Welcome to the BBS Log site.

Return to BBS Log Index

---------------------- (Current Log)---------------------
良吉 レンズ比較
07月10日(火)20時43分

 先日、条件が同じでも、どれくらい差が分かるのか確認してみよう
と思い立ち、コダック・ポートラフィルムのチェックを兼ねてライカ
・ズミクロンM50(4群6枚構成)とキャノンEF50/1.4の
比較をやってみました。

 ご承知の通り、このズミクロンM50の球面収差は、絞っていくと
f5.6付近で、ほぼ無くなりますので、他のレンズとの差が、ほと
んど無くなるはずです。キャノンの方はデータが無く、同じ構成のプ
ラナー50/1.4を参考にして同じ絞りで撮影することとしました。

 ついでながら、f5.6とすると両者とも最高の性能(ライカはミ
リ224本の解像度、キャノンはミリ200本くらいでしょうか)を
引き出せる絞りで比較することになります。理論的には、大きな絞り
の方が解像度がよいので(収差も増えるので単純ではありませんが)
できれば開放どうしの比較もやってみたかったのですが、1/100
0止まりのシャッタースピードしかない古いライカでは、この辺りが
限界です。

 さて結果ですが、今まで使っていたコダック・ロイヤルゴールド2
00に比べ、少し影に赤みを帯びるもののポートラ160は、なかな
か良いフィルムです。どちらかというと、ロイヤルゴールドが、さわ
やか系のすっきりした色なのに対して、ポートラは暖色系の濃厚な印
象です。色再現も忠実な方だと思われました。

 レンズの比較条件としたf5.6だと、ほとんど差がないことにな
りますので、画質の比較は無意味なようです。実写でも被写体の質感
などに、ほとんど差がありませんでした。大きく伸ばしていませんの
で、正確でないかも知れません。

 いつものことですが、色の再現の方は少し違います。ライカは、わ
ずかにコントラストが低く、色彩もパステル調の描写です。不思議な
ことにフジのリバーサルでは分からないのに、コダックのネガだと分
かるのですね。コダックの色再現が忠実なのか、もともとネガとリバ
ーサルの違いなのかは分かって居ません。



T.Kubo サーバー
07月12日(木)13時27分

 良吉さん、貴重なレポート有難うございます。

 猛暑のせいかどうかは分かりませんが、ここんところサーバーが不調で
皆さんには大変ご迷惑をおかけしました。原因不明ですが、弊社のサーバ
ーはクーラー無しの狭い部屋に押し込んであります。熱暴走した可能性も
あります。もう大丈夫だと思います。今後ともよろしくお願い致します。
 T.Kubo



yosiki69 バロイII型引伸し機
07月13日(金)19時13分

ライカ引伸し機バロイII型をヤフーに出品しています。ご覧頂ければ幸いです。

http://page3.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/c7933638



T.Kubo ライカ症候群
07月31日(火)09時36分

 暑中お見舞い申し上げます。暑いですね。
 青林堂(書籍・雑誌)から「ライカ症候群」中山蛙。佐藤隆俊著が発売され
ました。「降り懸かる火の粉・・」の全文が掲載されています。T.Kubo



TSK撮影会 8/12(日)『TSK七夕撮影会』のお知らせ
08月03日(金)17時28分

 はじめまして、突然で恐縮です。TSK撮影会と申します。
 私ども鰍sSKでは、来る8/12(日)に24名のRQを招いての大型撮影会『七夕撮影会』を開催いたします。
 五名様以上の団体参加者の場合、お一人様当り5000円の割引特典を御用意させていただきます。
 詳細はTEL03−3405−4950にてお問い合わせください。
 企画内容については、ホームページ http://www.tsk-ccc.co.jp/まで、お願いします。



良吉 夏の写真展
08月05日(日)21時10分

 暑中お見舞い申し上げます

 夏の中古市とAJCC写真展が開かれますね。先日、第一回銀座カメラ中古市
が有りましたけど、どうなっているのでしょうか。



yosiki69 ライカ・フォコマートIc 引伸機
08月08日(水)23時59分

ライカ引伸し機フォコマートIcをヤフーに出品しています。ご覧頂ければ幸いです。

http://page2.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/b13155317



T.Kubo 残暑御見舞い
08月18日(土)10時15分

 最近は銀座のウィンドーショッピングもあまりしなくなりました。
暇なとき、かわりにインターネットオークションを覗いて楽しんで
います。カメラはリスクがあるので殆ど買いませんが、たまに欲し
い書籍があると手を出します。見ていると知らないカメラやアクセ
サリーがあって勉強になることもあります。
 東京は、一時の暑さはなくなりましたが西の方は相変わらず猛暑
が続いているようですね。カメラの手入れでもして涼しくなるのを
待ちましょう。T.Kubo



T.Kubo クラカメファンにオススメ
08月27日(月)21時28分

 へそまがり写真術
 柳沢保正さんの記者生活三十余年の間にかかわった報道カメラ、レンズ
にまつわるエピソード、被写体を見る視点、銀鉛写真に対するこだわりが
エッセイ風に書かれた面白い本です。206ページ 筑摩書房 \680.-
 T.Kubo



Kudo へそまがり写真術
08月29日(水)22時43分

Kudoです.お久しぶりです.地元の本屋さんで探しましたが見つからなくて、先ほどamazon.co.jpにオーダーを入れました.到着が楽しみです.



Tatz リンク
08月30日(木)19時57分

以前、Welta Welti/Weltix の件で質問させていただいたものです。
勝手ながら、リンクさせていただきました。不都合などありましたら御連絡ください。

Jewels of Nostalgia


35mm判蛇腹カメラのみのサイトです。



T.Kubo へそまがり
08月30日(木)20時29分

 kudoさん、今晩は。しばらくです。
 へそまがり写真術は柳沢さんの前著「クラシックカメラと遊ぶ(筑摩書房)」
とはすこし趣の違った面白い本です。長徳さん、飯田鉄さんも夫々カメラに対
する切り口が違っていて面白いのですが、この本もまた違った視点からカメラ
というか、写真術を捉えています。中にちょっとだけ暗箱写真術が紹介されて
いますが、本来、柳沢流写真術の極意は木製暗箱+ソルントンによるスナップ
や集合写真術だと私は思っています。今、多くのクラカメファンは銀鉛がデジ
タルに追い越されそうな不安を抱いています。そんな時代にあって、銀鉛ファ
ンには胸のすく一冊といえるでしょう。T.Kubo



良吉 お薦めの本
08月31日(金)15時25分

 へそまがり写真術を購入して読みました。

 相変わらず、へそまがりと卑下しながら、おのれの方が楽しんでい
ると思い込んでいる確信犯的クラカメマニアの本というのが第一印象
です。

 元来、人のせいにするのが好きですから、こういう人が居たために
クラカメ嫌いになったのだと思いつつ読み進んでいると、聞いたよう
な記述に遭遇しました。コンタックス信奉者でライカ嫌い。

 そういえば自分の記事を載せてもらったライカの本に、そんな人が
居たっけ。くだんの本を取り出して見てみると、有りました、同じ人
の記事が。

 開放でないとレンズの差が分からないと考えていた頃ですが、同じ
ように考えている人が居ることを知って、感激した憶えがあります。
こちらは、ズミクロンどうしでしたが、柳沢氏のは、コンタックス対
ライカですね。

 最近になって、新旧ズミクロンにも、いろいろと差があることが分
かってきていますが(よけい分からなくなったこともあります。)、
当時から差に気が付いていたとは、凄いものです。やはり経験の違い
でしょう。

 ライカは、人の縁を作ると言いますが、本当のようですね。雲上人
の氏と、わずかながら同じ経験をしていたなんて不思議な気がします。
会われる機会があったら、いっておいて下さい。自分は、ライカ礼賛
者ではありません。

 



K,Ishibashi リンク
08月31日(金)22時10分

Tatzさん
拝見致しました。クラシックカメラを愛でる喜びは単にカメラそのものではなく
その時代を思い浮かべる事も大きなファクターだと思っています。Tatzさんの美しいサイトに
同様の言葉があってああここにも同じ想いの人がいると嬉しくなりました。
クラシックカメラの楽しみは人それぞれで、良吉さんは全くそうした観点からは
見ておられませんが、良吉さんの観点はまた違う訳ですから尊重すべきだと思います。
クラシックカメラを集めだして10年ほどになりますが、現代のカメラと較べることには
私は意義を見出しません。矢張りそれが造られ、当時の人たちに大事にされたであろうことに
想いを馳せて愛でる事もまた個人の楽しみであり、同じ趣味を持つ方と共有できることを
喜びます。



齋藤 紀治 部品を探しています。
09月04日(火)12時08分

恐らくミニチュアスピ−ドグラフィックだろうと思われますカメラを手にいれました。
プレートには「スピード グラフイック」としか書いてありません。レンズは「オプター101mm4.5」がついています。
フイルムホルダーは「板バネ?」式で、そこにシートフイルムホルダーを挿入するのだと思われます。フォーカルプレーンシャッターがついていまして、取ってを左にまわしますと「窓」にO,T,A,B,C,Dと順次、表示されます。その下のレバーを操作しますとシャッターが切れます。ところがレンズにもシャッターがついています。
どなたか、カメラを実際に見ていただいて、使い方、不足部品の調達などなど、ご指導頂けませんでしょうか?
この他にもスピグラ(英語版取説、付属品一式、ケース付き)を1台、クラウングラフレックス6*9を1台持っています。
よろしくお願いいたします。なお、自宅は「代官山」勤務先は「六本木」です。



T.Kubo ミニ・スピグラ
09月04日(火)14時34分

 以前話題になりましたのでミニアチュア・スピグラなら、ここを見ている方に
もユーザーは多いと思います。ミニアチュア・スピグラは私も所有しています。
このwebでも紹介しています。
 原型のままではフィルムの問題で撮影は困難かと思われます。そのため、バック
に6x9cmロールホルダーを取り付ける改造方法もありますが、あまりスマートでは
なくお薦めできません。どーしても撮ってみたいときはスピグラのホームページの
どこかにこの改造の方法が出ていたと思います。http://www.graflex.org
 私は長くスピグラをやっていますので、あるとき純正部品として売られていた
6x9cm用のグラフロックバックを手に入れました。これを今のミニチュア・スピグ
ラのバックと交換して撮影を可能にしています。
 余談ですが、当時4x5inchのグラフロックバックも純正部品として売られていまし
た。これは古いグラフィックバックのスピグラやグラフレックス(SLRカメラ)のバ
ックと交換すれば、現在の4x5inchの標準バックが使えるようになります。4x5inch
の方はカメラショーなどで時々見かけますが、6x9cm用は滅多に見ません。
 シャッターは、もう一つ下に小さな窓があって、ここに数字が表示されている
筈です。この数字はシャッターのテンションを決めるものです。0,T,A,B,
C,Dのうち、Tはタイム、A,B,C,Dはフォーカルプレーンのスリット幅を
決めるものです。レンズシャッターを使うときはOの位置にします。シャッタース
ピードはテンションとスリット幅で決まります。カメラのどこかに換算表が付いて
いると思いますので、これを見て組み合わせを選びます。
 フィルムさえ何とかなれば安くて面白いカメラです。T.Kubo



T.Kubo ↓
09月04日(火)18時19分

 今、グラフレックスのサイトに行ったら、改造方法は以下のページに
有りました。
 http://www.graflex.org/speed-graphic/graphic-back-conversion.html
T.Kubo



齋藤 紀治
09月05日(水)13時06分

T.Kubo様
ありがとうございました。



kan BRAUNというカメラについて
09月09日(日)11時49分

以前にバルダについて教えていただいたkanと申します。

ジャンクセットの中にあったカメラについて、教えてください。
35o目測式の固定鏡筒カメラです。
軍艦部には BRAUN NURNRERG とあるのでドイツ製だと思います。
レンズには Steinheil Munchen (uはウムラウトあり)
Cassar 1:2.8/45mm

ブラウンのものと思いますが、写真でも見たことがなく、いつ頃の
どんなカメラか知りたくて書き込みました。よろしくお願いいたします。
     



T.Kubo Braun
09月09日(日)18時13分

 もう少し情報がないとよくわかりません。
 Steinheil Cassar 45mmF2.8でシャッターがVero、プロンターか同SVSの
どれかなら ニュールンベルク ブラウンのGloriette というカメラかも
知れません。もしそうなら1954年ころのカメラです。では、T.Kubo




kan T.Kubo様
09月10日(月)00時17分

情報ありがとうございます。なにせジャンクでシャッター(プロンターでした)その他不動、で現在シヤッター部はシンナー漬けになっています。外観も痛んでいてわずかにメーカー名らしきものしか判読できませんでした。
おっしゃるとおりに読めますので、間違いないと存じます。ありがとうございました。



T.Kubo ブラウンのGloriette
09月10日(月)02時07分

 価値はともかく珍しいカメラなので、直して写してみられる
ことをお薦めします。35mmカメラを目測で撮るのも面白い
かも知れません。では、T.Kubo



西尾 ANSCO V.P No.2
09月18日(火)17時14分

久々に書き込みさせて頂きます。
新規にANSCO V.P. No2が出てきたのをみて、性懲りも無くRITZでゲット
Hpに書かれているのとは細部が多少異なります。レンズキャップの裏に何も無い(剥がれたか)、レンズキャップのヒンジ側の裏に何やらレバーが有りますが、何でしょう?
TとBが同じ動きになっている??らしい。圧板はなくソリのような長いスプリングがあります。
カメラを手で持つ為のベルトが無い(取れた跡も無いので端から無かった?)
裏ブタにかなりのガタが有り光漏れが心配、革にWPCとかなり深い彫り込みがあります。
アメリカのお父さんはカメラを買うと家に帰ってすぐ、裏の納屋から錆びた釘を持ち出し、名前を彫り込むような習慣が有るのでしょうか?状況が眼に浮かぶようで、なんとも微笑ましいセットです。
直立させる為の足は長く2段伸ばしにはなっていない。残念ながらファインダー??鏡面がボロボロ(垂直、水平とも)でほとんど見えないなどです。とにかく掃除の跡で1本撮ってみます。NO.2と言うことはNO.1,No.0も有るようなので探してみます。
西尾



T.Kubo ANSCO VP
09月18日(火)20時25分

 西尾さん、しばらくです。大したカメラではないページを見ていただきありがと
うございます。当時120フィルム対応機種は少なかったようです。たまたま転が
り込んできたカメラですが、造りはなかなかのものです。この種のカメラは4本の
棒でレンズボードを安定に保持できるものか、長いあいだ疑問に思っていました。
しかし、実にしっかり固定されるのには驚いています。その先にヘリコイドですか
ら蛇腹カメラの機構としては珍しい部類に入ると思います。このカメラは、蛇腹に
一箇所だけ皮が薄くなって光が漏れているところがありました。近く撮ってみるつ
もりです。実用には程遠いカメラですが、こんなカメラだからこそ撮ってみたくも
なります(私の悪い癖)。
 古いカメラはわかりませんが、アメリカの兵隊さんは海外でゲットしたカメラに
通関前に自分の名前を彫ると、own use ということで税金がかからないと聞きまし
た。ライカにも平気で自分の名前を彫ったようです。昔何台もアメリカの店頭でみ
たことがあります。では、T.Kubo



と 2×3スピードグラフィック
09月25日(火)12時35分

こんにちは.
 この掲示板の過去ログに触発されて 2×3スピードグラフィックを入手しました.
グラフロックバックが付いていること,無限遠ストッパーを簡単に越えられること
から,ペースメーカーかと思います.
 ボディシャッターの切替スライドが機能していなかったので,側面のパネルを外して
取付けなおしたら,ワイヤー取付け部は動くようになりましたが,残念ながらワイヤー
が切れていました.
 レンズボードにははエクター101mm/コダックスーパーマチックがついています.
このレンズボードが取り付く部分の上部に三角形の突起のついた金具がついていて,
そこから8mmくらいの小さなリンクを介して円弧状のリンクが下がっています.
その先の丸穴はレンズシャッターのレリーズレバーに引っかかるようなのですが,
反対側の小さなリンクはどこともつながっていません.
 質問なのですが,
1)この小さなリンクとレンズボード側面の棒のようなものをつなぐ部品が元々はあったと
 思うのですが,これにつきまして何か情報はありますでしょうか?
2)ボディシャッターのワイヤーは取付け部分から切れているので,この端を取付け
 なおせばよいと思うのですが,蛇腹が邪魔して手や工具が入りません.
 蛇腹の本体側を簡単に外す方法はあるのでしょうか?

よろしくお願いします.



Y.Sugiyama RE:2×3スピードグラフィック
09月26日(水)11時47分

> このレンズボードが取り付く部分の上部に三角形の突起のついた金具がついていて,
    ---中略---
> 1)この小さなリンクとレンズボード側面の棒のようなものをつなぐ部品が元々はあった
> と思うのですが,これにつきまして何か情報はありますでしょうか?

診たてが外れてましたらごめんなさい!!
電気信号でシャッターをレリーズする「電磁ソレノイド」だろうと思います。
現在は製造されてないと思われますが「フラッシュバルブ」という電球のよう
なストロボより前の、いわゆるフラッシュを焚くグラフライト(グラフレック
社規格のフラシュガン装置)にあるリモート端子から専用のケーブルでソレノ
イドの端子に繋ぐと、フラッシュガンのレリーズボタン(電気スイッチ)を押
すとシャッターが切れるというもので、レリーズ単独でも、フラッシュと同調
しても使える優れものだったらしいです。
私のクラウンには、現物が付いてないので、推測ですがーーー
フラッシュガンとそのケーブルは探せばあると思いますが、電球(バルブ)が
製造されてないのと、シャッターレリーズとのリンク部品のみの在庫は無いと
思います。

> 2)ボディシャッターのワイヤーは取付け部分から切れているので,この端を取付け
>  なおせばよいと思うのですが,蛇腹が邪魔して手や工具が入りません.
>  蛇腹の本体側を簡単に外す方法はあるのでしょうか?

ペースメーカモデルは、本体のフィルム側の裏窓にジャバラ末端の金属枠を曲
げてカシメて?(圧着して)あると思いました。
外すべからずです。無理すると再取り付け後が見苦しいばかりか、光線漏れに
なる可能性が有ります。
センチュリーグラフィック23はネジ4本で簡単に外し再取り付けが出来ます。

私の場合はレンズスタンダードを前方に引き出し、レールから抜き取った状態
でカメラを上下逆さまにしてジャバラをブラブラ状態にして、長い軸のドライ
バーで外しました。再取り付けは非常にイライラします。
指一本が入るかどうかです。手は入りません。
ドライバーに磁力を与えて、ビスを吸い付けて組み上げて行くしかないです。
ピンセットなどでジャバラを突つかないようにです!!
外す前に、現状を正確にスケッチしておく必要が有ります。
ひとつ外すごとに、ワッシャーとかビスをそのスケッチにセロハン止めして矢印
を正確に記述しておかないと、徹夜するぐらい結構悩みます。
乾燥しきった木製ボデーなので、ネジは締めつけ過ぎないよう注意です。



、ネ RE:2。゚3・ケ・ヤ。シ・ノ・ー・鬣ユ・」・テ・ッ
09月26日(水)22時14分

Y.Sugiyamaさん、ご教示ありがとうございます。
> 電気信号でシャッターをレリーズする「電磁ソレノイド」だろうと思います。
> シャッターレリーズとのリンク部品のみの在庫は無いと思います。
そうなると、これを復元するのは厳しいですね。
別の人から教えた頂いた、ロッドからアームを出す方式で自作してみようと思います。
>外すべからずです。
>レンズスタンダードを前方に引き出し、レールから抜き取った状態でカメラを
上下逆さまにしてジャバラをブラブラ状態にして...
これで行こうと思います。
実はぶらぶら状態まではやってみたのですが、不安になって戻しました。
先駆者がいて安心しました。
どうもありがとうございました。うまく行きましたらご報告申し上げます。



と RE:2×3スピードグラフィック
09月28日(金)07時37分

こんにちは.
前の記事のタイトルが文字化けしていたようですみませんでした.
その後のご報告です.

蛇腹はボディ側は外すべからずということでしたが,よく見たら
フロント側が外れることに気づきました.
レンズボードを止めるねじを抜いてフロント側を外し,その後
レンズスタンダードを前方に抜いたら,楽にドライバーが入りました.

リンクの方は,よく見ると三角形の突起のついた金具にねじ穴が2つ
あいていますので,ここにソレノイドが付くのかもしれません.
このねじ穴を利用して適当なソレノイド(あればですが)を取付けて
リンクと接続すれば動作可能になるかもしれません.

フラッシュガンはカメラを購入したときに付いてきました.
ガンの筒(ハンドル?)にソレノイドと記述のあるコネクタ
(なんと普通の電源プラグがささります.)があるので,
筒上部の赤い押しボタンスイッチを押すとここに通電されるのでしょう.

こちらの方法で気長に作業しようと思います.

では.



