛好者は今度の休みにこの治具だけは作っておきましょう。外観はきれ
いでもカメラを買ったときこのチェックだけはしておくことをお薦めしま
す。いゝカットに限って、白いモヤが入って悔しい思いをしたことはあり
ませんか。
 昔の蛇腹は天然の皮(動物)を使っています。虫食いが起こる欠点があ
りますが、修復して使えるうちは、無理に合成皮に変えない方がいゝと思
います。合成皮はごわごわしてスリムな骨には合いません。T.Kubo



T.Kubo スピグラ事典
05月08日(金)21時55分

Matudaさん、まだあります。レンジライト、グラフライト・・・
T.Kubo




T.Kubo スタジオコンゴー
05月08日(金)22時02分

山崎光学からのメールの一部
--------------------------------------------------------
久保 様

スタジオコンゴーの宣伝をしていただき有り難うございます。
絞り羽根の枚数は大きさで違います。
90mmと135mmは12枚,180mmは16枚です。
その他210mm,300mm等,大きくなれば何枚か多くなっています。

近江屋写真用品(株)から35mmのカメラを使ってあおりを楽しむ
蛇腹つきの仕掛けがでていますが,これに使用するため90mmの
普通鏡胴がよくでます。絞りの形が丸いのがよいのではないか
といはれています。

--------------------------------------------------------
T.Kubo



オオニョ
05月09日(土)01時32分

なんか新種のワクチンみたいな言葉が飛び交っていて難しいですね。



T.Kubo よく使うカメラ
05月09日(土)08時50分

 クラシックカメラの中で常用機としてよく使うのは、スーパーイコン
タAとCです。理由は携帯に便利でよく写るからです。旅行や出張には
よく持っていきます。4x5は、そうしょっちゅう撮っているわけでは
ありませんが、スーパーグラフィックをよく使います。カメラの姿写真
は殆どこのカメラで、フィルムは4x5ではなく6x7やポラになりま
す。バックがRB(レボルビング・バック)になっていて縦横の切り替
えが楽だからです。
 35mmカメラではライカIIIcを長く使いました。机の上に転がして
いても気にならないくらいの外観なので、そこにカメラがあるから持っ
て行く、程度の散歩カメラです。最近、このIIIcは近所のEOSファン
の学生に譲ってライカD3が私の散歩カメラになりました。
 今のカメラ、といっても発売されてから久しいペンタックスLXを一
眼レフが必要なときに使います(子供の運動会だけだったりして)。レ
ンズは12本くらいあります。これ以降、新品の一眼レフは買っていま
せん。
 パーティ用にはオリンパスXA4とコンタックスT2をよく持ち出し
ます。T.Kubo



Y.Maeda miniスピグラが届きました
05月09日(土)19時36分

今週の初めに「パシフィック、リム、カメラ」に注文していた2台の「miniスピグラ」
が今日届きました。
1台は$175で、テッサー105mm,F4.5付き。スプリングバック。レンジファイ
ンダーは、カラートでは有りません(アルミの無垢)が、何やら前と後ろに目盛りが
付いています(この目盛りどうするのですか)。ボディー革の黒い色は少しハゲかか
っていますが、それと言った欠点は無く、蛇腹も良好の様です。
もう1台の方は$75で、レンズは有りませんが、ボードが付いていました。こちら
の方はサブ、叉は部品取りのつもりで買ったのですが、何とこちらのほうはピントグ
ラスが取り外せる様に成っています。これが俗に言う「グラフロックバック」なので
しょうか?。又、レンジファインダーもカラートでした。こちらの方もボディーには
これと言った異常は無く、こちらの方がメインになってしまいそうです。早いことグ
ラフロックアダプターを探さなくては!
もう1台のクラウンとロールバックは、「リッツ、コレクティブル」に注文したので
すが、未だ届いていないため、暫くはこの2台の掃除と調整をします。
ところで、初めて「miniスピグラ」の現物を手にした感想は、「これだったら、リン
ホフもホースマンも要らない!!」です。フォーカルプレーンのために、少々の厚み
は有りますがこれ位なら許せます。取り付けられるレンズには制限が有るでしょうが、
気軽に持ち運べそうです。
あと、気になった点をひとつ。レンズボードを引き出した時のストッパーなんですが、
これが有るとセッティングしたレンズより長焦点のレンズを装着したときに、邪魔に
成る様に思うのですが?どうなんでしょうか。
取りあえずは御報告を。Y.Maeda



T.Kubo ミニ
05月09日(土)20時58分

 Y.Maedaさん、それくらいの値段で、しかも後には楽しい工作とくれば払っ
た価値はありますね。ピングラが外せてロールホルダーが付けば、立派な中
判カメラで即撮影可能です。
 ペースメーカーモデルでは無限位置のストッパーを飛び越してレンズスタ
ンダードが前に出ますが、miniやアニバーサリーモデルはそれが出来ま
せん。長い玉を使うときはレンズをボディにしまったまゝ、ノブを回してレ
ールだけを繰り出します。そしてスタンダードを取り出して(レールから外
れてフリーになる)、ノブでレールを元に戻し、蛇腹を伸ばしてスタンダー
ドを前から挿入します。
 テッサー105mmF4.5は定評のある玉です。シャープな描写を楽しん
で下さい。T.Kubo



S.Mastuda 75$のmini
05月09日(土)21時30分

maedaさん。おめでとうございます。
安上がりで楽しいので、つい油断すると高速増殖ですのがminiのようです。実は、75$モデルは私も欲しくて
オーダー出したのですが、タッチの差でMaedaさんの
手元に無事到着たようです。可愛がってくださいね。
世間は狭い。(Pacific Rimはときどきバックにおまけ
が付くみたいですね。)
より軽いセンチュリー、クラウンも安物が出次第
欲しいのですが、(もともと安いカメラなんですが、さらに安物を買う。100ドル以下が醍醐味でしょうか。)、
miniiはのフォーカル巻き上げネジと、テンションノブ、
シャッターは蒸気機関車のような雰囲気があって、
大好きです。では試し取りの御感想をお待ちしてます。



Y.maeda miniスピグラを楽しみます。
05月10日(日)00時05分

T.kuboさん御指導ありがとうございます。そんな手が有るとは
気付きませんでした。これからも色々と教えて下さい。
さっきまで調整をしていたんですが、中々好調の様です。
S.mastudaさん!!!!!勝利の女神は私に微笑んだのですね。
わははははは!!!!失礼。本当に世間は広いようで狭いです
ね。この掲示板で色々とお話をしながら実は裏では熾烈な争い
が有ったなんて???
そうですね、100ドル以下で楽しめると長続きもしますし例え
「スカ」?を束まされても直ぐに立ち直れます。
S.mastudaさん、これからは私がいることをお忘れ無く。でも
勢い余って金欠病に成ってしまいましたので、暫くは大人しく
していなくてはならないみたいです。



Y. Sugiyama びっくり!!
05月10日(日)21時56分

びっくり、スピグラライフが蔓延してますね!!こんばんわ、杉山です!!

海外通販で距離計カム付きのエクター203mmF7.7が届きました。
コンデション8++だったのですが、Sコンパーシャッターも快調で満足
でした。シリアルがOYなので、1960年製で、スーパーグラ用のレンズ
ボードをサービスで付けてくれたようです。外観をOAクリーナで軽く拭い
たら、ピカピカになって、思わずニンマリです!!
スーパーグラでノーマルボードで距離計が使えるのは、この焦点距離が
限度(無限遠のストッパー位置)ですね。(テレなら300mmまで?)
バッテリードアーも一緒に来たんですが、これは新品なんですが、やや、
安っぽい作りでした。使っているのが今にもバネ兼電池接点の黄銅が折れ
そうになってるんで、とりあえず安心です。
さて、試写は上高地の新緑で!!と、思っていても、また、自宅の窓から
かな!! では、では、また・・・



T.Kubo スーパーグラ
05月10日(日)22時43分

 Y. Sugiyamaさん、こんばんは。
 カム付きエクター203mm、しかもシンクロコンパーとはいゝですね。
#1番シャッターで200mmを越えるレンズにしてはコンパクトで使い
やすいと思います。コダックのレンズは年代が進むとシンクロコンパーに
なっていったように思いますが、確かではありません。
 私の202mmはオプターでした。友人が持っていって手元にはカムだ
けが残っています。おっしゃるようにこの辺が距離計の使用限界です。し
かも、近場はきついですね。このレンズはコーティングが有りましたがス
ーパグラフィック用ではなく、シャッターもGRAPHEXでシンクロ接
点は2本の角型でした。
 スーパーグラのレンズボードはペースメーカースにも使えるので、私の
レンズは全て共用することができます。カムは殆ど自作で、スーパーグラ、
スピード用の2種類を用意しています。
 数年前までは、レンズが手に入るとすぐカムを作っていましたが、最近
は時間がないのと面倒なのでやっていません。ピントフードに薄型ルーペ
を組み込んでいますので、手持ちはこれに頼っています。では、T.Kubo



S.Matsuda レンズ増殖
05月11日(月)11時34分

休み明け早速の物騒がせなレンズ報告です。
仕事に出てみると、海外小包が到着、
中から
レンズその1:105MM F4.5 JUNKER ANASTIGMAT.
BUT HAS NO F-STOP SCALE! $10.
が出てきました。コダックのレンズで、Fスケールのプレート
が無い。(また工作の種ができた)。レンズは先日の45ドル
エクターよりも綺麗です。レリーズの穴があいていない、
レンズ繰り出しフォースリングがある。の点から、コダックの
蛇腹カメラから外された物でしょうか???。
1000円ちょっとでコンパーのシャッター付きという価格を考えると
大当たりです。(かな?)
レンズその2:続いて出てきたのが、
203mm f7.7 Kodak Anastigmat in Supermatic shutter
needs cleaning $65
見かけ年代物ですが、動作はしっかり、レンズ傷無しなので、
すぐに使えそうです。(以前の説明で、miniで使えるレンズは
65mmから180mmという事を思い出し、かなり無理そうな気がしてきました。)
(4×5の道への招待状レンズ・・・・)
箱を空けて眺めていたら、3週間、返事のこなかった通販屋さんから
突然品物を送ったというメールが届きました。(見積送れという
メールを出したら、いきなり品物が!!)
品物は
レンズその3:Polariod110B w/127mm f4.7 Rodenstock Ysarex in
Prontar [5782] $65.00
レンズその4:Kodak Vollenda 620 w/10.5cm f4.5 Kodak Anastigmat
in  Compur- Accessory finder added. [5134] $38.00
いくら安物といっても、今月のお小遣いを使い果たしてしまったようです。
Maedaさん。お互いしばらく休戦ですね。
さて、ここで気がついたのですが、レンズその1とレンズその4は
実は同じレンズではなかという気がしてしょうがないのです。
レンズ5:さて、その他、先週末に幸運にも格安シュナイダー90mmを別途
入手しレンズボードを作っているんですが、あと4枚作ることに
なってしまいました。(このペースで増えると、単なる格安レンズおた
く化するキケンを感じてるので、後は撮影に専念したいと深く自省中?。)
ではでは。



Y.maeda ローライ28Cのフード
05月11日(月)13時30分

久保さんこんにちは。
先日、miniスピグラの購入と同時に「ローライフレックス用のU型フード」
をpacific Rim Cameraから購入しました「VG$15」と出ていたもので
す。ところがフードのほうが少し小さく装着出来ません。フードには
「RU」と書かれていました。一応純正品の様ですが?どうなんでし
ょうか??他の機種用のU型なんて有るのでしょうか??それとも装着
方法が悪いのでしょうか?



T.Kubo フード
05月11日(月)14時28分

 Y.maedaさん、多分それは35E、F用だと思います。フードの正式な
名称は分かりませんので、ローライの大家に今問い合わせています。
 F2.8レンズのフード、フィルターは一種類しかなく、F3.5レン
ズには2種類有ります。T.Kubo



Y.maeda フード
05月11日(月)15時23分

早速のご連絡有り難う御座います。
そうですか間違って買ってしまったのですか。カメラ店のカタログに
「XX用」と書いてくれていたら良いのに。
この次ぎは、このフードに合わせたボディーを買いましょか??(^^)”



Y.Sugiyama スプリングBK
05月11日(月)21時59分

 皆さん、こんばんわ!!ミニ・スピグラに興味をもった杉山です。

 グラフロックバックとスプリングバックの違いがあるようですが、
スプリングバックというのは、ロールホルダーorスプリングバックを
横位置にセットした場合、上下の側面中央に`棒`が突起している状態で
しょうか?
 実は、ホースマンの旧型ロールホルダー(総金属製)には、あまり
意味のない、その棒が、突起してるんです。

 もし、この、棒で固定するとしたら、バネ状のアームが上下にあっ
て、そこに合わせて、滑らすように、パチンとはめる姿になるんでし
ようか!!
 ホースマンは初期の960型から、グラフロックなんですが、この
丸い棒はなんのためにあるのか、不思議に思っていました。
 プロポーショナルフォントだと、何の絵か解らないかも!!

          .-.
          |=| <--この突起
  ・--------------------------------・
  |                  |
  |                  |
  |                  |
  |    うしろから見た図      |
  |                  |
  |                  |
  |                  |
  ・--------------------------------・
   この突起---> |=|    |   |
          `-'  .------------,
             `-------------'
              巻き上げレバー

 なんか、ミニチュアを手に入れ、試してみたくなりました。



Y.maeda スプリングBK
05月11日(月)23時31分

今晩は、前田です。さて、sugiyamaさんの御質問の件ですが、確かホースマンの
バックには、上下二本のアームがあって、それをバネの力でボディー側に押さえ
付けています。アームの真ん中にはその「突起」がおさまる「くぼみが」ありそ
こでピントグラスやフィルムホルダーを固定します。
ところで、このアームが購入時のままですと、バックをはずす時に、一々アーム
を持ち上げなくてはならず、大変使い辛いです。そこで少しだけアームのくぼみ
の、後ろから見て右側の角をヤスリで削ります。削り過ぎるとホルダーが抜け落
ちてしまうので、少しづつ削ります。すると、ホルダーを取り外す時も少し力を
入れて右にスライドさせるだけで外れます。
この方法は私が実行した非公式な方法ですので保証は有りません。くれぐれも自
分の責任でやって下さい。



T.Kubo バック
05月12日(火)08時22分

 グラフィックバックには、Adapter kit for "23" rollbak なるものが売られ
ていたようですが、これは手に入れたことがないのでよく分かりません。
 一般に、G規格のフィルムホルダー(グラフロックバック=国際規格)は杉山
さんの言われるような突起はなく、カメラ側のスライドレバーが入るように上下
に溝がほられています。この溝の位置が曖昧でホルダー(またはカメラ)によっ
ては気持ちよく入らないものもあります。このスライドレバーはホルダーをカメ
ラにしっかり固定するためのもので、スライドさせることによって簡単に着脱が
できます。T.Kubo



H.Horiuchi スピグラ取り逃した私・・・
05月12日(火)08時29分

皆さん御無沙汰を致しております。Kuboさん、いつもども。
 取り逃してしまいましたぁ。センチュリーの赤ベローズのやつ。
皆さんのお話の通り、最近この分野は熾烈なようですね。残念!次
回また挑戦します。取り急ぎ、御報告まで。



H.Horiuchi そこで、「よく使うカメラ」
05月12日(火)10時34分

ども、再度済みません。
 っということで、取って置きになるはずだった私の乏しいスピグラ
ネタが無くなってしまいましたので、Kuboさん曰(いわく)の、
「よく使うカメラ」についてちょっとお話します。私だけ寂しい・・・。
 ぶらっと気楽に持って出るクラカメはIIICです。軽いっ!メカニ
カルで巻き上げていても生きてる実感があるっ!シュッとシャッター
を切った時の快感がM型とは違ったものがありますね。レンズはもっ
ぱら軽量のSummaron35/3.5です。A36の黒縁フィルターを被せて
専用のシェードをそれに取り付けると、とてもミニチュアなのに気分
はもうそれっぽくて幸せです。
 ちょっと憂鬱なのは、油ぎれ?のようであることでしょうか。フォ
ーカル幕も痛んでいるようです。そろそろオーバーホールの時期が迫
っているように感じます。1/250以上は駄目ですし。またおこずかいを
貯めなくてはならないですね。
 以前から懸案であったRollei2.8C購入もなかなか進みませんが、
(色々と助言下さった皆さん、本当に済みません。まったくです)
センチュリーにふられてしまったので、これを先にすべきか?なんて
カタログを見ていますと「オールド・スタンダード」の良さそうなの
が目に入って来ます。ちょっと古い戦前の有名なモデル。一度は所有
してみたい・・・なんて、もう朝からあちらこちらへとグラグラし続
けていて、仕事も手につかないです。私はいったいどっちの方向へ行
くんでしょう、というような楽しい悩みは皆さんお持ちのはずですね。



T.Kubo スピグラ、あれこれ
05月12日(火)19時09分

 最近、筑摩書房から出た柳沢保正さんの「クラシックカメラと遊ぶ」
(2,200円)の中にもスピグラの話が出てきます。朝日新聞の記者だった氏
の、スピグラ感、今様の使い方から「グラフィックを持っててよかった」
と結んでいます。こゝで話題になったローライ28Cも出てきます。初
版はすぐ売り切れ第2版が出た面白い本です。T.Kubo



Y.Sugiyama スプリングBK
05月12日(火)20時27分

前田さん、久保さん、こんばんわ、杉山です。

スプリングバックのロールホルダー&ノウハウ情報をありがとうございます。
旧ホースマンホルダーは、米国ミニスピ向け輸出用に、突起を付けたというのが
推理として有り得ますね!!
でも、実際に取り付けて見ないと、気持ちよくセット出来るか、フランジ焦点の
精度が出るか分かりませんけど。
この、旧ホルダーが気に入ってて、先日、モルトプレーンの張り替え修理が終わ
ったところです。でも、少し重い(500gぐらいありそう)ですが!!
ホルダーは何とかなるかも知れない、と、言うことは、フォーカルシャッターが
元気なミニスピに的を絞ってさがして・・・ノープロブレム・・・と、すると、
宅配便が高いので、何か他の部品調達時に、ミニスピを一緒に箱詰めしてもらう
ことになりそうです。
でも、軽いセンチュリーのほうがよいのかな!!
スピグラだけに、グラグラしますね!!ダジャレ落ちで失礼・・・



T.Kubo センチュリー
05月12日(火)22時13分

 皆さん、ミニ(ミニアチュアスピード)かセンチュリーで迷われるよう
ですが、ミニをスピグラの2x3モデルと考えるのは危険です。年代が違
うのでスペックに大きな差があります。
 フォーカルの有無を選択の基準にするなら、本来2x3ペースメーカー
スピードとセンチュリーの間で悩むべきものです(失礼)。ミニではレン
ズ交換は殆どできないと考えた方が無難ですし、できてもかなり面倒です。
 この種のカメラは単なる中判というより、多様なレンズやバックの交換
と、シフトやアオリ(レンズムーブメント)ができるのが大きな特徴です。
ミニではレンズムーブメントはシフト(アップ)だけですが、ペースメー
カーやセンチュリーでは上下左右のシフトとアオリ(チルトやスイング)
が可能です。しかもベッドダウンができるのでワイドレンズには有利です。
センチュリーのボディは奥行きが約20mmスピードモデルより小さいの
で、この点でもワイドには有利ですし、何よりこの分コンパクトになって
います。レンズボードやストッパーが今でも新品で買えることも要素の一
つでしょう。
 何回も書きますが、2x3ペースメーカースピードは数が少なく、値段
も高いので、フォーカルがどうしても要る場合に限ってミニがお薦めの機
種となります。

 しかし、美術工芸的な造りの美しさでは、ペースメーカーもミニには負
けると思っています。私の主観ですが。T.Kubo



S.Matsuda 23クラウン、34スピグラ
05月12日(火)23時14分

ミニの話題につられて出て参りました。
話が複雑になって恐縮ですが、23のクラウンは
23ペースメーカと同時期のモデルなのでしょうか?
フォーカル無ミニなのか、ペースメーカかで、かなり
印象が違いますね。クラウンは比較的安価のようです。
さて、34スピグラは34シートフィルムが無いため
(23も同じようなものですが)、極度に人気が無く、
スピグラを好むロムニーさんもレコメンドしてませんが、
不人気機種で安いし、例のグラフロックバックもあるよう
なので、案外使えるのではという気がします。
23のロールフィルムホルダーが入ればの話ですが.
どんなもんでしょうか?余計にややっこしくなって参りました。



T.Kubo 2x3と3x4
05月13日(水)08時51分

 S.Matsudaさん、こんちは。
 2x3クラウンはペースメーカーモデルで、グラフロックバック
になってからの製品です。私もこれだけは持ったことがなく、以前
に銀座のカメラ屋さんで見せてもらった程度の知識しか有りません。
その時確認した限りでは、4x5クラウンと全くと言っていゝほど
の相似形でした。程度が悪く通販では考えられないくらいの値段だ
ったので遠慮しました。後にも先にも23クラウンを目にしたのは
この時だけです。通販リストにはたまに出ていますが、中にはグラ
フックバックと書いてあるものもありました。同じ性能のセンチュ
リーが出たので、そんなには売れなかったようです。
 ペースメーカーモデルには3x4スピードもあります。私も持っ
ていますが、今のところシートオンリーなので写したことはありま
せん。機能は4x5ペースメーカーの初期型(カラート)と全く同
じですが、後ろはグラフィックバックです。
 以前赤坂で、2x3 film holder for 3x4 Graphic というのを見か
けた記憶があるので、ロールフィルムホルダーはあるようですが確
かではありません。
 おっしゃるように34スピグラは価格が安いので魅力はあります
が、先にロールフィルムホルダーを探してからでも遅くはないと思
います。Matsudaさんのことだから、先に手が出てしまったら(?)、
パテントローレックスなどが使える34アダプターを自作すればい
ゝでしょう。時間があれば私もやってみたい。
 3x4スピグラのレンズボードはアメリカでも入手難だそうで、
これも自作するしかなさそうです。私の3x4にはエクター127
mmが付いています。では、T.Kubo



Y.maeda 2x3クラウン
05月13日(水)11時48分

こんにちは、前田です
先週の始めに注文したはずの「2x3クラウン」の注文が通っていなくて
2日前に再度注文したところ、今朝メールが有り明日発送するらしいです
到着しだいご報告をしたいと思います。
それと、3x4用のロールアダプターですが、かなり高価だったとおもい
ます。本体よりも高かったかな?それに中途半端な位置付けみたいで。
そんなことから私は3x4には手を出さないように今のところ肝に命じて
います



T.Kubo アオリ
05月13日(水)18時05分

 ペースメーカーやセンチュリーのアオリでスイングはできません。
スイングができるのは、最終モデルのスーパー(スピード)グラフィ
ックだけです。先の書き込みで間違って書いてしまいました。T.Kubo



Y.Sugiyama センチュリー
05月14日(木)02時46分

 久保さん、お世話になります。
 なんか、私の、迷い発言で、混乱を起こしたようですみません。

 このBBSの話題を見るまでは、センチュリーについては、ま、
いずれ手に入れようと思っていた程度でして・・・
 お散歩カメラに、スーパーグラ4x5やホースマンの黒色あたり
だと、周りの方々が、何の取材てな顔をしてまして。
 そこで、センチュリーならいいかなー&軽いしー、と考えていた
のですが!!
 スピグラライフ計画の影響を受けて、わたしもーーなーんてミー
ハーな事態にあいなりました。
 ま、そんな訳で、フォーカルシャッターって一度さわってみても
いいかな?とも思いますし、お散歩軽々センチュリー計画を貫こう
か!!ってな、ところです。
 でも、センチュリーって65mmがokということが解りました
ので、山岳仕様にシステム化しようか、とも、考えがエスカレート
しつつあります。
 そしたら、80mm2.8付きのセンチュリーの出物を見つけて
しまって、、、、お散歩仕様に丁度いい、、、は、は、は、、、
今日もグラグラしてます。 また、よろしく。