Y.Sugiyama RE:2×3スピードグラフィック
09月28日(金)10時01分

と、、さん、、こんにちわ。

>フロント側が外れることに気づきました.
そうなんです、ワッシャーの挟み込み位置とか、、び、、みょう・・・
なんで説明を省略してゴメンナサイ。

>リンクの方は,よく見ると三角形の突起のついた金具にねじ穴が2つ
私のもこの部品がついてます。
丸型のソレノイドが枕のように付いてる写真を見たことがあります。
輪っかのような部品も付いてましたけど、シャッターのレリーズレバーとの
連結部分は部品が欠落してたようで完動品は見たことがありません。

>別の人から教えた頂いた、ロッドからアームを出す方式で自作してみようと思います。
コパル#0番シャッターとかの交換レンズを使い出すと、レンズボード側の
ボデーシャッター機構が邪魔になります。
私のクラウンは外して使っています。



と RE:2×3スピードグラフィック
09月28日(金)14時59分

> ワッシャーの挟み込み位置とか、、び、、みょう・・・
ねじ→スプリングワッシャー→平座金→スライド板→平座金→本体
でしょうか.

> コパル#0番シャッターとかの交換レンズを使い出すと、レンズボード側の
> ボデーシャッター機構が邪魔になります。
私の現状の状態でもレンズシャッターにレリーズを取付けようとすると
ロッドが干渉します.
ボディシャッターからワイヤーでレンズシャッターを駆動するように
しておいて,ボディシャッターにレリーズを取付ければ良いわけではありますが...



にしお ANSCO V.P.No.2その後
10月01日(月)10時34分

T.Kuboさま
ANSCO V.P.No.2 ネガですが1本撮影してみました、予想どうりすごい光線漏れでした(ネガの両端に)。裏ブタの上下はまあまあですが、両端のかみ込みが少ないのでこの辺かなと思います。それと赤窓も疑われます、なにせ蓋がないので(120は裏紙があるから大丈夫?)光線漏れの無い部分はコントラストも充分で、ピントもバッチリでとても1900年代の初めのセットとは思えない写りです、この件はあと少しつめてみます。また対策のヒントでも有りましたらご教授ください。
スピグラ談義の間に割り込みすいません。
西尾



T.Kubo ANSCO
10月01日(月)18時26分

 西尾さん、撮ってみたそうで報告有難うございます。私はこの手のカメラになる
とどう写るか、そればかりが気になります。同好の士がいることは心強い限りです。
 光漏れは、赤窓からのときは薄い霧のような円形(ISO400で)、蛇腹のピンホー
ルからのかぶりは白い強烈な雲のようなものがプリントのある部分に写ります。か
すかなピンホールのときは霧のような白です。カラーでも白く写ります。蓋からの
光漏れは強烈な赤が伴いますのですぐわかります。
 蛇腹のピンホールは裸豆球を蛇腹の中で点灯し外からみるとかすかなピンホー
ルでも簡単に発見できます。夜電気を消してチェックしてみると、あるわあるわ、
私のANSCOも酷いもんです。これを直したらテスト撮影をしてみようと思います。
 では、T.Kubo



にしお 真っ赤です
10月02日(火)09時34分

T.Kuboさま
真っ赤です、フレームの両端に20〜30mmにもなる、強烈な赤色です。
裏ブタ全体が取り外せる構造のため、モルトプレーンを貼るスペースが有りませんね。
当面外部からガムテープ(乱暴ですが粘着力の弱いものを探して)でも貼って再度挑戦してみます。ご教授ありがとう御座いました。
西尾



T.Kubo
10月03日(水)00時23分

 西尾さん、このカメラの構造からボディの両サイド(長方向の)が弱そ
うですね。
 パテントローレックスというホルダーは、両サイドの内側にフィルムを
取り巻くような黒の長い布が貼ってあります。そこまでしなくても5ミリ
くらいの幅でフィルムをガードするモルトプレンを内側に貼れば大丈夫だ
と思います。Galleryにその様子を載せておきました。
 こんなもんでうまくいくかどうか・・・、ご参考までに。
 私はというと、まだ蛇腹のピンホールに苦闘中です。では、T.Kubo



にしお ありがとうございます
10月04日(木)13時15分

T.Kubo さま
ありがとうございます。
とりあえずこの日のために用意しておいた、真っ黒なネガフィルム(単なる失敗作)を5mmほど上に出るように本体側に貼りました、これで挑戦してみます。
西尾



TOMMY KING 初めまして。
10月04日(木)14時28分

父から たまたまMEC16 SBというカメラを 貰いました。
カメラのことは良く解かりませんが、検索で こちらを拝見させて
頂き、大変興味深く読ませていただくと共に参考にさせて頂きました。
はじめての訪問で ぶしつけに質問するのも大変失礼かと存じますが
二、三質問させてください。

1.MEC16 SB(写真)は1957年に発売された16mmカメラであるとありますが
  大体、何年間ほど販売されていたのでしょうか。
2.販売価格は 日本円に換算するといくら位の価格なのでしょうか。
3.MEC16 SBのフィルムを入手するには、国内ではどのような方法で買えるのでしょうか?

大変、すいませんが、教えて頂けると有りがたいです。



T.Kubo MEC16
10月04日(木)23時32分

 現在、16ミリカメラはフィルムやDPEがないのでコレクションか単な
る飾りとしての価値しかありません。モノクロの16ミリフィルムはま
だ供給されているようですが、私は自分で他のフィルムをカットして
ミノルタ16の撮影を楽しんでいます。モノクロなのでDPEは全て自分で
やっています。

 MEC16は、専用のダブルマガジンが必要で、しかもフィムルはパーフ
ォレーション(送り穴)付きなので、もしマガジンがあっても撮影は
不可能だと思われます。WEBの作例はフィルムを1枚だけカメラに入れ
て撮ったものです。殆ど文献のないカメラなので何年くらい販売された
かは不明です。値段のことはよく分かりませんが私は確か20ドルくらい
で買いました。何年も前のことですが。では、T.Kubo



TOMMY KING T.Kubo 様
10月04日(木)23時58分

情報教えていただいて感謝します。やはり飾りでしたか…。有り難うございました。



T.Kubo アンスコVP
10月10日(水)14時10分

 アンスコVPでモノクロを一本撮ってみました。蛇腹のピンホールは
時間をかけて潰したので光漏れは有りませんでした。シャッターの調
子がいまいちで、カットによって露出がかなり違っています。このカ
メラは反射ファインダーしかないので、実際に使ってみるとホールド
が悪く、慎重に撮らないとカメラブレを起こします。
 フィルムのせいもありますがコントラストが低く、このレンズは人
物撮影に向いているかも知れません。使用フィルムはネオパンSS(IS
O100)、D76の現像でフィルムから直にスキャーナーで取り込みました。
折角なのでwebに作例とし載っけておきました。85年前のレンズです。
再度トライして入れ替えるつもりです。では、T.Kubo



シグマ ニコマートについて
10月12日(金)09時04分

ニコマートFTNを愛用しています。実はファインダースクリーンを交換したいのですが、ニコンFなどに使われているスクリーンは流用できるのでしょうか?
それと、それ以外にも流用できるスクリーンがありましたら、教えて下さい。
(もしや、現行のMFニコン用のスクリーンがつかえるのでは?)



シグマ 追加
10月12日(金)09時11分

一応、関東カメラサービスに依頼しようかと思ったのですが、カメラを自分で分解してみたい欲望、それに、カメラの解体設計図と手順書が本屋にて販売されていることから、お金の節約にもなると思い、自分で交換しようかと考えています。(実はミラーアップ用のスポンジの劣化で溶けたスポンジがスクリーンに付着してしまいました。中性洗剤希釈液とレンズクリーナを用い、レンズ用ペーパー、綿棒などで丹念に拭きましたが、まるで女性の使う油取り紙の油付着部分とそうでない部分の透明度のムラのように、スクリーンにも透明度の各所ムラができてしまいました。撮影には問題ないと思うのですが、覗いていて不快感があります。それに露出計に誤差が生じてしまうのではないかと心配です)



T.Kubo ニコマート
10月14日(日)00時41分

 シグマさん、今晩は。私はニコンにはあまり詳しくないので知り合いの
修理家に聞いてみます。
 このWEBのニコマートFTNは私の愛機です。最近はフィルムを通すことも
なく、たまにシャッターを切ってみるくらいで少しかわいそうな気もしま
す。マニュアル一眼レフでは、ペンタックスSPFとならんで使いやすいカ
メラのひとつだと思っています。最近はずっしり重いのも長所のように思
えてきました。一度、コパルスクェアが噛んでしまってニコンに修理を依
頼しましたが、部品がないとかで丁重に断られました。人形町のNカメラ
サービスで直してもらいました。十年以上も前の話です。以後故障はあり
ません。丈夫なカメラですね。では、T.Kubo



Y.Sugiyama RE:ニコマートについて
10月14日(日)11時19分

シグマさん、始めまして、、、
ニコマートFTNは使ったことがないので、ごくごく参考までと言うことで、、、
1974年版「ニコン・テクニカルマニュアル」によると、ニコマート系はファ
インダー・スクリーンはA型・J型の選択固定で、自由交換が出来ないとなって
ます。
同マニュアルから「焦点板およびペンタプリズム部は鋼板プレス部材の箱型部品
に組み込まれて、ミラーボックス部にビスで固定されている。」となっている。
ファインダーカバーが独立して外せないと、カメラ軍艦部カバー全体を取り外さ
ないといけないのかも知れません。
フィンダーのプリズム部に露出計のセル・指針と付近にシャッターダイヤル表示
メカが有りそうです。
スクリーンは‘F’型と同一規格かどうか記載がありません。
フレネルレンズとスクリーンが外れて、そのサイド面に反射防止塗料が塗ってな
ければ、それぞれ超音波洗浄(お湯)で奇麗になると思われますが。
超音波洗浄は十字や方眼マットとかの塗料も剥がれるので注意が必要です。
剥がれると僅かな塗料(墨?)を入手しないといけない??です??
同型のジャンク品で徹底的に練習・熟知後に手を付けられてはいかがでしょう!!
プロに修理に出すのが一番ですね、仕上がりにイマイチの修理もありますけど。
これは、パソコンの修理なんかも一緒ですね。当たり外れ有りです。



シグマ
10月19日(金)03時45分

有難うございました。
モルトの交換だけはネット上で紹介されていた方法で2mm厚の黒スポンジを両面テープで固定しました。
スクリーンについては多少のムラがあるものの実用には問題ありません。
とりあえずはこの状態で撮って行きたいと思います。
ジャンクニコマートが手に入り次第、分解作業の練習をするとします。



伸 イコンタシックス520/16
10月23日(火)04時28分

初めまして。伸と申します。いつも皆様のお話を興味深く拝見させていただいております。
さて、手元にイコンタシックス520/16というスプリングカメラがあるのですが、ネットで調べると、521/16は見つけたのですが、私のは520/16。同じイコンタシックスでも、いろいろあるのでしょうか?レンズはtessar 1:3.5 f=7.5cm carlzeiss jena とあります。シャッターはcompur-rapid、t,b,-1/500秒までありますが、ちょっと不調です。大体いつ頃のものかご存知でしたら、どなたか教えてください。
1950年ごろのネッターUを持っていますが、ボディはまったく同じですね。たすきと軍艦部が違うだけです。
余談ですが、このネッターの皮ケースの内側にも、名前、軍人を特定する番号のようなものとU,S,ARMYと書かれていました。朝鮮戦争に従軍したかもしれませんね。



T.Kubo イコンタ
10月23日(火)07時49分

 イコンタの520とか521はツアイスイコンの製品コードです。年代によって
数字が増えていきます。520/16は1936年頃、521/16は1938年の発売です。蛇
足ですがスラッシュの後の数字がフィルムと画面サイスを示します。/16は
120フィルム6x6cm判、/2は6x9cm判、スラのないのはセミ判です。
 両者の違いは後者に二重撮影防止機構が付けられたことです。このためフ
ィルム巻上げノブの位置が下から上に移り、デザイン(ルックス)が異なっ
ていますがカメラ性能はあまり変わりません。たしか520は前蓋が横開き、
521は上下開きではなかったかと思います。では、T.Kubo



伸 イコンタシックス
10月23日(火)10時19分

T.Kubo 様 ご回答ありがとうございました。夜中の4時に質問して、7時には答えが出るなんてすごい世の中ですね。この掲示板では、幅広く知識をいただきT.Kubo様をはじめ皆様に感謝します。
1936年の発売なら、ベルリンオリンピックを見ているかもしれませんね。ヒットラーなんかも写していたりして。なぜまわしながら想像たくましくしている次第です。
これからもよろしくお願い致します。ありがとうございました。   伸 



スポットフォトサロン リバーサルで楽しむ クラシックカメラ展
10月23日(火)13時02分

突然の書込み、失礼します。
宣伝ですので、場にそぐわないと思われたら、削除してください。

東京銀座のスポットフォトサロンでは、
「リバーサルで楽しむ クラシックカメラ展」の出展者を募集しています。
興味のお有りの方は方は、ぜひホームページにお越し下さい。

http://www.spotshokai.co.jp/



T.Kubo イコンタ
10月23日(火)20時54分

 イコンタ520/16は写真で見るとベッドは前開きでした。
 イコンタシックスは蛇腹の孔とスローの粘り以外故障する箇所がないと
言ってもいいカメラです。本来コンパーラピッドは後のシンクロコンパー
に比べて経年による粘りの少ない、安定に動くシャッターです。RF(連動
距離計)が無い分目方が軽くコンパクトで、ファンダーはスーパシックス
より明るくて実用的です。目測による距離合わせは失敗が多いように思わ
れがちですが、実際にやってみると失敗は少ないものです。花など至近距
離で絞りを開けて撮る場合を除いて十分実用になるカメラです。もともと
蛇腹カメラは近接に弱いものです。何処にでも持って行ける蛇腹カメラを
お楽しみ下さい。では、T.Kubo



K.Ishibahsi Topogon 25mm
10月24日(水)20時00分

e-Bayのオークションにトポゴン25mm/f4が出ていたのでどのくらいの値段で
落札されるのか興味深く見ていましたが、結局最低落札価格に届かず流れて
しまいました。 入札者も4人しかおらず、多分気がつかなかったのではないか
と思います。 日本だと幾らくらいするのでしょうね。多くのコピーレンズを
出現させたレンズで800本しか製造されなかったと聞いています。
時々買う心算もないままにオークションを見ています。



T.Kubo キヤノンレンズ2題
10月25日(木)00時09分

 トポゴンを使ったことはありませんが、仰せのコピーレンズ、キヤノン
25mmF3.5を昔使っていました。後ろにガラスを1枚加えてF3.5にしたレン
ズで本家より明るいという評判でした。シャープなレンズですが周辺光量
は相当落ちたように記憶しています。友人に譲って今は持っていません。

 誇りだらけのボール箱を開けてみたらキヤノン35mmF2が出てきました。い
つの間にか姿が見えなくなって誰かに譲ったかもと思っていたので得した気
分です。十数年ぶりの再会です。4群7枚のなかなかのレンズですが、カラ
ーだと少し黄色味を帯びます。
 Galleryに入れておきました。
 時間のある方は見てください。T.Kubo



Y.Sugiyama RE:Topogon 25mm
10月26日(金)07時46分

トポゴンは4群4枚のレンズ構成で当初開放がF6.3だったのに135カメ
ラ用25mmはF4なんですね!!ニコン25mmもF4らしいです。
中判・大判用のトポゴンコピーはF6.3付近のままですが、、、
 マミヤプレス  セコール   65mmF6.3
 ゴルツ     レクタゴン  75mmF6
 山崎光学    WAコンゴー 90mmF6.3
         〜多数〜
この他、4群4枚ですけど凸凹の曲面カーブの具合がちょっと違う、、、
 コダック    WFエクター100mmF6.3
 ウオーレンザックWAラプター 90mmF6.8
         〜多数〜
簡単なレンズ構成ですけど結構良い写りをします。
残念ながら中判・大判用は開放Fを明るく出来なかったようですね!!
マミヤプレスセコール65mmF6.3をヘリコイドから取り外してつかって
ますが、開放F6.3より開けてF5.6ぐらいにしただけでボケボケになっ
てしまいます。



Katsumi Ishibashi Topogon 25mm
10月26日(金)22時14分

Sugiyamaさん。
トポゴンは名前の由来が地形撮影用の航空写真レンズであったことにあるそうですが、
当初は大型レンズだったと聞いています。Sugiyamaさんの専門分野ですね。
プレスセコール65mmがトポゴンコピーだったとは知りませんでした。プレスセコールの50mmは昔随分使いましたが、これはレトロフォーカスタイプでした。
135用のトポゴンコピーで入手しやすいのはOrion 15 28mmです。$100一寸でたくさんでています。Classic Camera 18(2001年5月)にトポゴン特集がでていて大変興味深く読みました。
キャノン25mm・f3.5も出ていました。本物でもコピーでもいいから一度使ってみたいものです。



Y.Sugiyama RE:Topogon 25mm & レフ板事件!!
10月28日(日)16時03分

Ishibashiさん、どうもです、、、
トポゴン(コピー)は軽くてコンパクトなのがとりえです。
イメージサークルがギリギリなので、中判・大判でのアオリ撮影は出来ないん
ですが、バッグに忍ばせておくと思いがけないときに重宝します。
最大の欠点は周辺光量の落ちが激しいことです。
青空バックで光線の角度によっては顕著に出ます。

昨日、NYのブロードウエイの中古カメラ店からクラカメが到着して、、、
嬉しいんですが、大騒ぎの「粉」が紛れ込んでないかチョット心配です。
レフ板(ミラー)がカビやら埃やらで汚れてたので、早速メンテに掛かったら
なんと、ガラスの表面に鏡のコーティングがしてあって、不用意にこすって、
一部剥がれてしまって涙、涙、涙です。
まあ、実用上は我慢できる程度だったので、また、ひとつ勉強になりました。



kudo www.cameraguild.co.jp/bellwood/html/FOOL.htm
10月29日(月)09時19分

工藤です.お久しぶりです.
朝からとんでもない話ですが、カメラギルドのk-suzukiさんのページがsadmind/IIS Wormに感染しています.(ページが書き換えられた!)
カメラギルドのサーバー自体がマイクロソフト社のサーバー&IISという構成ですので、外部から攻撃され自動的にホームページを改竄したようです.
ちなみに、「このページの主催者のk-suzukiさんには罪はありません」、はっきり言えば被害者です..カメラギルドのサーバーにマイクロソフトのパッチ・修正ファイルをあてていれば問題は発生しなかったはずです.
クラカメウィルスは好きですが、コンピュータウィルスは嫌ですね.




Eppingen 教えてください
11月02日(金)07時55分

みなさま初めまして。古典カメラに興味がある初心者です。
一昨日、街を歩いていたら呼び止める感じがして、どうしても連れて行ってくれというので家まで連れてきてしまったものがあります。
EXAKTA VAREX No.711185で50/2.8のTessarが付いていました。開発途上人の私にも買える値段だったのであります。
でも使い方がよくわからない。Webに聞いてみましたが、特に右側のノブ(低速シャッターらしい)の使い方がよくわかりません。
きりょうは逆オムスビがたでお顔もドロドロ状態ですが、どこか愛嬌があります。できるだけ手入れをして長く使っていきたいと思っているのです。
どなた様か使い方を教えてくださいませ。



Eppingen わかりました。
11月04日(日)05時18分

一昨日書き込みをしたEppingenです。
EXAKTA VAREXの使い方の件です。
お休みを利用していっしょうけんめい探したら下記のサイトにありました。
お悩みのかたご参照ください。
おさがわせいたしました。

http://web.kyoto-inet.or.jp/org/mediajoy/cla_came/index.html



名古屋の足立です エドロムニ-さん有難う
11月04日(日)14時35分

 先日、名古屋市内の大塚商会(中古カメラショップ)にてフェド1(アメリカより仕入れた由、店長)を発見し衝動買いをしました。フェド1はライカDUのデッドコピーですが古い(戦前のも)ものはLマウントとの互換性がないそうです(新宿ダックヒル嘉松氏言)。当方の購入したものは、幸いな事に調査の結果フランジ・バックが28.8mmでLマウント互換でした(1954年製のフェド1gらしい事が判りました)。早速テストフイルム(RVP、ISO50)を入れ、元々付いていたエルマーコピー(50mmF3.5)とダックヒルで購入したジュピター8(ゾナーコピー50mmF2.0)を取り替えながら撮影しました。露出はCONTAX-TVSを使って合わせました。
結果はバッチリで、距離計・シャッター(1/25,1/50,1/100,1/250,1/500)共に良好でした。レンズはやはりジュピター8の方が解像度が良い結果となりました。
 田中長徳氏が『カメラはライカ』の中で【ライカ−ブランド=フェド】と言っておられる事を追体験しようと思い、夜な夜な家人の白い目と、うるさい!と言う言葉を尻目にシャッターを切っていたところ、たまに1/500がうまく動かない事を発見しました。
何とか自分で修理できないものかと思い、本ホームページを拝見したところ、エドロムニー氏のカメラリペアに関する資料がたくさんあり、特に【カメラリペアーに関する秘訣】は、何とか自分でやってみようという勇気を与えてくれるものでした。早速家人が寝静まった頃から
分解を開始し、シャッタをBにして先幕と後幕の動きを確認しながら調べ、遂にシャッタスピード変更用鎌状の部品の溝部に後幕用回転リングのピンが引っかかることがたまにある事が判明しました。引っかかる部分をヤスリで仕上たところ、極めて良好。真夜中にニタニタしながら中古カメラのシャッタを切り続けていました。しばらくこのフェドを楽しみたいと思っています。
 今後は、更にテキスト等を購入し知識を深めたいと思いますのでよろしくお願いします。
又、色々教えてくださった先輩ならびに本ホームページの主催様、有難うございました。
 
 



T.Kubo FED1
11月04日(日)21時57分

 FED1は私の好きなカメラのひとつです。夜な夜なトライして直った感激は
ひとしおでしょう。ロムニーブックをご愛読頂きありがとうございます。
 FED1はライカDIIのデッドコピーで、遠くからみるとライカと見まちがう
ほどです。シャッター音はFED1の方が静かに感じています。私のFED1はRFの
ローラーがカムになっているためレンズよっては使えないものもあります。
特にキヤノン135mmやニコン105mmの長い玉はダメです。また、アイレットが
ないため使うときは専用ケースで首からぶら下げています。このアメ色の専
用ケースはごつくて頑丈にできています。本来は裸で吊りたいところです。
 付いているレンズはFED50mmF3.5で、これはエルマーのデッドコピーです。
性能はエルマーとあまり変わらない印象ですが、コントラストは少し高いよ
うです。散歩用カメラとして最適ですね。楽しんでください。では、T.Kubo



いかほ 彼がその時着ていたのは、、、
11月08日(木)04時42分

皆さんお久しぶりです。
昨日Elliot Erwittさんの写真集Snaps発表に伴うレクチャーに行く機会があり、1945年頃からの作品をスライドショーで見ました。
その中の一枚にヌードコミュニティーの写真があり、観客の一人から
『あなたはこの時何か着ていたのか?』と聞かれ、Erwittさんはちょっと間をおいて
ただ一言『ライカ』と答えたので会場は爆笑でした。
作品ではケネディ、ゲバラ、モンローの写真等と共にロバート キャパのお母さんが
息子のお墓参りをしている写真が印象的でした。



と 23スピグラその後
11月15日(木)07時32分

Y.Sugiyamaさん,みなさん,こんにちは.
23スピグラのその後についてご報告します.
ボディシャッターはいったん直しましたが,レリーズと干渉するので
結局はずしました.
レンズシャッターも動作が不調だったので,ロムに−ブックを参照して
調整しました.
フィルムバックはマミヤRBのものが比較的安価で入手しやすかったので
これにしました.
デザインも含めて純正品のようにフィットしています.
ダークスライドの爪がカメラ本体と干渉しましたのでこの部分のみ
修正しました.
テスト撮影をかねて休日に子供たちを連れて森林公園にピクニックに
行ってきました.
露出計がわりの一眼レフを小2の娘に持たせていたら,カメラじいさんが
声を掛けてくれました.
マニュアル一眼レフでがしがし撮っている小2の娘とスピグラおやじの
組み合わせも面白かったかもしれません.
フィルムはリバーサルを使いましたが,出来上がりは私にとって満足のいくものでした.
以上,ご報告でした.



Y.Sugiyama RE:23スピグラその後
11月16日(金)10時07分

と、、さん、、こんにちわ。

>フィルムバックはマミヤRBのものが比較的安価で入手しやすかったので
これは正解かも知れません。23スピグラの6x9ホルダーで150mmぐらい
の長焦点レンズを使うと横右側がジャバラで‘ケラレ’る状態になります。
撮影の都度、ジャバラを手前(レンズ側)にシゴクように引っ張り出さなけれ
ばなりません。新品の時にはこんなことはなかったのでしょうが!!

桜は紅葉してましたか、手持ちで‘がしがし撮って’いたんでしょうか!!
エクター101mmF4.5はちっちゃいけど結構よく写ります。
フジのダイレクトRPの2L判(安価)にプリントすると見応えがあります。
さすが中判という画質ですね。

私は、クセノタール80mmF2.8なんてのを輸入してしまって、この前
試写したんですが大変良いです。大きなレンズのわりに23スピグラボデーに
ぎりぎりで格納できます、、優れものです、、、



と 紅葉
11月16日(金)12時41分

Y.Sugihayaさん,みなさん,こんにちは
きれいに紅葉していました.
そのときの写真を
http://www07.u-page.so-net.ne.jp/xa2/ytokita/cam/speedgraphic/redleaves.jpg
におきましたのでよろしければ見てやってください.

がしがし撮っていたのは小2の娘の方で,わたしの方は三脚につけて
レリーズでおとなしく撮っていました.

では.



Y.Sugiyama RE:紅葉
11月17日(土)14時04分

と、、さん、、どうもです。
紅葉、、拝見させていただきました。素晴らしいです。
23スピグラ、、ピカピカに磨きあげてますね。うふふふ、私も磨き好きで、
磨き過ぎてしまって距離計の塗装が剥がれたところもあったりです。
やはり、電磁ソレノイド取り付け用の部品が付いてますね。私のと同じです。

交換レンズ地獄に走られるようでしたら、次のカメラ屋さんにレンズボードが
あります。アルミ板で自作も簡単ですけど!!
http://www.mpex.com/GRAPHIC_ACCESSORIES.HTML
2x3 Blank Pacemaker Board, NEW    $19   30GRXX-40000

もうちょっと安いのをお探しでしたら、、
http://www.acecam.com/used-cameras-3.html
でも、あとこち探してるうちにネット代金がかさんでしまいますが、、

マキナ67もお使いのようで、、上高地にもお出かけのようで、、なんか私と
似てる機材・撮影環境ですね。
文化の日に上高地に行ってきました、あいにくの空模様で、紅葉も僅かに残る
のみとなってて、晩秋の寂しげなシンシンと冷える梓川が撮れました。
河童橋からだと6x7横位置の80mmの画角はいいですね。100mmだと
横位置ではちょっと窮屈になってしまって!!



と 磨き
11月17日(土)21時06分

Y.Sugiyamaさん、みなさん、こんばんは。
> うふふふ、私も磨き好きで、
> 磨き過ぎてしまって距離計の塗装が剥がれたところもあったりです。

むふふ、、、失礼しました。実は私も同じような経験があります。
私の場合は指の指紋がなくなってしまいました。(すぐに自然治癒しました)

さて、写真をご覧頂きましてありがとうございます。
私の場合、露出とピントが合うとそれだけで満足してしまうような所があります。
作品を作ると言うよりも、古いカメラがどんな写りをするのかに興味があります。
写真機としてのメカそのものに関心があると言う事だと思います。
オーディオ趣味の人で、音楽を聞くよりも音を聞くと言うのに近いかも知れません。

私は安価な物しか買わない(買えない)と言う事もあって、通販などで古いカメラを
購入すると大体どこかに不具合があって、よせばいいのに自分でばらしてしまいます。
分解していく途中で段々シリアスな状況(戻せるだろうかということ)になりますが、
不思議な事に必ず何とかなります。

webサイトをお教え頂きましてありがとうございます。見ているだけでも楽しめますね。
昼休みの巡回先が増えました。

マキナ67は家内の父から貰いました。結構重いですが、畳むとコンパクトでハイキングには
重宝します。解像度も素晴らしいと思います。
あの写真は会社の山歩きサークルで乗鞍に行った帰りに寄ったときに手持ちで撮りました。
上高地は初めてでしたが、素晴らしい天気でラッキーでした。

クセノタール80mmF2.8購入おめでとうございます。
様々なレンズが容易に取り付くというのもこの種のカメラのいい所だと思います。
私は引き伸ばしレンズでの撮影に挑戦してみようかと思っています。(当分先の話ですが)

では。



Y.Sugiyama RE:磨き
11月20日(火)09時28分

と、、さん、、おはようございます。

センチュリーグラフィック23と言うのがあって、レッドベローズ・グレー
ボデーモデルと言うのが多いんですが、グレーがなんとも情けないく寂しげな
状態になってるのがほとんどで、私は黒く塗装してしまいました。
薄く塗ったためやや斑がある仕上がりなんですが、この斑がミリタリーの迷彩風で
結構良い雰囲気を創り出しています。

>オーディオ趣味の人で、音楽を聞くよりも音を聞くと言うのに近いかも知れません。
うーん、、、まさに私のことを言ってますね。

>私は引き伸ばしレンズでの撮影に挑戦してみようかと思っています。
この分野も多種あって奥深いです。
やや古いものでしたら「コーワ」のコーワグラフィックなんてのがたまに売りに
出てて興味があります。

でも、バレルレンズ(シャッター無し・絞り付き)のテッサー、ヘリアー、
ダゴール、コリネア、アーター(アンセル・アダムス先生ご愛用)あたりも
ターゲットに入れてはいかがでしょうか。
ただし、主にWW2前のものが多いので埃っぽくてフレアーが多いのと、カラー
バランスに問題があるのがイマイチですけど。
抜けの良い、キリキリピントだったら現代のレンズだと思います。

23スピグラのジャバラ伸びとレンズボードサイズから、80mm〜150mm
ぐらいが使いやすいと思います。フランジの形によっては180mmF4.5だ
と大きすぎかも知れません。



と re: 磨き
11月23日(金)22時46分

Y.Sugiyamaさん、みなさん、こんばんは。
色々教えて頂きましてありがとうございました。
今週、ずっと出張で、キオスクで買ったアエラにエボニーの
カメラの記事がありました。
大型カメラがこういう雑誌にもでるのですね。



H.I 4×5スピグラの23用ロールバックについて
11月25日(日)15時45分

初めて書き込みいたします。
実は、4×5のスーパーグラフィックかピースメーカーモデルの中古を
購入しようと思っているのですが、ついでにブローニー用のROLL BACK
も購入しようかなと思ってます。
そこでわからない事があり書き込みします。
ROLL BACKには、GraflexとGraphicの2タイプがあるようですが、
スプリング バックのBODYにGraflexが付かないのは、わかったのですが、
Graflok BackのBODYにGraphicタイプのROLL BACKは、付かないのでしょうか?
それとスーパーグラフィックのレンズボードとピースメーカーのレンズボードは、
同じ規格なのでしょうか?
どなたか、詳しい方是非教えていただきたいと思います。



山崎 この場を借りてお聞きしたい事があります。
11月26日(月)00時06分

管理人様、皆様、こんばんは。山崎と申します。

知人宅で見せてもらったスピードグラフィックに感動しまして、先月、
いろいろ考えたすえ、オプター付、クラウングラフィックを購入しま
した。機能で分からない事があるのですが、距離計カバー内に豆電球
が入っておりまして、ボタンを押す事によって、ファインダー内を照
らせるのですが、どのような時に使うものなのでしょうか?暗い場所
で使うとしても、眩しいばかりで、側距ができないようです。知人に
も、その目的が分からないものですから、こちらに書き込みました。

よろしければ、ご教授、お願いいたします。



山崎 失礼しました。
11月26日(月)00時17分

下の書き込みをしました、山崎ともうします。

こちらのクラウングラフィックの解説を読みましたら、その解説にふれてました。
それを知らずに失礼しました。



T.Kubo ペースメーカー
11月26日(月)09時53分

 H.Iさん、
 一般的に4x5inchカメラのバックは全て共通です。戦後クラウングラ
フィックに初めて搭載されたグラフロックバックを元に国際標準化に
なったようです。詳しいことは省きますが4x5inchカメラのバックはペ
ースメーカーモデル(クラウンとスピードグラフィック)なら買って
きてそのまま使えます。私は、撮り枠、ポラバック、TTL露出計、ロー
ルホルダーなど現在売られている国産のものをカメラ店で買ってきて
そのまま使っています。コレクションではなく実用とい面では国産バ
ックの方が優れています。2x3ではこうはいきませんが。
 従って、スーパーグラフィックにもバックは全て共通でつかえます。
 ただ、ピングラをつけたまま横から差し込んで使う6x9cm(または
6x7cm)用ロールホルダーはピングラの金属部分に背中が引っかかって
スームズに入らないことがあります。カルメット製を愛用しています
がホルダーの背中に10mmくらいのアルミ板を付けて両方で使えるよう
にしています。
 グラフレックス(SLR)用のバックは原則的にペースメーカモデルや
一般の4x5inchカメラには使えません。
 レンズボードはスーパーグラ用ならペースメーカーモデルにも共通
して使えますが、逆、すなわちペースメーカー用のボードをスーパー
グラにつける時は工夫が必要です。ザイズは全く同じですがスライド
レバーで押さえる場所が違います。

 山崎さん、
 ペースメーカーについているユニークな機能のひとつにレンジライトが
あります。これはレンジファインダーの中に豆球を入れて、入って来る光
の代わりに、こちらから光を出して暗闇でもピント合わせを可能にする機
能です。何台かのサンプルで試してみましたが、出る光束が弱く実用にな
ったかどうかは疑問です。カラートレンジファインダーの付いたペースメ
ーカー前期モデルにもレンジライト用のアタッチメントがあったようです。

 では、T.Kubo



H.I RE ピースメーカー
11月26日(月)23時55分

T.Kuboさん
 早速のアドバイスありがとうございました。大変、参考になります。
レンズボードに関しては、過去のLOGを見せて頂いたら、こちらに
すでにでてましたね。しかし、皆さんほんとすごいですね。
レンズボードの作製からグラフロックバックの作成、またカムの作製など
驚きです。(カムの作製は、是非、詳しく教えていただきたいものです。)
私もとうとうピースメーカークラウン”スペシャル”というのをオーダー
してしまいました。スペシャルというのは、シュナイダーのクセノン135mmが
付くからなのでしょうか?とにかく到着が待ち遠しいです。
実物を見れば解決するのかもしれませんが、また疑問がわいてきました。
それは、ビューファインダーについてです。このファインダーは、マスクのない
状態のときは、何ミリの画角なのでしょうか?
また、6×7や6×9のサイズで撮る時も使える物なのでしょうか?
T.Kuboさんをはじめご存知の方またまたアドバイスお願いしたく思います。m(__)m



山崎 ご返事、有り難うございます。
11月27日(火)01時27分

山崎と申します。

Kubo様、ご返事を頂きまして有り難うございました。

こちらの掲示板は、スピグラ系の書き込みが、多いようにお見うけしました。
情報が限られている上に、大判ビギナーの私が、踏み込んだ世界が奥深いものと
知りました。時々、愚問を書き込む事もあると思いますが、これからも、よろし
くお願いいたします。

私のクラウングラフィックは、年代の割には程度が良く、世間的かは分かりませ
んが$450でした。最初の撮影では、距離計が未調整でピントを結ばず、写真
というにはお粗末な出来でした。また、トップカバーが、簡単に外せるものですか
ら、距離計ミラーを、つい、掃除しましたところ、ハーフミラーが剥げしまい、
ミラー交換と言う、痛い経験をしました。しかし、二重像の見えは、すこぶる良く
なりましたので、結果は良かったようです。

フィルムフォルダーにフィルムも入れ、次回の撮影を待つばかりです。苦労もあ
りましたが(この先も、あることでしょう)楽しみでもあります。ここで、また、
質問なのですが。

ハンドストラップは、いずれは、新しい物と交換したいのですが、手先が器用な
ら、自分で革を手に入れて作るのですが、私には難しそうです。代替え品としては、
良い物があるでしょうか?また、レンズの焦点を固定するロックレバーですが、
収納している時でも、ロックしておいた方が良いものでしょうか?



T.Kubo ペースメーカー
11月27日(火)02時48分

 H.Iさん、スピグラやクラウンに付いているビューファンダーは
裸で127mm用より少し広かったと思います。思います、というのは
このファインダーはあまりアテにならず大体の目安程度に、と思っ
た方ががっかりしなくてすみます。6x9cmや他のレンズ用には自分
でマスクを作ることができますが、いろいろ作っているうちに厭に
なります。
 むしろレンズボードにあるワイヤーフレーム型の枠ファインダー
の方が優秀です。
 私はリンホフの4x5ズームファインダーをわざわざ買って付けた
り、レンズごとに単独ファインダーでトライしたり、マスクもい
ろいろ作りました。パララックスも大きくどれもいまいちなので、
手持ちのときはフレームファインダーを好んで使っています。最初
はバカにしていたのですが、なかなかの優れモノで使い勝手はグー
です。テレタイプレンズを使わない限り視野もレンズに応じて変化
しますので。何といっても倍率はライカM3より凄い100%の等倍です
から(^_^)。

 山崎さん、ハンドストラップのスペアは見たことがありません。
付いている金具を100円ショップで売っているベルトを細工して付け
替えたらどうでしょうか。ストラップはべたべたして気持ち悪いの
もありますね。
 ベッドを畳んで、収納する時はレンズボードはロックしておいた
方がいいと思います。

 では、がんばってください。T.Kubo



と ハンドストラップ
11月27日(火)07時28分

既にKuboさんがお答えになっていますが,
登山用品を扱っているスポーツ店に行くといろいろなサイズの
ナイロンのベルトが安価に売られています.
長さを調節するための金具(プラスチックですが)もあってグーです.
数百円で完璧なものができます.



Y.Sugiyama 代用ハンドストラップ
11月27日(火)13時55分

スーパーグラフィック45の代用ハンドストラップでしたら、、、
1.手持ち撮影を快適に操作する場合・・・ホースマンFA45のストラップ
  はじめはゴワゴワしてますが使い込んでゆくと柔らかく馴染んで最高です。
2.全て三脚で撮影だ・・・・・・・・・・ホースマンVH69のストラップ
  手持ちだと小型の手の人しか差し込めないかも、、、
購入の前にショーウインドーでホースマンに付いた実物を見て、ご自分の好み
かどうかお確かめ下さい。

ペースメーカモデルの場合は、、、
縦横撮影切替(レボルビングバック)の無いペースメーカスピードやクラウン
グラフィックの場合はホースマン用だと縦位置撮影用の三脚穴を使おうとする
と、その都度ベルトを外さなければいけないので、、実用的ではありません。

お持ちのスピグラにボロボロでもストラップがあってワンタッチフック(金具)
が付いてればホースマンVH69用をお勧めします。
少し手の甲が痛いかも知れませんが、代用ということで、、、
この場合はホースマンFA45用はデザイン的に止めた方が良いです。
値段的にはレザークラフト(ハンドバッグ)屋さんで特注しても良いかも、、
この場合も金具類は今のを使うのが前提です、、、



H.I ピースメーカーファインダー
11月27日(火)23時03分

T.Kubo様
またまた適切なアドバイスありがとうございます。ファインダーひとつとってみても
T.Kubo様はじめ、みなさん色々と試行錯誤しながらチャレンジしてるんですね。
そこが、スピグラの虜になる一つの要因でしょうか?
カメラが着いたら、また書き込みしたいと思います。
使い方等また、色々とお聞きしたい事が出てくると思います。
その際は、T.Kubo様はじめスピグラを愛するみなさんのご指導を
お願いしたいと思います。



山崎 今日、撮影に行きました。
11月28日(水)01時16分

山崎です。

kubo様、と様、Y.Sugiyama様、ハンドストラップの件では、適切なご説明を頂きまして、
有り難うございました。ナイロン製は、安くて、実用的で、手間いらず・・・普段使い
には良いです。革製で見栄えのする、ホースマンVH69のストラップも気になります。
こちらは、一度、店頭で試してみます。

今日、平日でしたが、クラウングラフィックを手に、撮影に出かけました。私は、往年の
報道カメラの名機を、当時のプレスにあやかって、手持ちで撮り続けて行きたいと思いま
す。じつは、Kubo様のお書き込みで・・・

>スピグラやクラウンに付いているビューファンダーは
>裸で127mm用より少し広かったと思います。思います、というのは
>このファインダーはあまりアテにならず大体の目安程度に、と思っ
>た方ががっかりしなくてすみます。

最初に写したボケボケの写真ですが、備え付けのビューファインダーをあてにして写した
ところ、ずいぶん、余白が写り込んだ気がしました。じつは、あまりの出来に気が滅入り、
ポジを捨てて(!!)しまいまして、今は、確認のしようがないのですが・・・。今日は、
ピントグラスとビューファインダーを、見比べたりしながら写したのですが、差し込む光
で、ピントグラスだと分かり図らいです。三脚をつけて、暗幕をかぶって写すのは、この
カメラの本質から、外れるような気がするのですが、場合によっては必要でしょうか?
きっちり作画をするのは止めて、余白を考えて、トリミングするように写してみましたが。

>手持ちのときはフレームファインダーを好んで使っています。最初
>はバカにしていたのですが、なかなかの優れモノで使い勝手はグー
>です。テレタイプレンズを使わない限り視野もレンズに応じて変化
>しますので。

私の前言の後では、ちょっとおかしいのですが(^^;;あの、備え付けのスポーツファイン
ダーを使う事は、じつは、頭の中にはありませんでした(^^;;ところで、視野もレンズに
合わして変化する・・・と書かれていますが、どのように行うのでしょう?目の前に、
照準機?のような物がありますが、あれは、パララックスの補正かと思っておりました。



T.Kubo ペースメーカー
11月28日(水)10時15分

 スピグラについてのいろいろな情報をありがとうございます。
日頃、みなさんの研究されている様子がよくわかります。ここを
覗くのが楽しみです。

 山崎さん、付属のファインダーはアイピースに接する目の位置で
(覗き方によって)見える視野が変わります(これはフレームファ
インダーにも言えることですが)。従って、正確なフレーミングが
必要な時はピングラを使うこととし、手持ちのスナップの時に付属
ファインダーを使うのが正統派かも知れません。
 フレームファインダーを使うときはボディ側にあるアイピースを
立てて覗きます。「目の前の照準機?のようなもの」がそうですね。
目の位置を決めるものです。これにパララックスの補正ノッチがつ
いているのはご承知の通りです。視野は、例えば90mmレンズの場合、
レンズボードのフレームが直ぐ近くにくるので広く見えます。150mm
レンズだとピント位置はフィルム面から遠ざかりフレームも離れます、
従って視野は狭くなります。視野が変わるというのはこのことです。
これとて正確なものではありませんが、目安にはなり結構重宝なも
のです。スナップ向きですね。