T.Kubo センチュリー
05月14日(木)12時51分

 Y.Sugiyamaさん、こちらこそ。
 スピグラというカメラは、手にする必要はありませんがライカ同様
カメラの歴史の中では避けて通れない一連のシリーズです。
 読み返してみると、ミニ=2x3という誤解が生じそうなのでやゝ
こしいことを書いたわけですが、要はペースメーカーとそれ以前では
スペックが大きく異なることをお知らせしたかったわけです。一般に
「スピグラ」と言えば戦後のものと解釈した方が無難です。

 スピグラは性能の割には安価なカメラです。今朝来たロムニー氏か
らのE−Mailには、最近ある業者はスピグラをジャンクにしてパ
ーツとして売っていると嘆いています。その方が高く売れるので。
 そのうち、数が減って値上がりすると困りますね。T.Kubo



Y.maeda 2x3クラウン到着!!
05月14日(木)23時32分

今晩は皆さん、前田です。
今日家に帰って見てビックリ、確か12日に注文した「クラウングラ
フィック」と「2x3ロールホルダー」が到着していました。多分、
今までで最速の記録です。(リッツ、コレクティブル)
さて、「クラウン」ですが、「miniスピグラ」と比べてかなり近代的に
成っている感じがします。残念ながら、この度のは「スプリングバッ
ク」だったのですが、その材質も「miniスピグラ」の木製に比べて、
アルミダイカストに成っています。ビューファインダーは取り外しが
出来ます。又、フロントスタンダード部分は各種のアオリが出来るよ
うに成っています。それからベッドダウンが出来るので、広角レンズ
でのケラレが有りません。そして、とっておきなのが、「ボディーシャ
ッター」です。カメラを手持ちで構えて右手の下の方に(レンジファ
インダーの下に)四角いシャッターボタンが付いています。これには
驚きました。ボディーの厚みはさすがにフォーカルプレーンが無い分
薄くなっており重量もかなり軽量化されています。あと、レールに有
る無限位置のストッパーが、必要でない時には倒して、フロントスタ
ンダードが自由に行き来出来るように成っています。
付属の「エクター101mm、F4、5」は少し曇りが有りましたが、傷
は無く充分使用に耐えそうです。描写はバッチリらしいので、楽しみに
しています。
当分は使える只一台のスピグラでの撮影に成ります。



T.Kubo 2x3クラウン
05月15日(金)08時36分

 Y.maedaさん、2x3クラウンを持っている人はそう多くないと思います。
 ベッドダウンは広角のケラれを防ぐ他、ダウンシフトやダウンチルトに
有効です。ビューファインダーは旧来同様、前の部分にファインダーマス
クを入れて交換レンズに対応できますが、さらにもっと広角のファインダ
ーもあり交換が可能になっています。マスクは、もち自作可能です。
 ボディシャッターは便利なものですが、前の穴はレリーズ用です。レン
ズを交換したときにうまく使えるかどうかが問題ですが。スピグラでは、
スライドレバーによってこのボディシャッターがFront/Backに切り替わり
ます。フォーカルとレンズシャッターの切り替えですね。なおセンチュリ
ーにはこのボディシャッターは付いていません。
 グラフィックバックはピントグラスを外せば、そのまゝロールホルダー
が付きますので、外したネジを利用して押さえ金具(作る)で止めてやれ
ば取りあえず撮影は可能です。エクター101mmはこの頃の2x3グラ
フィックの定番でよく写るシャープなレンズです。CAMEROSITY
で年代がわかると思います。では、T.Kubo



Y.maeda 2x3クラウンのレンズ
05月15日(金)23時30分

今晩は、T.kuboさん。今日は1日プロバイダーの調子が悪かったのでしょうか、全然繋がりませんでした。
ところで、T.kuboさん、早速情報を寄せて頂いて感謝です。取りあえずロールバックが取付けられるように工作をしようと思いますが、「グラフレックス」のHPに出ている物で良いのでしょうか?しかし、ロールバックの耳?の方がかなり低いので押さえつけられない様に思うのですが?HPの写真では「グランドグラス」の取り外しが簡単に出来るだけの機能しかない様に見えるのですが。
それと、「2x3クラウン」に取付けられるレンズは何mmまででしょう。コダック203mmは付きますか?テレタイプでは何mmでしょう広角は65mmまでが限度だと思いますが。









Y.Sugiyama 23のフィルムバック
05月16日(土)07時06分

スピグラーな皆さん、おはようございます、杉山です。
どうも、23スピグラの話題に引き込まれて、いろいろ調べはじめました。
23の場合はフィルムバックも一つのキーポイントのようで、、
Graflex.Orgのホームページやら、カメラデーラーサイトを見たところ、、
バックはつぎの三種類がありそうです。

1.グラフロックバック( Graflok back or GRAPHLOCK BAKC )
  1949年のセンチュリーの発売からで、1951年に全モデルに採用
  現在にいたる、世界のスタンダードになった。
2.グラフィックバック or スプリングバック
  ( Graphic back or SPRING BACK or SB )
  グラフロックバックの前のモデル、どうも、フィルムホルダーをバック
  のスプリングを持ち上げ、間に、滑らせ、挟み込むのが基本のようで、
  この機能を持ったカメラは、ホースマンやテヒニカのバックも同様の
  機能が付いている。
  つまり、ホースマンはグラフィックバックとグラフロックバックの両方
  の機能があると言える。
3.グラフレックスバック( Graflex Back )
  本来は、一眼(SLR)グラフレックスの規格だが、1947年発売の
  ペースメーカにはオプションで選択販売された。
  以下、直訳ですが(あってるかな)
  ----------------------------------------------------------------
  グラフロックバックのようなフォーカスパネルの取り外し可能が特徴で
  あるが、あまり、有益な機能でもない。
  グラフレックスバックのカットフィルムホルダーとグラフマチックは、
  他のグラフィックバックよりもサイズが大きく、
  また、入手も困難となりつつある。
  ----------------------------------------------------------------
  カットとグラフマチックはサイズが違うと言ってるが、ロールは??

結論としては、数本のレンズでシステム化し、ピントグラスでフレーミング
し、ロールホルダーを付けたり、外したり、して撮る場合は、、、
グラフロックモデルでないと、工夫(改造)が必要ですね!!
と、いうことで理解しました。
ついでに、
23ロールフィルムホルダーの広告がありましたので、直訳して見ました。
(一部省略&おふざけ有り、あってるかなーー)
出所は「スピグラと駆けた写真記者物語」(グリーンアロー出版・97年)
--------------------------------------------------------------------
楽しい写真ライフを望んでいた皆様へ、ロールホルダーが、ここに登場!!
お役に立つ、うれしい、2x3と2x2の二つの画面サイズ
ワンカット撮るたびに、巻き上げは、先進のオートストップ機構だよ!!
フィルムカウンターが付いてるし、遮光板で、何時でもカメラから外せるし
他のタイプのフィルムを詰めたカットホルダーやパックホルダーと取り替え
て撮ることもできます。
この、新しいロールホルダーは、グラフレックスバック付きのミニチュア
グラフィックやグラフレックスバックかグラフロックバック付きの23の
ペースメーカスピード・クラウングラフィック、
そして、新しいセンチュリーと、
他のグラフレック規格採用機種にフィットしますよ!!
グラフィックバックのスピード・クラウングラフィックも近いうちに、
対応しますよ!!
--------------------------------------------------------------------
最後の二行は4x5のことかも??
誤りにつてご指摘願えると幸いです。では、では、、、



T.Kubo サーバーダウン
05月16日(土)11時15分

 昨日は大変失礼しました。うちのサーバーがダウンして皆さんにはご迷惑
をおかけしました。ダウンといってもちょっとマシンを横に動かしたらしく、
キーボードが抜けてしまって起動されなかったようです。プロバイダーは、
aixでえらい目に遭ったので、WEBは使っていません。

 Y.maedaさん、ども。ロールホルダーの形状にもよりますが金具を作るなり
若干の工夫が要ると思います。2x3はグラフロックバックしかやったことが
ないので無責任モードですが、ピングラのスプリングを止めるビス穴を利用し
てロールのサイドの溝か、上のエッジにかゝるような金具を作れば止められる
と思います。金具は0.6mm以下のアルミ板が加工しやすくていゝと思います
(何でも可)。私の場合、3x4スピグラで同じようなことをやっていますが
大きさが違うので、勝手もちょっと違うかも知れません。飾りビスを使ってピ
ングラ、ホルダーとも着脱自由にしています。工夫して、いゝ写真を撮って下
さい。

 Y.Sugiyamaさん、ども。いろいろ情報有り難うございます。私は4x5がメ
インなので2x3のフィルムバックについてはあまり悩んだことはありません
が、このように整理して頂けるとよくわかります。4x5はこれにポラバック
が加わって、ロールホルダーよりこっちの方がやゝこしくなります。T.Kubo



Y.Sugiyama センチュリー雑学
05月18日(月)00時02分

 スピグラファンの皆さん、こんばんわ、杉山でございます。
 センチュリーグラフィックに、かなり、のめり込んでいます!!
今までに、皆さん他から入手しました知識を、まとめましたので参考に・・
(長文ご容赦!!)
以下、私の思い込み、独断で、何の検証もしてませんので、ご注意!!

***** 米国カメラブローカーホームページ商品リストの読み方 *****
   [ クラウン(2x3)・センチュリーグラフィック編 ]
一般
 w/***=with/***の略(***付き)
 F/***=For/***の略(***用)
ビューファインダー&距離計ファインダー
 TVF=トップビューファインダー(オプティカルファインダー)
 SRF=サイドレンジファインダー(カラートとヒューゴメイヤの2種あり)
 TRF=トップレンジファインダー(4X5しかないかも)
 no RF=レンジファインダー無し
バック
 Graflok back/GRAPHLOCK BAKC=グラフロックバック
 Graphic back/SPRING BACK/SB=グラフィックバック/スプリングバック
 Graflex Back=グラフレックスバック
 Ground glass=ピントグラス
 Folding Focusing Hood=フォーカシング用フード
レンズ
 coated=コーティング有り(ww2戦後?)
 uncoated=コーティング無し
 FUNGUS=黴(カビ)
シャッター
 BT=シャッター速度切替えダイヤルに、バルブとタイム露光有り
 Supermatic=スーパーマチックシャッター(コダック)
 Graphex=グラフェックスシャッター(グラフレックス)
 Century shutter=センチュリーシャッター(グラフレックス)
 Rapax=ラパックスシャッター(ウオーレンザック)
 Compur=コンパーシャッター
 Synchro-Compur=シンクロコンパー(X=ストロボ可能)
 シンクロコンパーは、現在もメーカ修理可能ですが、¥高かった。
 シャッターの中には、1/30〜1/200しかないものもある。
ボディによく付いてくる標準レンズ
 焦点 f値 名称   シャッター    レンズ構成
 101mm f4.5 Ektar  Flash Supermatic 3群4枚 テッサータイプ
101mm f4.5 Optar  Graphex      3群4枚 テッサータイプ
103mm f4.5 Graflar          3群3枚 トリプレット
103mm f4.5 Trioptar Century shutter 3群3枚 トリプレット
 105mm f3.7 EKTAR           3群5枚 ヘリアー
 105mm f4.5 Graftar          不明!!
 105mm f4.5 Xenar  Synchro-Compur-P 3群4枚 テッサータイプ
 でも、プライスリストにはタイピングミスもある見たい!!
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
その他使えそうなレンズ(フラットボードで1番シャッターは確認要す)
65mm f 6.8 Angulon
65mm f 6.8 Wide angle Raptar, Rapax
65mm F 8  Super Angulon, Synchro Compur
 80mm f 2.8 SCHNEIDER XENOTAR
 80mm f 2.8 ZEISS PLANAR
90mm f 6.8 Optar
 90mm f 6.8 WLNSK WA RAPTAR
90mm f 6.8 Angulon
 100mm f 3.5 Zeiss Tessar Synchro-Compur
4-3/8" Gold Rim Goerz Dagor Ctd. Synchro Compur
127mm f 4.7 Ektar
 127mm f 4.5 OPTAR
 135mm F 4.7 Graflex Optar in Grafex
 150mm f 5.6 Xenar Copal 0
180mm f 5.5 Tele Xenar
180mm f 4  Tele-Arton, in Compur
180mm f 4.5 Tele-Rotelar, in Compur
 200mm (8") f5.6 Graflex Tele-Optar
 250mm F5.6 Graflex Tele-Optar(フランジ距離しだい)
 この他、ホースマンのトプコールレンズはボードの取り替え工事が有り
ますが、全部使えます。他に新品のものも沢山あり。

***** センチュリーグラフィックの推奨レンズ *****
 ベローズ最大伸長: 7 3/4 インチ=197mmとして・・・
65mm〜150mmと、テレフォトタイプの180mmぐらい!!
レンズボードが65×65mmと小さいということは、#1番シャッター
はだいじょうかなーー(#0番が使いやすい)
 テレフォト180mmの撮影距離は、無限遠〜1mぐらい??
ノーマルタイプの、(自分が持ってるレンズなので)
 コマーシャルコンゴー180mmF6.8(フランジ=約167mm)
 だと、レンズ繰り出し量が、197mm−167mm=30mmで
 無限遠〜2.5mぐらい、
この辺が、フラットレンズボードでは実用上の限度だと思われる。
 他のジンマー等の180mmだと無限遠〜5mぐらいか??
 テレフォトの300mmは、苦しいかも知れない、レンズボードに延長
チューブを付ければokですね。(自作が難関、このチューブは¥高い)
 コダック203mmアナスチグマットf7.7は、フラットボードだと
無限遠なら、ピントがでると思われます。(ギリギリで)

***** クラウン2x3の選択 *****
 クラウングラフィック2x3も、センチュリーと同様と思われる。
 手持ち撮影をする場合は、クラウンのボディシャッターレリーズ機構が
働けば、クラウンも魅力的ですね。
 私も、お散歩センチュリー計画から、お散歩手持ちクラウン23計画に
宗旨替えしようかと思っています。
 ただ、クラウン23+グラフロックバックは、出物がないですね。
 クラウン2x3には、スプリングバックのほか、グラフレックスバック
もある見たいなんですが、ロールフィルムホルダーの取り付け、外しが
便利なのかが、現在のところよく解りません。

***** 自作・改造の道具 *****
 レンズボード自作とグラフロックでない場合の、ロールフィルムフォル
ダー取り付け金具作成用の材料・工具
・アルミ板=1mm厚と0.6mm厚少々(久保さんの経験いただき)
・大き目の丈夫なカッターナイフ(アルミ板を切る)
・ステンレス製等の定規=カッターナイフをあてがっても大丈夫なもの
・コンパス(デバイダー)=アルミに円を描く
 (見本のレンズボードやレンズのフランジ等他で代用可能)
・後丸(こうまる)と言われるヤスリ(8〜10mm幅ぐらいか?)
 (角の丸めやバリを取ったり、シャッター取り付け穴の整形加工用)
・小型のドリル(ハンドドリルでok)歯は、1・2・3mmぐらい
・先の尖ったニッパー=アルミ加工には、以外と便利
・ドライバー=この当時は、マイナスネジがほとんど
・工作時の台=木製のマナ板様のもの
 (直角の厚みのあるもの、アルミを折り曲げる場合便利)
・木槌=アルミを折り曲げる場合便利(硬い角材でok)
・軍手=付けると反って危ない場合もある!!
・あと、これらを使って、1mm以下の精度で加工出来る技(わざ)
・別のレンズボードに付いてるレンズを取り外す場合、シャッター用の
 レンチが必要となる場合あり。(固く締め付けられてる場合)
・穴空きレンズボードがあって、グラフロックバックの場合は不要です。

***** あとがき *****
 道具をこのためだけに購入する場合と、その分で適合機種を購入する
場合の、損益分岐点も考える必要がありますね。
 モチロン、工作好きな方ですと、すでに持っているものばかりです。
 久保さんはじめ、ロムニーさん他の方々から、自分で、直し、直し、
してクラシックを安価に楽しむ、という観点を享受しましょう。
 ミニチュアグラフィック(主にww2戦前、クラウンの前機種)は、
アオリ機構と広角レンズに弱い見たいですけど、カメラの魅力度と、
コストパフォーマンスは、注目ですねーーーー
 でも、まだ、センチュリーもクラウンも、手にしたことがありません
ので、まあ、当たらずといえど遠からじ、と、いうところです。



ktanaka スピグラ購入
05月18日(月)03時34分

 皆様、今晩は。

 土曜日、大阪梅田の某店でペースメーカースピードグラフィック
(トップマウントの距離計、グラフロックバック付き)がウィンドウ
の最上段、他のカメラに隠れて陳列されているのを見掛けました。

 店員さんにお願いし、ウィンドウから出して貰って触ってみたと
ころ、見掛けの汚い割に動作は問題ないようでしたので、思い切っ
て購入することにしました。48,000円の値札が付いていましたが、
税込み44,000円に負けて貰うことができました。この値段だと、現
在の為替レートでは海外通販よりさほど割高でもないように思いま
す。スピグラはフーゴー・メイヤー製レンズが装着されて陳列され
ていましたが、これはレンズボードと共に、カメラとは別に16,000
円程の値札が付いていましたので買いませんでした。

 カメラを持ち帰ってすぐ、レンズボードのマウント部分の寸法を
測り、1.5mm厚のアルミ板でレンズボードを2枚作りました。

 ロールフィルムホルダーとシートフィルムホルダーはまだ入手し
ていませんが、ピンホールカメラに使ったフジのインスタントホル
ダーと未使用のインスタントフィルム白黒カラー各1パックが手元
にありましたので、これで試してみました。

 試し撮りの結果、スピグラのフォーカールプレーンシャッターの
スピードは、古いコンパーのレンズシャッターと比べると、かなり
安定で正確であることが判りました。でも、低速シャッターがない
のと、ノブを回転させるのにかなり力が要るのが難点です。

 写真の仕上がりは、最初ピンボケ気味で、インスタント写真だか
らシャープネスが低いのは当然だと思っていたのですが、ピントグ
ラスを見てフレネルレンズが手前(覗きこむ側)に来ているのに気付
き、graflex.orgのページで説明されているように、これを正しく
フレネルレンズの溝を彫った面をグランドグラスのつや消し面と合
わせ、グランドガラス側が手前に来るようにピントガラス枠に取り
付け直すと、本来の先鋭な画質が得られるようになりました。

 今後、経済性を考えると120フィルムを使うためのロールフィル
ムホルダーが欲しいところです。しかし、ホースマンのカタログ
を見ると高い値段が付いていてびっくりしました。他社のも新品
だと皆こんな値段なんでしょうか。赤窓式で良ければ、非常にシ
ンプルで安価なものができると思うのですが。

 話は変わりますが、先日、ミノルタMDマウント用の接写用中間
リングに切られたネジがブロニカS2等のφ57x1.0スレッドマウント
にぴったり合うことを偶然見つけました。こちらもいろいろ使え
そうです。



T.Kubo スピグラ、あれこれ
05月18日(月)08時56分

 Y.Sugiyamaさん、カメラを手に入れる前準備としての調査、資料集め
も楽しいですね。
 工具では、ハンドニブラーは是非揃えておいて下さい。アルミ板工作
には便利です。

 ktanakaさん、ペースメーカーのトップRFモデル(最終機)ですね。
値段は送料を考えると妥当なものです。国内ですと前期のカラート型で
も美品だとその倍は取られます。トップRFモデルはカムの交換によっ
てレンジファインダーの利用範囲が広がります。Y.Sugiyamaさんのよう
に事前調査をして買う人が少ないのか、カラート型を買う人の方が多い
ようです。実際、スピグラと言ってもどのモデルを買っていゝのかわか
らないのが実状のようです。私はクラウンも含めて両方のモデル(4台)
を使ったことがありますが、一台だけ選ぶとすればやはりこのトップRF
モデルです。T.Kubo



Y.maeda ロールホルダー取り付け
05月18日(月)09時58分

おはよう御座います。

昨日「miniスピグラ」に「ロールホルダー」を取り付けるための改造を
しました。
手本は「graflex.org」に掲載されていた物です。手本では、GGの留
め金に「板ばね」を使用していましたが、硬すぎてドリルでの穴あけが
出来ませんでしたので、0.8mmのアルミ板で作りました。
「ロールホルダー」の固定は、コイルスプリングの弾力で「ロールホル
ダーを抱え込む様にします。本格的な使用には絶えられないかと思いま
すが、取り敢えずは凌げそうです。
また、「2x3クラウン」に対しては、GGとの断差が大きいのでちょ
っと改良が必要ですが、何とかなりそうな感じです。
でも、バックの構造を見ていると割と簡単な構造なので、バック自体を
工作することも出来そうです。この方が見掛け状も、強度的にも良さそ
うです。材料は、合板、アルミ板、真鍮板、木ネジ、があれば良さそう
です。昨日取り敢えず寸法を取りました。



Y.maeda ロールホルダー取り付け
05月18日(月)10時34分

おはよう御座います。

昨日「miniスピグラ」に「ロールホルダー」を取り付けるための改造を
しました。
手本は「graflex.org」に掲載されていた物です。手本では、GGの留
め金に「板ばね」を使用していましたが、硬すぎてドリルでの穴あけが
出来ませんでしたので、0.8mmのアルミ板で作りました。
「ロールホルダー」の固定は、コイルスプリングの弾力で「ロールホル
ダーを抱え込む様にします。本格的な使用には絶えられないかと思いま
すが、取り敢えずは凌げそうです。
また、「2x3クラウン」に対しては、GGとの断差が大きいのでちょ
っと改良が必要ですが、何とかなりそうな感じです。
でも、バックの構造を見ていると割と簡単な構造なので、バック自体を
工作することも出来そうです。この方が見掛け状も、強度的にも良さそ
うです。材料は、合板、アルミ板、真鍮板、木ネジ、があれば良さそう
です。昨日取り敢えず寸法を取りました。



Y.maeda 改造について
05月18日(月)11時09分

まずはじめに、ボタンの押しかたを間違えまして、同じ物が2回送信さ
れてしまいました。スンマセン。

さて、本題ですが、クラッシックカメラの改造に対する考え方について
お伺いしたいと思います。

昔むかしのカメラならそのまま保存するのが良いと思いますが、特にス
ピグラのような実用的なカメラの場合本体(バックホルダー)に対する
改造をすることで、今でも通用するカメラに作りなおすことができると
おもいます。

具体的には、木製のスプリングバックの後ろの「土手」?の高さを低く
し上部はスライド式の留め金を取り付け、下部は、金属板でフランジを
取り付ければ良いだけだとおもいますが。
この様な改造は許されない物でしょうか。やはり、原形に復旧出来る範
囲でしか駄目でしょうか。



S.Matsuda 改造は悩ましい
05月18日(月)12時29分

maedaさん。これは悩ましい問題ですね。
私もどこまで改造してしまおうかと思案にしてます。
改造するより、一層のこと新作するほうが気分的、
工作的に楽かという気もします。
 さて、私のminiの一台の黒皮が長年の疲れで黒色が薄くなり、
皮の茶色がうっすら見えるような雰囲気なのですが、
ピカピカの黒にする方法は何かないでしょうか?
古いカメラなので、そのままの方が良いでしょうか?
どうしよう。(実用上はあまり関係ないですが)



H.Horiuchi 番外編!オーバーホール体験!
05月18日(月)12時52分

 お久しぶりです。スピグラの熱風を感じます。番外編として、まる
で別のことを記します。すみません。
 かねてよりオーバーホールに出していたM3が戻ってきました。めで
たし、めでたし。恥ずかしながら、ライカのオーバーホールは初めて
の体験です。他のカメラを出すときよりも緊張しました。噂ではオー
バーホールをすると、本来のライカが有している滑らかさが体験でき
るとのことでしたが、いや〜実に滑らか。うっとりです。巻き上げの
感触、フォーカルの走り方(実はあまり実感できないほど静か)、い
いですね。たぶんこのWEBを御覧の皆さんはこの辺りは既に卒業なさ
っているのだと思いますが。50ミリを付けてまた真面目に?スナップ
に励もうと思っています。
 ところで、ファインダー内の135ミリ枠は左上の角が薄いように思え
ますが、これはレンズを動かしてパララックスの補正が始まると、徐々
にはっきりと見えてくるような構造になっているのですね? 不思議で
す。まだまだ分からないことばかりです。

 ところで、Matsudaさん、お久しぶりです。「皮の茶色がうっすら
見えるような雰囲気」ってカッコイイですね! 使った感触のある
カメラもとても魅力的に思えますがどうですか? 