 スピグラは面白いカメラで私はライカと同様今でも愛用していま
す。手持ち撮影でのビューファインダーは何年やっても決定版は見
つかりません。レンズを交換して撮影するときはなおさらです。私
がやっている究極のインチキ方法に興味のある方はここのスピグラ
ご覧ください。では、T.Kubo



山崎 見てまいりました。
11月29日(木)01時00分

kubo様、こんばんは。

kubo様のスピグラの仕様を拝見しました。見て、一番に思ったのは、ローライ
2眼レフに付いていますピントルーペでした。ファインダーカバーの立ち上がり
と言い、ローライを、正面にのぞくような姿に、とても親近感を感じました。
じつは、ローライコード4型を所有しております。親近感とは、そんな所にも
感じたのかもしれません。私は、スナップでしたら、備え付けのビューファイ
ンダーと言うよりも、スポーツファインダーで試してみたいです。腰を落ち着
けて、しっかり、作画をしたいのならば、ピントグラスで、ピントと作画が出
来れば、確かだと思いました。もしかしたら、そういうものなのかもと、一人、
思ったりもします。

まだまだ、写し足りないと思っております。使い込む事で、真価を発揮できる
カメラなんだと思います。燃えてきました(^^後日談を書き込ませて頂きます。
じつは、変な質問かもしれませんが、大判のポジ現像は、大手量販店では、1枚
340円だったかな、最初は、安い印象が有りましたが、枚数は、必然的に、
撮れないのですが、それでも、3枚〜4枚となると、ばかになりません。フィ
ルム単価を考えると、失敗はできませんし。kubo様は、モノクロ現像をされて
いますが、大判のフィイル現像だけでしたら、自家現像は、比較的、容易でしょう
か?暗室に、パッドを置いて、印画紙の現像のような工程ですと、我が家では
難しいのですが、簡易現像機などがあればと思っているのですが。(手持ちの
大判カメラ入門書には触れてませんでした)



T.Kubo ペースメーカー
11月29日(木)16時20分

 山崎さん、こんちは。
 フードに組み込むルーペは薄くて、しかも倍率が低く(焦点距離が
適当に長く)ないと使えません。
 スピグラ(クラウン)は手持ちでも結構写真が撮れるのが面白いと
ころです。三脚持参となると大げさになり出番は限られてきます。私
はママチャリのカゴにスピグラを入れて出かけ、サドルにまたがった
ままスナップすることもあります。いけない構え方です。こんなとき
はフレームファインダーがベストです。トライしてみて下さい。撮影
はカメラを手で持つというより胸に抱え込むようなスタイルになりま
す。女性の方がブレは少ないかも知れませんね。後日談をお聞かせく
ださい。では、T.Kubo



T.Kubo モノクロ現像
11月29日(木)16時50分

 4x5のモノクロフィルムの現像は皿現像が一番簡単ですが、暗室
が要るので専用タンクの方が便利です。一度に8枚現像できる外国製
日中タンクがLPLから市販されています。フィルムを中枠に装填すると
きに暗室が必要になりますが、これはダークバッグでも十分です。私
も暗室は使わずダークバッグを利用しています。ダークバッグはでき
るだけ大きいものの方が作業が楽にできます。
 後はPCとスキャナーがあれば暗室無しでもモノクロ写真を楽しむこ
とができます。4x5の場合は透過式で900〜1200dpiでスキャンしま
す。PCのプリンターで物足りない方は、Windowsの場合、RGB(もちろん
CMYKも可)、できればビットマップ形式でMOやCD-Rに出力すればラボ
で銀鉛印画紙に焼いてくれます。では、T.Kubo



N.Honda 幾年
11月29日(木)17時38分

● 年に一度くらいの書込みですから、はじめましてと言ったほうがよいようです。
ボクと同様かつての常連さんはどこに消えたのでしょうか。
カメラは嫌いになったのかな。
● あいかわらずスピグラの話題は元気ですね。ボクも数十年来の望みであるセンチュリーなど一式が欲しいです。でもちょこっと使ってオシマイになりそうな気がして…
● 4x5の現像タンクはボクもLPLので何回か現像しました。
ここ数年は現像する余裕がなくてラボまかせです。
●先日秋田の撮影ではスカーラを本格的に使ったのですが、
価格を別にすればとてもいいです。





山崎 LPLの現像タンク
11月29日(木)20時12分

山崎です。

kubo様、大判モノクロ現像の件では、たいへん、嬉しいご返事を頂けまして、
有り難うございました。じつをいいますと、目の前が開けたような気持ちです。
10年ほど前になりますが、35ミリフィルムのモノクロ現像を行った事が有り
ます。その要領で、ほぼ出来ますので、さっそく、入手したいと思います。これ
で、経済面で気にする事も無くなりました。ただ、金銭云々でと言う、浅はかな
気持ちばかりではないのですが。kubo様の、品(レンズ)を変え、スピグラで、
多様な撮影をされています姿に、私も興味があります。いつかは、100年前の
レンズを、クラウングラフィックにつけて写してみたいものです。

ところで、センチュリーグラフィックには、多くの互換レンズが存在したのです
ね。テッサー、プラナー、クセノター・・・耳に憶えの有る名レンズばかりです。
変換アダプターで、スピグラにつけて写している解説は、とくに興味深く読ませ
て頂きました。

最後に、スピグラ(クラウン)愛好者にとって、フラッシュユニットは、使わな
いと思いますが、憧れがあります。カッコイイです。ここは、ストロボ使用が現
実的ですが、仲間内の集合写真や記念写真で、よくストロボを使います。アニバ
ーサリータイプの由来は知りませんが、レンジファインダーのタイプが違うと解
釈してるのですが、これには、アクセサリーシューの付いたフレームが付いてます。
これだと、たいへん便利に思うのですが、私の物には、接続金具?と思われる金属
は付いてますが、アクセサリーシューは付いておりません。これは、海外からの
通販を頼るしか、手に入れる方法は無いでしょうか?代替え品があればと思って
いるのですが。なにか、尋ねてばかりで申し訳有りません。



T.Kubo ペースメーカー
11月30日(金)10時49分

 N.Hondaさん、お久しぶりです。素晴らしいWEBをいつも拝見し
ています。仲間は皆元気ですが書き込みはあまりしませんね。こ
こはマメに見てくれているようです。Hondaさんも時々覗いて下さ
い。

 山崎さん、モノクロは経済的な理由もありますが、奥が深く、
撮っても写真にならないことが多いので勉強になります。被写体
をよく見るようになります。また、昔のモノクロ写真を見ている
と相当考えて撮っていることがわかります。4x5で一枚一枚に
時間をかけて撮るのは写真の醍醐味だと思うこともしばしばです。
自転車にまたがって撮るなどは、いけないことですね。
 フラッシュ撮影は、あまり大きいストロボを持っていないので、
もっぱらブレスBというバルブ(球)を使っています。スピグラ専
用のガンはカッコいいので研究会のデモなどで使うことがありま
す。しかし、重くかさばるので実用面ではライカのCEYOOというガ
ンの方を愛用しています。ただ、フラッシュは集合写真のときが
圧倒的に多く、普段はあまり使いません。
 関連して忘れてはいけないものに10メートルのレリーズケーブ
ルがあります。ゴムの球をにぎりつぶすタイプですが、被写体に
子供がいるときは1枚撮らせてあげることを忘れません。集合写
真はセッティングに時間がかかります。男の子は大抵興味を持っ
てみています。何か手伝わせると喜びます。フィルムが無駄でも
子供の満足そうな顔をみると帳消しになります。蛇足でした。
 アニバーサリーモデルはスピグラの長い歴史のなかでも、その
細工、仕上げの良さにおいて頂点にあったカメラです。この後の
ペースメーカーにはこのクオリティはありません。工芸的にも優
れたカメラです。ただ、グラフロックバックでない為撮り枠以外
のバックは使えません。ベッドダウンができない為ワイドレンズ
の使用にも厳しいものがあります。
 私はスピグラやクラウン(何れもトップRF)には市販のアクセ
サリーシューをトップのセンターに取り付けています。
 では、T.Kubo



たぬき 初めまして
11月30日(金)14時06分

検索していて見つけました。
ゆっくり拝見したいと思います。

http://www.botando.jp



山崎 写真が上がりました。
11月30日(金)22時21分

山崎です。

kubo様、こんばんは。

今日、クラウングラフィックの写真が上がりました。2回目にして、
やっと、写真と言える物が上がりました。私のレンズは、オプター
なのですが、ピントを結んだ時の写りは、なかなかのものに思いま
した。西日が強くさし込む条件でしたが、50年前のレンズとは、
思えない、しっかりした発色と描画です。光りの影響でしょうか?
少し黄色みを感じますが、どっしりした色合いです(いくぶん、
アンダーかもしれませんが)。ただ、課題も残りました。通常の
カメラで写すように写すと、思わぬ、落とし穴がある気がしま
した。それは、中間距離において、おもいのほか、焦点深度が浅い事
です。F8〜F12ぐらいに絞っても、距離によってはピントの範囲
が、ふつう、考えているよりも薄い気がしました。建造物などでも、
手前の地面が、けっこうボケます。カメラ、またはレンズ特性、撮影
状況などを、よく考慮しようと思いました。また、逆も言えると思い
ました。人物撮影などでは、その、独特のボケ具合を利用すると、面
白いのではと、思ったりします。まだまだ、分からない事だらけです
が、写す事によって、一つずつ、自分のものにしてゆく楽しみを感じ
ます。持って、触って、写してと、たくさんの楽しみを与えてくれま
す。良いカメラに巡りあえたと思います。次回は、機会があれば、工
芸品の美しさを持つ、アニバーサリータイプの、今度はスピグラを手
に入れたいと思います。レンズはエクター。エクターで写すエクタク
ロームって、想像するだけでも楽しいです。



T.Kubo ペースメーカー
12月01日(土)18時32分

 山崎さん、スピグラ(クラウン)は遊ぶには安くていいカメラ
です。アニバーサーリーモデルはレンズボードがペースメーカー
とは異なりレンズ交換をしようとすると大変です。ボードは入手
難なので自作するしかありません。これは楽ではありません。∞
位置ストッパーもペースメーカーのものとは違いますので、レン
ズ交換はしないと割り切って使うのがベストです。映画に最もよ
く出てくるスピグラはペースメーカーではなくアニバーサリーモ
デルの方です(私が見た映画の話)。

 長い玉の方が被写界深度は浅くなります。35ミリカメラでも
127mmレンズで50mmレンズと同じF値を使えば深度は浅くなります。
複雑な理論はともかく、私は35ミリカメラの50mmF8の深度を得る
には、105mmレンズの6x9cm蛇腹カメラではF16、150mmの4x5カ
メラではF22半が適当だと思っています。F22半はF32との中間値
です。大判カメラはアオリが使えるので被写体によってはもっと
絞りを開けて撮ることもできます。ペースメーカのアオリ機能は
本格的なものではなく機能的には不十分です。ペースメーカーは
気楽に4x5が撮れるカメラと割り切って使っています。
 では、T.Kubo



山崎 ペースメーカーとアニバーサリー
12月02日(日)01時52分

山崎です。

kubo様、こんばんは。

写す目的や対象が同じですと、2台を持つ事は、機材の占有面積と言い、経
済面よりも、生活面を圧迫?しそうです。今のクラウンのために、アルミケ
ースを手に入れました(ちょっと不本意でしたが)。こんなの、数を見たく
ないです(^^;;ペースメーカーに、最初に、巡り会えたのは、運がよかった
のかもしれません。今のクラウンで、十分、目的と満足感は達成できます。

そうですか。35ミリ判カメラのように扱うと、レンズ特性上、そのように
なるのですね。気楽に写せる4の5カメラは、確かに、スピグラ(クラウン)
をおいて無いと思いました。撮影をしていまして、学童から、カメラマンだ!
っと、指を差されました。こんなことを、過去に言われませんでしたのに。
この、にわかカメラマンには、非常に、プレッシャーを感じる言葉でした。
ただ、カメラ仲間に、撮影ポジを見せましたところ、感心しておりました。
印画紙に、ダイレクトプリントを頼もうと思います。



T.Kubo ペースメーカー
12月02日(日)12時28分

 ペースメーカをやっていると、次に欲しくなるのがセンチュリーグラ
フィックか、スーパーグラフィックです。欲しくならないあなた、一番
マトモな方です。

 センチュリーはプラスチック製のボディで、バックは国際規格の6x9
cmグラフロックバックになっています。レンズボードは2x3クラウンや
2x3スピグラと共通です。2x3ミニアチュアスピグラのボードは使えませ
ん。黒ボディに赤蛇腹をよく見かけますが、グレーボディに黒蛇腹もあ
ります。こっちの方が高級レンズが付いている可能性は高いと思います。
センチュリーや2x3カメラはレンズボードが小さいので後群の大きいレン
ズ、例えばプラナー100mmF2.8などは付きません。そのためセンチュリー
用には80mmF2.8のプラナーとクセノタールがあり、これらが付いたプロ
フェッショナルモデルと呼ばれるセンチュリーが発売されました。セン
チュリーのレンジファインダーはカラート製で、一個のレンズにしか連
動しません。

 スーパーグラフィックは木製ボディのクラウンを金属ボディにしたよ
うなカメラで、いわゆるスピグラの最終機です。アオリが充実したこと、
バックがRB(レボルビング・バック)になったことが人気の理由です。
ペースメーカーでのスペック不足に悩んだ人にはほぼ満足のいくカメラ
になっています。フォーカルプレーンは廃止されました。レンズスタン
ダード(レンズボードをセットする鳥居)にはソレノイドが内蔵されて
います。ボディトップの電池室に積層乾電池を入れると動作します。た
だ、これを使ってレリーズするにはソレノイドに対応する専用のレンズ
ボードが必要です。今となっては有難い機能ではありません。メカなが
ら1/1000秒の付いたシャッター(レンズはオプター135mmF4.7)の付いた
モデルを特にスーパースピードグラフィックと呼んで、メーカーは区別
していました。名板もSuper Speed Graphicになっていますが、レンズと
シャッターが違うだけでSuper Graphicと全く同じカメラです。このレン
ズ(ボード)は内蔵ソレノイドに対応しています。スーパーグラはクラ
ウンと同じ重量で、ほんの少しコンパクトなだけにクラウンの出番は少
なくなります。

 2x3に行くか、4x5の充実かの選択ですが私は両方にはまってしまい
ました。ライカと違って、当時のスピグラ系の一連のカメラは今より高
かったように思います。スピグラのおさらいでした。では、T.Kubo



山崎 中判の魅力
12月02日(日)17時31分

山崎です。

kubo様の、おっしゃられます、センチュリーグラフィックは、サイトの
解説と合わせて読みますと、とても、魅力的な中判カメラですね。じつ
は、6×9判は、因縁?とも言うべき、つながりがあります。モスクワ
5を、以前に、eBayにて手に入れました。あいにく、赤窓付近の遮光性
能が悪く、6×9判は断念。6×6判で使ってます。悔しい思いを経験
しましたが、横長の比率は、気に入ってはおりました。カラート製のR
Fが付き、じゃっかん、サイズも小さいこのカメラは、アニバーサリー
の高級感には比べられないですが、フィーリングは伝えているように思
いました。ペースメーカーから欲しくなる気持ちが、なんか分かってき
たようです(キケンです(^^;; )レンズボードの融通性も良いです。
私が利用する海外通販屋でも、$300以下という価格です(安い)
知人たちも、スピグラの価格を聞くと、この内容で、ずいぶん求めやす
い・・・と言います。これらの名機は、日本の市場ではあまり見ません。
逆に、好きな人には、有り難いカメラだと思います。スピグラ関係の和文
の書籍って、あるものでしょうか?



山崎 グレー仕様のセンチュリー
12月02日(日)23時46分

山崎です。

eBayを見てましたら、グレー仕様のセンチュリーグラフィックが出てました。
今回は、チェックのみですが・・・。写真で見る限りでは、なんか、ローライ
フレックスのベスト判を連想しました。樹脂にモールドだそうですが、縁の
部分を黒で残すなど、芸が細かいですね。廉価判と言うイメージがありました
が、そうではないのが分かりました。4の5よりも小さいですし、ミニチュア
グラフィックよりも、こちらの方が好みです(カッコイイ)

写りには関係の無い、ミーハーな書き込みでした。



T.Kubo ペースメーカー
12月03日(月)10時10分

 山崎さん、ebayのWindows shopping(?)は楽しいですね。ebay
では当WEBのページがfurther Infoとしてよく使われます。メール
で打診のあるもの、無いもの様々です。

 センチュリーはバックのグラフロックの部分まで一体成型のプラ
スチックで少し心もとない感じもしますが、実用的には問題ありま
せん。2x3ペースメーカーのバックは4x5と同じ金属製でちゃん
と面取りがしてあります。

 モスクワ5は使ったことがあります。スーパーイコンタのビュー
ファインダーが気に食わないので買いました。軍艦部以外は殆どス
ーパーイコンタのデッドコピーで、レンズアセンブリーを外してお
互いに交換してみたら両方ともピントが来るのには驚きました。昔
はこういう危ないこともやったことがあります。6x9cm蛇腹は私の好
物で今でも愛用しています。つい最近、近所のカメラ屋さんから期
限切れの120ネオパンFをたくさんもらったので何本かトライしてみ
ました。カメラは戦前のベッサ(スーパーベッサ)です。このカメ
ラをよく持ち出す理由はピントの合わせやすさとコンパクトさです。
しかし、二重撮影防止になっていないのでよく失敗します。ネオパ
ンF(モノクロ)はISO32ですが、冬でもピーカンなら1/100秒以上が
切れます。

 スピグラ専用の書籍はあるかも知れませんが、私は見たことがあ
りません。WEBなら英語ですが、graflex.orgには膨大なデータが載っ
ています。graflex.orgとは1996年からの付き合いで、このWEBをス
タートさせた頃、スピグラページにいろいろアドバイスをもらいまし
た。

 思いつくままでした。では、T.Kubo



TCONTA しまいこんでいたR.B.GRAFLEX B
12月04日(火)14時48分

最近しまいこんでいたR.B.GRAFLEX Bを取り出して使ってみて気ついたことを書かせていただきます。
1眼レフのグラフレックスは、短めのレンズが付かないことが機構上の特徴ですね。
クラウングラフィックが135mmレンズで4x5で広角35mm感覚というのが良いとすると、2x3で6インチのコダックアナスチグマットのついたR.B.GRAFLEX Bは、近望遠カメラです。
 そのテレ気味のところがうざったいと考えるか?良いとするか?になると思うのです。

AJCCの集まりでみた高名なT氏ご自慢のベリト付きのグラフレックスは、それはきれいな革の魔法の箱という感じで、私のやつとは、質が違いすぎました。
覗き込みフードは、自分で作って新調したらずいぶん気分よくなりました。

望遠のテレ気味のところは、気分にあえば快適なで、M3にエルマー90mmが良いとか、85mmの明るいレンズとか、90mmくらいの先鋭なマクロが良いとかそういう気分を理解していただけると思います。
別ページ作例の狛犬は、理解しやすいと思います。

 貴重な木製1眼レフの感触とは、ひどくのどかなものですが、結果でいうと結構スローの手持ちでもぶれにくいように思われます。



山崎 戦前のベッサの魅力
12月04日(火)16時08分

山崎です。

Kubo様、6×9判のベッサは、私は、手に入れるまでは至りませんでしたが、
求めやすい逸品のようですね。程度にもよりますが、私が見たものは、大抵
3万〜5万ぐらいでした。国内の値段ですから、海外の方が安いかもしれま
せん。Kubo様のサイトでも触れておりますが、時代を考えると、モダンデザ
インの一端を見た思いです。まさに、スーパーイコンタとでは、西と東の両
横綱の力相撲です。しかし、私の手元には、俗に言う蛇腹カメラが増えました。
クラウングラフィックを筆頭に、モスクワ5、聞こえはマイナーですが、ツァ
ルトと言うメーカーの、スーパードリナーもあります。こちらは、レチナの知
名度に、それじゃ・・・と言う気持ちもあって購入しました。ヘリコイドの
繰り出しが独特で、ボディ側の、横に張り出た、おかしなダイヤルを使います。
コーティングのせいでしょうか、イエナテッサーは、ローライ35のテッサー
とは、まったく写りが違います。柔らかい、良く言えば階調が良い、コントラ
ストは、そう強くない。絞り込むのは、あまり得意ではないような気がします。
そして、センチュリーとか言っています。使わないカメラは持たない主義ですが、
たいへん苦しむところです。