Y.maeda M3ファインダー、色塗り
05月18日(月)13時22分

こんにちは、前田です。

堀内さん、M3のオーバーホールは高く付いたんじゃ有りませんか?
さて、135mmのファインダーの事ですが、ちょっと調整があまいと
思います。ファインダーの中には、二枚の薄い板があって、それぞれに
ブライトフレームに相当するスリットがありこの板の重なりをずらすこ
とによってフレームを切り替えています。そして、この重なりを調整す
るために小さなネジが有ります。ほんの少しのことでブライトフレーム
が消えたりしますので、微妙なところです。ちなみにM4ーPなどは、28
〜135mmまでのフレームガ有るので、もう何が何やら解りません。
ということで、気になるようですとそのM3その業者にもう一度出して
みたらどうですか?

Matsudaさん、どうも。
悩ましいですね。本体に直接手を加えるということは、そのカメラの歴
史に終止符を打ってしまうような感じもします。
さて、色塗りの件ですが。私も堀内さんと同じで茶色いままで良いと思
います。わたしの買ったスピグラも茶色になりかかっていますが、「味
が出てきた」と思っています。もし、黒い色でないと気が済まないので
したら、「靴用のスプレー塗料」が有りますのでそれが良いと思います



T.Kubo 改造
05月18日(月)14時57分

 Y.maedaさん、なかなか難しい問題ですね。基本的には改造しないで
写真が撮れればベストなんですが。
 我々は、というより私は骨董ではなく写真の撮れる道具としてカメラ
を買うので「撮せる」ということが前提になります。この場合改造もや
むなしとなります。たゞ、なるべくなら元に戻せるような工夫と努力は
しています。手放すときには、どんなに素晴らしい改造であってもそう
は見てくれない、要はオリジナル性が大事なんですね。クラシックカメ
ラは歴史的な遺産とも言われるので、改造はできるだけ避けた方が無難
というのが建前です。
 私はカメラは何であっても、基本的にはいゝ写真を撮りたいという気
持ちが心の底にはあります。スピグラでなけれな撮れない写真もありま
す。ですから好きなように改造してもいゝのではないかという本音の部
分も気持ちの中にはあります。スピグラの場合は大改造をしなくても何
とかなってしまうのでボディそのものを大きくいじったことはありませ
ん。
 仲間には絶対無改造論者も多くいますが、彼らは「スピグラなんか」
には手を出しません。アクセサリーシューの取り付け穴でもNGですね。
改造気にしない連盟(?)の中には、スピグラのフロントスタンダード
だけをもぎ(?)取って、ハイペルゴン75mmの使える8x10カメ
ラを作った人やライカM2を改造してビオゴン21mmを連動させた強
者もいます。人それぞれですね。T.Kubo



H.Horiuchi もっと教えて下さいっ!
05月18日(月)16時58分

 前田さん、早速の御助言、有難うございました。もっと教えて下
さいますか?
 私、常々オーバーホールの際には、何を拠り所にして、どこまで
要求したらいいのか?という点で悩んでいます。特に先ほどお話し
たM3などは、まるで複雑で想像もできません。今回戻って来たM3
を手にして感じたことは、ファインダー内のことですね。多分今ま
で以上に自分の意識が高まって?(或いは過敏になって?)いるか
らだと思うのですが。135ミリのブライトフレームの一部がちょっと
薄いとか、50ミリ枠の上方に反射したような光が少々見えるとか、
いろいろと気になります。これらは非常に明るい方向に向けた時に
意識して見ないと分からない?ものですが(私の友人は見えない!
と言います)。オーバーホールに出す前からこうなっていたのかし
らとか、せっかくオーバーホールしたんだからもっと何とかならん
かとか、まあ、本当に人には言えず悩んでます。
 以上のようなことには動じず、泰然自若としてクラカメ道を生き
ることができたら・・・なんて、そんなに深刻ではありませんが、
似たような御経験がおありでしたら、また教えて下さいませ。



S.mastuda 古皮ジャン風に決定
05月18日(月)19時48分

maedaさん、Horiuchさん、ご意見ありがとうございました。
考えて見ましたら、使いこんだ自分の他のカメラは、塗装が
はげたのが気にならず、頼もしく思えるので、
黒くピカピカにせず、年代もの皮ジャン風で通そうを思います。
さてうれしい事に、たった今だいぶ以前に注文していました
ポラロイド110Bが到着しました。
レンズは予想通り、Rodenstock Ysarex 127mm f4.7に
pronter SVS(シンクロ付き)のピカピカが付いてました。
これを外してスピグラに付けてあげようという魂胆です。
(棚のこやしになっていたとしか思えない)
ポラロイド110をいじってましたら、
あまりの出来の良さ(工作、材質)にびっくりしてしまいました。
きっと当時は高いカメラだったのでしょうね。
というわけで、ドンがらボディーは捨てずにとっておくことに
しなりました。
 通販屋のLISTを漁っていましたら、2×3スピグラ用の35mm
バックというのを発見しました。なんと、アーガスのボディーを使用
しているとの注記があり、いったいどんな風になっているか、
想像もできません。何の為に使うのでしょうね。
では



T.Kubo 2x3カメラとポラ
05月18日(月)20時58分

 ポラロイド110は「デカい」けどよくできたカメラです。ところ
で、スピグラライフの楽しみの一つにポラロイド写真があります。
 一昔前のインスタント写真と違ってフィルムの品質が格段に向上し
ているので、今では高画質の写真を楽しむことができます。インスタ
ント写真専用カメラと違って、自分の好きなレンズを使える強みもあ
ります。
 2x3とポラ・・・
 2x3の場合は、唯一「6x9ポラロイドバック」というのが駒村
商会(ホースマン)から出ています。このポラバックは2x3グラフ
ロックのカメラならそのまゝ使えます。若干アジャストが必要なカメ
ラもあります。
 撮影に当たっての注意は、フィルム面がポラロイドバックの構造上
10mmバックした位置になります。そのためピントグラスやレンズ
の位置を通常のセットより10mmバックさせてやる必要があります。
このホースマンポラバックにはRF、Gスペーサーという2種類の金
具が付いています。RFスペーサーはレンズを、Gスペーサーはピン
トグラスを正確に10mmバックさせるための金具です。
 RFスペーサーはホースマンカメラ専用なのでスピグラ系には使え
ませんが10mm幅のアルミ平板で代用することができます。Gスペ
ーサーはピントグラスの内側に差し込んでやるとピントグラス(ピン
ト面)が正確に10mmバックします。
 私は長い間このポラバックを愛用しましたが、十分実用になります。
今は2x3カメラはあまり使わないので友人のプロの写真家に譲って
しまいました。T.Kubo



S.Matsuda 2
05月19日(火)00時13分

Kubo さん、いつもお役たち情報ありがとうございます。
本当に助かります。
2×3のポラバックはほとんとあきらめかけていたのですが、光明が見えてきました。
最近、2×3クラブも頼もしい方々が続々登場されてますので、ホースマンのポラバックの出物はあっという
間に無くなってしまのでしょうか? 皆さん。

Horiuchiさん。M3は私にとっては超高級カメラなの
で、オーバーホールは精神的重圧が伴いそうですね。
オーバーホール費用でスピグラ買えちゃうjんじゃ
ないかな とか余計な事を思ってます。おいおい。



T.Kubo 2x3ポラ
05月19日(火)08時27分

 調子に乗って書くと怒られそうですが、もう少しポラを・・・。
 私がよく使うFujiのPF-100B、100C(6x9)は大きさが
8.5x10.8cmで実際に写る範囲は7.3x9.5cmです。
 6x9の実サイズは5.6x8.6cmくらいですから、4x5カメラで
撮るとこのフィルムは6x9サイズよりかなり大きい画面が得られます。
 2x3ではカメラの制限から殆どフィルムと同じ6x9実サイズに写り
ます。ポラだけの写真集を作っている友人もいるくらいで、画質は満足で
きるものです。T.Kubo



H.Horiuchi ところで・・・
05月19日(火)09時20分

 おはようございますっ! 今日も元気ですっ。さて、Matsudaさん、
私にとってもM3は超高級カメラなので、オーバーホールは精神的重圧
がひどく伴っております。くく苦しいっ・・・しかし負けるもんかっ?
何だか最近は趣味にも精神性が強く要求されるようです。いやはや。
オーバーホール費用でスピグラ買えちゃいますよね、ホント。そのよう
な私ですが、いつかはスピグラ参加しますからね! 待ってて下さいね!
 ところで、先にセンチュリーの赤ベローズを取り逃した時に、相手の
業者さんが「黒ベローズでカラースコパーでコンパーラピッド付きがあ
るよ」なんて言ってくれたのですが、そのようなものあるんですね。
杉山さ〜ん、お久しぶりです。こんなん出たんですけど、どんなものな
んでしょうか? Kuboさん、皆さん、御存知でしょうか?



T.Kubo M3
05月19日(火)09時47分

 H.Horiuchiさん、いつもどうも。
 ライカM3ともなると、ちょっとしたことでも気になるものですね。
私のM3は二重像が薄いのですが、修理に出すとファインダーAss'yの
交換と言うことになり諦めました。同じファインダーはなく、二重像
の角付きタイプになるのでM3初期のSPECが変わってしまうから
です。像が薄いといっても他のカメラに比べれば十分実用の範囲です。
 「黒ベローズでカラースコパーでコンパーラピッド付き」というコ
メントは、センチュリーは赤蛇腹より黒蛇腹の方が評価が高く、また
あまり評価の高くない Century shutterに Triopter というレンズの
組み合わせが多く、それよりグレードが高いよ、と解釈できると思い
ます。T.Kubo



Y.maeda miniスピグラレンズボード
05月19日(火)14時52分

こんにちは、前田です。

昨日ようやくminiスピグラのレンズボードを作りました。材料は3mmの
黒のアクリル板です。アクリル板用のカッターが有れば、簡単に切れま
す。寸法は63,5mmx63,5mmです。今回はこれにライツの135mmf4、5エ
ルマーを付けました。純正のレンズボードは、厚さが3、25mm(もう一
段、段差の部分が3、25mm有りますが、この分は工作しない)有ります
が3mmでも問題無さそうです。念のために黒のベルベットを裏に張り付
けると良いと思います。カメラの中に懐中電灯を「がめて」(これで良
かったかな、KUBOさん?)テストしたところ、ベルベットを付けなくて
も光線引きは有りませんでした。後はテスト撮影を待つのみです。

それと、夕べ「センチュリー」のボディーを注文してしまいました。少
し問題が有りそうだったのですが、もし、修理出来なくても「バック」
だけでも流用出来たらと思いまして。もちろん「バック製作」の計画は
進めています。益々「スピグラ地獄」「スピグラ沼」「グラグラの森」
にのめり込んでいます。誰か私を引き戻して下さい。




ktanaka スピグラの使い道
05月19日(火)18時15分

 今日は。

 スピグラでまずポラロイドフィルム(フジの方が色が良いと思ったので、私は
ホルダーもフィルムもフジで統一しているのですが)を試してみて、その画質が
よいのに驚いています。ポラフィルムを使えば、スキャナで取り込む場合にも透
過原稿ユニットが必要ありませんので、ディジタルフォトにも便利に活用できそ
うです。

 それから、スピグラに限らず大判カメラなら何でも言えることでしょうが、ラ
イカ判や中判から4X5のインターネガを作ったり、ポラフィルムでインスタント
プリントを作ったりするのにも使えそうです。まず製版用レンズが必要でしょう
が、うまく行くようならスピグラも一台では足りなくなるかも知れません。



T.Kubo 撮影のススメ
05月19日(火)21時07分

 ktanakaさん、私も同感でご本家には悪いですが、色はフジの方が日本人に
は合っていると思います。ホルダーは安いのでご本家の方を使っています。か
なり酷使していますがポラバックは丈夫で壊れませんね。

 ゴミの持ち帰り運動をドコが始めたのか、皆んな右へならへで、最近はポラ
を引いた後の残紙の捨て場に困るようになりました。あの現像液はカメラに付
くと腐食するので注意が必要です。丈夫なビニール袋は必需品です。

 モノクロには、ミリ60本の解像力を持ったネガの取れるポラもあります。
同時に取れるポジはネガほどではなくても、高画質なプリントを楽しめること
は確かです。あまり経済的ではないので、ネガが要るときはT−MAXにしま
すが。

 撮影のススメ
 そろそろ皆さんから「スピグラ撮影記」が聞きたいですね。
 これから梅雨に入ると持ち出す勇気はなくなると思いますが、撮るときはレ
ンジファインダーによる手持ち撮影は止めにして、三脚を使い、ピント合わせ
はレンズを開放にして、被り布を用意し、成る可く時間をかけて撮影しましょ
う。ブレを懸念しているのではありません、美女が寄ってくる可能性があるか
らです。T.Kubo



Y.maeda 「miniスピグラ」リサイクル計画
05月19日(火)23時37分

今晩は、前田です。

今日、繁々と2台の「miniスピグラ」のバックを見ていて気が付きました。それは、「スプリングバック」と「グラフィックバック」とは、固定用の「土手」?の厚みを除いて全てが同じ寸法のままで、その中で「GG」の固定用のフランジを作り出し、取り外しが簡単に出来るように工夫されていると言う事を。そして、最小限の改良によってそれを可能にしていると言う事を。
「GG」の形も長さを短くしただけで、厚みは全く変わっていません。

これを、メーカーが行うと「改良」もしくは「改善」になり、第三者が行うと「改造」に成ってしまうのですか?今一つ?????です。

この事を知った私は俄然、「改造心」が湧いてきました。と言っても、今手許に有る一台を改造するのではなく、壊れた「miniスピグラ」を現代に蘇らそうと言う、「リサイクル更正計画」です。

これなら、「改造」という「悩ましさ」や「後ろめたさ」は有りまん?

今、やる気です.

Y.maeda



Y.Sugiyama カラースコパー
05月20日(水)01時57分

H.Horiuchiさん、こんばんわ、杉山ですーーー

 カラースコパーって、そそられますね!!フォクトレンダーの話に
なると、背筋を伸ばして、身を乗り出してしまうんです!!
 アポランサー、Cスコパー、ヘリアー、テロマー、(;^o^;)
 ただ、Cスコパーは評価がいろいろですね!!某NiftyのID
をお持ちでしたら、レンズのボードをご覧になるといいかも??
 もっとも、35mm判用の50mmF3.5/F2.8についての
話題だったとおもいますが。
 テッサー・エルマー・クスナーより好きだというひともいれば、
まだ、使いこなせてない、という人や!!コントラストが高いという
意見もあったと思います。
 Cスコパーの作品をしみじみ見る機会が無かったもんですから
申し訳ありません、私には全く解りませんのでご容赦くださいませ。
 本当は、っていうのは、本当がいくつも有るんですけど・・
ヘリアー135mm付きのベルクハイル(ツーリスト)が欲しいん
です!!って、全く関係ないですね。
 センチュリーは、よほどのことが無ければ、グラフロックだと思わ
れますので、ロールフィルムの問題は無いようですね。
 オールブラック仕様は後期のタイプらしいですが、ジャバラのほか
ボディー部も`黒`なのかしら!!
 当方、、フォーカルプレーンシャッターにも興味が再び湧いてきて
もう、頭の中はXYZな状況です。



T.Kubo Cスコパー
05月20日(水)09時24分

 Y.Sugiyamaさん、 H.Horiuchiさん、フォクトレンダーは私もファン
の一人です。
 昔のことになりますが徹底的に研究したことがあります。たゞ、35
mmカメラにはあまり手を出していません。何台かは使ってみたものゝ、
ファインダー系が弱くて随分損をしているというのが私の印象です。
 ベッサーについては戦前、戦後のものを10台同時に保有して写真を
撮りまくった時期があります。全て、105mmF3.5、アポランサー
だけがF4.5でした。
 人によって評価はいろいろ分かれるようですが、きついことを言うな
らレンズの名前で評価されている節(ふし)が無いとは言えません。ヘ
リアーは名レンズには違いないのですが、あまりにも有名で、スコパー
の評価を落としているというのが率直な印象です。
 私の印象を結露だけ披露しますと、戦後のベッサIIではアポランサー
とCスコパーは4切くらいでは区別がつかない、特に景色では優劣はつ
けがたい。Cヘリアーは景色ではCスコパーに負けている、但し近景や
人物写真では描写が優れている。戦前のベッサ(レンジファインダー)
ではヘリアーとスコパーは変わらない。ヘロマーはあまり沢山撮ってい
ないので評価できませんが、ヘリアーやスコパーに比べて劣っていると
いう印象もありません。
 アポランサーは高いので1台しか持っていませんでしたが、他のレン
ズ付きは複数台を使って撮っていました。サンプルが少ないと評価にな
らないからです。
 この私の独断から、普通に使うのであればCスコパーやスコパー付き
が一番コストパフォーマンスの点で優れていることになります。コレク
ションとなると話は別ですが。特に日本では、アポ、CヘリアーとCス
コパーの間に相当の値段の開きがあります。これは写りの差ではなく、
数とレンズブランドの差であることは言うまでもありません。
 資料によれば、アポやヘリアー(3群5枚)は前玉も2枚張り合わせ
ている関係で調整が大変難しく、歩留まりが悪くて、これがコストアッ
プになったとあります。
 テッサーとの差はあまり無いと思っていますが、無限遠の描写はCス
コパーに軍配が上がるかも知れません。たゞ、ベッサーIIは二重撮影防
止機構がないので、実用上はスーパーイコンタには負けていると思いま
す。
 ベルクハイルはまだ使ったことがありません。値段が安いので、スピ
グラで磨いた(?)ロールホルダーの取り付け技術を使えばなんとかな
るのでは、と思っています。ローレックスパテント(6x9)ならその
まゝ使えるとは思いますが。レンズを取ってスピグラにというパターン
が怖い。T.Kubo



H.Horiuchi スコパー付き!っということは・・・
05月20日(水)11時10分

 Kuboさん、Sugiyamaさん、こんにちは。すごく楽しく拝見しま
した。有難うございます。こう、なんと申しますか、単なる知識の
集積ではなくて、皆さん情熱を持って時間を費やしてこられたんだ
なぁということがひしひしと感じられて嬉しくなってしまった私です。
 フォクトレンダーのレンズに対する評価が高いことや、ファンの
層が厚いことがよく分かりました。実は私の義父が大変なクラカメ
の病でして、私はそこから感染してしまったのですが、こっそりと
フォクトレンダー社の35や120のカメラを集めているようです。大判
はやらないのですが、とりあえず、持っているらしいフォクトレン
ダー社のカメラを借りてみます。貸してくれるかな?味わってみたい
気持ちでいっぱいです。前にレチナを借りっぱなしにした前科がある
ので、ちょっとマズイです。
 さて、そうしますと先に述べましたセンチュリーの「黒ベローズ
でカラースコパー105/3.5コンパーラピッド付き。但し距離計は付い
ていない」というのは、かなり買いのモデルなのですね?それにして
も距離計は後で見付けられるものなのでしょうか?純正は普通付いて
いるのでしょ?かつてのオーナーがもいじゃったんでしょうか???
なんで???



T.Kubo Cスコパー
05月20日(水)11時36分

 H.Horiuchiさん、熱心ですね。フォクトレンダーのカメラには一種
独特の雰囲気があり、隠れた機能も存在します。例えばベッサIIなど
は620フィルムも兼用で使えるようになっています。

 センチュリーを持っていると例えばCスコパーなどは、取り付けて
写してみたいレンズの一つですね。センチュリーのRFは1本のレン
ズにしか連動しません。従ってCスコパーをつけても再調整しない限
りRFは使えません。Cスコパーを標準と考えるなら、カラートをこ
れに合わせてしまうという手はあります。数本のレンズを使う場合、
1本だけがRF用で他はピントグラスによる距離合わせが必要になり
ます。こんな理由からセンチュリーには最初からRF無しのモデルも
存在します。私も1台持っています。アオリや高度な撮影テクニック
を使うようになるとピングラに頼る方が多く、RFは手持ちスナップ
になって行く事は必至です。ここにセンチュリーにした必然性がある
ように思います。T.Kubo



Y.Sugiyama 距離計!!
05月20日(水)22時50分

ボンジュール、T.Kuboさん、H.Horiuchiさん、いつもと違う杉山です。

 ベルクハイルって、いい、響きですね・・・
 最近、パテントローレックス6x9ではないんですが、
ラダー6x9(らしい)ロールフィルムホルダーの出物が目立つん
ですけど!!(私だけかも!!)
 私も、コレクターではないので、十分実用になるカメラしか興味が
ありません。(すみません、宗旨のお違いの方ゴメンナサイ)
 そこで、戦前もののベルクハイルですが、光線引きのない、フィルム
間隔オーバーラップなしの、ロールホルダーと、ピントグラスの良い
ものと、レンズに曇りのないものが保証されたら、もう、何をするか、
わかりません。
 完全に枯れた感じの木製三脚(画家さんが使ってる細目のやつ)に
乗せて、春浅き、隅田川や多摩川の河岸風景を、
よれたトレンチコート姿で、くわえ煙草をくゆらせながら・・・
う、う、う、、ジャンギャバンな感じで、レリーズを人差し指と中指に
挟んで(あたりまえか)親指で、クシャとシャッターを切りたい。
 これって、相当なナルシズムかなーーー
 ご心配は、要りません、当方、胴長・短小につき、形からは入れ
ませんので!!

 H.Horiuchiさん、私のほんのささやかな経験ですが、グラフレックの
レンジファインダー(距離計)は、、、まあ、使おうと思えば使えます
ぐらいに、考えていた方が、いいんじゃないでしょうか!!
 カムを一度外して、もう一度付けると、無限遠の位置が変わったり
なんて感じのマシンも有ります。
(ご反論のある方のいらっしゃるとは、おもいますが!!)
 むしろ、ベッド部に距離メモリ(スケール)があったほうが、いいと
おもうんですが、センチュリーには、あるのかなーー
 でも、私も距離計付きを狙っています。ハイ。
 それも、105mm付きを、105mmって他にもいろいろあって、
ドンピシャリはどうせ合わないと思っても、こだわっています。
 101・103mmはかなり見当たるんですが!!
 文章と、固有名詞に時代の違いがあるのは、カムフラージュです。
 では、シルビーバルタン、あ、は、は、いや、失礼しました。



T.Kubo ギャバン
05月21日(木)09時07分

 Y.Sugiyamaさん、ども。
 Rada(6x9)もパテントローレックス同様便利ですのであれば
手に入れておいた方がいゝと思います。Radaは赤窓の蓋(シャッタ
ー)が、親切にもバネになっているので、カメラによってはフィルムの
巻き上げがやりにくい場合があります。
 カラートRFは調整可能なので105mmレンズならドンピシャに合
わせることができます。この場合どの105mmでも使えると思います
が、ストッパーの位置の方が問題になります。105mmといってもレ
ンズの焦点距離に誤差があるのとバックフォーカスが違うためです。こ
れを解決するには、ストッパーの位置を短めにしてレンズボート側で、
リング(シム)を入れるなりしてアジャストすればOKです。センチュ
リーに熱かったころはそーやっていました。目測スケールは付いていま
すが、オリジナルレンズ用です。資料によれば、当時は別売レンズを買
えばストッパーとスケールが付いてきたそうです。
 ギャバンもいゝけど、ボガードも3枚目みたいなルックスもあってい
ゝかも知れません。ジッポーが要りますが。T.Kubo



H.Horiuchi う〜ん、叙情的です、ビューカメラは。
05月21日(木)14時06分

 こんにちは、午前中の仕事がきつくて、今漸く昼食をとってWEB
を拝見しております。今日はちかれた〜。
 っというコンディションにSugiyamaさんの文章の心地よいこと!
Kubo師匠も相変わらずのクールな御様子ですが、さりげなく呼応され
てて、これまた気持ちよい文章でげすね。なんて、私今日は変な文体
で始まってしまいましたぁ。
 Sugiyamaさんのおっしゃる、「まあ、使おうと思えば使えますぐ
らいに」というあたり、よ〜く肝に銘じておきます。それにしてもこ
ういった問題は、クラカメには往々にしてあるんだということを頭で
分かっていながら、気持ちの上で処理するのはなかなか面倒なことで
すね。取りあえず私の場合はまだ手を染めていないということで、こ
れから体験するはずのスピグラにまつわる諸問題?からは逃れられて
いるという幸せがありますね。おいおい本当に幸せなのか?
 未熟な私にとって、距離計はビチッと合うもの、ファインダーはキ
リッと見えるもの、という観念がありましたが、それも徐々に鍛えら
れつつあります。まずは場数をこなすことしかないのでしょうか?こ
のWEBを拝見して思うことは、皆さん、上記のような点については、
よくぞ冷静でいらっしゃるなぁということです。まあこれは私の経験
不足と性格と職業によるところもあるんでしょうか。つきつめるっみ
たいなところのある職業なんですねこれが(ちなみに刑事ではありま
せん)。
 つまらんことを沢山書いてすみません。ちょっと疲れてまして。つ
まりですね、「ビューカメラ」(という言い方してしまっていいのか、
間違えていたら直して下さい)は35ミリと比べてみますと、その行為
がとても叙情的であるなぁと思ったということであります。以前はそ
んなに感じたことはなかったんですね、私。でも今Sugiyamaさんの
文章を拝見してまして、おっきいフォーマットまでとはいきませんが、
6×6に自分が強く惹かれるのは、実はその行為がなんかこう叙情的で
あってそこに惹かれているからなんだというように解釈できたわけで
す。それにスピグラ三脚に載せていると「美人が寄ってくる」って本
当ですかっ? うひうひ、そんなのにも惹かれます。



Y.maeda
05月21日(木)15時20分

こんにちは堀内さん、ちょっと休んでました前田です。
私も「ビューカメラ」を始めとする大中判カメラが好きです。そして、
上下左右像が正しく見えるファインダーでない、6x6一眼(ウエス
トレベル)やビューカメラがその中でも好きです。
そして、それらのカメラで撮るときは、35mmで撮るときと比べて
ゆっくりと、その一つ一つの動作がまるで「儀式」をするかのような
撮り方になります。そして、そうやって撮った写真は35mmで気軽
に撮ったものより、かなりの確立でよい写真が多いのです。(風景写
真)
これは、「フィルム代が高い」「撮影コマ数が少ない」「準備に手間
がかかる」それらのために「気合が入る」。などが有ると思いますが
決定的に違うのは、「上下左右が逆」「左右が逆」で、それを頭の中
で正像に変換する思考回路が働き、その間に画像をゆっくりと見つめ
る事が出来ることです。被写体に対する観察力も格段に優れて来ます。

同じ中判でも、「ペンタ6x7」で撮るときは気軽になってしまいま
した。まあ、35mm(アイレベル)でも「気構え」をきちっと持て
ば良いだけの事でしょうが、私の場合はカメラによって「気構え」が
変わります。

そんな「ゆっくりとした撮りかた」が良いのでしょうね。

Y.maeda



Y.Sugiyama ハンフリーボガード
05月21日(木)21時03分

 みなさん、ゴミネタですが、by杉山・・・

 アサヒカメラ6月号が、また、でてしまいました。
 いえ、アサヒさんでなくてもいいんですが、、アサヒさんゴメンナサイ!!
 巻末の広告欄が充実してまして、、、広告欄は、なんとも、定型的にも
見えますが、深いノウハウも見え隠れして、はたまた、日本の経済指標にも
なったり!!(今デフレかも!!かの、米の国はインフレ前夜か!!)
 デフレって・・・歴史教科書にある、「xxx恐慌」かな、銀行バタバタ、
ウオール街ばたばた、すると、禁酒法、は無いけど、禁煙法が施行されて
そこかしこで、密売、密吸うがはびこって、FBxが鉈や斧で倉庫を急襲した
現場の、朝刊ニュースを飾る写真は、、もちろん、スピグラです。
 私の先行きはーー、ぶる、ぶる、(顔を振って)考えないでおこう。

 話を戻して、アサカメの、まず、324ページの写真付きで、フォ、フォ、
フォクトレンダースーパーベッサー2+アポランサー105mm、これですね
そして、同じページ大型お買い得欄の中ほどに、105mmカラースコパー
と、きますね!!
 そして、281ページの写真付き上段右側の方に、ベルグハイル6x9+
ヘリアー105mmですね。
 いづれも、カタログショッピング価格ですね。
 お気づきと、思いますが、いづれも105mmなんですね。
 だからって、105mm距離計付きセンチュリーにこだわっている訳では、
ありません、と、きっぱり、お知らせしても、だれも、信じませんね!!
 このほか、ニッコールM105mmとか、ジンマー105mmなんてのも
あったように思いますし、長近代のCMフジノン105mmも、、、と、
きりなく有りますね。
 縁あって、最初に付いてきた、105mmを十分堪能して、あっち、こっち
浮気もして、また、縁物に戻るという、劇画チックな展開も、
クラカメの中では、許されるんじゃないでしょうか!!と、言うより、口を
滑らさなければ、バレナイですよね。
 え、沙羅双樹の華の・・・諸行無常の響き、を、お話すべきが、なんで・・
人って、本音を隠せないものですねーーー

 ハンフリー(ボガード)ちゃんは、左手にスピグラ、右手にジッポ、唇に
紙巻タバコですかね、葉巻の方が、アンバランスで・・・
 エリオットネスさんは、やはり、スピグラがお似合いですかな。
 拳銃無宿、スティーブマックウイーンさんは、コダック単玉、、、
 ゲーリークーパーさんは、一眼グラフレックスRBシリーズって
ところでしょうか。
 いえ、スピグラの年代に話を合わせているだけですよーーー
 皆さん、おやすみなさい。再上映の名場面を見ましょう!!タダで!!



Y.maeda レンズの描写
05月22日(金)00時21分

今晩は、前田です。
今日、やっとテスト撮影したリバーサル フィルムの現像が上がってきました。使ったカメラは、「ローライ2.8cクセノタール」「ナショナルグラフィックス、B&Lテッサー 75mmF3.5コーティング無し」「miniスピグラ、ツアイスイエナ、テッサー115mmF4,5コーティング無し」の三台です。

まず色合いですが、コーティングのしてある「クセノタール」は、少し黄色味がかった「暖色系」。コーティング無しの「テッサー」二本は少し青味がかった「寒色系」で、ツアイスのよりもB&Lの方が更に青味がかっています。でも、比較対照しての事で、それだけで見ればそんなに気になりません。色の事など考えてもしていない時代のレンズでも、ちゃんと色が出ています。

次に「ピント」ですが、三本とも問題なくシャープです。特にクセノタールは、更にシャープな印象を受けました。「B&L」は遠系が少し弱いかなと言う感じです。

「ボケ味」については、f11〜16に絞っての撮影だったので、あまり評価は出来ませんが、全部円い絞りのせいか変なボケは有りません。

しかし、気になる点が一つ有りました。それは、「ローライ2.8cクセノタール」で撮った写真の「暗い木の幹と、バックには明るい田んぼ」の風景の場面で、木の幹の中心部分からボヤーッと白くなっていたのです(ゴーストではない)。多分レンズか、ボディーの内面反射ではないかと思います。以前この様な事が二度有りました。一つは「ハッセル用の50mm、NO T*」で、もう一つは「沈胴式の50mmF2.8エルマリート」でした。結局どちらもそれが気になって手放してしまいました。

今回の三本のレンズは描写力では定評の有るものばかりで、これと言った「くせ玉」はありませんでした。早くスピグラのレンズボードを作って、「エクター101mm」「カラースコパー(ベッサUからのジャンク物)」「135mmエルマリート」の3本を撮り比べてみたいと思います。一台のカメラでそんなことが出来るのも「スピグラ」ならではですね。
Y.maeda






Y.Sugiyama インフィニティストッパー
05月22日(金)05時26分

T.Kuboさん、おはようございます。お尋ねごとがあります、杉山です。

センチュリーグラフィックのインフィニティストッパーなんですが、
スーパー(スピード)グラフィックのストッパーと互換性は??
あるんでしょうか??
スーパー用は多大な出費をして、多量に入手しておいたんですが!!
65mmと135〜150mmぐらいの2セットはぜひ、無限遠で
ストッパーを付けないと、山岳系では、使いづらくてしょうがあり
ません。(朝夕は光線がとても忙しいので)
すみません、よろしくお願いします。



T.Kubo ストッパー
05月22日(金)09時42分

 杉山さん、ストッパーは共通です。たゞ、トヨのものは少しきついか
なという印象を受けましたが、カメラの溝にも誤差があるのでこの印象
は確かなものではありません。
 65mmのばやいストッパーは必需品ですね。いゝ加減にやると
片ボケを起こします(経験あり)。ワイドレンズの周辺はピントグラス
では見にくいものですが、明るい屋外でかぶり布を使って一度だけ調整
をしておくと安心です。厳密に言えばボードやレンズスタンダードに歪
みがないとは言えないので、イメージ(レンズ)を中心にピングラで合
わせておけば完璧です。長い玉は、こんな面倒なアジャストは不要です。

 前田さん、ども。私も週末にテスト撮影に行きました。
 場所は、私の住んでいる調布市内にある深大寺、車は愛車のママチャ
リです。カメラは「ローライコード」、ウソ、時価30ドルのシロフレ
ックスと「ベルクハイルデラックス」、これもウソ、ジャンクとしても
らったイハーゲプレートカメラです。
 シロフレックスは境内のスナップ、全て手持ち撮影。操作性、写りと
も殆どローライコードです。30ドルのカメラにしては大したもんです。
強い逆光では強烈なフレアが出ているカットもありました。レンズはセ
ンチュリーでおなじみのラプター85mmF3.5。
 イハは、レンズが無かったのでエクター101mmを取り付けたもの
です。このカメラは蛇腹が倍くらい伸びるので特徴を生かして「めしべ
おしべ」のドアップ。6x9画面に大きく写し出された花のドアップは
迫力があります。フィルムがエクタクロームだったので露出には気をつ
かいました。約2倍でやったらドンピシャでした。
 残念ながら、カメラか、ローレックスに光漏れがあり、全部のカット
が6x6くらいにしか使えません。しかも二重写しがあり、使えるのは
2,3カットです。クラカメで撮っていると、こんな失敗がよくありま
す。これがまた面白くてたまらないのです。T.Kubo



Y.maeda グラフィックバック、ホルダーの傾き
05月22日(金)10時24分

こんにちは、前田です。
昨日グラフィックバック(古いタイプ)、にロールホルダーを取り付け
てよくよく見てみると、右肩上がりで約1mm傾いていました(浮いて
いる)。原因はバック側の「GG」位置決め用の真鍮のストッパーの高
さが高いためと解りました。思い切ってヤスリでこの高さを削って何と
か気にならない程度にまで低くしました。こんなことして良かったので
しょうか?
絞り込んだら被写界深度でカバー出来そうですが、どうなんでしょうか
皆さんはどうされていますか?私のカメラだけのことでしょうか?



T.Kubo ↓
05月22日(金)15時27分

 2x3グラフィックバックは持っていないので、よく分かりませんが
グラフィックバックでもグラフロックバックでもカメラ側に溝があり、
ホルダー側はこの位置が盛り上がっていて、こゝが凹凸でぴったり合わ
ないとここから光漏れを起こす可能性があります。
 グラフレックス(SLR)バックはこの凹凸が逆でホルダー側が溝に
なっています。いずれにしてもホルダーがカメラのバックにピタリ合っ
ていないと厳密な意味のピントは来ません。前田さんの加工は両方がピ
タリ合っているように思えますので問題無いと思います。T.Kubo



Y.maeda 訂正
05月22日(金)15時34分

前田です。
どうも、「グラフィックバック」と「グラフロックバック」を間違いま
した。正しくは「グラフロックバック」です。まだまだ勉強不足でした
スンマセン。

Y.maeda



T.Kubo ボガード
05月22日(金)17時32分

 杉山さんの文章って楽しいですね。うちにも女性のファン(ロムニー
ブック担当)がいます。杉山さんの挙げられた映画やテレビシリーズが
全部理解できるということは私と同年代でしょうか。あるいはその筋の
関係者の方でしょうか。
 「カメラマンコバック」、ちょっと狂ったところで「日真奈(ひまな)
氏飛び出す(漢字には自信が無い)」などが出てきたらもう関係者以外
の何者でもないですね。
 いゃ〜映画って本当に楽しいですね。じゃぁまた、ご一緒にタダで楽
しみましょう。T.Kubo



Y.Sugiyama 本日は試写会
05月23日(土)04時23分

T.Kuboさん、夜明けのスキャット、杉山です。

 インフィニティストッパー情報ありがとうございます。
マミヤプレスから外したセコール65mmとNクセナー150mmが
手元にあるんで、105mm付きのセンチュリーかクラウン23が
見つかったら、・・・電車でGoです!!
セコール65mmはレリーズの工夫に難問がありますけど。
 本日(土曜日)は、一番電車(5:15)でお出かけです。
 今回のテスト項目は、、エクター203mmF7.7をとりあえず
6x9での試写と、コダックのカラー現像処理のモノクロネガフィルム
です。
 どんなプリントになるか、初めてですので、ワクワク、ドキドキ、
まるで第xx回初恋みたいな胸の高鳴りです。
 いえ、2Bを2本ほどで、あとは、RVPと、SRSですけど。
 なんといっても、お散歩クラウンは、柔らかい、モノクロ・セピア
でキメテみたいと思っておりますので、早くも適正検査でーーす!!
 クセナー150mmで、映画のような描写に・・ちょっと渋めの
2枚目モデルさんを、タダで、お願いするとなると・・・
セルフタイマーがいるなーーー
 T.Kuboさん・・・
 美人さんスタッフさんに、あの時は、どっも、っと、、
お伝えくださいませ(^o^;)(;^o^)(^o^;)(;^o^)
 あ、っと、っと、ロムニーさんBookをいろいろと、購入させて
頂いただけですけど!!
 それと、
 気候がよいので、日曜日はシャボン玉ホリデーにしましょ!!
 そして、ザ・ライフルマン、プレゼンテッドbyサンスターっと、
 このメッセージは、その筋の、BBS読者向けサービスですので、
決してゴルゴ13へのメッセージでは有りません。



T.Kubo ボガード
05月23日(土)07時48分

 コダックのCN400は少し軟調でプリントよりCRT用、例えば
インターネットWEBなどに使う画像に適しています。
 セコール65mmはシャープなレンズで4x5で撮っても面白いと
思います。周辺はケラれることもありますが。
 しゃぼん玉ホリディの後の番組はララミー牧場、その後ローハイド
だったか。淀川長治のじいさん、あの頃は若かったけど、もう「さよ
なら、さよなら」をやっていました。私はというとハムとオーディオ
に熱中していて、カメラはさほどでもなくリコー35にネオパンSS
を詰めてゲージツ写真を撮っていました。
 あの頃ですね、スピグラやライカM3に憧れていたのは。お目にか
かるチャンスはそうはなかったけど、少年の目にはガン付きスピグラ
はとにかくカッコよく見えたのです。クラウンでもブッシュマンプレ
スでもガン付きならみんな「スピグラ」だったと思います。
 うちのお嬢さんはM3一辺倒で、決してウワ気はせず身持ちは堅い
ようです。スピグラなんかは、横目で「チラっ」、「何が面白いんだ
ろう」と正常なカメラファンのようです。T.Kubo



T.Kubo Wetzlar
05月24日(日)07時16分

 友人KさんからのE-Mail(24 May 1998)、抜粋。

---------------------------------------------------------------------
K@Wetzlarです。

アイゼン・マルクトを見るため,ウェツラーにやって来ました。
自宅から,車で5時間足らず,ついに,あの風景を見ました!
アサヒカメラの記事には「鉄の広場」とありましたが,「マルクト」は,「市場」。

あしたは,ライカ社をたずね,ギャラリーを見学の予定。
ゾルムスの工場にも挑戦します。
---------------------------------------------------------------------
K@アウトバーンのモーテルです。

ウェツラーは,小さな,たいへん美しい町です。「西洋の小京都」という印象。
ライカ社は,町の周辺道路に有りました。
ゾルムスへ向かう,エルンスト・ライツ・シュトラーゼの入り口でもあります。
ライツ社の受け付けで案内の地図をもらい,ゾルムスのライカ・カメラ社へ。

ゾルムス市内の道は,入り組んでおり,案内図無しでは,まず行けません。
田中長徳さんのツアーも苦労したらしいですからね。

ゾルムスの工場の前は,オスカー・バルナック・シュトラーゼ。
ここは,ただの田舎。住宅がパラパラ有るだけ。
ギャラリーや,有名なライカ・ツリーは,ここに有ります。
例の28-35-50を見ることができました。90/f2.8と,ほぼ同じ大きさです。
SLRのレンズと違い,「細い」ですね。

ミノックスは,両者の中間に有る,工業団地に有りました。

ウェツラーは,ハンブルクでは,地図屋も知らない,無名の町です。
市街図が手に入らず,苦労しました。他の町の地図のおまけに付いているだけ。
詳しいのは,現地で手に入れるに限ります。バルナックが撮影したので有名な,
アイゼン・マルクトの写真の,左にチラと写っているのが本屋さんです。
ここで,「マップ」と言って通じず,ドイツ語で「プラン」と言って買いました。
連休中で,駅の旅行センターは閉まっていました・・・。
---------------------------------------------------------------------

 ハンブルグ駐在の友人のKさんは、大手カメラメーカーに勤めるカメラの設
計技術者です。
 時々ライカ(社)の情報をE-Mailしてくれます。M5までの大方のボディに
刻まれている WETZLAR、相当ライカに「のめり込んだ」人にしか興味の
無い話でした。T.Kubo



Y.maeda グラフロックバックを作ってしまいました
05月24日(日)23時36分

今晩は、前田です。
今日は雨のため念願の「グラフロックバック」を一日掛かって作ってしまいました。材料は1mm圧のアルミ板、1mm厚の真鍮板10mmx5mmの硬い目の木材の角柱、同じく3mmx3mmの角柱、遮光用のベルベットの生地、人工皮革、小さな木ネジ、黒色塗料です。
制作する上で一番問題になった所は「外周の折り返し」でしたが、今回はボディーとバックとの間に遮光用の生地」を挟み込むことで、光線の入り込みを防いでいます。電球でテストした所、光線漏れはありませんでした。

材料の調達は土曜日に神戸の東急ハンズで購入しました近くのホームセンターには、アルミ板や真鍮板は有るのですが、硬い木材が無かった物で。丁度5mm厚に成形された物が有りました。

しんどかったのは金属板を「糸鋸」で切り抜く時くらいで、難しい事は有りませんでした。ロールバックを取付けると少し「ガタ」が有りますが、今後少しずつ改良をして行きたいと思っています。
取りあえず早くテスト撮影をしなければ。

Y.maeda



T.Kubo ↓
05月25日(月)01時19分

 前田さんも工作好きのようですね。
 それにはスピグラが一番です。それにしてもグラフロックバックを作っ
てしまうとは凄いですね。
 グラフロックバックそのものを作る、すなわちバック全体を交換してし
まうのはピングラとフィルム面がが常に一致するので一番正解だと思いま
す。組立暗箱や古いカメラにも応用できるので、是非研究(?)を進めて
下さい。また、写真があったらWEBに提供して下されば有り難いです。

 雨の日は、室内でポラで遊ぶというのがお薦めですが、今日東京は、午
前中天気がもったので3x4スピグラのテスト撮影をしました(いろいろ
書いていますが、スピグラで撮るのは久しぶり)。
 この3x4はグラフィックバックなのでどーにもならず、Patent Rolex
Holder が使えるアダプターを作りました。そのピントテストです。ピング
ラとフィルム面のアジャストに若干苦労しましたが、結果は上々で満足で
きるものになりました。
 このスピグラは美品で、手が加えられた跡がなく、そのまゝRFの手持
ちて撮ってみました。レンズは Ektar 127mmF4.7、6x9で撮った時35
mmカメラの55mmレンズの画角に相当します。
 興味の有る方は http://www.cosmonet.org/spgr34.htm に載せてありま
すので見てみて(ミー)下さい。今日は嬢手(助手)がいないのでライテ
ィングが面倒で、ストロボ+ポラで撮ったためカメラはあまり綺麗に写っ
ていません。その内ちゃんと撮って入れ替えます。T.Kubo



S.Matsuda 祝 スピグラ工作
05月25日(月)06時51分

前田さん。グラフロックバックの自作、先に越されてし
しまいました。脱帽。
バックのボディーの折り返しの方法を悩んでいたのですが、前田式で良さそうでね。
位置合わせ用の縦溝は、どのように工作されたのですか、? 興味深々です。是非WEBで発表してください。
一方私は、ひそかにレンズボードの量産に多忙な日々
です。( なんとも贅沢な悩み)。
スピグラは、VWビートルみたいに、いつまでも生き残り
そうなカメラです。ASPカメラより長生きできるのでは
ないか?
さて、私も公園でテスト撮影を敢行してきました。助手(スピグラなので美人助手)。
この手のカメラでは、一緒にピントグラスを覗けるという
得点があることに気が付きました。
Horiuchiさん、特典大ですよ。
あーだ こーだ とスピグラで撮影した後、ついでに
持ってきた大古ハッセルを使ってみると、まるで
コンパクトカメラのような感覚を覚えます。助手は、
スピグラと格闘後、ハッセルに持ち換え、なんと、簡単に使えて私ににちょうど良いと述べられました。
御嬢様は、ライカ、ハッセルのような
ヨーロッパカメラの感性がお好き?
あやうし。大古はっせる。
では、さて、仕事に出発だ!