T.Kubo グラフレックス
12月05日(水)10時40分

 TCONTAさん、こんちは。
 スピグラほどではありませんが、私もグラフレックスSRLをやった
時期があります。いろいろ使った中では、やはり最終機のスーパー
Dグラフレックスが一番使い易いという印象をもっています。絞りが
セミオートになっていて開放直前まで被写体を見ることができるから
です。それにバックがグラフロックになっているため、スピグラとの
共通部品が使えるのもメリットのひとつでした。スーパーDはグラフ
ロックバックになっていないものもあります。この頃メーカーではバ
ックの交換も引き受けていたようです。また、グラフロックバックア
センブリーを部品として販売もしていました。
 このWEBに紹介しているテレグラフレックはレンズのないボディを米
国の友人からもらったものですが、バックをグラフロックに交換して
使えるようにしました。レンズは今のところベリート8インチとテレ
コンゴー400mmが使えます。4x5カメラでソフトフォーカスを確認し
ながらレリーズできるのはグラフレックスをおいて他には見あたりま
せん。400mmは景色用です。
 ただ、WEBにも書きましたがグラフレックスは三脚につけると使いに
くいカメラで、手持ちでお腹にボディを抱え込んでレリーズするのが
普通です。この体勢(?)ではスローでもブレは出にくいと思います。
 ピントフードを自分で新調されたようですが、正解だと思います。
古いカメラですから大なり小なり匂いはしますが、中には相当酷い物
もあります。また、折り癖でピングラの視界が遮(さえぎ)られて具
合の悪いカメラも少なくありません。
 AJCCの会長Tさんは、クラカメやクラシックカーのオーソリティで、
特にグラフレックスの研究では氏の右に出る人はいないと思います。
この談話室にちょくちょく出てくるロムニーさんの古い友人でもあり
ます。思いつくままでした。では、T.Kubo



山崎 昨夜、検索してましたら・・・
12月05日(水)12時52分

山崎です。

すでに、お気づきかもしれないですが、昨夜、検索してましたら、興味深い記事
がありました。ある、報道カメラマンがつづった物語ですが、スピグラが、当時
の花形機という文面から、当時のエピソードに多く触れてました。給料1万円の
時代に、スピグラは30万円(給料3年分)もしたとか。クラウンは、価格が安
かったので、局でも導入はしていたけど、カメラマンはは敬遠していたとか。見
栄もあったのでしょう。今、思えば、良い時代だったんですね。URL、ちょっ
と、失念してしまいました。



T.Kubo ペースメーカー
12月05日(水)16時33分

 山崎さん、スピグラにまつわる逸話はいろいろありますね。当時は記
者章がなくてもスピグラを持っていれば報道現場もフリーパスだったと
か、終戦直後はお金があっても台数(輸入)に制限があって誰でも買え
るものではなかったとか。
 スピグラはプレスカメラとして有名ですが、メーカーがプレス用に作
ったものではなく、スペックがプレス向きだったので報道(特に新聞社)
に好んで使われました。スペックとは4x5の手持ち撮影とフラッシュ
でしょうね。127ミリ(5インチ)レンズはワイドなので取り合えず広く
撮っておき使うときにトリミングしたそうです。ストロボが普及するの
は少し後なのでフラッシュバルブが好んで使われたのも事実です。戦後
とはいえ報道に使える35ミリカメラがまだ少なかった時代の話です。
 では、T.Kubo



Y.Sugiyama RE:しまいこんでいたR.B.GRAFLEX B
12月06日(木)12時11分

TCONTAさん、初めまして、杉山ともうします。
R.B.GRAFLEX B、、とっても興味あります。でも、部屋でナデナデする
だけのような気がして、まだ、入手してません。
エクター127mmF4.7はなんとか付きそうですね?
私の風景撮影場面にはこの手の一眼レフの出番が無いんです。
2年ほど前ですが、$900弱で未使用箱入り新品同様のが有ったんで
すけど長いこと悩んで、ぐっと堪えました。
さらにGRAFLEX Dの4x5だと小柄な私では到底振り回せません!!

11月下旬から鎌倉の紅葉をスーパーグラフィック45とクラウングラ
フィック23を交互に持ち出して撮ってます。
やはり、蛇腹のフィールドタイプのカメラが体質に合ってますです。



Y.Sugiyama 日本版スピグラ関連書籍
12月06日(木)12時20分

山崎さん、スピグラファンの皆様こんにちわ。

朝日ソノラマ社「クラシックカメラ専科No52〜No56」の連載記事で
スピードグラフィック物語(倉石 馥 氏著)
なお、No53には別記事ですが、こちらのオーナ、T.Kuboさんのスーパー
グラフィック45の紹介記事も載ってます。
巻末の筆者紹介らんでオーナの御尊顔(写真)も拝見することが出来ます。
1999年から2000年秋ごろの出版でバックナンバーが揃うかわかりま
せん? でも、結構なお値段です。(¥2550/冊ぐらい)

グリーンアロー出版「スピグラと駆けた写真記者物語」(平井 實 氏著)
新聞社のカメラマン物語ですけど、ペースメーカスピードグラフィック45
の解説・取扱いマニュアルが載ってます。平成9年出版(¥1890)です。
WW2前後に生れた方には懐かしいニュース記事です。
スピグラ販売当時のA4サイズ販促用タログなども多数掲載されてて興味深
いです。

共に、なんかの拍子に図書館へお出かけのときにご覧になってみて下さい。



山崎 グラフレックスと言う1眼レフカメラ
12月06日(木)13時28分

山崎です。

おそらく、こちらにも、お見えの方だと思いますが、その方のサイトをのぞきましたら、
グラフレックス1眼レフカメラに触れていました。畳んでしまえば、ボックスカメラ
ですが、スタンバイ状態だと、なかなか、良く見えました。kubo様のサイトでも紹介
されていますね。発売期間が長い事と、戦前の古いレンズを楽しむ事が出来るようです
し、構造的には、ハッセルなどの始祖にあたるカメラと思って良いのでしょうか。次の
スピグラなどに、その座を与えますが、報道用に広く使われたのでしょうか。興味は尽
きません。懐かしさに、思いをはせるのも良いですが、趣味とはやはり楽しむものだと、
最近、思います。古いカメラは楽しいものです。見て、触って、いじって、写すまでの
作法も独特で面白いです。このカメラも、いろいろ教えてくれそうです。



T.Kubo スーパーグラ
12月06日(木)18時02分

 Y.Sugiyamaさん、しばらくです。何時も楽しく読ませて頂いています。
倉石馥さんは4x5やそれ以上の大判カメラを、おそらく3桁はお持ち
の先輩です。最近はカメラショウくらいでしかお目にかかりませんが、
スピグラについてはいろんなことを教わりました。氏はコレクションだ
けでなく、どんなカメラでも写真を撮って楽しむところに共感を覚えま
す。昔は、お会いする度に100年くらい前の変な(?)組立暗箱で撮った
4x5のポジを見せてくれたものです。
 スーパーグラも面白いカメラのひとつですね。今、通販やオークショ
ンで300-500ドルくらいでしょうか、クラウンを検討している方にはこっ
ちの方がオススメです。連動カムはペースメーカーとは異なりますが、
形状が大きくなった分自作には精度の点で有利です。

 鎌倉に紅葉を撮りに行かれたそうですが優雅ですね。私は先に書いた
ネオパンFのテスト撮影だけでこの秋は終わりました。では、また。T.Kubo



山崎 私がスピグラが好きな理由
12月06日(木)19時23分

山崎です。

私事で恐縮ですが、私は、カメラ以外に、古い懐中時計も楽しんでおります。
イギリスは、19世紀の産業革命以来、培ってきた時計産業が衰退してゆき、
アメリカが、その担い手となりました。有名どこだと、ウォルサム社、エルジン
社などが存在しました。工作機械や量産設備を導入して、今までの、イギリス
などに見られた、手工業製品とは違う、正確で、高度な工業製品を作りました。
そういう大国が作ったからでしょうか。クラウングラフィックを見ていると、
古典的な意匠につつまれていますが、良い材料を惜しまず使い(レンズボード
まわりには、高級なステンレスを使ってますね)ごついですが、つまらない
コストダウンなどは、いっさい、していないと感じました。作りも良いです。
ドイツでは、ライツ社やツァイス社、または、星の数(かは分かりませんが)
ほどの中小企業までが、カメラ産業でしのぎをけずっていた時期に、グラフ
レックス社が、ある意味、カメラの王道のような、優れた中、大判カメラを
作っていたのが興味深いです。時計産業とカメラ産業の因果関係は、じつの
ところ分からないのですが、スピグラに、または、グラフレックス社に、興
味を持った理由です。

Y.Sugiyama様

ご返事頂きまして、有り難うございました。カメラレビューは、よく、立ち読
しますが、なかなか、お目あての特集を組んでくれません。こちらは、置いて
いる図書館へ足を運び、コピーさせてもらおうと思います。「スピグラと駈け
た写真記者物語」は、絶版になっていないのなら購入を考えてます。調べてみ
ます。グリーンアローでは、最近は、カメラ関係の本を多く出版してますが、
内容を考えますと、ちょっと驚きました。



TCONTA グラフロックバック?
12月07日(金)08時40分

T. Kubo様
 いろいろと教えていただきましてありがとうございます。
私がわからないのは、クラシックカメラ資料にあるグラフマチックフィルムホルダーがありますね。
これは、グラフロックバックにつくものですか?
それともバグマグのようにグラフロックバックでないものにつくものですか?

グラフマチックフィルムホルダーに関しても、グラフレックス用とグラフィック用とあったりするんですか?

実は、4x5 Grafmatic Holders for Graflex Reflexというものを買おうかと思っていたりするんです。

また、白黒フィルムで4x5をおやりでしたら、タンク現像で4x5のフィルム現像できる良い方法あったらお教え下さい

TCONTA



山崎 いろいろ・・・
12月07日(金)11時44分

山崎です。

eBayを見ておりますと、スーパースピードグラフィックが、2〜3件、
引っかかりますね・・・物は良さそうですが。有り難くないですが、
消費が低迷している時期ですし、適価で落札できるかもしれません。
でも、十数年前まで、トヨ製で、作られていたそうで、それを知って
驚きました。やはり、名機なんですね。

>Sugiyama様

昨夜、アマゾンに、さっそく注文しました。ヘタに、店に頼むより便利
です。手にするには、しばらく、時間がかかりそうです。

>TCONTA様

私も、現行のフィルムフォルダーと、グラフマチック用とでは、違いがよく
分からないのですが(eBay見てますと、本体込みで、一式とかありますね)
海外から購入するのでしたら、現行品を、量販店などで買われた方が結局は
安いのではないでしょうか。私は、付属品などは、本体と一緒に手に入れる
のがほとんどですが、あの手のは、単品だと、送料や税金などで、意外と、
割高だったことがあります。枚数が多くて、グラフロックバックで使えるの
でしたらお得そうですね。失礼しました。



T.Kubo Grafmatic Film Holder
12月07日(金)13時26分

 TCONTAさん、こんちは。
 Grafmatic Film Holderはグラフロックバックのカメラに
使えます。グラフロックバックはペースメーカー以降のバッ
クですね。一方、Graphic Backはペースメーカー以前のスピ
グラのバックで、普通の4x5撮り枠(2枚)のみが使える
と思った方がいいと思います。
 Grafmatic Film Holderは横から差し込むタイプですから
Graphic Backにも使えると思いますが少しきついかも知れま
せん。上下のスプリング(板バネ)の高さをアジャストする
といいと思います。
 一方、グラフレックス(SLR)のバックは少し異なります。
 4x5 Grafmatic Holders for Graflex Reflexはグラフロッ
クバック用のGrafmatic Film Holderとは別物だと思います。
前に一度見たことがあるのですが、古い話なので忘れてしま
いました。良く似ていました。

 Graflex.orgには、次のような記述があります。
 Graflex made Grafmatic holders for Graflex-back cameras,
which are a different size and have a slot instead of
ridges for a light-trap on the film-plane side, so make
sure you are getting one for a Graflok back.
(グラフレックス社はGraflex-back cameras用の
Grafmatic holdersを作っていた。これはサイズが異なり、光を
遮光する山状の突起がフィルムプレーン(カメラ側)にある
ので(Graflexは)、代わりにホルダーのこの部分がスロット
(溝)になっている。買うときはグラフロックバック用である
ことを確認した方がいい。
 T.Kubo注:グラフロックバック用のGrafmatic Film Holderは、
Holder側が突起、カメラ側が溝になっています。すなわちスピ
グラ系とグラフレックスでは遮光用突起の凹凸が逆になってい
ます。)
 モノクロ現像はLPLで販売しているものを使っています。
11月29日の書き込みをご覧下さい。詳しくはまた書きます。
 では、T.Kubo




TCONTA グラフマチックの件
12月07日(金)15時46分

T. Kubo様
グラフマチックの件、いろいろとありがとうございます。

復刻版の北野邦雄著「カメラの話し」を読んで見ると
1940年頃すでに、グラフィックを誉めていても
グラフレックスを古いと言っていて
1眼レフのグラフレックスの方が古いんですね。

わたしのR.B.TELE―GRAFLEX 4X5は、Bよりもきたないと思っていたら、
T氏がカメラレビューに書いた記事でみると1918-1920年頃の番号で
わたしの父親よりさらに10年以上年上でした。
こやつは、バグマグ付きで手にいれたのですよ。
グラフロックがあればポラロイドとか、クイックローディングパックとかいいんですけどね。

4X5でリバーサルは、高いんで止めて、2X3のBで120でエレタクローム120たっだんです。

LPL/コンビプラン現像タンク45T LC9809 希望小売価格(税別 )¥26,500
銀座のGでみたような気がします。こちらもありがとうございました。

TCONTA



TCONTA
12月07日(金)17時41分

Y. Sugiyamaさん
はじめまして
このまえ、180/f4.5のクラウステッサーが手元にあるのですが
R.B.GRAFLEXにつけるフランジがありません。

前にコンゴーの山崎光学さんで210/4.5のフランジを分けていただいたことがあるので確認しないで出かけたところ、
大久保の山崎光学さんと
コンゴーの日野市の山崎光学さんは、ちがうのですね。
今度は、きちんと調べていくようにします。

TCONTA



山崎 ためになります。
12月07日(金)19時02分

山崎です。

Kubo様、こんばんは。

グラフマチックフォルダーは、グラフロックバックでは使えても、グラフレックス
のバックには、、不都合が出るかもしれない・・・・互換性を持たせていると思い
きや、微妙に違うのですね。

先ほどは、横レスになってしまい、失礼しました。こちらの方々の見識、知識の深さ
には、驚いております。

ところで、グラフィックバックは、シートフィルム専用と理解しましたが、古い
2×3のスピグラなどは、使う人は、手切りで6×9判のシートフィルムを作っ
ているのでしょうか?



山崎 おかしな質問で失礼しました。
12月08日(土)01時17分

山崎です。

4×5判のアニバーサリーでしたら使えますが、2×3ですと、手には入り
ますが、どうも、コレクターアイテムのようですね・・・ちょっと、検索し
てみたりしたんですが。センチュリーグラフィックの存在が、いかに、大き
いかが分かりました。

ペースメーカーの後に、センチュリーに行くのは、たいへん、自然な成り行き
にも思いました。知らないで、スピグラ、または、姉妹機を買うのは運が吉に
出るか、凶に出るか??に近いです。私は、素人の、超初心者にもかかわらず、
運が良かったとしか、言い様がないです(知れば知るほど・・・コワイこと)

スピグラなどを初めて手に入れる人は、kubo様のようなサイトに、巡り会え
れば良いのですが・・・興味があっても、手を出しにくいと思いました。



Y.Sugiyama 100年前のカメラ
12月08日(土)13時55分

T. Kuboさん、どうもです。

まだ、100年前のカメラやレンズは持ち合わせていませんです。
一番古いので、推定、1935年ごろのフォクトレンダー・スパーブ6x6二眼
レフでヘリアー75mmF3.5が付いたものです。
あと、1938年ごろのカールツアイス・テッサー15cmF4.5、同じく
ダゴール2.5インチF6.8(ほんとは60mmF6.8らしい)
と、カメラはミニチュアスピードの1938年ごろのもの、しかし、このミニチ
ュアスピードは当初ニュートン式ファインダーだったものが、1945年ごろの
チューブラービューファインダーに付け替えた形跡があり、さらにその後グラフ
ロックバックに取り替えられたようです。
そんなこんなで、60年〜65年前のものが集まりました。

みな良い造りですが、特に秀逸なのはテッサーです。ちょっとシブイ・エグイ感
じのボケ・描写ですけど、やわらかな描写、ボケの奇麗な、ノーコーティングで
すが良い発色で、最近のレンズと十分張り合えます。

このテッサーが付いてきたのが1938年製のアニバーサリースピードと言われ
て通販したんですが、GRAFLEX,INC.の社名ネームプレートから
1945年または1946年製造と言うことが発覚しました。
1945年に社名変更があったのと、1946年にはペースメーカモデルが出て
るので1年ぐらいの期間だけ製造されたものです。
しかし、テッサーは1/200秒止まりノンシンクロのダイヤルセットコンパー
ノンコーティングであること、1939年には対独戦が始まるのでツアイス・コ
ンパーものの輸入が途絶えたと思われるので、1938年製と勝手に決め付けま
した。
私の下手な写真が、テッサーの質感描写とボケの良さでちょっと上手く見えます。



Y.Sugiyama スピグラ関連書籍(U)
12月08日(土)14時01分

山崎さん、こんにちわ。

「スピグラと駈けた写真記者物語」入手されましたら、何て言うんでしょう
折り表紙、ブックカバー?の表紙・裏表紙・その折り返しの所に写っている
のが、アニバーサリースピードグラフィックです。
1938年〜1946年まで製造されました。
WW2時の米従軍記者がかかえてるのはアニバーサリーモデルです。

米国本ですが、、、
「 GRAPHIC GRAFLEX Photography 」 by MORGAN & LESTER
「 THE ALL-AMERICAN CAMERAS a review of GRAFLEX 」 by Richard P.Paine
「 HOW TO MAKE PRIZE-WINNING PICTURES 」 by GRAFLEX, INC.
この3冊はお勧めです。

最初のはグラフレックス社公認の写真百科と言うようなものです。
写真の原理、撮りかた、アオリ、引き伸ばし等の解説書です。
カメラのアウトフィット?(一式セット商品)購入時に入っていたようです。
1947年の8版以降のものが良いと思います。ようやくペースメーカモデル
の宣伝が入ってきます。本のなかではアニバーサリーモデルが教材となってい
ます。400ページぐらいのボリュームの本です。

二冊めのは、グラフレックス社の一眼レフとスピグラとビューカメラの発売時
期・価格・付属レンズ等スペックと各モデルの実物写真が一枚ずつ掲載されて
います。自費出版?個人出版?みたいな本です。

最後のはまさにグラフレックス社が発行してた、日本で言えば「ニッコールク
ラブ」みたいなクラブ誌的なものです。
これも1949年あたりのが良いと思います。
いよいよカラー時代なんです。1946年のコンテスト優勝作品は4x5でコ
ダクロームですが、、、素晴らしいです。



Y.Sugiyama テッサー
12月08日(土)15時14分

TCONTAさん、こんにちわ。

> このまえ、180/f4.5のクラウステッサーが手元にあるのですが
ツアイスが暖簾分けしたテッサーブランドですね。
クラウスはフランスでしたでしょうか、あと、ボシュロムテッサーとあと
二つほどあったように思います。

> あるので確認しないで出かけたところ、大久保の山崎光学さんと
大久保の山崎光学さんでエクター152mmF4.5の第1面の擦り傷の
再研磨とクリーニングをお願いしたことがあります。
フレアーが無くなり、見違えるようなクリーンな描写になりました。
多分、新品レンズと同じ写りのようです。
研磨前後の写りの違い(ボケとか解像度)は全く肉眼では検知出来ません
でした。(4x5RVPのポジで比較)

エクター152mmF4.5は圧倒的にシャープですが、1938年ごろ
のツアイス・テッサー15cmF4.5の柔らかい味のあるボケの方が
なんか同じ風景で撮り比べてみると、テッサーの方が好みではあります。
女性はテッサーですね。
ただ、雪山とかメリハリある風景を要求される場面はエクターです。



Y.Sugiyama シートフィルム
12月08日(土)15時20分

山崎さん、ふたたびです。

>2×3のスピグラなどは、使う人は、手切りで6×9判のシートフィルムを作っ

モノクロとネガカラーでしたら次の2種があります。
1)ネオパン100ACROS(大名刺20枚入り)
2)フジカラープロ160NS(大名刺20枚入り)

あとは、キャビネを1/4に手切りでしょか?リバーサルだと現像してくれるラボ
を先に探しておかないとです。
シートホルダーは現在もホースマンから6x9、マミヤから6x7があるようです。
購入前に互換性があるか実際に確かめる必要あります。



山崎 たいへん参考になります。
12月08日(土)23時31分

山崎です。

Sugiyama様、こんばんは。

ノンコートのテッサーの写りが、言葉からも、素晴らしさが伝わってきます。
愛用のミニチュアグラフィックは、時代とともに、アップグレードされた物
との事。今の時代には考えられない、道具としての正しい姿を感じました。
当時は、普通に行われていたのでしょうね。戦火をくぐった軍用スピグラ
をeBayで見ます。総黒塗りで、何を意味するのか、数字が書き込まれています。
付属のケースも、当時の物のようです。スピグラは、アメリカでは、今でも
実用機として使われていると聞きました。これらの軍用スピグラも、アップ
グレードして、使い続けられているかもしれません。(ちょっと興味有ります)

文献では、詳しい解説を頂きまして有り難うございます。すでに、片足と言うより、
体ごと浸かってしまったようです。この「 HOW TO MAKE PRIZE-WINNING PICTURES 」
by GRAFLEX, INC.、興味深いです。大判の撮り癖と言うか、手持ちのクラウンを
今も考えながら写している状態です。スピグラ等で写した、優れた作品に、たくさん
触れる事ができればと思っております。