Y.maeda お誉めの言葉有り難う御座います
05月25日(月)09時11分

おはよう御座います、前田です。

「グラフロックバック」の工作はそんなに難しい物では有りませんでし
た。一番難しいのは、5mm厚に成型された木の板を探す事ぐらいで
しょうか。後は正確にヤスリで形を整えればOKです。

位置合わせ用の縦溝は2〜3mmの幅で切り抜いてしまいました。そし
て裏からは遮光用のフェルトを全面に張り付けてしまいました。位置は
現物合わせです。又各部品の取り付けは、接着剤で固めてから後で木ネ
ジで固定しました。このとき必ずドリルで下穴を開けておかないと木が
割れてしまいます。

それと、バック外周の採寸は折り返しの厚みを差し引いてください。
また、取り付け用のネジが4本と木ネジが一本有りますが、これだけだ
と縦方向の左の真ん中が少し浮きますので、左の真ん中あたりに細い木
ネジを使って締め付けます。本体に対して手を加えたのはこの部分だけ
です。後は、全体に革を張り付けてしまえば「売りに出してもおかしく
ない?」程の出来上がりです。

WEBへの掲載は必ずします。しかし、今パソコンの調子が悪いのか?
更新が出来なくなってしまいました。それを解決しなくてはなりません。




H.Horiuchi 美人助手ぅぅぅ〜ん!?
05月25日(月)11時32分

 しばらくの御無沙汰です。私のMacもちょっと調子がおかしくて、
自宅ではこの文章が発信できません。月曜になって仕事場でようやく
なんとかするという状態が続いてます。従って週末は弱いです。
 皆さん、助手(嬢手)有りで撮影ですかぁ〜? 羨ましい!私はそ
ういう体験、ぐすん・。むしろ家内と撮影に出掛けると、私が助手の
立場になってしまいます。「露出は?」「はいはい」「距離はどのく
らいかしら(Rollei35の時に多く発せられる質問)」「え〜とこりゃ
もう無限遠だね」「はい、終わった」「はいはい詰め替えましょ」な
んて状態です。のろけている訳ではありません。
 さて、東急東横店の「クラカメ市」に行くつもりはなかったのに、
つい行ってしまいました、昨日の日曜日。物を見る自分の目がそんな
に肥えたわけではないことを実感しつつ、以前のように360度興味が
あるという風でもない自分にも気づきました。嗜好が固まってきちゃ
ったんでしょうか? スピグラや大判には以前よりも目が行くように
なりましたが、やはり日本は高いですね。海外通販のスリリングさを
も考え合わせると、益々通販で冒険したくなりますね。赤坂にある某
ア・カメラ屋さんのブースにはちょっと汚くて安いM2が並んでいま
した。どんなものかとちょっと見せてもらうと、ファインダーきれい、
巻き上げスムーズ、シャッター音まずまず。ただちょっと傷があって
汚いだけです。「実用ならば充分ですよ」と言われて納得しましたが、
ぐっとこらえて帰ってきました。実用のライカというのも実に贅沢な
感じですが、実際、実用品しか興味がないのですからこういうのもい
いものですね。但し、35ミリのレンズを付けっぱなしにするにしても
レンズ代が半端じゃないことが悩みです。皆さんが常々おっしゃって
いる、「購入するときの後ろめたさ・・・」がよく分かります。



T.Kubo 助手
05月25日(月)21時09分

 H.Horiuchiさん、私の場合アマチュアなのでそんな贅沢を言える立
場ではありません。
 カメラの撮影には最低2燈要るので、嬢手に1燈を持ってもらうだ
けのことです。私はというと右手にもう1燈を持ち左手でレリーズし
ます。事務所が狭いのでライティングスタンドなんか使えないのでや
むを得ない、ミットモない撮影風景ではあります。
 H.Horiuchiさんの助手(城主?)はカメラを理解してくれていてう
らやましいですね。うちなんかバッグ毎何処かに消えてしまって、ホ
ルダーがなくていゝ光を逃がしたことは一度や二度ではありません。
 ピングラだけでは写真は撮れないことをいつも痛感しています。
 T.Kubo



T.Kubo 世界の中古カメラフェア
05月26日(火)19時12分

 出かけたついでに、世界の中古カメラフェア(渋谷、東横東急)に寄っ
てみたら、お客はちらほらでゆっくり見ることができました。広さは松屋
や伊勢丹と同じくらいか、あるいはすいていたせいか広く感じました。改
札を出てそのまゝ8Fというのも楽でいゝですね。
 戦利品はなし、どーしても欲しいカメラがないこと、気を引くカメラが
あっても高いので。
 安いと思ったのはライツの35mmファインダーが43K円、但し隣の
同じものが68K円していたので何か不具合があるのかも知れません。エ
ンサイン16-20が45K円くらいです。スピグラ系は皆高く、センチュ
リーは一台も見ませんでした。松屋や伊勢丹に比べると「実用カメラだけ
展示」している印象でした。「写りそうもないカメラ」が好きな私には、
ちょっと物足りない感じもしましたが、そんなのがあると買ってしまうの
で、かえって良かったかと思っているところです。

 組立暗箱カメラの横木さんが、FIELD35(一眼レフにつけてアオ
リを楽しむアダプター)の実演をやっていたのでつい話し込んでしまいま
した。コンゴーの引伸レンズでいろいろ撮っているが、理屈はともかくど
んな被写体でもよく写ると言っていました。帰って山崎さんに電話で聞い
たら、コンゴーの場合引伸レンズは近距離用に設計してあること以外は普
通のレンズと変わらない、ライカLマウントで150mmまでしかないと
のことでした。T.Kubo



オオニョ ごぶさたしてます
05月27日(水)01時11分

ごぶさたしてます。ローライ35ネタのときにお世話になった
オオニョです。ボクも世界の中古カメラフェアに行ってきました。
5万円前後なのに買えないのが悲しい今日このごろ。
もしかしたら、皆さんに会っていたのかも知れませんね。



Y.maeda WEB掲載しました
05月27日(水)09時36分

こんにちは、前田です
東京にお住まいの方は、近くで色々と催し物が有っていいですね。私の
住んでいる兵庫県小野市からは気軽に出かけるわけにはいかず、うらや
ましいなあと思うばかりです。私にとっては行き付けのカメラ店がさし
ずめ「中古カメラフェア」でしょうか。

ところで、この前の「グラフロックバック」の工作のWEBを掲載しま
した。取り急ぎな物で不十分な物だと思います。制作工程の写真は「2
号」を作るときに撮りたいと思います。取り敢えずは外観と図面を見て
ください。また、気が付いたところは改良のためドシドシと意見してく
ださい。

Y.maeda



T.Kubo 中古フェア
05月27日(水)09時36分

 オオニョさん、こんちは。
 渋谷の世界の中古カメラフェアは、懇意にしているお店の話では、今年
はテストケースで毎年のイベントになるかどうかは分からないとのことで
した。客層は他の中古カメラ市に比べて若者が多いそうです。また、他の
店の話では、若者はこんなものは買わないョとも言っていました。私も若
者なので何も買わなかった。T.Kubo



S.Matsuda 前田平成10式グラフロック拝見
05月27日(水)11時33分

Maedaさん。早速のアップロードありがとうございました。
案ずるより工作が早しの境地ですね。
3×4のスピグラで真似させていただこうかなと思って
います。(危ない計画)
渋谷のカメラフェアは地下鉄で10分の距離なんですが、
スピグラに忙しく、行くのを忘れていました。
個人的には、中古カメラフェアよりも、ジャンクカメラフェア
が嬉しいのですが。
最近はインターネット通販のJey.O. Tepperのショップで、
要修理格安コーナーがあるので、お小遣いをつぎ込んでいます。

さて、私のスピグラのピントグラスが古いラーメン屋の
窓ガラス状態でかなり薄汚れ、見にくいので新作したいの
ですが、これって、普通の住宅用の”すりガラス”でも
良いのでしょうか?フレネルレンズで明るくする簡単な
良い方法とかあると嬉しいのですが。

私のレンズボード量産は順調に進みまして、第一ロットはローズウッド
で完成し、第2ロットは工作を楽にするため、低発泡塩ビ樹脂板3mm
を使用してみました。カッターでかなり楽に切れました。
穴空けは東急ハンズで奮発して購入の新兵器、穴明き径可変木工用きり
を使用し、ボール盤を低速にして綺麗に開通しました。

テスト撮影も無事に進み、格安シュナイダー アンギュロン 90mm
6.4 で森を撮ってみましたところ、多少アンダー目で 世田谷の砧公園
が ブルゴーニュの森みたいに?映りました。(他のレンズと比較すると
多少青っぽい印象です)。
明るい所を撮影すると、多少白っぽい感じもするのですが、
緑が多く、湿度も高いので、大気中の水蒸気ではないか?
という超楽天的な説もあります。
ではでは



Y.maeda ピントグラス
05月27日(水)14時31分

こんにちは、前田です。
Matsudaさん命名有り難う御座います。
是非作って見てください。
さて、ピントグラスの件ですが、取り敢えずアンモニアと過酸化水素水
(オキシドール)を混ぜたもので浸す様に大目に付けて拭いてみてくだ
さい。茶色い汚れがかなり落ちます。それでも駄目だったら、ガラスを
はずして洗剤で洗ってみてはどうでしょう?
スリガラスでもピントグラスに使えますが、目が荒いです。また、フレ
ネルレンズは、大きな文房具店で、目は荒いですが代用出来る物が有り
ます。1000円位だと思います。

私も、Jey.O. Tepperのジャンクを買おうとしましたが、かなり早く売
り切れてしまうみたいですね。なかなか丁寧な店だという感じを受けま
すがどうなんでしょう?

私も穴開けはそれでやってます。でも、刃が一本しかないので、バラン
スが悪く、ブルブルと震えるのでちょっと恐いですね。怪我に注意しま
しょう。



T.Kubo Mr Tepper
05月27日(水)16時54分

 J.O.Tepper さんとはもう10年以上のつき合いです。Ed Romney とも
知り合いのようです。しょっちゅう同じカメラショウにアテンドしている
ので、顔見知りなのかも知れません。フロリダのカメラショウで食事かな
んかをしたらしく共通の話題は you(私)だったとロムニー氏がメールをく
れました。ついでに彼ら夫妻のスナップを送ってきましたが、どちらも奥
さんは美人です。
 Barbara Tepper(奥さん)は、The Camera Shoppers(カメラ雑誌)の編集
者(長)だったと思います。娘さんは金髪美人で、旦那さんは日本人です。

 おっと、本題ですが Tepperさんは良心的な人です。特に日本人をひい
きにしてくれます。通販リストは日本とアメリカ国内で同時に着くような
配慮が見られます。昔の話ですが、アメリカの友人が日本の方が先に着い
ているとブーブー言っていたことを思い出します。欲しいカメラは欲しい
ですからね。T.Kubo



Y.maeda J.O.Tepper
05月28日(木)00時02分

10日ほど前にJ.O.Tepper さんにセンチュリーを注文し、あくる日には「船便か航空便どちらで送ろうか」とのメールが有りました。私はその時「航空便で」と返事のメールを出したのですが、昨日になってもまだ到着しないので、気になってちゃんと返事が送れていたのか調べてみたら、何と送信済みのリストに入っていません。ガチョ〜ン慌てて返事をしました。送ってきてくれるでしょうか。返事が無いので怒っているかな?

それと今日「Cameta Camera」からの荷物が届いていました。ここはいつも確認のメールが無いので、注文が通ったのかどうなのかが到着するまで解りません。この点がちょっと不親切です。ところで今回注文したのは「Graflok 2x3 Spring Back to fit in Graflok Back」と言う物でした。英語に強い方はもうお気づきでしょう。私はその大きな間違いに品物を見て初めて気が付いたのでした。今更こんなもの買ってなにするの?です。オマケにキャンディーなんかが付いていました。送料の事を考えると送り返す気にもなりません。「Graflok 2x3 Graflok Back」の文字を見ただけで早とちりした私がバカだったと思ってあきらめます。またいつか使う日が来るかも??????知れません。

ところで KuboさんHP見て頂きましたか?

http://www2.117.ne.jp/~yassan/

です。Y.maeda



オオニョ 今時の若い者
05月30日(土)02時28分

若いもんは、仕事をする→簡単に→便利なモノ→性能のいいモノ
って具合にカメラを考えちゃうんでしょうかね。わかんないけど。
使い勝手の悪いところがカワイイとか思える人はそれだけで
少なくともボクには信用おける人って思えちゃうんですけど。
どんなカメラで撮ってるかを聞くと、その先に話して
ボクにとっておもしろくなるか、ならないかが見当つきますね。



T.Kubo ツァイスの旅
05月31日(日)08時01分

K@JENAです

先週のライカの旅に続き,今週は,カール・ツァイスの旅です。
イエナは,旧東ドイツの町で,カール・ツァイスの発祥の地です。
例によって,その重要人物の名前を冠した通りがいろいろ有ります。
カール・ツァイス通り,エルンスト・アッベ通り,ショット通り,
皆,光学を志した人々なら,神様の様な人々ですよね。
ツァイス薬局てのも有ったけど,これは関係無いだろうな。
そうそう,フラウンホーファー眼鏡店てのが有りました。これは・・・?

あしたは,光学博物館を目指します。
-----------------------------------------------------------------
T.Kubo





T.Kubo アグファのカメラ
06月01日(月)09時11分

 急用で山口県に行って来ました。持っていくカメラを迷ってる余裕はなく、
机の上にたまたまあった AMBI Silette というカメラにしました。1950年
代後半のアグファ社の35mmRFカメラです。何が変わっているか、レンズ
シャッター機でありながらレンズ交換ができるくらいのもんです。しかし、交
換レンズはなく、レンズは付いていた標準のColor Solinar 50mm F2.8 だけ。
時価50ドル。この手のレンズシャッター機は日本製にも優秀なものが多く値
段も安いので中古カメラとしてはあまり輸入されていないようです。
 この頃のアグファーのカメラは、どのカメラもそうですが、造りがしっかり
していて好感が持てます。標準のカラーゾリナーはヘリコイドの回転角が27
0度以上も有り、F2.8の50mmレンズとしては少々オーバーです。ヘリコ
イドは非常にスムーズでかなり細かいピント操作が可能です。TMAX100で一本だ
け撮りましたが、どれもよく写っていました。ゴミネタのT.Kuboでした。



T.Kubo 近頃の若いモン
06月01日(月)11時31分

 オオニョさん、「近頃の若い者も何ですが、年寄りもねぇ・・」てなのが
有りましたね、あのシリーズ(矢沢永吉、缶コーヒーのコマーシャル)は好
きでした。
 随分長く写真を撮っていますけど、私は撮る過程を楽しんでいるところも
有ります。古いカメラをやりだしてからは、どんな写りをするんだろう、こ
のカメラで何を撮っていたんだろうなど想いを馳(は)せるのも楽しみのう
ちです。今朝、近くで紫陽花(あじさい)を塀越しに撮っていたら、こっち
からの方が綺麗ですよと庭に入れてくれた奥さんがいました。怪しげなカメ
ラ(カラート36)が彼女にどー映ったかは分かりませんが、自慢の花に目
を向けてくれたことはまんざらでもなかったようです。
 スプリングカメラをやっていると、大抵年輩の紳士が「昔持っていた」、
ツァイスなんか買えなかったのか大抵オリンパスシックスあたりの話になり
ます。「大事にしなさいよ」なんて言って去っていった紳士もいました。
 スピグラだと少し様子が違ってかぶり布を使うので、若い娘さんでも寄っ
てきます。今はこういう風景がなくなったのでナウいのかも知れません。面
倒がらずに説明しましょう。「あっ、キレー」とか「さかさまに映ってるっ」
くらいは皆さんも経験があるでしょう。こうなるとペースメーカーもハセミ
ウッドも関係ないですね。ハッセルやブロニカだとこうはならないのでカメ
ラは大きいことも目を引く要素のようです。T.Kubo



Y.maeda 大失敗
06月01日(月)15時07分

こんにちは、前田です。
昨日「ミニ スピグラ」でレンズの撮り比べをしました。使用したレン
ズは「150mmクセナー新型」「135mmヘクトール」「101m
mエクター」「アンスコ アナスチグマット 90mm」「105mm
カラースコパー」です。シャッターは公平を期すためにフォーカルプレ
ーンの(1ーD)実測で約300分の1秒を使いました。
フィルム一本撮り終えた後で、後片付けをしていてふと思い出しました
「フィルム巻いてなかった!!」幸い家の前で撮っていたのでもう一度
撮りなおしました。普段撮影することを怠っていた結果です。
写真機は撮るための道具ですから。

それと久保さん、リンク有り難う御座います。早速載っていたのでビッ
クリです。



T.Kubo イエナ・ツァイスの旅
06月01日(月)19時51分

K@Jena->Hamburgです

旧東側と言えば,ボール紙でできていて,走る大気汚染とも言われる,
「トラバント」ですが,すでに,ほとんど見かけません。
たまに,バタバタ騒音を発して走って行きますが,鉛入りガソリンも手に入りにくく
なっていますから,じきに消えるでしょう。

ここは,光学と大学の町で,たいへん静かです。休日とはいえ,人も車も,ろくに
見かけません。交通信号も,あまり有りません。
こんな所で,「通りの名前の標識」ばかり撮影しているヨソ者って,何者でしょう?

光学博物館は,カール・ツァイス広場に有ります。
展示は,顕微鏡,望遠鏡,測定機,そして眼鏡が中心です。
カメラは,あまり有りません。東側で,立ち遅れた分野だったからでしょか。

「カール・ツァイス・ワークショップ・ツァー」に入ることができました。
博物館に入った時刻がたまたま良く,時間限定のこれをofferされました。
ラッキーでした。博物館の隣に有り,博物館の人が案内してくれました。

ツァイス創業当時の工房です。ガラスに球面を付けたり,ベンガラで磨いたり,
あるいは,黄銅の丸棒を削って筒にしたり,という工程を,当時の機械で実演
して見せてくれます。
足踏みの研磨機,足踏みのボール盤,足踏みの旋盤を,初めて見ました。

プラネタリウムは,ツァイス関係が集中する地域からは,少々離れています。
世界最古という噂ですが,少し前に大改装され,機械はコンピューター制御の
最新型です。惑星棚を持たない,恒星球だけの姿は,サイボーグの頭みたいで,
少々不気味です。タコの頭全体に吸盤が有るのを,御想像ください。

あとは,エルンスト・アッベの記念碑と,そこに刻まれた,分解能の式。
アサヒカメラの記事に書いてあった住所とは,全然別の所にありました。
書いてあった住所は,大ショッピングアーケードになっていました。
記念碑は,移動されたのかも知れません。

先週のウェツラーは,「カメラの旅」でしたが,今回のイエナは,「光学の旅」
でした。光学に興味の無い人には,全く意味不明ですね。カメラが好きな人でも,
光学まで好きな人は,そんなに居ませんし。

------------------------------------------
T.Kubo




ktanaka 引き伸ばし用レンズ
06月01日(月)19時58分

 皆さん、今日は。
 先日、中古カメラ店でフィルターリングの部分が歪んだフジノンEX135mm/F5.6を
見つけました。レンズ自体はまったく問題ないようでしたので、買ってしまいまし
た。この引き伸ばし用レンズはスクリューマウントですが、LマウントともTマウン
トやM42マウントとも違う大きな径でしたので、レンズボードへの固定は黒色ゴム
シートとスチールバンドを併用しました。費用は全部合わせて4000円くらいです。
 ちなみに、私はレンズボードの穴開けはハンドニブラーを使いました。真円に近
い穴開けをするために、慎重に少しずつ板を切る必要があり、おかげで手にマメが
出来てしまいました。ボール盤があれば金属加工に使える自由錐を使うところなの
ですが、私の持っている普通の電気ドリルではあまりに危険そうなのでやめました。
 引き伸ばしレンズをスピグラに付けてポラフィルムで写真を撮ってみましたが、
さすが現代のレンズと言うべき性能です。引き伸ばしレンズは接写に優れた性能を
発揮すると言われていますが、数メートルの距離でも素晴らしい性能です。遠景は
まだ試していませんが、ポラロイドで見る分には問題になさそうな感じです。



T.Kubo スピグラ、あれこれ
06月01日(月)20時26分

 前田さん、私もそういう失敗はしょっちゅうです。
 なかでも痛いのがバルブ撮影、引き蓋を引き忘れて一発100円をパァに
したことが何度もあります。次に引き蓋を引いたまゝフォーカルを巻き上げ、
穴の開いたフンドシを恨めしく思ったことも一度や二度ではありません。そ
れも現像した後に気が付く有様で、今年の正月にこれをやらかしてしまいま
した。体が覚えていると、大型カメラには自信があっても久々だとやらかし
てしまいます。
 越中褌は見たことはあってもしめたことはありません。お嬢さん方、こゝ
は読み飛ばしてくださいまし。T.Kubo



T.Kubo 引伸レンズ
06月01日(月)20時56分

 ktanaka、さん、こんち。
 フジノンEX135mm/F1:5.6は、4x5の引伸機(A450)についている標準レ
ンズです。私はモノクロ用にこの伸機を使っています。絞りは8角形で円に近く
A450ではオートフォーカス機構に連動します。
 暗室内で絞りの値がよく見える様に目盛りは蛍光塗料で、バックライトされる
構造になっています。普通の撮影ではこのバックライト用の長穴(レンズ後部)
をふさいでおいた方がいゝと思います。ポラでテスト済みですから、当然ふさい
でますよね。T.Kubo



H.Okano はじめまして。
06月03日(水)12時21分

皆様、はじめまして。
このサイトは随分前から拝見していたのですが、掲示板に書き込みは初めてです。
父に貰ったニコン F2を愛機として写真を趣味にしています。それがあってこのサイトにたどり
つき、カメラそのものの魅力を知りました。

ここでこうやって書き込みをするのは、とうとうサイトで照会されているカメラを一つ手に入れ
てしまったからです。
入手したのはミノックスのB型。いつも持ち歩けるカメラを捜していたのですが、とあるカメラ
ショップに置いてあるこいつに一目惚れしました。いかにも精密機械といった感じで、しかも
とても仕上げの美しいカメラだと思います。メカ的にも非常によくできているようですし。
今はこれをいつもポケットに入れています。

それで質問なのですが、サイトで紹介されているようなアクセサリー類(ライトアングル
アダプターや小型三脚、双眼鏡マウントなど)は今でも手に入るものなのでしょうか。手に
入るとすればどこで、いくらくらいのものなのでしょう。
また、ミノックス用のモノクロフィルムというのは今もあるのでしょうか。自分が捜した限り
では、フジの「リアラ」をはじめとするカラーネガがいくつかあるようなのですが、モノクロと
リバーサルが見つかりませんでした。

どなたかご教示頂ければ幸いです。





T.Kubo ミノックス
06月03日(水)15時01分

 H.Okanoさん、こんちは、
 ミノックスはB型がコストの点で一番優れていると思います。私はアクセサ
リーについては全て新品で揃えましたが、20年以上前の話です。今は気長に
探すしかないと思います。東京ですと銀座や新宿のカメラ屋さんで見かけるこ
とがあります。専用三脚は何処にでも有ると思います。
 モノクロームに付いてはつい最近までAGFAのものが売られていたように
思いますが確かではありません。専用のフィルムカッターも売られていますの
でこれを使うのも手です。私は自分でカッターを作って、TMAX100をカットして
モノクロームを楽しんでいます。専用の引伸機があればかなり高画質なプリン
トを得ることができます。T.Kubo



H.Horiuchi スーパーシックス533/16調整完了!?
06月03日(水)15時17分

 御無沙汰を致しております。っとは申せ、毎日拝見しておりました。
 さて、今年の正月からトラブル続きのスーパーシックス533/16です
が、調整が完了したとの葉書を昨日リペア専門店から受け取りました。
わくわくです。開放付近でのピントがどうしても出なくて、再再調整
になって二ヶ月あまり経過していました。リペア専門店の社長さんの
粘り強い努力で成功したようです。ようですと申しますのも、実はこ
れから引き取りに行くのです。どきどきっということで、この続きは
また後日御報告致します。では。



Y.maeda Graflex Back での撮影結果
06月03日(水)16時01分

日曜日に「ミニ スピグラ」で撮影したフィルムの現像があがって
きました。撮影中ちょっと気になったのですが、ロールバックが少
し浮いているように思いました。案の定少し光線引きが有りました。
「押さえ金具」の強度を改善する必要があります。




Y.Sugiyama コダックT400CNは、、、
06月03日(水)17時12分

T.Kuboさん、みなさん、ご無沙汰してます。
風邪引きで、お休み中の杉山です。

 先日、海外通販で入手した、エクター203mmF7.7の試写プリント
が出来上がってきました。噂に違わず、シャープですね!!
 エクター127mmF4.7と、甲乙付けがたい写りです。
 両レンズともコントラストが非常に高く、どんよりした日にいいですね。
 こうなると、エクター三兄弟のメイン152mmF4.5も、なんとか、
しなければ、、、
 同時に写したのが、初代フジノンW150mmF5.6なんですが、発色
の差はわかりません。ほとんど同じみたいです。
 まあ、ベルビアに遭っちゃー、なんでも、華やか緑になってしまう、と、
いうことかも知れませんね。

 これまた、初物のカラー現像モノクロフィルムT400CNは・・・
まだ、よく解りません。なんと言っても、モノクロは2x年前に、それも
1〜2年やっただけですので、、、ネガを見ても、適正露出なのかも、
わかりません。。。
 露出は、雨降り直前の新緑なんですが、ISO320で撮って見ました。
 コダックの2Lモノクロプリントにしましたが、暗部(アンダー)になっ
たところは、セピアがかって、明るいところは、ブルー(シアン)がかって
プリントされました。
 なんだか、モノクロなんだかモノクロ調カラーなんだか、、、、これに、
なじむには、時間がかかりますなーーー
 でも、2Lが@¥85、、、これだけで、気に入りました。では!!