話が、横道にそれますが・・・・今日、愛用のクラウンとシートフォルダー2枚
(たいへん、慎ましい構成です)だけを持って、千葉の養老渓谷まで撮影に行っ
たのですが、山を照らす光りは貴重です。晴れてきたのが夕方ぐらい。いまか、
いまかと待ってましたら、日が暮れてしまいました(季節と地理に疎かった私の
ミスです)結局は撮らず終いでした。クラウンかついで、何、やってるんだろう
・・・・でした(恥)

最後に、2×3スピグラで使える、シートフィルムが売られている事を教えて
くださり、こちらも有り難うございます。これは貴重な情報です。大名刺判と
言う言葉を、本で見た記憶があります。同じ物だと言う事を初めて知りました。
フジフィルム、素晴らしいです。今も作っていると言うのが凄いです。現行の
120フィルムホルダーは使えませんが、今でも、2×3スピグラが使える事
を知れて嬉しいです。実用でセンチュリーにするか、趣味性で2×3スピグラ
にするか・・・グラフロックバックに替えられた2×3スピグラが、うまく見
つかれば、こちらも良いです。



t-ienaga minolta16
12月09日(日)09時38分

1960年ミノルタ16専用カートリッジ&フィルムをさがしています。
心当たりのあるかたは教えて下さい。



T.Kubo ↓
12月10日(月)11時30分

 ミノルタ16のフィルムやマガジンはなかなか入手難ですね。
ebay(USA)で時々見かけます。高いですが。T.Kubo



kaz Leicaと21mmレンズ
12月10日(月)23時43分

小型カメラについて一寸書かせてください。語り尽くされた話題でしょうが、Super Angulon21/3.4とBiogon21/4.5を使ってみた結果です。
リバーサルを使いませんので、全てSUPERIA100での比較になります。M2+SA31/3.4は当然ですがコーティングのせいでしょうか現代風の明るい描写でピントはすばらしく、M5+Elmarit28/2.8のプリントがひどく見劣りします。Barnack 1C+Biogon21/4.5では周辺光量の不足の効果からか、カラーフィルムでも風景や集合人物は独特の描写となり、「これ1本で旅行用」というわけには行かないようですが、1CやStandardとの組み合わせが最高でした。

SuperAngulon21/3.4のシリアルは6桁で[0034**]、中村信一氏の「新M型ライカ」にもあるドイツのJ. Uhl氏からのもので、氏によるとこのNo.は写真家へのサンプルレンズの番号ではとのことですが、確信はなさそうです。シュナイダーの番号でもないようです。(この番号の由来をご存じの方はお知らせ頂けると助かります)
Biogon21/4.5は、Uhl氏もご推奨のオランダの店からのもので[15497**]、元はContax用、距離計連動はしませんが出来の良いLマウントが固定され、Zeissのものではないが適切なフードが付属していました。
解像度のテストでは、おそらくSAの方がかなり良いのでしょうが、Biogon21mmも思ったよりシャープなので気に入り、もう1本ContaxマウントにLマウントアダプターが付いたもの(これも距離計連動はしません)[18566**]をアメリカから購入したのですが、このあたりの番号からクリック付きの絞り(残念なことに非常に硬い)になったようですが「写り」はまったく同じでした。

21mmBiogonのフードは、市販の径40.5mmのラバーフードの先端を切断し、アルミの円筒部の内径先端も45度くらいに削り落とすと使用できます。およそのフード寸法は、オコーネル氏のExcelファイル「フード寸法計算表」(30k以下なので、ご希望があればメール添付で送れます)から計算できます。

この比較に使用したファインダーはLeitzの21mmSBKOO2個(M2と1Cを併用したので)で、用意したZeissの21mmと30mm各1個のファインダーは結局使わず、次のレンズの資金にすべく固定Lマウント付Biogon21mmと一緒に委託販売に出したのですが、Zeissの30mmがレアのようなので取り戻そうと思っています。

相変わらず上手な写真とは縁遠いクラカメ初心者のままです。



t.ienaga
12月11日(火)09時14分

t.kuboさん
はじめまして。
情報ありがとうございます。マガジンですがEUでもかなりレアで入手困難です。
素敵なカメラなので一度シャッターをきりたくて。
ebay(usa)というところで購入できるのでしょうか?




T.Kubo ミノルタ16
12月11日(火)09時49分

 私もミノルタ16は好きで楽しんでいます。いつの頃にか16mmは殆どサプライ
がなくなり現在では一部の特殊フィルムを除いて何も手に入らなくなりました。
幸い私はミノルタ16が現役のころからやっていますのでマガジンも若干あり、
モノクロに限り楽しむことができています。フィルムのカットから詰め替え、
DPEも全て自分でやっています。
 ebayを見ていると時々ミノルタ16のフィルムが出ます。期限切れですが、中
身はコダックのプラスXなので、まだ使えるであろうこと、マガジンが手に入
るなどの理由からか6本セットで200ドルを超えていました。もちろん、私は
買いませんでしたが。他にも一本、2本の出品も見たことがあります。
 そんなわけでebayを覗いていると出てくる可能性はありますが、必ずとい
うものではありません。日本ではまず入手難なのが現状です。では、T.Kubo



TCONTA テッサー
12月11日(火)13時49分

Y.Sugiyama 様 かなり遅れました。
135-150mm f4,5位のレンズは、比較的よく出てくるので
ツアイス・テッサー、エクター、オプターと
あちらこちらから集めてしまったりしますが、真の意味で撮り比べは、
なかなか難しいですね。

フィルムが白黒、カラーネガ、カラーリバーサル、
光源が昼光(デイライト)、かストロボか、
準光か、日陰か、その他いろいろありますが、
どれかひとつ変えると、評価がひっくりかえるばあいがありえます。

わたしの30万台のツアイス・テッサーは、ボケたとき形がくずれないレンズで
絞っても、容易に被写界深度が深くならないレンズでした。
これは、オプターに近いのではないでしょうか?
クセナーは、ボケたとき形が柔らかく崩れるレンズでした。
おやじのエクターは、まだ4x5で試していません。

印画紙を含めての撮影=>現像=>プリントまでの要素が
10年くらいすると全く変わってしまう時代ですから、
すこし前の固定概念が良い方にひっくり返るよういつも期待しています。
同じプリントが後では、同じように得られない可能性もあるのでは?とも思います。

TCONTA



山崎 スピグラ
12月11日(火)20時35分

山崎です。

スピグラもクラウンも、レンズボードの付近を軸にして、上下に首を振るチルト
が出来ますが、私は、まだ、試した事が有りません。物の本によると、F30
以上とかに絞り込んで、焦点深度を深めなくても、手前から奥まで、ほぼ、パン
フォーカスにできる云々・・・とあります。フィルム面と水平ではないのに、ピント
を結ぶと言うのは、素人には不思議なんですが(恥)実際は、三脚に据えて、微妙
にチルトさせつつ、ルーペでピントを確認するようですが、手持ちでやられている
方がおりましたら、聞いてみたいと思いまして、書き込みました。最近は、ピント
グラスで構図を確認した後に、フォルダーを差し込んでピント調整、ビューファイ
ンダーは、垂直、水平の確認程度の目的で撮影しています。ルーペの煩雑さが軽減
できる方法があれば、手持ちのアオリも可能と思っているのですが・・・いかがで
しょうか。また。TCONTA様のお書き込みで、オプターの焦点深度は、絞り込んでも
そう深くならない・・・様な事を書かれていますが、私のも、オプター付きなので
すが、長焦点レンズである事を念頭に置いても、中間距離においては、絞り込んで
いるにもかかわらず、考えよりも深度が浅いように思ったものでした。のちに、広
角レンズと知りまして、さらに驚いたものでした。他のレンズを比較した訳ではな
いのですが、思い当たったものですから、ちょっと失礼して書き込みました。構図
や作画次第で、ボケが意外と目に付くので、考えながら撮影しています。ボケが崩
れないのはオプターに近いのでは・・・これもTCONTA様の言葉ですが、ポジを見て
いますと、確かに整っているように思います。なんの形かが良く分かります。絞っ
ているというのもありますが、ボケを意識的に排除する必要は無いかも・・・っと
身勝手ながら、考える事、しばしばです。古いレンズにしてはポジの色も良いよう
にも思いました。これも、思い当たったものですから、失礼して書き込みました。



T.Kubo ペースメーカー
12月12日(水)01時57分

 山崎さん、こんばんは。
 アオリは写す被写体によって効果があるときと無いときがあります。
かなりルーペを使う複雑なピント操作になりますので三脚は必需品です。
ペースメーカーではあまり期待しないほうがいいと思います。
 ただ、アオリの範疇に入るかどうかは別にしてシフトという機能が
あります。これはRFによる手持ち撮影でも効果が得られます。もちろん
絞りは普通の撮影と同じで深度を得るには絞り込む必要があります。
 シフトはレンズを上、下、左、右に平行移動して撮影する方法です。
例えば道路の向こう側の建物を撮影するとき、カメラを水平に(レンズ
は鉛直)構えて撮ると、レンズの焦点距離にもよりますが画像の半分は
道路になってしまいます。こんなときシフト(アップ)を使うと効果的
です。手持ちの時はスポーツファインダーが役に立ちます。
 シフトダウンが必要なときはベッドをドロップして、レンズを鉛直に
チルト(クラウンの場合はレンズボードを後ろに倒す)させます。
 いずれにしてもアオリやシフトをするときは十分なイメージサークル
を持ったレンズが必要です。スピグラ定番の127mmF4.7レンズは、目いっ
ぱいシフトするとケラれることがあります。近距離ほどケラレは少なく
なります。また、一般論ですが焦点距離が長いほどイメージサークルは
広くなります。従って127mmレンズより135mmレンズの方がシフトやアオ
リには有利です。では、T.Kubo



H.I クラウン グラフィック
12月12日(水)02時19分

T.Kubo様はじめ、みなさん、こんばんわ。

オーダーしていたクラウンが先週ようやく到着しました。
さっそく、これから長い付き合いになるであろう、このカメラへの
挨拶代わりにボディーとレンズのクリーニングをしました。
確かにこのカメラは、ばらし易いですね。クリーニングをしながら
このカメラの構造を知ることができました。
カメラの購入と同時にグラフマティックホルダーも購入しました。
このホルダー思ったよりも使いやすくすぐれものに思いました。
もちろん、じっくり構えて撮るのが大判カメラの醍醐味ですが、
このカメラとグラフマティックホルダーの組み合わせは、速写性が
増し、普通のカメラで撮る感覚に近ずき、私にとって大変満足のいく
組み合わせになりそうです。
T.Kubo様のご指摘の通りスポーツファインダーもいいですね。
スポーツファインダーで見たフレームよりも若干広くネガには、収まっている様なので
実際のレンズとの高さに対しての視差を考慮すればかなり正確なフレーミングも可能かな
と思いました。2つのホルダーとカメラの光漏れ等のチェックを含め撮影をしました。
とりあえず問題はなさそうでした。久しぶりに皿現像をやり、ただいまこのクラウンを
使っての簡易引き伸ばし機の製作の思案中です。WEBで紹介されているような立派な
物は作れないとは思いますが?
35_カメラの様に、ばしばし撮るわけにはいきませんが、4×5のフィルムを使って
撮ろうと思った時にすぐに撮れるこの組み合わせ、まさに私が望んでいた物です。
まずは、ご報告まで



T.Kubo ペースメーカー
12月12日(水)03時29分

 H.Iさん、こんばんは。
 クラウンをゲットされた由、多分撮れば撮るほど愛着がわくカメラ
になっていくと思います。Grafmatic Film folderは一度使うと止めら
れなくなります。フィルム送り操作は、はたから見てカッコいいのも事
実です。手軽にスナップできる点はクラウンの機能を倍増しています。
フィルムの装填は面倒ですが、これも好きな道、楽しいと言い出したら
もうお終いです。
 スポーツ(フレーム)ファインダーは仰せの通り視野率は低いのです
が他のファインダーでも似たりよったりです。私は、過去に何十個も
ビューファインダーを作ったり買ったりしました。スピグラ、クラウン、
センチュリーやスーパーグラ用にです。どれも満足のいくものはなく
(主にパララックスと縦横比がネック)、結局スポーツファインダーが
一番具合のいいことがわかりました。正確にフレーミングしたいときは
三脚にピングラという手が控えているので、透視ファインダーでも何と
なく変な安心感があるのです。手持ちの4x5という魅力がそう思わせ
るのかも知れません。では、T.Kubo



Y.Sugiyama 好みのレンズ
12月13日(木)11時29分

TCONTAさん、こんにちわ。

>わたしの30万台のツアイス・テッサーは、ボケたとき形がくずれないレンズで

戦前設計のカールテッサー15cmはピントグラスを覗いてるだけで楽しいです、
なんとも柔らかく、渋味がありますけど気品がありますです。
当方のはNo8539xxというシリアルですが、ボケても形くずれしないです。
初代ジンマー150mmF5.6も気持が良いです!!
二つとも柔らかいのが、、、好っき、、、と言う人向けですけど。
戦後のコンテッサ用45mmとか、リンホフやグラフレックスXL用の100mm
F3.5の高コントラストなテッサーは、戦前の設計である柔らかい15cmや
スーパーイコンタ用、ローライフレックス用とは異質かな、、と、、思ってます。

>絞っても、容易に被写界深度が深くならないレンズでした。

オプターの深度ですが当方のはグラフレックスオプターの135mmですが、、、
ウオーレンザック製135mmF4.7とローデンストック製135mmF4.5
とでは、描写・ボケ・被写界深度が違うように思います。
ウオーレンザックの方が深度が浅いのと距離によって嫌なボケが、ローデンの方は
やや深いのとボケはまあまあと感じています。

ウオーレンザックの方は‘しっとり’した描写で色乗りが良くポッテリした感じで、
ローデンはアッサリ系で‘全てに程々(中庸)’で、朝日の差し込む広い風景では
現在のアポシロナーN100mmF5.6のようなミルキーカラーに写り、
発色傾向は現代に通ずるところがあります。
当方はリバーサル専門、それもRVPでしか撮りませんので、他のフィルムでの
評価は(写真誌で見るだけなので)よく解りません。

プレスカメラマン(スピグラ系+モノクロ+手持ち撮り)が増殖してますね、、
ポラロイド52(ISO400モノクロ印画)か55(ISO50印画+ネガ)を
久しぶりにやってみようか、、、冬景色で色が寂しいし、、、と思ってます。
近くの量販店での価格だと52は¥290/枚、55だと¥370/枚(税込み)
でした。



山崎 スピグラのアオリ
12月14日(金)00時27分

山崎です。

kubo様、アオリの件では、いろいろと教えて頂きまして、有り難うございました。
軽いと言っても、クラウンは3キロ近いカメラです。ただでさえ、今の時期は強い
西日にさらされるのに、暗幕をかぶる訳にもいかず(スピグラに暗幕??)複雑な
ピント調整。手持ちでめくら撮影に近いし・・・精度も何もありません。これでは。
シフトは有効ですね。お話からですと、そういう場に遭遇する事が有ります。こち
らは、ぜひ、試してみます。

ところで、私は、グラフレックスフォルダーを勘違いしているようです。アニバー
サリー等の、グラフィックフォルダーに使う、専用シートフォルダーと思っていた
のですが・・・どうも、書き込みからですと、速写性?があるようなのですが・・・
内容によっては、なにかのついでに、海外から手に入れてみようかな・・・っと、
思っています。どういう物なのでしょうか。



T.Kubo ペースメーカー
12月14日(金)10時13分

 山崎さん、熱心ですね。
 以下は4x5ホルダーの話です。興味の無い方は長いので読み飛ばし
て下さい。

 フィルムホルダーのおさらいです。
1 4x5フィルムホルダーは大きく別けるとグラフィック系とグラフ
  レックス系のどちらかになります。
2 カメラのバックで別けると、グラフィック系は更にグラフィックバ
  ックとグラフロックバックに別れます。
3 普通、ホルダーを買うときはグラフロックバックに対応することを
  確認しましょう。だだ、カメラ屋さんの中にはグラフロックバック
  といっても通じないところもあります。が、新品で買える4x5ホ
  ルダーは殆ど問題なくペースメーカーに使えるので心配要りません。
4 普通ペースメーカーによく使うホルダーには以下のものがあります。
  ☆ 表、裏2枚のシートホルダー(俗称、撮り枠)
  ☆ 4x5カメラ用ロールフィルムホルダー(120フィルム用)
    この中にはピントグラスを外して装着するものと、横から差し
    込んで使うもの(高い)、の2種類があります。
  ☆ インスタントフィルムホルダー各種(8〜10枚パック用)
  ☆ レディロード・パケットフィルム用ホルダー
    暗室不要のパケットフィルムがコダックとフジから出ています。
    一枚撮りのポラが使えるホルダーもあります。

   以上は新品でも買えるホルダーです。

  ☆ Grafmatic Film Holder、中古でしか買えません。
   形状はwebで見て頂くとして(TopのA la Carteをクリック)、
  これは、カメラにセットしたままで4x5シートフィルムが6枚連
  して撮れるホルダーです。手持ち撮影にいいですね。昔はフジフィ
  ルムでも良く似たものを出していました。最近、フジから新型が出
  ましたが少々問題があり今は売られていないと思います。その後フ
  ォローしていないので間違っているかも知れません。

 Y.Sugiyamaさんのコメントにあったポラロイドの50シリーズは、一部
のパケットフィルム用ホルダーで使えます。モノクロですが一回の撮影
でネガーとポジが同時に得られます。ネガは本格的なものです。シート
フィルムより少し大きめのネガで、素晴らしい解像力を持っています。
フィルム現像が面倒な方にオススメです。

 フィルムホルダーは揃えるとお金がかかります。カメラより高いもの
もざらです。Grafmatic Film HolderはAuctionで150ドルくらいでしょう
か。2x3 Roll Film Holder for 4x5 Camera(ピングラを外して取り付け
るタイプ)は80ドルくらいしています。ポラ用ホルダーは日本で新品を
買った方が無難です。中には古いタイプで使えないものもあります。

 長くなりました。では、T.Kubo



TCONTA いろんなテッサー
12月14日(金)10時52分

Y.Sugiyamaさん
>渋味がありますけど気品があります
渋味とはうまくいいあてたレンズ描写表現ですね。
朝日ソノラマから出ているクラシックカメラ選書 レンズテスト(第1集)、(第2集)を読むと、テッサータイプにもいろんなレンズがありました。

私のもっているローライ35のカールツアイステッサーは、
ポケットカメラ用のふつうのテッサー40mmで広角と思って上の本を読んで見ると
絞りが開放の時に最高の解像度を示すと書いてあり普通のテッサーとは少々異なることがわかります。
先鋭な解像度を示す開放ですべて使おうとは思いませんが、絞るほど先鋭度も増して被写界深度も増えてというレンズではないのですよ。
それが上の本で実証されているわけです。
距離計のないローライ35ですからそれがたやすくないのですが。
あまり絞らず目測で慎重に目標にピントを合わせて、使うのが
最良のピントとコントラストを得る方法であると思われます。

ローライ35は、絞りを絞れば簡単に、被写界深度も増えてパシャパシャ撮れるポケットカメラとは、対極にあるように思われました。
こういうベストなポイントが通常の考え方と使い方でみつからないやつが
なかなかのくせものです。

戦前のジンマーのコーティングなしを見たことありますが、最近シャッターの塗装の剥げた、スローでわけありのジンマー150mmf5.6 を8000円で手に入れました。
書いていだいたようにわりと素直そうで安心いたしました。

TCONTA



山崎 たびかさなり、すみません・・・
12月14日(金)11時53分

山崎です。

kubo様、同じような事を、何度か、お答えになられていると思います。
御免なさい。

今、読みかえすと、私の書き込み、誤字だらけです。それ以前に、理解してない。
見てまいりました。便利な物です。私は、現行の撮り枠を使っております。撮影
しては、遮光板を「済み」側にして差し込み、枠を裏替えす・・・気が乗れば、
2枠は消化できますが、せいぜい1枠しか写しません。魅力はあるけど、機能を
持て余すと思います。$150か〜・・・少し足すと別のスピグラが買えちゃう。
今、よぎりましたが、ラボに現像をお願いする時とか、貴重品ですし、壊された
らたまりませんね。コレクターアイテムと理解しました。今度、なにかの時に、
見せてもらいます。それで満足です。

有り難うございました。



山崎 ポラロイドパックの方が現実的
12月14日(金)12時07分

山崎です。

kubo様、Sugiyama様も書かれている、ポラロイドパックの方が
現実的なようです・・・私には。

ポラロイドのモノクロポジは、人に見せるには手軽です。ポラと
言ってもキャビネですし。それよりも、ネガの方は、あらためて、
大判印画紙に焼き付けられるほどのレベルでしたら、お書き込み
のように、現像の手間を考えたら、ずいぶん、魅力があります。