S.Matsuda コダックにびっくり
06月04日(木)13時45分

皆さんおひさしぶりです。
Suigiyamaさんと同じく、先日コダックの
”105MM F4.5 ANASTIGMAT.
IT IS ACTUALLY A USABLE LENS AND SHUTTER
BUT HAS NO F-STOP SCALE! $10.”
のレンズの掃除と改造(F目盛記入)がおわり、
早速試し撮りにいってきました。
ミニスピグラ用のレンズを数個持っていって、
比較撮影してみた結果、一番安いこのレンズが
特に良く撮れていました。シャープで、抜けも良く、
色も良い。コーティングされていないレンズなんですが、
可愛くなって、コーティングに出してみようかと
思案してます。
うーーーん、僕も兄弟レンズが欲しい。
ちなみに、リバーサルのASTIA100で試しました。
コダックT400CNは、最近良く使います。
一応、薄いところも濃いところも”黒”で出てます。
指定しないと、セピア黒に上がることがありますが。
ではは



T.Kubo スピグラ、あれこれ
06月04日(木)19時17分

 皆さん、撮ってますね。こういう書き込みが増えるとホッとします。
 私はもともと撮る方が好きなもんですから。高いレンズは写って当たり
前、変な(?)レンズが意外によくてかわいくなる気持ちはよく分かりま
す。同時にレンズの進歩って何だろう、と考えてしまうこともあります。

 レンズ交換のできる中、大判の蛇腹カメラにはそんな楽しみ方があるの
です。迷っているあなた!、一台だけインターネットで見つけて整備して
おいても後悔することはないでしょう。しかし、始めたら飽きるまで大抵
2,3台は買ってしまいます。
 「何でスピグラが150ドルなの?」となるともういけません、何台持
っていても買ってしまうのです。スピグラとミノックスは今が底値かも知
れません。T.Kubo



Y.Sugiyama コダック家の秘宝!!
06月04日(木)21時07分

S.Matsudaさん、こんばんは、、、
 うーむ、コダック一族って、シャープ兄弟見たいですね。
105mmF4.5(多分、4群5枚ヘリアータイプ??)、、ほほ、ほ、
欲しい!!
それと、T.Kuboさんご推奨の101mmF4.5(3群4枚)が、双璧
ですかね、、
 2x3版コダック兄弟ですと・・二卵性の双子さんがいて、次のように
お見受けしますが!!
・ミニチュアグラフィック(フォーカルがついて、フランジバックが長い)
  101mmF4.5 & 105mmF4.5
  127mmF4.7
  203mmF7.7
・クラウン・センチュリー2x3版は・・・
  152mmF4.5(203mmが苦しいので)
 でも、127mm・152mmとも、今でいう1番シャッターなので、
レンズボードに付けるときに、ひと工夫いるかも・・・
 と、なると、隣家のウオーレンザック家のご子息たち、も、いつかは、、
とりあえず、オプター135mmF4.7君が、養子状態で遠慮がちに
いるんですが、、、
 また、向こう岸には、ローデンストック城も見えがくれして、
ツアイス宮殿のテッサー伯爵にも、お目通り願わねばなりませんし、
グラフィック社交界って、なにやら、お付き合いが、たーいへんだーーー
 T400CNのプリントは、”黒”って指定はしたけど、、、???
 でも、本日、また、3本購入してしまいました。(日曜日うれしいな)
 本格的な、ファインプリントを目指すわけでもないんで、お気軽お散歩
クラウン計画の”2Lアルバム”として、重宝しそうです。
 また、イロイロと、アングラ情報交換をお願いします。
 (アングロン+スピグラではありませんよーーー)



T.Kubo エクターレンズ考
06月04日(木)23時03分

 コダックというとフィルムメーカーで、戦後安い大衆カメラを大量にば
らまいてフィルムの消費を促進させていたという印象から、カメラやレン
ズは大衆向きに見られがちです。

 1 半端ではないカメラの種類
 歴史を調べてみるとコダック社は1800年代後半からどのメーカーよ
りも多種類のカメラを作ってきた老舗です。作られたレンズやシャッター
についても大変多くの種類があります。

 2 コダックの拘り
 ベスト・ポケット・コダック(VPK)というカメラは、大衆向けに作
られたロールフィルムカメラで、製造初年は大正元年(1912年)です。
このカメラに付いていたレンズが単玉であることから、日本では「ベス単」
の愛称で知られていました。ところがこのレンズは単玉といっても正確に
は1群2枚のれっきとしたメニスカス(三日月)方色消し撮影レンズだっ
たのです(単玉ならメニスカスが一番性能がいゝ)。当時の他のメーカー
の単玉といえば本当の単玉(1枚の凸レンズ)で、これがメニスカス型な
ら本格的と言われた時代です。コダック社は当時から撮影レンズについて
の拘りを見せていたことが伺えます。

 3 ハッセルも作用したエクター
 このコダック社が自社の最高級カメラに付けたレンズがコダック・アナ
スチグマット・スペシャル、後のエクターです。
 コダック以外のカメラではハッセル1600Fや1000Fにエクター
80mmF2.8や135mmF3.5が採用されていました。スピグラや
グラフレックスSLRに種々のエクターレンズが使われていたことはご存
知の通りです。

 4 昭和の名作・コマエク
 また、スタジオポートレートには昭和の名作と唱われたコマーシャルエ
クターが活躍した時代もありました。

 このように「エクター」はコダック社がその威信をかけて作ったレンズ
のみに付けられた名称なのです。T.Kubo



Y.maeda 小ネタ色々
06月05日(金)00時09分

今晩は、前田です。
コダックのレンズの話に大変興味が有ります。特に「雰囲気」のある描写をするレンズを探しています。色々と手ごろな値段の物を取り揃えてみたいですねえ。ところが、とうとう資金が底を突いてしまいました。ボーナスまで「マッタ」ですトホホホホー。皆さん残してておいて下さいね。

先日撮影したフィルムを見て驚きです。自作「グラフレックス バック」のがたつきによる光線引きは仕方ないですが、5種類のレンズのどれもが満足の行く描写をしていました。特に驚いたのは、「アンスコ アナスチグマット 90mm」でカメラから取り外された物を1500円で買った物です。同時に撮った「101mmエクター」「105mmカラースコパー」「135mmヘクトール」「150mmクセナー」と比較してもそん色無い写りで、変な「クセ」も有りません。「フジクローム プロビア」での撮影でしたが、どれも色の偏りを感じませんでした。今度はモノクロでやってみたいです。

「グラフレックス バック」第2号(2x3クラウン用)の完成が間近となってきました。今回は工程毎の写真を撮っていますので、自作される方にとっては参考になると思います。また、1号に比べて少し改良も加えました、待っていて下さい。



オオニョ やっぱり見たい
06月05日(金)01時08分

こうも、○○が上がってきましたとか書かれると「見たい」のひとこと。
素人ってのはキチンと違いを見比べないと何がいいのだか悪いのだか…
○○レンズの試写プリント、ベストショットとか、
そんな投稿のエリアができたらいいのになと思いました。



T.Kubo ↓
06月05日(金)09時44分

>こうも、○○が上がってきましたとか書かれると「見たい」のひとこと。

 このBBSはHTMLのタグは書けますが、画像を置く場所に問題があり
ます。また読み込みのスピードにも影響しますので直接の指定はご遠慮下さ
い。自社サーバーなので、画像を置くエリアの確保は何の問題もないのです
が、オープンにすると「いたずら」などの不安が残ります。
 で、BBS Galleryというページを設けて、そこで試写作品、他を見るとい
う手があります。私まで画像やデータをメールで送って頂ければ掲載するこ
とは簡単です。スキャナーのない方はプリント(フィルム=ネガ、ポシは手
間がかゝるのでNG)を送って頂いてもOKです。当方でスキャンしますが、
少し時間がかゝるかもしれません。たゞ、インターネット画像はいろんな制
約があるので実際の銀塩写真ほどの精度は期待できません。お遊びですね。

 まだ、リンクはしていませんがテスト的に作ってみました。興味ある方は
覗いて見てください。
http://www.cosmonet.org/~bbs/gallery/ です。T.Kubo



オオニョ わ〜い
06月06日(土)00時07分

すごい、すごい。レスポンスの早さ!ビックリと感動。クボさん。
どうもありがとうございました。キャプションがまた、なんとも
「これだよね」みたいな気分になります。ボクの場合たいした
クラカメでもないんですが、なんか参加できたらなぁなんて
思います。



T.Kubo ギャラリー
06月06日(土)01時32分

 オオニョさん、そんな大袈裟なものではありません。ギャラリーを作
るのは一分ほど(サーバーにフォルダーを作るだけ)。html文書は
20分もあれば書けてしまいます。オオニョさんの記事を見て、今朝仕
事に入る前にバタバタと作ったものです。

 CRTやLCDで見る絵はリバーサルやプリントで見るのとは違って
見えます。また、正確な色の再現はできません。互換機とMACではガ
ンマー値が違いますので同じ写真でも印象が違って見えます。私は高倉
健さんの互換機でWEBを作っているので、MACの方には白っぽく見
えると思います。逆にMACで調整されているWEBを私のマシンで見
ると暗部は潰れて暗い写真になります。
 そんな理由から、なるべくモノクロ写真はやめて、シャドーのない、
明るい、綺麗な、つまんない写真がWEBには向いています。たゞ、イ
ンターネット向きの写真ばかり撮るようになると、スピグラは止めてデ
ジカメに走るようになりエクターのワクワクが失せてしまいます。

 ギャラリーは取りあえずテスト的に作ったものなので、あんな風にし
ましたが、ご希望があれば作り替えます。T.Kubo



S.Matsuda レンズの救世主!!
06月06日(土)07時05分

入梅なので、写真機手入の季節となりました。
  というわけで、テスト撮影でフレアーが出てしまい、
見事な幽霊写真レンズとなった45ドルEktet101 4,5
を携えて、山崎光学写真レンズ研究所にいってきました。
 大久保の駅から徒歩8分で研究所を発見。
事前に電話でお話はしていたのですが、{郵送で届けて
くれればいいですよ}とのことでしたが、
僕はどうしても、行ってみたかったのです。
  山崎さんはレンズを見るなり、「これなら完璧にきれいに
直る。」 とのことで、レンズを入院させてきました。
Ekterの101が話題になり、古いレンズをきれいに
して、コーティングを施し、撮影した写真の数々を
見せていただけました。(かなり至福の一時!!)
次から次に古いレンズの
名前が飛び出し、若葉ちゃんの僕としては、
勉強不測を悔いたのですが、ともあれ、
まあ、美しく映っていて、レンズの進歩ってなんだったのかなあ
と思った次第です。山崎さんのご好意で、費用のほうも
ほどほどで、貧乏人の安物買いレンズをまぬがれたエクター
が退院するのが待ちどうしいです。
 他のレンズで撮ったテスト写真も持参して見て
いたたのですが、「これは前玉だけでもいいから
きれいにしたほうがいいよ」というレンズもありました。
次はKODAK ANNSITINMAT203mm.105mm(コート無し)
のコーティングをお願いしようかな。
 工房の机の上には、バルナックライカ用のレンズが
ピカピカになって一列に並んでました。
 3週後に、引き取りに行ってきますが、
もう少し、古いレンズの勉強をしよう。(Large format,
用の良い文献がなかなかないのが悩みです。
ロムニー先生の本、USのLargeforematファンのWWW、
この掲示版のMr.KUBO検索エンジンが知識の源?
になってます。)
ではでは。
PS Maedaさん、安いレンズが意外にがんばって良く撮れることが多いのは
なんででしょうかね。あまり期待がかかってないから、良く撮れるとうれしい
からか?




T.Kubo アクセスログから
06月06日(土)09時31分

The Classic Camera WEB は開設以来まる2年を経過しようとしています。
6月19日で3年目に入ります。この間のヒット総数は約59、000件、
頂いたメールは500通を越えます(海外からが80%)。

 最近では一日に200ヒットを越えることもありますが、平均は150く
らいです。ある日(6月4日)のデータを分析してみました。

 アクセス数     174件
 マッキントッシュ   14.4%
 ブラウザ
   MSIE     52.3%
   ネットスケープ  47.7%
外国からのアクセス  33.9%

 昨年の8月27日に同様の分析を行ったデータがあります。
--------------------------------------------------------------------
(パソコン通信・コスモネット・インターネット夜話24から抜粋)

 クラカメWEBのカウンターが20,000を超えました。
 こゝ、最近のアクセスログを取り出して分析してみました。
 主なものを紹介します。()は前回97年2月の数値です。私のアクセ
スは除外して計算しました。

 アクセス数     313件
   8/23日    61
   8/24日    77
   8/25日    91
   8/26日    84

 平均アクセス数(/日) 78(70)

 マッキントッシュ   62  19.80%(16.8)
 ブラウザ
   MSIE    113  36.10%(16.8)
   ネットスケープ 196  62.62%(82.7)
   その他       4   0.01%
外国からのアクセス 122  38.97%(35.1)

 考察:
1 平均アクセス数はあまり変わらない。70→78件
2 MSIE(インターネットエクスプローラ)は確実にシェアを
  伸ばしている。
3 5人に一人はマックでアクセスしている。
4 海外からのアクセスが少し増えている。35→39%
--------------------------------------------------------------------

 今回の考察:
1 この一年でアクセスは倍増している
2 MSIEは当然とはいえ50%を越えた
3 MACは根強い人気
4 海外からのアクセスは変わらない

T.Kubo



Y.Sugiyama リフレッシュ<<センチュリー23
06月06日(土)20時14分

 センチュリーグラフィックが届きました。、が、、、いやーー掴まされま
した!! もーう、、一日仕事になってしまいました。
 とりあえず、山岳カメラ用に格安版を一台入手してみようということで、
ボディーのみ、コンディション=Goodってのを、送ってもらったところ
 no RF って、はじめからレンジファインダー無しモデルと思い込んだ、
私がバカだったんですね!!
 取り外した跡がくっきりネジの穴ぼこだらけ、トップビューファインダー
も外されており、そこも穴が空いて、その、ビューファインダー跡地の反対
側にはなにかが付いていたらしい、またまた、ネジ穴の跡。。。
 ベッド部を固定する4本ネジのうち、1本が欠落し、ガタガタ、ゆるゆる
状態です。
 さらに、追い討ちがかかって、グラフロックレバーの止めネジの1本に
ワッシャーが欠けて、おしまいには、フォーカシングフードが欠落と、、、
思わず、笑ってしまうしかありませんでした。
 秋葉原の電気街のネジ専門店に行って、似た太さのネジと、ワッシャーを
仕入れて、やや太い長めのネジを途中で切って先端が尖るように、ニッパー
で刻んだら、うまい具合に、、、、あつらえたように締め付けが出来、気を
取り直すことができました。
 グラフロックバックは、仕入れた0.5mm厚のワッシャーに取り替えた
ところ、ホースマンのホルダーが付いて(現行品、旧型はダメ)、一見落着
と思いましたが、ホースマンのホルダーは、横長で、ボデーから左右5mm
ぐらいはみ出し、どうも気に入りません。
 マミヤRB67用の電動6x8ホルダーは、サイズ・デザインともぴった
りなんですが、取り付け不能です・・・
 もう、オリジナルな状態とは程遠いと判断し、グラフバックのフォーカス
パネルを止める上下二つのフック部を、それぞれ、1/3(1mm程度)
ヤスリで、削ってしまいました。見事、6x8ホルダーが、まさに、オリジ
ナル品という雰囲気で付いてしまいました。
 フォーカスパネルは問題なく使えていますが、耐久性で、先行きどのよう
な結果になることやら???(削って2/3に痩せ細ってしまって)
 手持ちの、ホースマンのアングルビューファインダーが、そのまま使用可
能でしたので、フックが折れてもいいやー、と、いう計算もありましたし、
フォーカスフードも付いて無かったし・・・
 ついでに、グレーボディだと、穴ぼこが目立ちすぎるので、ブラックに
塗ってしまいました。
 いやーー、見違えるシッカリしたプロ用マシンになりましたねーー
 ただ、レンジファインダー無しって、折りたたむと、ただのプラスチック
の箱なんで、、使用目的を明確に持った方でないと、、味気ない、、??
 ホースマンVH6x9より、600グラム軽くなりましたねーーー
 しばらく使って、問題がなければ、締め付け直したネジに、ゆるみ防止の
”ネジロック”を塗布してみようと思います。
 レンズは、セコール65mmとNクスナー150mmが早くも使用可能と
なり、あとは、標準系をなににするか思案中です。
 T.Kuboさん、インフィニティストッパーはスーパーグラ用で、バッチリ
でした。ありがとうございました。       by杉山



Y.Sugiyama リフレッシュ<<センチュリー23
06月07日(日)00時26分

 センチュリーグラフィックが届きました。、が、、、いやーー掴まされま
した!! もーう、、一日仕事になってしまいました。
 とりあえず、山岳カメラ用に格安版を一台入手してみようということで、
ボディーのみ、コンディション=Goodってのを、送ってもらったところ
 no RF って、はじめからレンジファインダー無しモデルと思い込んだ、
私がバカだったんですね!!
 取り外した跡がくっきりネジの穴ぼこだらけ、トップビューファインダー
も外されており、そこも穴が空いて、その、ビューファインダー跡地の反対
側にはなにかが付いていたらしい、またまた、ネジ穴の跡。。。
 ベッド部を固定する4本ネジのうち、1本が欠落し、ガタガタ、ゆるゆる
状態です。
 さらに、追い討ちがかかって、グラフロックレバーの止めネジの1本に
ワッシャーが欠けて、おしまいには、フォーカシングフードが欠落と、、、
思わず、笑ってしまうしかありませんでした。
 秋葉原の電気街のネジ専門店に行って、似た太さのネジと、ワッシャーを
仕入れて、やや太い長めのネジを途中で切って先端が尖るように、ニッパー
で刻んだら、うまい具合に、、、、あつらえたように締め付けが出来、気を
取り直すことができました。
 グラフロックバックは、仕入れた0.5mm厚のワッシャーに取り替えた
ところ、ホースマンのホルダーが付いて(現行品、旧型はダメ)、一見落着
と思いましたが、ホースマンのホルダーは、横長で、ボデーから左右5mm
ぐらいはみ出し、どうも気に入りません。
 マミヤRB67用の電動6x8ホルダーは、サイズ・デザインともぴった
りなんですが、取り付け不能です・・・
 もう、オリジナルな状態とは程遠いと判断し、グラフバックのフォーカス
パネルを止める上下二つのフック部を、それぞれ、1/3(1mm程度)
ヤスリで、削ってしまいました。見事、6x8ホルダーが、まさに、オリジ
ナル品という雰囲気で付いてしまいました。
 フォーカスパネルは問題なく使えていますが、耐久性で、先行きどのよう
な結果になることやら???(削って2/3に痩せ細ってしまって)
 手持ちの、ホースマンのアングルビューファインダーが、そのまま使用可
能でしたので、フックが折れてもいいやー、と、いう計算もありましたし、
フォーカスフードも付いて無かったし・・・
 ついでに、グレーボディだと、穴ぼこが目立ちすぎるので、ブラックに
塗ってしまいました。
 いやーー、見違えるシッカリしたプロ用マシンになりましたねーー
 ただ、レンジファインダー無しって、折りたたむと、ただのプラスチック
の箱なんで、、使用目的を明確に持った方でないと、、味気ない、、??
 ホースマンVH6x9より、600グラム軽くなりましたねーーー
 しばらく使って、問題がなければ、締め付け直したネジに、ゆるみ防止の
”ネジロック”を塗布してみようと思います。
 レンズは、セコール65mmとNクスナー150mmが早くも使用可能と
なり、あとは、標準系をなににするか思案中です。
 T.Kuboさん、インフィニティストッパーはスーパーグラ用で、バッチリ
でした。ありがとうございました。       by杉山



T.Kubo ↓
06月07日(日)10時34分

 杉山さん、やってますね。
 私が持っているセンチュリーの一台は No RFですが、RFを取り付ける
穴跡などはありません。おっしゃるように畳むとたゞのプラスチックの箱
ですね。
 ビューファンダーは有っても使わないし、必要なときはフレームファイ
ンダーの方が機能的です。
 これはグラフィックカメラ全般に言えることですが、Tubular Finder
(環状)はお世辞にもいゝとは言えません。どのモデルにもフレームファ
インダーが付いていますが、こっちは造りも頑丈で好感がもてます。視野
は正確とは言えませんが、レンズを交換すると変化するので、慣れゝば使
えます。しかし手持ちのプレス用ですね。
 最終機のスーパーグラフィックでは、Tubular Finderのないモデルもよ
く見かけます。引き継がれたトヨスーパーグラフィック(スーパーグラの
後継機)ではセンターにアクセサリーシューを設けています。唯一の改良
点ですが、リンホフ並の高級ファインダーを付けて使うためです。

 杉山さんの一日仕事は、逆に愛着のあるカメラになったことでしょう。
常用機より600gも軽くなったのなら、少々のことは我慢できるし買っ
て良かったという結論ですね。T.Kubo



Y.maeda Adapt-A-Roll 620 holder について
06月08日(月)00時47分

皆さん今晩は、前田です。

杉山さん、そのカメラ他のより愛着わきませんか?出来の悪い物ほど修理出来た後の感激はひとしおだと思います。また、それで問題なく撮影できた時はなお更です。私はそう言ったたぐいの物が大好きです、「値段が安ければ」の話ですが。

ューファインダーや、レンジファインダーの事ですが、私もそんなに必要を感じていません。本当を言えば外してしまいたいくらいです。特に「ロールフィルムホルダー」を装着したままですと、どちらのファインダーも覗きにくい物です。三脚を据えてでしか撮影しませんのでなお更です。スッキリしたカメラって収納がし易くていいですね。特に山岳用ですとパッキンッグに気を遣いますから。
杉山さん今年は「センチュリーSugiyama スペシャルチューン」をお供に何処の山へ行かれる予定ですか?