モノクロ現像システムは、諸事情で、ごてにまわってしまってます。
嬉しい朗報です。私には。



Y.Sugiyama 4x5のポラロイド
12月14日(金)15時42分

ポラロイドもフジインスタントも標準処理(現像)温度は25℃で、15℃〜
35℃で処理(現像)するのが良いプリントを作る条件なんです。
今は冬で、寒風吹きすさぶなかでの風景写真屋さんとしては現地で処理(現像)
する環境にありません。
ポラロイドの500/600/100の各シリーズとフジのインスタントは
10枚が入ったパックフィルムで、そのホルダーは撮影の都度引き抜くと処理
(現像)が始まってしまいます。
が、、、
ポラロイドの50シリーズは1枚撮りで、545iホルダーは撮影後その場で
処理(現像)することも出来ますし、、、レバーをP(圧着)側に倒さず抜き
取りキーボタンを押して引き抜くと現像未処理のまま出てきます。
フィルムを丈夫な紙箱に入れて帰宅し、現像処理する部屋に数時間放置後、
再び545iホルダーに差し込んで、今度はレバーをP(圧着)側に倒して
引き抜き現像処理する。
ぬくぬくの部屋で落ち着いて一枚一枚、どんなのが出来るか楽しいです。
ポラロイド55(印画+ネガ)のときは夏でもこの方法です。
現地で処理するとベタベタのネガの保管・移動に困ってしまいます。
それと、、、
フジのクイックロードフィルムはこのポラロイド545iホルダーで撮ること
が出来ます。
ここ一番のとき用にクイックロードを+2枚ほど持って行くのも良いです。
ただし、ポラロイド545iホルダーは厚みがあって、ポラを使わない場合は
クイックロード専用ホルダーが良いことはモチロンです。



PAUL どうもはじめまして、、
12月14日(金)20時15分

はじめまして、PAULと申します。
山崎さんからこの掲示板が有ると教えられ来ました。
カメラに関しては超初心者ですがよろしくお願い致します。

所で、いきなり質問して不躾で申し訳ないのですが、カメラをメッキしてくれる所、ご存知の方いないでしょうか?
僕の持っているA型ライカを金メッキしたいのですが、なかなか無いのです。



山崎 ポラロイドのサイト、見てみました。
12月15日(土)00時23分

山崎です。

以前、ポラロイド社の経営が、どうの・・・とか、テレビで放映されてましたが、
立派なサイトを展開してますね。見てまいりました。Sugiyama様の書き込みと
合わせて読むと、たいへん良く分かります。パックタイプの500〜シリーズ
は、安いと思いきや、使い切るまで、フォルダーを付けてないといけない不便
があります。50シリーズは、シートフィルムで後現像OKと言うのは有り難
いです。しかし・・
良い値ですね(^^;;545iフォルダー・・・欲しいけど、良い値です。じつは、
ここで知るまでは、ポラロイドは、もっと気楽な物に考えていたんです。プロ
フェッショナルタイプとなると、話が違うんですね。短い間に、ずいぶん勉強
になりました。恥ずかしいけど、カメラは控えて金作しないといけないです(^^;;

>ポールさん

こられたんですね・・・・来て、早々、A型ライカを金メッキにする件とは・・・
ちょっとスゴクありませんか(^^;;



Y.Sugiyama レンズテスト本&ポラ単価訂正
12月15日(土)16時21分

TCONTAさん、こんにちわ。

レンズテスト買ってしまいました。中判カメラレンズが載っている(第2集)
だけですけど。(11月はじめから何回も立ち読みしてたんですけど・・・)
テッサータイプコピーレンズとしては、マミヤプレス用100mmF3.5を
大昔ですが使ってて、良いレンズだと思っていたんですけど、やはり意欲的な
レンズ設計だったんですね!!手放さなければ良かった!!です。
テッサータイプレンズは星の数ほどコピーレンズがありますけど、結局ボケが
良くてシャープ感が損なわれないとなると、ツアイステッサーを越えたものは
無いと思います。特に日本製は解像力が重視されすぎているようです。
ホースマントプコール105mmF3.5は結構良い出来栄えだと思います。
テストデータとしては並みなんですけど!!
それと、ズミクロンM50mmF2のテスト結果も載ってました。好きです。

今日、ポラロイド54(モノクロ印画)を購入してしまいました。
そしたら価格を間違えていたようで、2〜3日前の単価を訂正させて下さい。
--------種類(20枚入り)----------------------------単価/枚(税込)
ポラロイド52(ISO400モノクロ印画)  ¥6200 326
ポラロイド54(ISO100モノクロ印画)  ¥5560 292
ポラロイド55(ISO50モノクロ印画+ネガ)¥7080 372
いつも行ってる量販店のポイントカードが貯まると、チョット高額なものを
買ってしまいます!!ぐっと堪えて全倍ダイレクトプリントがしたいのに!!



山崎 本、届きました。
12月17日(月)00時54分

山崎です。

Sugiyama様、教えて頂きました「スピグラと駈けた写真記者物語」が
届きました。有り難うございました。

帰宅が遅かったものですから、まだ、ざっとしか見てないのですが、一つ、
謎が解けました。クラウン(スピグラも)の前蓋を開けますと、通常の位置
よりも、さらに一段、開きます。なんのためかと思ってましたが、90ミリ
などの広角レンズを付けた時の、ケラレ防止用との事。読んで、初めて理解
しました。貴重な本です。

今日、カメラ店で、グラフレックスを見ました。ひとかかえもある物。4の
5用でしょうか。写真で見るのとは違い、不思議なたたずまいでした。現状
で3万円。意外ときれいでした。エクターと思いきや、コダック、アナスチ
グマット・・・でした。レンズをのぞいていたら、なんか、吸い込まれそう
な錯覚になりました。写りは知らないけど、なんか魅力的でした。



TCONTA レンズテスト
12月17日(月)13時06分

Y.Sugiyamaさん こんにちわ
レンズテストのイカレックスとプラクチカの東西カールツアイステッサー50mm2.8対決
はごらんになりましたか。

むかしの国産中判カメラのレンズは、個性的ではないですか?
中判は、1眼レフより、マミヤプレスのように距離計連動カメラの方が
レンズが良いという感じがあるでしょう
特にむかしの中判1眼レフカメラの広角レンズは、
周辺ががた落ちで
データーみちゃったらこわくて手がでない?

前のカメラ診断室のデータでは、あまりわからなかったのですが
今回のタイプライターのプリントアウトみたいなデーターでみると
ズミルックス35mmF1.4が平面では周辺ががた落ちでも
写真では、きれいに写るかよくわかりました。
絞っても平面上で解像度の高い点は中心だけなのですが
異なった距離上で
200本以上の解像度の高い点がお椀の底みたいな形で並ぶのです。
つまり、解像度の高いピント面が曲面という。

黒塗りのMにズミルックス35mmF1.4をつけた人が
雨の日の田町でコーヒースタンドのあるパン屋で並んでました。
田町にシーベルヘグナーありますけどね

TCONTA



山崎 ソレノイドって、何でしょうか。
12月17日(月)15時16分

山崎です。

書こうかどうか迷ったのですが(恥じを覚悟で)私のクラウンにも、
ソレノイドと称する部品が付いています。多くのスピグラには、ほぼ、
同様の物が付いていますが、レンズシャッターの方にも、独立して、
シンクロ接点が見られます。当時のプレスは、みんな、ソレノイドに
つなげていますが、どういう違いがあるのでしょうか。ソレノイド
とは、どういう物なのでしょうか。よろしければ、ご教授、頂ければ
と思っております。

仲間内の集合写真を写す機会が、時々あります。ハレの写真ですし、
使い慣れたキヤノンPに、これも扱いの容易なオートストロボを使
ってます。いずれ、クラウンにストロボ撮影を挑戦してみようと思
ってます。(本当は、当時のフラッシュ撮影に憧れますが)左側面
に、金属の取付金具がありますが、当時のプレスは、皆、そこにフ
ラッシュを付けて、それも、グリップ代わりにしているようです。
木に木ネジ止めだけの金具に、いささか、心細い感がありますが。
また、グリップの頼りにしませんが、ここの金具に、現行のストロ
ボを、うまく固定できる方法はあるでしょうか。



T.Kubo ペースメーカー
12月17日(月)21時30分

 山崎さん、ソレノイドは専用フラッシュガンからフラッシュ(球)とシャッター
レリーズを電気的にワンタッチで行うのが主な目的です。専用ガンを右手で持つと
ちょうど親指のところに赤いボタンがあって、これを押すと電気回路のスイッチが
入りガンとシャッターが働きます。複雑な電気回路が何種類かありいろいろな組み
合わせが可能です。シャッターの電気接点でフラッシュを光らせるのが今の常識で
すが、当時はタイムラグのあるバルブ(球)が主流だったので、必ずしもシンクロ
ターミナルは必要なく、なくてもスローシャッターを使ってのシンクロが可能でし
た。フラッシュ球はシャッタースピードによってガイドナンバーの値が異なります。
発光の時間が長いのでシャッタースピードが遅いほど有利になります(絞れる)。

 この専用ガンのスイッチ(レリーズ)は真に具合が(操作性が)いいのですが、
どのレンズボードにもソレノイドが要るので、またその都度ソレノドに配線(チッ
プを差し込むだけですが)しなければならないので、私は今様に先にシャッターを
メカ(ケーブルレリーズ)で動作させ、シンクロ接点でストロボや球を光らせてい
ます。

 専用ガンはカッコイイ(?)のでデモの時にわざと使います。ワンタッチで着
脱できるのはいいのですが、その後の配線は結構面倒です。集合写真はよく撮り
ますが、実用的にはライツのCEYOOです。ガンの取り付け金具は専用ガンのみに有
効です。山崎さんのクラウンは前期、後期のどっちの型かわかりませんが、カラー
ト型ならRFの上にスライド式のガンホルダー(規格品)がつきます。トップRFタイ
プならボディトップにシューを付けるのが近道です。では、T.Kubo



Y.Sugiyama スピグラ45系のベッドダウン
12月18日(火)12時46分

山崎さん、こんにちわ。

日本では「スピグラと駈けた写真記者物語」が、現在のところ一番実践的な
実機の写真付き解説本だと思います。
スピグラのマニュアルがあればモチロンそれが一番ですが。

>よりも、さらに一段、開きます。なんのためかと思ってましたが、90ミリ

ペースメーカスピードグラフィック45の場合、90mmの広角レンズはボデ
ー内のレール(インナーフォーカスレール)に乗る状態で、ケラレるのを防ぐ
ためにベッドダウンします。
 ベッドダウン(あの本では台座を下げる)ですが、米国の本を見ると、
DROP BED(ドロップベッド)となってます。

ペースメーカクラウングラフィック45の場合、フォーカルプレンシャッター
が付いてないためボデーが薄型で、90mmはベッドダウンする必要はありま
せん。その代わりに65mmの超広角がインナーフォーカスレールの上で、
ベッドダウンすれば使えそうです。
インナーフォーカスレールは若干ガタツキが有って、ピン合わせにコツがいる
のかも知れません。

スーパーグラフィック45の場合は、インナーフォーカスレールが無いので
65mmを使うには、レンズにヘリコイドを付ける必要があって高額な投資が
必要です。
それと、アングロン90mmF6.8の場合でレボルビンバックで縦位置に
するとベッドでケラれます。若干フロントライズするか、横位置撮影の状態で
三脚で縦位置に変換しないとならないです。
フランジ焦点距離(シャッター後面からフィルムまでの距離)からストッパー
の位置がよろしくないのでベッドダウン出来ません。
スーパーアングロン90mmはレトロフォーカスタイプのレンズでフランジ
焦点距離が10mm近く長いのでベッドダウンしないで大丈夫のようです。
同タイプのLFトプコール90mmF5.6はベッドダウンせず大丈夫でした。

箱型の折りたたみフィールドタイプカメラ(スピグラも)の場合、ベッド
ダウンは主に長焦点レンズ(210mmぐらい)では意味のあるアオリに
なります。建築物・家電等商品撮影時には多用されるアオリです。
アオリは大型ビューカメラの解説本をご覧になるのが良いと思います。



山崎 ご返事頂きまして有り難うございます。
12月19日(水)01時15分

屋m咲きです。

kubo様、Sugiyama様、こんばんは。

とても詳細で、どの本の解説よりも読みごたえがあります。比較できる
本も、国内には、「スピグラと駈ける〜〜」しかありませんが・・・残念です。

>kubo様

このソレノイドは、スピグラ用の専用フラッシュガンしか使えない・・・
と理解しました。しかし、ガン内の電気回路で制御されているとは・・・
時代を考えますと、先進的な機構を、いち早く、取り入れていたメーカー
だったのですね。後づけかもしれませんが、一見して、かなり古いスピグラ
に付いている写真を見ました。話が少しそれますが、夜からですが、音楽家
の知人の演奏会に招待されました。記念写真用に、持ち出したカメラは、前記
の物です。和むかのような撮影でしたが、ぜひ、クラウンと専用フラッシュ
ガンを持ち込みたかったです。驚きとヒンシュク?をかったかもしれません。
「スピグラと駈けた〜〜」の著者、平井氏が、一眼レフカメラの普及で、晩年
のスピグラは、撮影現場では、肩身の狭い存在だったようですが、寂しいです。
しかし、あれだけ、国内の新聞社に納品されたスピグラが、市場に出てこない
のが、読んでいまして気になりました。それと、私のクラウンは、トップレン
ジファインダーです。両面テープでしたら、いつでも剥がせますし、ホットシュー
を付けるのは、ケース内も整理がつきますし、現実的な選択のようです。

>Sugiyama様

私のは、クラウンですので、超広角(135ミリが、世間で言う35ミリ広角
でしたら、大判の65ミリは・・・十何ミリとかですか)を使わない限りは、
ベッドダウンを試す機会は無さそうです。そう思うと、試してみたいものです。
ちょっと前にですが、日本カメラ発行の「中判、大判カメラ入門」と言う本を
買いました。入門書というには、集約本・・・と言う内容で、初めての人には
どこから始めるのか???と思いました。撮影後のシートフィルムのラボ出し
に触れていません。私のような初心者を、対象にしていないのかもしれません。
その初心者が、いきなりクラウンですから、入門書も対処のしようがありま
せん。理想と現実は、カメラの世界ではうまくゆかないものです。でも、こち
らの皆様に、いろいろと教えて頂きまして有り難いです。励みになります。
これからも、よろしくお願いいたします。000



Y.Sugiyama RE:レンズテスト
12月19日(水)10時10分

TCONTAさん、こんにちわ。

>イカレックスとプラクチカの東西カールツアイステッサー50mm2.8

イカレックスも一眼レフなのでしょうか?
35mm判一眼レフをほとんど使ったことがないのでピント合わせのイメージ
がしっくりきません。よく解らない状態ですけど。
イカレックスは開放時の球面収差が大きいように思います。
撮影対象によってはf3.5あたりでピン合わせしたくなってしまいます。
このデータだけでは判定出来ませんが、プラクチカを選んでしまいそうです。
ベラ(Weera)に付いてる50mmF2.8は田村彰英さんが撮った1枚
を見ましたが(本で)、まさに戦後テッサーという写りです。やや、ドライと
言ったところでしょうか?悪くはないです。コンテッサの45mmと比べると
コンテッサかな!!と、、浮気性です。
またまた勝手ですみませんが、、、
ローライフレックス・オートマットMXのテッサー75mmF3.5好きです。

>黒塗りのMにズミルックス35mmF1.4をつけた人が

私の最後の写真人生には、視力がモテばM+ズミクロン50mmF2です。
今の中大判を全て売り払って!!
視力がモタナイ場合は、、どっかの、、オートフォーカスです。
本当はズミクロンR50mmF2に惚れ込んだのですが、、、水越武さんが
ライカR6で、、素晴らしいです、、ブレを完璧に防げばセミ判と同等です。
レンズ構成が、張り合わせ面が違いますけど!!

昨日、鎌倉市内のDP屋さんに「コニカVヘキサノン48mmF2?付き」と
言うのが、¥29000也で有りました。高いのやら、安いのやら、、、



Y.Sugiyama RE:ソレノイドって、何でしょうか。
12月19日(水)10時16分

山崎さん、こんにちわ。

「スピグラと駆けた〜」本のカバー裏表紙の折り返し部の、本の定価が書いて
あるところの写真を見ると、フラッシュガンとソレノイドとシャッターのシン
クロターミナルとのコード接続状態が解ると思います。
または、131ページの右上も同じです。
そして、フラシュガンの電磁レリーズボタン(148ページ左下)を押すと
ソレノイドが作動してシャッターが切れ、シンクロターミナルからフラッシュ
信号がフラッシュガンにフィードバックされ発光します。
フラッシュは、国内のフラッシュバルブ(電球)生産は終了したと思います。

もうひとつ、79ページの写真の結線でフラッシュが発光したと同時にシャッ
ターが切れるのかも知れませんが、この動作は未確認です。

ストロボへ接続する場合は、付いてるレンズシャッターがXシンクロ対応で
あるか、シンクロターミナルがドイツ規格(DIN・現行のターミナル)か
米規格(Bi・・・)かですが、米規格だとコンセント付きのケーブルを入手
しないとだめです。
突き出した2本の電極に半田付けしても大丈夫かもしれませんが、手放す時に
傷物で価値が下がります。半田の熱は最小にしないと内部が溶けます。
その前に、テスターを使ってシャッターを切った時の導通試験をしておく。

手に入ったケーブルのガン側コンセントを現行のストロボのターミナルに付替
えて、ストロボにつなげば大丈夫だと思います。
ケーブル(線)の太さが極端に違うので何らかの工夫が必要です。
細いほう(現行)が引きちぎれてしまいそうです。

Xシンクロでないシャッター(M級・F級バルブ)の場合は文字どおりシンク
ロ(同期)しないと思います。逆に、Xにフラッシュバルブだったらシャッタ
ー速度に条件がありますけど使えます。
こういう場合はニッコール・フジノン等現行の大判レンズを使った方が早いで
す、距離計連動にはカムを自作しないといけないですが。
カム方式でないカラートレンジファインダー(サイドレンジファインダー)の
場合は、アジャスト(調整)すればokです。

ガンタイプのストロボは日本にもあると思います。ガンクランプ?と言ったと
思いますがスピグラボデーに取り付ける金具もありました。
規格が2種類あったように記憶してます。実際にあてがってみた方が良いです。
でも、ソレノイドへの電気出力端子はありません。ストロボだけです。
ソレノイドは直流3Vで動くと思います。でも破損しても責任とれません。
プラス・マイナスとか、リスクはご自分で、、、



山崎 私のクラウンのシンクロ接点
12月19日(水)16時48分

山崎です。

kubo様、Sugiyama様、こんにちは。

Sugiyama様、たび重なる、詳細な貴重なご返事を頂けまして有り難うございます。
こちらの過去ログは、たいへん貴重なので、暇をみては、プリントしようと思い
ます。

その後、私のクラウンのシンクロ接点を見ましたら、2本の突起のみがありました。
「スピグラと駈けた〜〜」の巻末の方の解説には、コンパーシャッターに、コダッ
ク式のシンクロ接点がありますが、米式の2本の接点のみというのは、アメリカか
ら購入したためかもしれません。私もハンダ付けはためらいます。と言う事で、努
力次第で可能ですが、リスク等の諸事情を考えますと、現実的なのは、フラッシュ
ガンを使うしかないようです。あきらめがついたら、気が楽になりました。ソレノ
イドの動作を確認できますし。それはそれで良いかなっと思います。フラッシュバ
ルブも、デッドストックや、海外から手に入れる事ができると思いますので。

そういえば、最近、ドル高です。海外通販を利用する者には、なかなかツライもの
を感じます。



山崎 グラフライトフラッシュ
12月19日(水)21時15分

山崎です。

ヤフーの検索を使ってましたら、こちらの過去ログに、引っかかりました。
あやうく、読みこまれそうに?なりました。編集し直したら、一冊の、凄い
クラカメ本に出来ると思います。ライカ系の書き込みとか、多かったようです。
私もライカは愛用していました。持ってはいますが、スピグラの方に、今は、
興味津々です。

グラフライトフラッシュ・・・と、言うそうですね。スピグラ専用のフラッシュガン
ですが。過去ログにも触れてましたが、どうも、中古では、なかなか出てこなくなった
との事。eBayを見ましたら、傘の部分の無いやつとか、半端だったりします。バルブ
に関しても、どこにでもあると言う物でもないですし、無いとなると、欲しくなるのが
人間の心理でしょうか。気をつけておこうと思います。



T.Kubo ペースメーカー
12月20日(木)08時41分

 山崎さん、スピグラは好きなカメラのひとつで何時でも持ち出
せる体勢にあります。頻度はライカに負けますが。

 つの型シンクロターミナルですが、webに紹介しているものが合
うと思います。Paramount Cordsというメーカーから発売されてい
ます(13.99ドル)。このメーカーはコダック型からドイツ型への
変換アダプターを始め、スピグラガンのコードなどいろんなものを
作っています。Pacific Rim Cameraで扱っていると思います。
http://www.cosmonet.org/camera/sync_cord.htm
http://www.pacificrimcamera.com/

 専用ガンは最近少なくなりました。昔はゴロゴロしていたのです
が。バルブ(球、プレスB)や昔のフラッシュガン用の積層乾電池
は新宿の*ドバシカメラで買っています。もう1年くらい行ってい
ないので今でもあるかどうかは分かりません。ピーナッツバルブは
腐るほどある(腐らないけど)のでお分けできるのですが、スピグ
ラのガンで使うにはちょっとした工夫が必要です。

 スピグラのガンはカッコいい他、付けるとカメラホルドが抜群で
す。ソレノイドでレリーズできる組み合わせが最高です。実用のフ
ラッシュガンでしたら、ライツのCEYOOをオススメします。エジゾン
ベース(普通の電球型)の球も使える大型のガンで、照射範囲はス
ピグラ専用ガンよりワイドです。このCEYOOを使うにはアクセサリー
シューが必要です。では、T.Kubo