さて、私事に成りますが数日前から取り組んでいた「グラフレックスバック2号」が本日ようやく完成しました。
「1号」での問題点

1、ロールバックを取付けた時少し浮いてそこから光線引きを起こす。
2、外装の革張りを本格的な物にする。

を一応クリアしました。「商品化」?には程遠い仕上がりですが、近々WEBに掲載します。今度は工程毎の写真も沢山撮っていますので、チャレンジしてみようと思われる方には、参考になると思います。

更にもう一つ。先日「Adapt-A-Roll 620 holder 」を購入しました。「Graflex Org」を見ると120フィルムでも使えそうな感じがしましたので。でも届いてみるとどうももう一つ使えそうな感じがしません。久保さん使い方ご存知でしょうか?やっぱり120フィルムは使えないのでしょうか?



Y. Sugiyama お詫び!!
06月08日(月)05時05分

T.Kuboさん、おはようございます&すみません。昨日か一昨日とちった
ような杉山です。
ネットスケープの設定替え(ホームをクラカメ掲示板 --> 別のところ)
をしてたんですが、記事が誤って、ダブッて投稿されたようです。
ネットスケープの場合、「記入」ボタンを押すと、メッセージらんは
再読込で消えるんですが??? なんなんでしょう!!原因不明です。
本メッセージと、ダブリメッセージを、消して下さるようお願いします。
センチューリーの後日談は、また・・・



T.Kubo ↓
06月08日(月)08時12分

 前田さん、もうグラフィックカメラなら何でもOKですね。グラフレック
スSLRも大丈夫でしょう。グラフロック側の溝(凹)は重要なので、こゝ
だけはしっかり作って下さい。他の部分から光線を引くことはまず有りませ
ん、引き蓋は別ですが。
 Adapt-A-Roll 620 holderは持っていないのでよく分かりませんが、一般的
に言って改造しないと120フィルムは無理ではないでしょうか。

 杉山さん、ダブルで掲載されるのはネスケで掲載した後、リロード(再読込)
したときだと思います。多分BBS側のソフトの問題だと思います。T.Kubo



H.Horiuchi スーパーシックス533/16ようやく戻る
06月08日(月)17時17分

皆さんこんにちは。取り合えず手近な所から火消しに走る堀内です。
 さて、ようやく例のピンぼけ533/16が我が家に戻ってきました。
入院期間はおよそ2カ月。前回までのところでは、計測機による設定
ではどうしてもピントが来なかったわけでした。そこでリペア屋さん
が「どうにかしましょ」ということであれこれして下さったわけです。
 最初はレンズの繰り出し量をちょっと変えては試し撮りというふう
になさっていたそうですが、なんと結局はCCDカメラをフィルム側に
装着して、モニターでピントの具合が分かるような装置を作ってしま
われたとのことで、いやはや頭が下がります。35ミリ用を作って試し
てから6×6に合わせてみたとのことですので、これからは色々な機種
に対応できそうです。にこにこした社長さんの表情を拝見していて、
クラカメを続けていく勇気が?涌いてきたような気がしました。肝心
の撮影の方ですが、忙しさにかまけてまだ一枚も撮っていませんなん
てKuboさんに叱られてしまいそうですが、近々なんとかしてお見せ
できたらなと思います。それにしても「ジューン・ブライド」なんて
誰が決めたんでしょうね。こう結婚式ばかりではクラカメどころかふ
つーの生活もくく苦しいです・・・。



Y.maeda グラフレックスバック2号、WEB掲載
06月09日(火)11時03分

先日完成した「グラフレックスバック2号」の製作記事をWEBに
掲載しました。ごらんになってください。

http://www2.117.ne.jp/~yassan/



Y.maeda 良い修理屋さん
06月09日(火)13時53分

今日は、前田です。
堀内さんは、良い修理やさんとお付き合いされていますね。修理用
の機械まで作ってしまって、それでチェックしながら調整するなん
て、とても前向きなところですね。そんな付き合いが出来るのも、
クラッシックカメラだからだからでしょう。今のコンピュータカメ
ラだと「アッセンブリー交換」で「一丁あがり」でしょうから。



H.Okano ミノックスその後
06月09日(火)19時07分

どうも、先日はアドバイスありがとうございました。
それに従って銀座などでアクセサリを捜してみました。双眼鏡アダプタとライトアングルアダプタは
1万円程度で出ていました。ホットシューはLX用のものが新品でありましたが、これはBで使える
ものなのかどうかよく分かりません。
双眼鏡はそろそろ買おうと思っていたので、一緒にアダプタも買おうと思います。

先日横須賀へ行き、船の写真を撮ってきました。F2とミノックスを持っていったのですが、ミノックス
を構えていると何やら軍事探偵にでもなった気分でした。やたらに重いF2と比べるのは間違いだと
思いますが、まあ軽くて使いやすいのには今更ながら感動しました。
そして何より、仕上がったプリントの切れの良さには本当に驚きました。正直あまり期待していな
かったのですが、予想以上でした。
もう手放せなくなりそうです。



T.Kubo ↓
06月09日(火)21時54分

 スピグラとミノックス、何か両極端のようですね。ミノックスにも随分
はまりましたが、最近はミノルタ16の方が出番が多くなりました。理由
はフィルムがない、マガジンがない、リールもない、とにかく16mmは
今楽しもうにも楽しめないカメラになってしまったのです。そんなら誰も
やらないカメラを楽しもうというわけです。今は円安ですが、昨年はそう
でもなく30〜40ドルで数台買いました。海外からの問い合わせの多い
カメラのひとつです。
 ちょっと脱線しましたが、H.Okanoさんミノックスを是非楽しんで下さい。
私の仲間もミノックスは大抵持っています。

 スーパー6の堀内さん、私も前田さんと同意見でその社長さんに乾杯で
す。あそこの社員の方を存じ上げていて、社長さんにもお会いすることに
なっていますが、まだ果たしていません。533/516はWEBにも書
きましたがスプリングカメラの最高峰です。残念ながら終焉機に生まれた
カメラなので人気はいまいちでした。スプリングカメラがもっと続いてい
たらみんなスーパー6のようなスペックになったと思います。ピンのいゝ
写真を期待しています。T.Kubo



オオニョ 実家は横須賀
06月10日(水)01時32分

ボク実家は横須賀です。ベースの解放日とか中に入れるのでお手軽な
外国情緒が撮れますよ。でっかい軍事トラックが広場に停まっていたので
タイヤに体をひかれた写真を撮ろうとしたら、外人さんがトラックに
乗り込んで「ひいてしまった!」っていうリアクション作ってくれました。
そんなこともあります。



Y.Sugiyama マウンテンセンチュリー
06月10日(水)05時56分

前田さん、T.Kuboさん、こんにちわ。
もう、毎晩、センチュリーを可愛がっています!!
あれ、なんか変な表現かな・・・
標準系レンズも、手持ちのホースマントプコール105mmにしました。
このレンズには、大変申し訳ない動機で、リーズナブル価格で入手して
おいたものです。
セイコーSLV#0シャッターの予備として確保したため、後ろめたさが
付きまとっていたんですが、ウイスタ(コパル)プレスシャッターに付け
て桧舞台に登場です。
フィルターを超薄型(2mm以下)にしないと、レンズを付けたまま畳み
込めませんね!!古いニコンのクローム40.5mmを付けました。
あとは、ヒマがあれば・・雨の尾瀬沼でテストをしたいです・・・
今年の山は、紅葉の涸沢にセンチュリーぜひ持っていきたい。
10年近く前までは、ホースマンで槍ヶ岳・南岳まで行けたんですが、
標高2500M以上になると、私の場合、高山病にかかって、頭が・・
ズキズキ、動作はのろく、ロールホルダーの引きブタ閉め忘れ、露出の
設定わすれ等・・・もう、撮影手順を声に出して撮りました。
ピントよし、露出xxx、シャッターチャージok、引きブタok・・
9月末の、南岳からの滝谷、北穂高岳、は、最高ですね。もう冬山です。
北アルプスって、登ってしまうと、準広角から長焦点ぐらいでいいです。
体力のある方は、望遠があってもいいですけど。    杉山



H.Horiuchi WEB拝見しましたっ
06月10日(水)13時39分

 みなさんこんにちは、最近ちょっと元気のない堀内です。
 さて、Maedaさん、WEB拝見しました。すごいですねぇ〜。もう
まったく圧倒されてしまいました。私のような「これから」の人の
為にも、あの掲載はずっと続けて下さいね。お願いします。
 続いて相談です。かつて「口径が一般的でなくて手に入らないシェ
ードについての対策はどうしたらよいか」という質問をしました。
Kuboさんのお話の中で、レンズ側にゴムのチューブ状のものを常時
付けておいて、それに口径の大きい手には入るシェードと付けると
良い、という部分が出てきました。そこで色々と試してみたのですが、
スーパーシックスの場合(済みませんばかの一つ覚えで・・・)は、
レンズのリムの部分が薄いんですね。それが回転しながらフォーカ
シングするわけです。しかも最近気が付いたのですが(無知!)、
そのリムにはスリットが切られていて、レンズの繰り出しに従って
レンズのマウント部分とをジョイントしている板が出たり入ったり
と動くわけです。実に訳の分からない説明で申し訳ないのですが、
つまり、リムに何かを付けておくとレンズの繰り出しがスムーズで
なくなるわけです。ふぅ〜自分の表現力に絶望です。
 いったい純正のフィルターとシェードはどんなかっこをしていた
んじゃい!と怒りたくなりますが、下品でした。Zeissのこの手の
小物はなかなか無いですものね。結論としては、シェードなんか無
くてもい〜やなんてところです。ちなみに、スピグラとかで撮影を
なさるときには、皆さんシェードは付けていらっしゃいますか?
付けますよねぇ? 「レンズにはフィルターもさることながらシェ
ードが不可欠じゃぁ!」というのが私の義父が言い残したことでし
たのでこのようにこだわるわけでございます。あっ義父はまだ存命
致しております・・・。



ktanaka スーパーシックス
06月10日(水)16時16分


皆さん、今日は。

H.Horiuchiさん、私の手元にも亡祖父が遺したスーパーシックス(赤Tマーク付きオプトン
製テッサー、露出計なし)がありますのでご説明はよく判ります。(他に6x9判のスーパーイ
コンタ531/2があります。こちらは本体の革張りにMADE IN GERMANY STUTTGARTの刻印があ
り、コーティングされたカールツァイスのテッサーが付いています)

 実を言いますと、どちらのカメラも大切な預かり物のような気がするため、あまり使っ
ておりません。普段はもっぱら安価な目測式のスプリングカメラを楽しんでいますが、何
度か使った経験から言いますと、531/2のシャープな描写と比べて、スーパーシックスは
人物を撮ると肌が滑らかに写るソフトな描写という印象があります。

 ところで、スプリングカメラのレンズフードですが、本当は真面目にカメラを使うなら
使わなければならないのでしょうが、用意しておりません。三脚を使っているときは、手
でハレギリをすることもありますが、手持ちのときは何もしていません。やはり、これは
良くないですね。以前、紅葉をカラーで撮ったとき、おそらくこのせいで台無しになった
カットがあります。余談ながら、カラー撮影の場合にはPLフィルターも使ってみたいと思
うことがあります。



Y.Sugiyama ツアイス・イコン
06月12日(金)20時14分

みなさん、こんばんわ。
ツアイス・イコンの話題がすすんでますねーー
横浜のYカメラさんに寄ったところ、クラシックレンズ実写大図鑑
(グリーンアロー出版)があったので、ついつい買ってしまいました。
ツアイスイコン・テッサーもいろいろ載ってます。
  50mmF3.5 コンタックスUA
  75mmF4.5 ローライフレックス・オリジナル
 105mmF4.5 スーパーイコンタU(531/2)
  45mmF2.8 コンテッサ
むかし、テッサー付きは高かったので、ノバー付きのイコンタを手に
したことがありました。 その当時は、カリカリシャープでなければ
気がすまない‘価値観’でしたので、すぐに手放してしまいました!!
スプリングカメラを集めようかと思っていたんですが、幸か不幸か、
最初のノバーがお気にめさなかったので、それっきりになりましたです。
実写大図鑑には、お気に入りのへリアー・クセナーも何点かあり、
なかなか楽しめる本です。最近は、シャープだけでも味気ないという
見方に変わってきつつあり、一層の興味が沸き上がってきました。



T.Kubo ツァイスイコンの廉価版カメラ
06月13日(土)21時41分

 もう10年以上前に、友人が香港で買ってきたというセミネッターを貰っ
たのを思い出しました。レンズをバカにしてそのまゝになっていましたが、
「シャープだけでも味気ない」という杉山さんの書き込みに刺激されて出し
てみました。なかなかの美品、レンズも綺麗でシャッターもよく動きます。
 セミネッター(Nettar 515)は1937年ころセミイコンタの廉価版として発
売された、ひとことで言えばツァイスイコンの一番簡単なスプリングカメラ
です。
 レンズは Nettar Anastigmat 7.5cm F4.5、3群3枚のトリプレットで最小
絞りはF32まであります。
 シャッターはクリオ(KLIO)で、T、B、1〜1/175秒、セルフタイマー付き、
動きは軽快です。
 焦点合わせは目測の前玉回転式、最短距離は1.2メートルです。ファイン
ダーは起立式の逆ガリレイ型、倍率0.7倍くらいの度が入っています。二重
撮影防止機構は付いていません。
 重さは430g、スーパーセミイコンタの590gに比べると大変軽く感じ
ます。手にとって眺めているとカメラを1台得した気分になります。梅雨空の
もと、傘をさしながら撮ってみますか。T.Kubo



Y.maeda ツアイスのレンズ
06月13日(土)23時32分

今晩は、前田です。
ツアイスのレンズの話に参加させて下さい。
私は今まで、ツアイスのレンズと言えば、テッサー、プラナー、ゾナー、でしか撮った事が有りません。そのどれもが大変満足のいく物でした。そんな事からツアイスには、悪い言い方をすれば「ボケ玉」良い言い方をすれば「味の有る玉」は無い物と思ってきました。

が、しかし、皆さんの意見を拝見していますとそうでもないようですね。もしツアイスにも「変な玉」が有るようでしたら教えて頂けませんか?

あ、それと久保さんこの前質問させて頂いた 「Adapt-A-Roll 620 holder」の改造が出来ました。まだ一分改良をしなくては成らない部分も有りますが、現在WEBに載せられるように作業をしています。(あまり一般的では有りませんが)

それでは、 Maeda



T.Kubo テッサー
06月14日(日)09時11分

 前田さん、こんち。
 ツァイスの玉といっても中判クラシックカメラでは大半がテッサーで、3
枚玉ではノバ、トリオター、ネッターが有名です。35mmカメラではゾナ
ー、プラナー、ビオゴンが加わります。何れもよく写るレンズですが、他社
のレンズに比べてずば抜けて優秀という経験はありません。
 数多く経験している105mmテッサーに関して言えば、戦前のCarl Zeiss
Jena Tessar、戦後の西側のTessar(OptonやCarl Zeiss)、1970年以降のニュ
ーテッサーの間には性能の差のあることを確認しています。私の想像ですが、
これらの差はコーティングに関係するものではないかと思っています。ボケ玉
というのは現実には存在しませんし、もし有ればスプリングカメラによく見ら
れるようなピント機構の狂いだと思います(数多く経験している)。3枚玉と
4枚玉ではコントラストに差がある(眠く見える)ようにも感じていますが、
これらは多分にフレアの影響だと思っています。こゝで言うフレアとは一般に
経験するような強烈ななものではなく、画面全体の暗部への滲みのことで拡大
して調べないとわかりません。
 以上は私の独りよがりで当てになりませんが、クラシックカメラのレンズに
付いては性能より「好き嫌い」の世界であることは事実です。T.Kubo



K.Akiyama テッサー
06月14日(日)15時10分

私のテッサーの付いているカメラは、小西六 Lilyで Jena テッサー105mmです。 亡くなった父の遺品であり、私が子供の頃から度々テッサーの素晴らしさを聞かされておりました。 50年以上前のカメラですが、クロームメッキもピカピカで、今も現役で愛用しております。
ドイツのカメラのテッサーばかりが話題になっていますが、Jenaのテッサーは日本の古いカメラに付加され、今も愛用されていることを報告いたします。



菅間光雄 テッサー
06月14日(日)18時39分

B&Jプレスの菅間です。皆さん、お久しぶり、いや、多忙で出られませんでした。
テッサーに関して、一つ私にも困った事が起こりました。昭和50年ごろにまだ西
ドイツのツァイスから購入したレンズ 300ミリF4の写りでしたが何か絞っても
画質がシャキッとはっきりしてこないのです。つまり300ミリのせいでまあこんな
ところかと思って居ました。プラナー135ミリのF2のレンズと大分差が有るなと
認識もしました。
しかるに使って気がつきますと、特にお空の青さが全面に写って居る場面に、
なにかピンクの様な色がお空につき、バランスが崩れるのです。
まあ気のせいと思ってスカイライトをあきらめUVのみにしていましたが、
10年も使っていて、とうとう修理に出したのです。
結果、重不良で光軸ズレでした。直しても、一般に言う暖色系の色より
何かくすんだ灰青色傾向に有ります。300ミリともなるとやっぱり難しい
のかな、と思っています。ボケーーの傾向はまあニコンに比べ劣って
いると感じています。

以上。



Y.Sugiyama ツアイス&小西六
06月14日(日)20時29分

実写大図鑑を見ていたら、ローライ35には・・・
 トリオター40mmF3.5 3枚構成(実写大図鑑に載っている)
 テッサー40mmF3.5  4枚
 クセナー40mmF3.5  4枚(シュナイダー)
 ゾナー 40mmF2.8  5枚(使ったことがあります&良いです!!)
と、あるらしいんですが、、、その日の体調?、いや、撮影対象によって使い
分けるなんて、贅を極めるローライ35生活もいいーですねーー
ノバーですが、もう、ベス単の領域に近かったように記憶してます。
たしかに、ピントもズレがあったと思います。
基本的には、シャープな描写が好みなんですが、20枚に1枚ぐらい、柔らか
いもの、見え過ぎないもの、が、、有ってもいいなという、わがままなことを
言いはじめてます。

K.Akiyamaさん、はじめまして。小西六 Lilyって、6x9ですか?
小西六からは、パーレットとかパールとか、魅力的なカメラがありましたねー
私は、やはり、というのも変ですが、ヘキサーレンズに興味をもってます。
ヘキサーは小西六の名誉といえるレンズだとおもいます。
コニオメガ・プレスのヘキサー90mmをぜひ使って見たいんですが、一式揃
えると、かなりな、¥になってしまうし、バラしてレンズ単体で使うのも恐れ
多いし、誰かがバラしたものが出たら、入手します。

山岳写真家に田淵行雄さんという方がいらしたんですが、作品群の中心となっ
ているのは、武蔵野光機のリトレック6x9に、テッサー105と180mm
それとテレヘキサー400mmのようです。
山岳写真好きの方、一度、安曇野(豊科インター近く)の田淵行雄記念館へ
お立ちより下さい。山岳装備とカメラも展示してありました。
(有料・月曜休館)



K.Akiyama テッサー + 小西六
06月14日(日)21時41分

Y.Sugiyamaさんへ、Lily は小西六の6x9版 蛇腹式ボックス型です。 Jenaのテッサーが付いていますので戦前の製造と思います。ロールフヰルムホルダーの外箱には六櫻社の名前が書いてありますので、小西六ではなく、六櫻社の Lilyと言うべきかもしれません。父の遺品には、パーレットもありましたが、シャッターが壊れていましたのでレンズのみ外し保管しています。 このレンズを一眼レフにでも装着して撮影したいと思っています。 その他に、リコーフレックス、コニレット、フジペットなども撮影可能の遺品で保有しています。 高級品では無いですが、時々、撮影して楽しんでおります。



M.Yamanishi コンテッサ
06月15日(月)12時54分

テッサーを搭載したカメラということで、手元のコンテッサなんですが、フィ
ルムカウンタの動きがよろしくないので底蓋を外して調整したいと考えていま
す。ところで、そのための巻き上げノブの外し方がわからなくて難儀していま
す。御存じの方、あるいはロムニーブックスの××に書かれているとかでも結
構ですので情報をよろしくお願いします。



Y.Sugiyama お詫びと訂正
06月16日(火)05時35分

14日の投稿で山岳写真家の田淵行男さんを行雄さんと誤ってしまいました。
お詫びし、訂正させて頂きます。   杉山

K.Akiyamaさん、蛇腹ボックス型6x9は好きですね。ロールホルダー
付きで1kg前後だと、ビジネスバッグに忍ばせて出かけられます。
三脚も軽いものを選び、総重量2kg以内ならok!!
出張先の早朝の街並みぐらい撮れますし、運良く休日前日だったら、、
密かな日程が組めます。
6x6・6x7サイズならいくつか軽いカメラはあるんですが、どうも、
6x9の‘横長ノートリミング・高画質’にこだわっています。
それと、レンズ交換で準広角が使えると理想的なんですが!!



T.Kuwahara ミノックスBの整備
06月17日(水)14時16分

みなさん、はじめまして。
少しお教え願いたいことがありお邪魔しました。
表題の通り最近ミノックスBを手に入れました。安価だったので、
ファインダーの曇りとブライトフレームが薄くなってしまっています。
現在、ファインダーの清掃とかオーバーホールとかは日本国内で可能
なのでしょうか?ご教示下さいませ。



T.Kubo ミノックスの整備
06月17日(水)18時00分

 T.Kuwaharaさん、こんちは。
 ミノックスの整備は銀座のカメラ屋さんやノックスフォトに頼めば
やってくれると思います。今はミノックスは安いので費用を確認して
から整備された方がいいと思います。T.Kubo



K.Akiyama テッサー+小西六 Lily
06月17日(水)21時39分

Lilyの外観の写真が下記のサイトにありましたので紹介します。
トロピカルTypeが紹介されていますが、私の Lilyは普通のTypeで、ボックスが黒色の金属製で蛇腹も黒です。Lilyにも色々のTypeが製造されたのでしょうか。
http://www.shirakami.or.jp/~ryo/kam.html



T.Kuwahara ミノックスの件
06月18日(木)10時28分

T.Kuboさん、ありがとうございます。
ノックスに問い合わせてみます。ドイツのミノックスにもメイルを出してみましたが
返事が来ましてドイツに送っておいでとのことでした。
またよろしくお願いいいたします。



H.Okano 露西亜製スプリングカメラ
06月19日(金)16時22分

こないだミノックスの件で書き込みした者です。こんにちは。

このサイトを眺めているうちに中版のスプリングカメラが欲しくなったので、色々捜してみました。
名機というスーパーイコンタはいいとは思うのですが何せ高価なのでためらっていると、ある店で
モスクワ5というスーパーイコンタのコピー機を発見しました。当然ロシア製で、とても安価でした。

ロシア製ライカコピーは結構評判がいいようなのですが、スプリングカメラのコピーはどんなもの
なのでしょうか。誰か情報ご存じの方、教えて下さい。



T.Kubo モスクワ
06月19日(金)17時30分

 H.Okanoさん、こんち。
 モスクワには前期、後期2種類のモデルがあります。前期型はスーパーイ
コンタのデッドコピーで部品の入れ替えまでできるほどです。
 後期型は5型と呼ばれ、いわゆる軍艦部と呼ばれるボディトップがモダン
な一体型のカバーに改良されたものです。スーパーイコンタのビューファイ
ンダーは眼鏡をかけた人にはちょっとつらい面がありますので、その点では
モスクワ5型のファインダーは優れていると思います。
 造りは、ロシアのカメラはみんなしっかりしてるのですが、モスクワも例
外ではありません。タスキの強度も十分です。
 各部の仕上げや、特にピント用のリングの回転のスムーズさは、さすがに
本家のイコンタに比べると見劣りがします。
 6x9蛇腹カメラの操作性では、私はスーパーイコンタが一番優れている
と思っていますが。モスクワはデッドコピーだから操作性は同じかと言えば、
やはり疑問は残ります。T.Kubo



Y.Sugiyama ウッドもの
06月20日(土)19時36分

K.Akiyamaさん、こんにちわ。Lilyの載ってるサイト情報ありがとうございます。
見てまいりました。リリー他トロピカル系ウッドのオンパレードですね!!
ウッドの時計やら蓄音機やら、、、思わず、、よだれが、、、
ウッドはかなり前に興味をおぼえたんですが、雨の日に持ち出すことが出来そう
に無い、と言うより、持ち出す勇気がないと思ってあきらめました。
K.Akiyamaさん所有のリリーは金属製、と、言うことは、フォクトレンダー社の
ベルグハイルと同タイプですね。
三脚に、往時の雰囲気のあるものがあるといいですね!!
どうも、今日は一日、体調がいまいちなので、ごろごろしている始末で、明日の
早朝は、ご近所でお散歩センチュリーの具合をみようかと思っています。
また、今日の夕日は、荒れたあとの空って感じに、なかなか、よいですね!!
by横浜です。



H.Horiuchi 雨の中でど〜する!?
06月22日(月)13時02分

 お久しぶりです。堀内です。毎日拝見しておりました。
 ころころと変化する天候ですね。10度近い気温の変化にはなかなか
体が付いていきません。うちの犬は毛がほとんど夏毛に生え変わって
しまったのにもかかわらず、直ぐに寒くなるもんですから、ど〜した
らい〜のかという困惑しきった表情でいます。
 私の小さい防湿庫も湿気と戦っているようです。なんせ家が安普請
なものですから、特にこの時期はうっかり外にレンズを出しっぱなし
にしておきますと、ロールパンにカビが生えているんじゃないかと、
間違えてしまう程になります(うそです)。
 失礼しました。さて、雨の中の紫陽花、いいですね。でもどうやっ
て撮りましょうか。私の場合、天候が悪いときは直ぐにひよってしま
て、一眼レフ(現行機)へと走ってしまいます。まあ、今の時期は寒
くないですから、冬の風景をお撮りになられるような方からは「楽勝
じゃい」と言われてしまいそうですね。やはりスプリング・カメラと
かで撮りたい。でも濡れるのが恐い・・・。傘さしても恐い。シャワ
ーキャップを被せてお出かけしたりしますが、皆さんはどうなさって
いるのでしょう?特に大判なんてどうなさるのでしょうね。「実はそ
ういう日には撮らないんだよ、がはははぁ」なんて御意見を頂くと、
なぜかほっとするような気もしますが・・・。



T.Kubo 高級機
06月22日(月)23時30分

 堀内さん、お久しぶり。「実はそういう日こそ、いゝカットが・・、
がはははぁ」というと怒られますかね。私は梅雨時にはよく月形半平
太をやります。以前プラウベルマキナでこれをやったら、そんなんで
マキナを評価されたんでは・・と、うちのエディターの一人に叱られ
たことを思い出しますが、マキナIIIRはグリップがよくできていてこ
れができるんですね。

 昨日は、午前中天気がもったので紫陽花を撮ってきました。カメラ
はスーパーセミイコンタ、フィルムはおとなしく期限切れ寸前のフジ
G400ネガカラーでした。写場は近くの野川沿線です。このカメラ
はもう十数年使っている常用機で海外出張にも何度か持っていった信
頼のおける一台です。最近はピコレットやイハ6など写りそうもない
カメラに熱中していたので、久々に高級機(?)の操作を楽しみまし
た。近況でした。では、T.Kubo



Y.Sugiyama クラシックフィルム
06月23日(火)22時08分

オールダーな皆さん、こんにちわ・・・
凝り性の私めは、相変わらずスピグラ23のお勉強をいたしております。
www.Graflex.Orgのサイトを改めて見ておりましたら!!
現在販売されてない、クラシックフィルムを製造しているところがある
らしいです。でも、カンパニーではなく、個人営業みたいです。
アダプトールのページ
http://www.GRAFLEX.ORG/speed-graphic/adapt-a-roll.html
に、、、F for C (クラシックフィルム)
http://www.people.virginia.edu/~jmb5b/film.html
のサイトがありまして、、97年8月現在とありますが、、、
-----------------------------------------------------------------
Film Size and Type Price per Roll (2 roll minimum!)
-----------------------------------------------------------------
101 b/w Verichrome Pan (ISO 125) $16.00
103 b/w Verichrome Pan 16.00
116 b/w Verichrome Pan 15.00
122 b/w Verichrome Pan 16.00
124 b/w Verichrome Pan 16.00
616 b/w Verichrome Pan 15.00
828 b/w Verichrome Pan 6.00
828 color print VPS III (ISO 160) 7.00
127 b/w iso 100 6.00
127 color print VPS III 7.50
127 color slide Ektachrome E100S (ISO 100) 10.00
620 b/w Plus-X (ISO 125) 7.50
620 b/w Tri-X (ISO 400) 8.00
620 b/w T-max 100 (ISO 100) 7.50
620 b/w T-max 400 (ISO 400) 8.00
620 color print Pro 100 (ISO 100) 8.00
620 color slide Ektachrome 100 plus (ISO 100) 10.00
-----------------------------------------------------------------
Film Size/Type: Price per Sheet/minimum order:
-----------------------------------------------------------------
2 1/4 x 3 1/4 Tri-X (ISO 400) $0.75 (25 sheets)
3 1/4 x 4 1/4 T-max 100 1.25 (25 sheets)
3 1/4 x 4 1/4 T-max 400 1.25 (25 sheets)
5 x 7 Plus-X (ISO 125) 1.75 (10 sheets)
-----------------------------------------------------------------
で販売してそうです。
まあ、メダリストとかに手を出そうと思いませんので、詳しくは見て
ませんが、スプールはリサイクルしてるみたいですけど!!
お部屋の飾りになってるこれらのサイズのカメラを、一度持ち出して
撮ってみようとお考えの方、ダメもとで、取り寄せてみては!!
¥安なんで、エクタークロームが3倍??でも、少量生産では妥当かな。



Y.Sugiyama クラシックフィルム
06月23日(火)23時23分

オールダーな皆さん、こんにちわ・・・
凝り性の私めは、相変わらずスピグラ23のお勉強をいたしております。
www.Graflex.Orgのサイトを改めて見ておりましたら!!
現在販売されてない、クラシックフィルムを製造しているところがある
らしいです。でも、カンパニーではなく、個人営業みたいです。
アダプトールのページ
http://www.GRAFLEX.ORG/speed-graphic/adapt-a-roll.html
に、、、F for C (クラシックフィルム)
http://www.people.virginia.edu/~jmb5b/film.html
のサイトがありまして、、97年8月現在とありますが、、、
-----------------------------------------------------------------
Film Size and Type Price per Roll (2 roll minimum!)
-----------------------------------------------------------------
101 b/w Verichrome Pan (ISO 125) $16.00
103 b/w Verichrome Pan 16.00
116 b/w Verichrome Pan 15.00
122 b/w Verichrome Pan 16.00
124 b/w Verichrome Pan 16.00
616 b/w Verichrome Pan 15.00
828 b/w Verichrome Pan 6.00
828 color print VPS III (ISO 160) 7.00
127 b/w iso 100 6.00
127 color print VPS III 7.50
127 color slide Ektachrome E100S (ISO 100) 10.00
620 b/w Plus-X (ISO 125) 7.50
620 b/w Tri-X (ISO 400) 8.00
620 b/w T-max 100 (ISO 100) 7.50
620 b/w T-max 400 (ISO 400) 8.00
620 color print Pro 100 (ISO 100) 8.00
620 color slide Ektachrome 100 plus (ISO 100) 10.00
-----------------------------------------------------------------
Film Size/Type: Price per Sheet/minimum order:
-----------------------------------------------------------------
2 1/4 x 3 1/4 Tri-X (ISO 400) $0.75 (25 sheets)
3 1/4 x 4 1/4 T-max 100 1.25 (25 sheets)
3 1/4 x 4 1/4 T-max 400 1.25 (25 sheets)
5 x 7 Plus-X (ISO 125) 1.75 (10 sheets)
-----------------------------------------------------------------
で販売してそうです。
まあ、メダリストとかに手を出そうと思いませんので、詳しくは見て
ませんが、スプールはリサイクルしてるみたいですけど!!
お部屋の飾りになってるこれらのサイズのカメラを、一度持ち出して
撮ってみようとお考えの方、ダメもとで、取り寄せてみては!!
¥安なんで、エクタークロームが3倍??でも、少量生産では妥当かな。



Y.maeda Nagelのカメラ
06月25日(木)09時29分

今日は皆さん、少し息を潜めてました前田です。
さて、この度「J.O.Tepper」からカメラを何台か買ったのですが、
その中で1台「Nagel8」というプレートカメラが有りまして大変
気に入りました。ところがこのカメラについて調べてみても全く
解りません。レンズはテッサー105mm、F4,5が付いていま
した。どなたかご存知の方教えてください。



T.Kubo Nagel
06月25日(木)12時24分

 ナゲール社はツァイスイコンにいたDr.Nagelが創設したカメラ会
社として有名です。
 Puppile、Vollenda などエルマーが付いたカメラをご存知の方も
多いことでしょう。
 テッサー105mm付きでは Nagel Recomar 18というプレートカメラ
が有りますが、前田さんのカメラはこれに近いんでしょうか。
 このカメラは1928〜32年の製品で、コンパー(1-1/250sec)
付きで Elmar, Nagel AnastigmatやXenar付きも有ったようです。
 余談ですが、私の Iha 6 というプレートカメラは Ihagee folding
plate cameras の中の一つだと思っていますが、どこにもカメラに
刻んである "Iha 6" というカメラのデータは見つかりません。ロム
ニーさんも多分ソーだろうと言っていました。T.Kubo



H.Okano ついに購入しました。
06月25日(木)14時54分

意を決して、モスクワ5を購入しました。これで私もスプリング野郎の仲間入りです。
やたらに頑丈な革のケース(野球のグラブのような革でできてる)がついていました。肩から掛けると
ハンドバッグのようです。

使ってみた感触は、
・作りはしっかりしているじゃないか
思ったよりガタつきません。動作も確実に決まるようです。ロシア製ということで想像していたよりも
各部の作りは手が込んでいてしっかりしています。また、ホディに張ってある革が、グッタペルカでは
なくて本革でした。恐ろしい・・・。
・ピントリングが・・・
T.Kudoさんが書かれていたように、ピントリングがかなり重いです。軸部にグリスでも盛ってやろうと
思っていますが、それでも重そうです。また、どうもレンジファインダーが見づらいです。これは慣れる
しか無いでしょうが・・・。
・思ったより軽い
軽いです。主力機ニコンF2より体積はありそうなのにだいぶ軽く感じます。持って構えてみて、皆さん
が古いスプリングカメラにこだわる理由がよく分かりました。現用の中版機は重いですからね・・・。

これから何本か撮ってみて、出来を楽しみにしようと思います。
店の親父さんの話によると、「イコンタと写りはほとんど変わらないよ」という事でしたし・・・。







Y.maeda Nagel Recomar 18
06月25日(木)15時19分

久保さん今日は、前田です。
早速に情報をありがとうございます。
私が購入したカメラは「Nagel Recomar 18」で間違い無いと思いま
す。少しだけでもその素性が解って嬉しいです。
「Elmar」付きにも憧れますね。
この手のカメラを手にしたのは初めてなのですが、重量感は有るも
のの、折りたたむと余りにもコンパクトに成り、少しのガタも無く
精密感があるので、大変気に入っています。別の店でロールフィル
ムホルダーを注文しましたので届いたら早速試写したいと思います。
このタイプでレンズ交換なんかが出来ると、リンホフやセンチュリ
ー以上だと思うのですが。
あ、そうそう、これを機会に「プレートカメラ用グラフレックスバ
ック」の製作に着手しましょうか?



T.Kubo Nagel Plate Camera
06月25日(木)21時26分

 前田さん、こんばんは。
 WEBにある私のIHA6は大名刺(6.5x9cm)用でフォールデ
ィングカメラの中では小さい部類です。写真があまりよくないのですが、
何とも魅力のあるカメラで見ていると撮ってみたくなるカメラのひとつで
す。
 プレートカメラはベルクハイルなどが最高だと思いますが、誰も見向き
もしない片隅に追いやられたカメラを再生して撮ってみるのも一興です。
前にも書きましたが、この手の機種は蛇腹がうんと伸びるので、スーパー
イコンタでは撮れないカットがものにできますし、テッサー105mmF
4.5なら名玉なので、もちろん普通の写真も折り紙付きです。
 Gホルダーを付けることは、もしできたらおもしろいとは思いますが、
ピングラとの調整が面倒でしょうね。遠景だけならピングラを諦めて目測
目盛りでという手もありますが。T.Kubo



Y.maeda Nagel Plate Camera
06月28日(日)23時52分

皆さん今晩は、前田です。
暫く出られませんでした、申し訳有りませんでした。
私の「Nagel Recomar 18」の収納時の大きさは縦12,2cm横8,2cm
厚さ4,4cmと、私の愛用するデジカメの「リコーDC−3」よりも厚み
だけが少し有るくらいです。さすがに重量はズシリと来ますが。
先日このカメラに使えるアメリカ製のロールフィルムホルダーが手に
入りました。土曜日が良い機会だったのですが丁度試写に出様として
いたところに「パシフィックリムカメラ」に注文していた小包が届い
たもので、出かけずにこちらの方に手を取られてしまいました。
使えないコダック三台と、ネッター、ピースメーカースピグラです。
コダック三台はレンズのみ使うようにボディーからはずしました(
内2つは単玉)ネッターとスピグラは要調整です。
今日は朝から雨模様だったので試写は出来ませんでした。
と言うことで試写は今度の休みまでお預けですが、こうレンズが増
えるとどれから取り掛かろうか悩んでしまいます。レンズは安いで
すが、贅沢ななやみです。



Y.maeda ベス単フード外し
06月30日(火)11時18分

今日は、前田です。
先日購入したレンズの中に「ベストポケット タイプB」というの
が有りまして、蛇腹がカチカチでレンズしか使い物にならないよう
なのでシャッターユニットごと外して一眼レフかスピグラに付けよ
うと思いますが、「ベス単フード外し」とは実際にどの様にするの
か解りません。取りあえず絞りの回転板は取り外したのですが。
どなたか教えていただけませんか。

Y.maeda



S.Matsuda ひさびさにスピグラあれこれ
06月30日(火)13時26分

皆さん。おひさしぶりです。
このところ、せっせと23スピグラで撮影にはげんでいるMatsudaです。
Kodak annastingmat 105mm f4.7 との組み合わせは実に快調で、
しばらくはこの線でいくつもりです。コート無しレンズなのですが、
実はコートよりもフードの方が効果的では??という気もしますが、
先輩の方々、如何なもんでしょうか。(今度はフード工作か??)
 外観もかなり格好よくなり、カメラの方が撮影素材の対象となって
しまいました。
前田さんに見習って、23用Graflokバックを、スピグラに一緒に
はまってしまった親父と一緒に作成中です。完成したら、WWWに
アップロードしますのでよろしく見てやったください。
それにして、前田さんの工作スピードはすごい。
 さて、昨日、GRAPHIC GRAFLEX PHOTOGRAPHI という、古い写真の
本が到着し、本のホコリでくしゃみをしながら楽しんでいます。(参考価格24弗)
LARGE FORMAT の入門書としては、かなりの定番らしいので
ついついオークションで落札購入してしまいました。(安かったので)
初版が1940年で、僕のは6版で1944年で、戦争中の出版
ですね。後ろのカタログページにB-17の写真が載ってました。
(戦争中にこの紙質、印刷技術、この厚みと内容の本作ってたって
すごい余裕。)
撮影技法と理論と実践編(教材は当然スピグラ!!)
、おまけのグラフレックスのカタログという
内容ですが、かなり面白いですよ、杉山さん。(そそのかしている)
1950年代の版も見てみたくなりました。
 と、ここまで書いたら、オークションでつい安いので勢いで
で買ってしまった5×8 BAUSCH-LOMB TESSER f4.5 1910-20頃年製?
というレンズが到着してしまいました。(参考価格29弗)
昔のシャッター無しレンズなので、スピグラに付けてみようと
いう魂胆だったのですが、案の状、大きすぎて23MINIには実装
不可でした。うーーむ、4×5(本当は5×7のスピグラ
が良いのでしょうが)のスピグラ買わねば。
このレンズ、いったいどんな風に映るんだろ?気になってます。
(3×4も別の用途でかなり真剣に入手を考えてます。)
ひたすらスピグラしてるMatsudaでした。
ではでは



S.Matsuda 5×8 BAUSCH-LOMB TESSERの年齢
06月30日(火)17時06分

書き忘れてしまいましたので、ちょっとだけ。
下記の5×8 BAUSCH-LOMB TESSER F4.5 ですが、
オークションの説明には1910年頃とありますが、
疑わしいような気がします。(そんなに古いか??)
詳しい方がいらっしゃるようでしたら、推定していただけけると
ありがたいのですが。(古いレンズのことが良くわからない)

形状はバレルレンズでレンズ径は48mmとかなり大きく、絞りはf4.4-32
5×8 BAUSCH-LOMB TESSAR, Seriealc.Pat Feb 24. 1903.
BAUSCH & LOMB OPTICAL CO, Rochester. N.Y. とあります。
刻印された番号は3130153
260mm位のレンズです。
レンズの固定は、レンズのフランジに空けられた3つの穴を利用し、
ネジ等でカメラ前面ボード?に固定する仕組みです。
古いスピグラのSLR等で使われたようなレンズなんでしょうか?
????



T.Kubo VPK
06月30日(火)21時41分

 前田さん、いよいよ「ベス単フード外し」ですか。はっきり言ってベ
ス単はソフト描写では最高のレンズです。最新のソフトレンズはフレア
は確かに綺麗ですが、コントラストが高すぎて(そーゆー風に作ってあ
る)、どーしても私はベス単に戻ってしまいます。

 VPKのモデルBは全てが大幅に簡素化された、名前はVPKですが
別のカメラです。レンズも本当の単玉(1群1枚)で色消しになってい
ないレンズも有ったとように記憶しています。間違っていたらゴメンな
さいですが、いわゆる1群1枚のレンズだとフードを外すと色が付きま
す。私も1台持っていますが、フード外しであの描写が得られるかどう
かは試したことがないのでわかりません。
 VPKのレンズは正式には、1群2枚のアクロマチック・メニスカス
(色消し三日月型)レンズと呼ばれます。
 ベス単ではボディ番号が小さいほど珍重されます。昔、ベス単著書で
有名なAさんに教えてもらったことがあるのですが、初期の頃はベス単
レンズはテッサーで有名なドイツのイエナ・ガラスを輸入して使ってい
たが、戦争が激しくなってイエナ・ガラスの輸入が困難になり、自前の
ガラスの球面を強化して同じ性能を保つようにしたそうです。従って初
期のものと後期のものではフレアの出方が違い、周辺の歪曲も初期の方
が優れているそうです。私は長い間に両方の玉を集めました。フレアの
出方は確かに違うようですが、35mmカメラで撮る限り歪曲の方は問
題ないように思っています。
 これは別のオーソリティのKさんに教わった話ですが、ボディ番号が
20万台以下のものが理想だそうです。ベス単を始めようと思っている
方の参考になればと、長文になってしまいました。T.Kubo



T.Kubo B&L
06月30日(火)21時42分

 松田さん、しばらく(ラジオの本は読みましたか)。
 「Bausch and Lomb(ボシュロム) Optical社はニューヨークにあるドイ
ツ系移民によって始められた古い光学会社である。現在でも優れた双眼
鏡、顕微鏡やメガネを生産している。当時、B&LテッサーF6.3は本
家のイエナ・テッサーF4.5に負けない解像力をもち、イメージサーク
ルの広い名玉として知られていた。 -WEBから-」

 B&Lテッサーはイメージサークルの広さで人気があったようです。
 私は120mm位のF6.3を一本持っているだけですが、4x5で使
っても相当アオれる実力を持っています。秘密はF6.3にあるわけで、
F4.5にすれば当然イエナテッサーと同じになるんだと思っています。
 人によっては階調が豊かだとか、遠景に強いという意見もあります。
私はまだそんなに多く撮っていないので分かりませんが、小さなレンズ
なのでスピグラの常備レンズになりつゝあることは確かです。そろそろ
4x5で260mmをやってみては如何ですか。T.Kubo



Y.maeda ベス単レンズ
06月30日(火)23時55分

久保さん情報を有難う御座います。
久保さんのおっしゃる通り私のは、ただの「一枚玉」でした。レンズに光を反射させると像が二つしか写りませんでしたから。
しかし、もう一つ手に入れた「NO.1A FOLDING HAWKEYE, MODEL 1,」に付いていたレンズは、同じテストをしたところ 像が3つ写りましたので「二枚合わせ」に間違い有りません。こちらに期待しましょう。まあ、取りあえずどんなレンズでも写る事には違いないので、撮影してみたいです。それでも必ず本当の「ベス単レンズ」を手に入れたいです。

それと、松田さん「グラフレックス バック」の制作に挑戦していらっしゃるとかで、それも同じ趣味を持たれているお父さんと一緒になんていいですね。
ところで、わたしのWEBは参考になっていますか?かなり現物合わせ的な所も有ると思いますので「アレレ?」と思った所が有ったのではないでしょうか。もし制作過程で改良すべき点などを見つけられたら連絡下さい。完成の報告を待っています。
それでは Y,maeda



------------------------------EOF---------------------------------------