山崎 アメリカの通販業者
12月20日(木)12時43分

山崎です。

kubo様、みなさん、こんにちは。

スピグラにせよ、我国において市場性の無い物は、海外通販になってしまいます。
私の場合は、過去、2回しかありませんが、ブルックリン・カメラ・エクスチェンジ
を利用しました。

http://www.brooklyncam.com/

ここで、クラウンを購入しましたが、若干、高めですが、作動も状態も良い物でした。
こと、実用性を考えましたら、通販の品質ランクは、結構、あてになることを知りま
した。他は、もっぱら、eBayです。kubo様紹介のサイトですが、この、パシフィック・
リムカメラは、昨夜ですが、検索してたら偶然、引っかかりました。グラフライトフラ
ッシュもありましたが、細かく分割されて売られていました。完品という物は、そう、
出てこないと理解しました。他、どこのサイトだったか、ケーブルは無かったですが、
傘もグリップ本体も、専用クランプも付いた、一見、美品の完品が$24でありました
が現状品。グッドラックとは、憎んでいいやら、困ったものです。ホットシューは、
kubo様の方法でもいけますので、付け方は、後から考えるとしまして、シンクロ接点
変換アダプターは、たいへん役に立ちますので、考えようと思います。グラフライト
フラッシュは、気に入った品をかき集めて?来たら、意外と高いものになると思いま
す。それでも$100以下で収まると思いますが。$200以下のスピグラって、多
いですね。この格差は何だろう??そんなことが脳裏をよぎります。ワゴンセールに、
似たようなのが、時々、見られるんですが・・・・まったく残念です。あ、それと、
シンガー製のグラフレックス・フラッシュを、何個か見ました。グラフライト・ジュ
ニアと言うのも。これは、なんの機種に使われるのでしょう。$20台で求めやすい
物でしたが。



Y.Sugiyama RE:グラフライトフラッシュ
12月20日(木)13時36分

山崎さん、グラフライトフラッシュに向かうんですか、、、

再び、「スピグラと駆けた〜」本のカバー裏表紙の折り返し部の、本の定価が
書いてあるところの写真のフラッシュガンが「正統派スピグラガン」で、79
ページのが戦後の「グラフライトフラッシュガン」です。
両者ではボデーへの取り付け方法が違っているので要注意です。

グラフライトフラッシュガンでも、電磁レリーズボタンの無い物があります。
GRAFLITE JR. ( Cat. No.2770 ) は無いです、注文するさいには SOLENOID
端子があることを念押ししたほうが、、、

7”レフレクターだと、フラッシュバルブが22Bという大きな(家庭用40
W電球ぐらいの大きさ)球を使います。1発$4.25、2年ぐらい前に東芝
製を購入したら、10個入りで¥4368=1発¥437で、いまだに光らせ
ません。
ISO100で1/30秒のシャッター速度でガイドナンバー92です。

5”レフレクターだと小粒の球で良いので経済的です。
当方の5”は、最後に通販したセンチュリーグラフィック23にサービスで付
いてきたんですが、球も4個付いてきて、この品番・ガイドナンバーは調べて
ません。

1966年のグラフレックス社のカタログによると、、、
SOLENOID CORD 20" straight cord Cat. No.2703
SYNCHRONIZED SHATTER CORD ( ASA・米国規格・二本電極のものです。)
20" straight cord Cat. No.2701
1973年のカタログでは、、、
2 Cell Graflite Battery Case. Cat. No.2772(単一乾電池2個)
3 Cell Graflite Battery Case. Cat. No.2773(単一乾電池3個)
Graflite 5" Reflector Cat. No.2745
Graflite 7" Reflector Cat. No.2747

フラッシュの球屋さん、、、
http://www.flashbulbs.com/index.shtml

スピグラ系の在庫がありそうなカメラ店、、、
http://www.acecam.com/used-cameras-3.html

今回とは関係ありませんが、オールドフィルムと現像は、、、
http://www.filmforclassics.com/



Y.Sugiyama ↓
12月20日(木)13時51分

スペースが詰められてしまって、一部再送信です。

1966年のグラフレックス社のカタログによると、、、
  SOLENOID CORD    20" straight cord   Cat. No.2703
  SYNCHRONIZED SHATTER CORD ( ASA・米国規格・二本電極のものです。)
            20" straight cord   Cat. No.2701
1973年のカタログでは、、、
  2 Cell Graflite Battery Case.  Cat. No.2772(単一乾電池2個)
  3 Cell Graflite Battery Case.  Cat. No.2773(単一乾電池3個)
  Graflite 5" Reflector      Cat. No.2745
  Graflite 7" Reflector      Cat. No.2747



山崎 訂正です。
12月20日(木)16時45分

山崎です。

>あ、それと、
>シンガー製のグラフレックス・フラッシュを、何個か見ました。グラフライト・ジュ
>ニアと言うのも。これは、なんの機種に使われるのでしょう。$20台で求めやすい
>物でしたが。

シンガー製とは、よく見ましたら、ストロボでした。車のヘッドランプみたいな
品物でした。訂正します。私の見たところは、ほとんどが現状売りです。電気回路
の修理、調整ができる腕ならば、おそらく安いのではと思いますが・・・・ソレノイ
ドケーブルとか、$10以下だったり、こういうパーツは安心ですが、単品ですと、
送料が高く付きますから、考えてしまいます。焦らず行きます。

Sugiyama様、詳細なご返事を頂きまして、有り難うございます。夜、お教え頂きました
アドレスから、いろいろアクセスしてみます。



山崎 スターウォーズの小道具
12月20日(木)19時57分

山崎です。

私の誤訳だと恥ずかしいんですが・・・なんでも、スターウォーズにおいて、
Graflex series 3-sell flash が、「light sabe」(あの光る刀ですかね)
で使われた云々・・・と言う文書を見つけました。そのために、市場から消え
た・・・とも。原文は、私の手元のコピーなんですが、グラフライト フラッ
シュで検索していると、そういうサイトに、時々、引っかかりました。ほんと
ですかね。だとしたら、純粋な、スピグラ愛好家は困ってしまうことになり
ます。SFマニアの所有になっているのでしょうか。市場から、完品が少な
い理由も納得できます。でも、あのフラッシュガンのグリップは、ヘタなC級
映画の小道具よりも、よく出来ています。



T.Kubo ペースメーカー
12月20日(木)20時44分

 Y.Sugiyamaいろいろ詳しい情報、ありがとうございます。大変に
参考になります。私も22Bや50Bなどを持っていますが一度も焚いた
ことはありません。プレスBで大抵間に合うのと、大きい球でも1
絞りくらしか違わないので何となく使いそびれています。
 山崎さん、スピードライトはそう頻繁に使うものではないのでゆ
っくり集められたらいいと思います。私も、それほど執着していた
わけではなく、長い間スピグラをやっていて自然に集まってきたも
のです。バルブは一発で200円くらいかかります。私の場合、慎重に
やっているつもりでも結構失敗が多く、一回に何発も無駄にするこ
とがあります。どうしてもという場合、まずはストロボからがいい
と思います。
 バルブやポラは撮影後にゴミが出るので必ずゴミ袋を持参しな
ければなりません。薄いビニールの袋で代用していた頃、これが
破れてポラの液でライカCLのボディを変色させたことがあります。
余談でした。では、T.Kubo



T.Kubo スピグラのガン
12月20日(木)21時18分

 グラフライトがスターウォーズマニアに注目されたことは
事実です。それほど昔ではなく、多分3,4年前だったと思い
ますが、私のところにも何通か集中して問い合わせがきたこと
があります。スターウォーズの光る剣の代用のようなことが書
いてありました。どこで買えるか、持っていたら譲って欲しい
というのもありました。私は長い方のガンも持っていますが、
その気はないので、Sorry,...で丁重に断りました。全部アメリ
カからのメールのようでした。

>純粋な、スピグラ愛好家は困ってしまうことになり
> ます。
 山崎さんの言われる通りです。最近見かけることが少ないの
はそのせいかも知れませんね。

 グラフライトには単一電池が2個入る短いものと、3個の長
いものがあります。これは筒(電池ケース)が違うだけで他の
部品は共通です。リフレクター(お椀)は5インチと7インチ
があります。では、T.Kubo



山崎 私も、そう思いました。
12月21日(金)00時13分

山崎です。

Kubo様、こんばんは。

スターウォーズの話は、冗談のようで事実だったんですね。わざわざ、スターウォーズ
云々と、ことわって売っているところもありました。現状売りに加えてパーツで売って
いたりで、ちょっと、もう、いいかな・・・と言う気持ちです。忘れた頃にやってくる
でしょう。ストロボで代用します。パラマウント・コードで検索して会社が見つかりま
した。アメリカ式のソケットでコードを売ってます。単品で輸入するより、何かと混ぜ
て、機会が来ましたら手に入れます。こちらは有り難うございました。

検索してましたら、こんなサイトが見つかりました。すでに、ご存知かもしれませんが。

http://www.stephenshuart.com/

ラージフォーマット・スペシャリスト・・・と、トップに、大きくアップしてます。
トップレンジファインダー用の、レンズに合ったカムが、各$50とは、高いですね。
レザーストラップとかあります。その他、スピグラのパーツを、たくさん扱ってます。
スピグラが、アメリカでは、まだまだ実用で使われている証拠です。凄いカメラです。



Y.Sugiyama RE:グラフライトフラッシュ
12月21日(金)14時10分

山崎さん、訂正?です。

グラフライトフラッシュの「ソレノイド用コード付きセット商品」を見ると、
 1)3 Cell Graflite Battery Case.   Cat. No.2773(単一電池3個)
   ボデーにワンタッチ取付クランプ付属( with TOP and BOTTOM CLAMPS )
 2)Graflite 5" Reflector       Cat. No.2745
     OR Graflite 7" Reflector   Cat. No.2747(どちらか)
 3)SOLENOID CORD  20" straight cord Cat. No.2703(こちらが付く)
     〃     36" Expand-O-Cord Cat. No.2809(別売)
1)〜3)の3点が入っていて、3 Cell(単一電池3個=4.5V)が必要な
のかも知れません。あの本の79ページは、3 Cellです。
あと、上記のセットの他にシンクロコードが必要です。

12月18日(火)テレビ東京(12ch)PM4:00〜の番組で報道写真
展の話題で、ゲストがペースメーカスピードグラフィック45(トップレンジ
ファインダー)のフラッシュガン付きを持って来たんですけど、電磁ソレノイ
ド付きで、グラフライトフラッシュは「 3 Cell + 5" Reflector 」でした。
レンズはシンクロコンパー付き(コダック規格ターミナル)ですが、画像が
アップで写ったんですが今一つはっきりしないですけど、、、
クセナー135mmF4.5だと思いました。
新品同様のピッカピッカのカメラでした。
と言うことで、2 Cell を選ぶ前にお確かめください。
       ~~~~~~
シンクロコードの追加です。
 1)SYNCHRONIZED SHATTER CORD ( ASA Bi post )
          20" straight cord  Cat. No.2701
          36" Expand-O-Cord  Cat. No.2810
 2)Cap Cord ( Small with DIN(pc) fitting )
          20" straight cord  Cat. No.2721
 3)Bayonet Shutter Cord ( for Kodak 800 )
          36" Expand-O-Cord  Cat. No.2808

私の手元に有るのは、Bi post 36" Expand-O-Cord Cat. No.2810 だと思い
ます。電話の受話器のコードのようにカールコードで伸び縮みするやつです。
ただ、ソレノイドとシンクロの二本のコードが引き回される時には、ストレー
トコードの方が良いように思います。
カールコードはかなり太いです、二本並ぶと邪魔くさいです。

あと、Graflite 5" Reflector の球は「プレスB」の件、了解しました。
横浜の量販店で販売されてます。10個入り¥1344=1発¥135です。
電話で問い合わせただけですが、あるうちに1箱購入しようと思ってます。
私の生産終了情報はあるメーカ1社だけとかの話しだったのかも知れません。
失礼しました。



庵主 はじめまして!
12月21日(金)17時32分

ホームページ見せていただきました。
私も写真関係のページを製作中です。Rolleiについてのページです。
「そんなものについての見識を高められるほどの予算があるのか?」と
自問しつつ作っております。(笑)
よろしければ、1度のぞいて見てください。
よろしくお願いします。

http://www5d.biglobe.ne.jp/~rolleian/



山崎 有り難うございます。
12月21日(金)18時08分

Sugiyama様、こんばんは。

※単一電池3コ使用の本体
※5インチ径の傘(私の場合は大きなバルブは使わない)
※ソレノイドコード(できればストレートタイプ)
※固定クランブ2個

ですね。クランプとカメラをつなぐ金具があるんですが、一見、レザーストラップを
付けるような金具です。私のには、それが付いていなくて、その下の、座板しか付い
てません。通販屋を見ても、クランプまでは、揃えてますが、見つけられませんでした。
あれは、規格品かなにかで、現行品なのでしょうか。それと、単一2コの物は、俗に、
グラフライト・フラッシュ・ジュニアという物なのでしょうか。尋ねてばかりで、
すみません。セットで売られてましたが、カタログでは、パーツ商品だったんですね。
通販屋も、パーツで売ってますので、セコイ売り方だな・・っと、勝手に思ってました。

報道展の番組とは、私も、見たかったです。ランク表記は、店によって、まちなちでし
たが、ピッカピカのスピグラは、$700以上してるみたいです。私のは$450でし
たので、実用的な美品でしょうか。$200台の物が、一番、気兼ねなく使えそうです。
クセナー、オプター付はよく見ます。エクターの名声の影に隠れてますが、レンズ単体
でも売っているところを見ると、業者か個人が付け替えてしまい、市場に出回っている
のではないでしょうか。



良吉 エルマー50の被写界深度とズミクロン50の光学系
12月21日(金)22時09分

 先日、ここでも良く、お見掛けするKudo氏の主催しておられるらしい
掲示板で、興味を、ひかれる話が出ていました。そこに書き込んでも良か
ったのですが、少し雰囲気が違いますので、こちらに書き込みます。悪し
からず。

 まず、最新のライカ・エルマー50/2.8と古いライツ・エルマー5
0/2.8の比較の話で、古いエルマーのほうが被写界深度が広いと気づ
いていた人がいました。これは、なかなか良く見ていると感心します。私
も本の記事で知っていましたが、経験談を聞く(見る)のは、初めてでし
た。

 ご承知の方もおられるかもしれませんが、原因は、古いエルマーのほう
が球面収差の膨らみが大きいからです。0.2ミリの膨らみだと、1メー
トルの撮影距離で、8センチほど被写界深度が広がる計算になります。

 もちろん、厳密には、同一面にピントが合っておらず、あちこちに合っ
ているため、本来の画質は、悪くなるのですが、もともと過剰補正ぎみの
大きな球面収差が残っているレンズですから、そう区別がつくものではあ
りません。被写界深度が増えたように見えるのでしょう。

 次が、ズミクロン50の光学系の話題でした。長い年月に、わたってラ
イカの主力レンズだっただけに、ズミクロン50の光学系は、なんども変
更されています。詳しく知る人は少ないようでしたね。

 ズミクロン50の光学系で目に付く違いを上げると、4種類になります。
まず1953年に発表の沈胴式鏡胴に収められた6群7枚13面構成。最
初に「空気レンズ」を採用しました。続いて登場したのが1956年に固
定鏡胴に変更されたM型用(L用も少し有ります。)で、構成は変わりま
せんが、開放時の画質を上げるため、第6面の曲率が、わずかに変わって
います。接写機能付のDR(デュアルレンジ)ズミクロンも同じ光学系と
思われます。

 次が1969年M5用として発売された、5群6枚11面構成です。こ
のレンズから、ヘリコイドが改良されて最短撮影距離が28インチ(70
センチ)になりました。最短だと、写る範囲は、縦5.75インチ、横1
0.9インチになります。これに伴い、DR仕様が無くなっています。こ
のレンズは、たった2種類のフリントガラスで作られているなど特徴の多
いレンズで、初めてライツがコンピューターを使って設計したレンズです。
最後が、カナダライツが設計した、現行光学系の4群6枚10面構成で、
M4−2用です。

 だんだん、構成が簡単になっていますが、これはコストダウンのための
簡略化だけでなく、ガラスの性能が向上したことによるものです。ガラス
の屈折率が上がると、もともとの球面収差やコマを減らすことができます。
初期のズミクロンに採用されていた、「空気レンズ」は、面数を増やして
コマ収差を補正する自由度を得るのが目的でしたから、ガラス性能の向上
とともに不要になったわけです。

 ただ、コンピューターで大量の光跡計算が出来るようになったこともあ
って、新レンズほど全体に均一な画質向上を図っていますので、周辺と引
換に中央の画質が落ちていることもありそうです。以前、これらのズミク
ロン50の描写を比較したことがあるのですが、不慣れもあってか、いわ
れているほどの画質の差は、見つかりませんでした。カラー描写は、やは
り現行が一番、良いようです。



T.Kubo エルマーとズミクロン
12月21日(金)22時46分

 良吉さん、しばらく。
 kudo氏はネットの仕事をしていますが、教鞭も取っている
方です。元レンズメーカーにいた方です。私は、ネット、レ
ンズの両方でお世話になっています。このwebの協力者でも
あり、ライカIIIfの作例は彼が撮ったものです。原版はもっ
とカラフルです。当時はスキャナーがまだ高く、ボロだった
のです。では、T.Kubo



Y.Sugiyama プレスB(フラッシュバルブ)のガイドナンバー
12月22日(土)10時59分

ISO100・1/30秒のシャッター速度でガイドナンバー64でした。



Y.Sugiyama ミノルタ16他オールドフィルム・現像・プリント・スプール
12月22日(土)11時03分

発売中の月刊誌「写真工業・2002年1月号」の46ページに、、、
126(来春)・127・620・828・ボルタ・16mmのオールドタイプ
フィルム・現像・プリント・スプールについての広告がでてます。
赤坂・青山・銀座・新橋方面のカメラ屋さん6店(127だけ7店)で取扱って
いるそうです。
スプールは上記のほか、私には解らないのも載ってました。



Y.Sugiyama RE:グラフライトフラッシュ
12月22日(土)12時26分

山崎さん、、こんにちわ。

>※単一電池3コ使用の本体
>※5インチ径の傘(私の場合は大きなバルブは使わない)
>※ソレノイドコード(できればストレートタイプ)
>※固定クランブ2個
>ですね。

あと、、、シンクロコードです、、、お忘れないように!!
2個用で使えないと決まった訳ではないです。でも、皆さん3Cellです。

>クランプとカメラをつなぐ金具があるんですが、一見、レザーストラップを
>付けるような金具です。私のには、それが付いていなくて、その下の、座板しか付い

例の本143ページ下の「フラッシュ取り付け台」が無いとクランプでは取り
付け出来ません。その下に見え隠れする「その下の、座板」が一部見えます。
フラッシュ取り付け台 = FLAT BATTERY CASE MOUNTING PLATE Cat.No.2754
この部品にはビス(ネジ)は付いてないかも知れません。カタログ写真には
載っていません。
これが無くて「その下の座板」だけだと例の「正統派スピグラガン」が付きます。
「その下の座板」と「フラッシュ取り付け台」がセットになったものが、、、
   BATTERY CASE MOUNTING BRACKET Cat.No.2755
「正統派スピグラガン」はカタログが無くて、製品名・品番がわかりません。
例の本の130ページ左下のマニュアルが入手できれば、、、

>(・・略・・)単一2コの物は、俗に、
>グラフライト・フラッシュ・ジュニアという物なのでしょうか。尋ねてばかりで、

「単一2コの物」と「ジュニア」は別ものです。Ca.No.が違います。
でも太さは同じなので、レフレクター・クランプは同一のものでokです。
「単一2コの物」はカタログの写真が小さくて今ひとつなんですけど、電磁
レリーズボタンがありそう???です。「ジュニア」はキッパリありません。

「2コの物」と「ジュニア」は単一電池(Dサイズ)のほかB−Cサイズの
電池もカートリッジで使えます。 = GRAFLEX B-C CARTRIDGE Cat.No.2795
B−Cサイズとは、多分、単三/単二だろうか???、形は上げ底の筒です。
ソレノイドを使う時は「Dサイズ」オンリーと注意があります。

>すみません。セットで売られてましたが、カタログでは、パーツ商品だった

いえセット商品です。1966年とか後期になると破損補充が多くて修理扱い
から、パーツ販売したんだと思います。

以下は、推理です、推理です、推理です
レンズシャッターが「GRAPHEX」「シンクロコンパー」だったら
「2個もの」でok、、、で、、、
レリーズの重いコダックの「フラッシュマチック」だったら「3個もの」かも
とか考えましたが、、、どうでしょう、、、
「3個もの」は重いんですよね!!撮ってるときは感じないんですが、肩に
しょってるとき、くいこみますね。でも「3個もの」が安全パイですね。
私の「3個もの」はスーパーグラフィック45で使ってます、いえ、付けて
あるだけです。



T.Kubo グラフライト
12月22日(土)20時34分

 グラフライトの電池2個のものと、3個のものは筒の長さが違うだけで全
く同じ物です。私の持っているもので見比べると単に筒が伸びただけで、5
個のコード差込口、ボタンの位置も全く同じです。

 当時の総発売元の美スズ産業のカタログによりますと、グラフライトの仕
様は、
●マウンティングブラケット
●バッテリーケース     バッテリー2本及び3本入り
●リフレクタ        5”及びエジソンベース用7”
●エクステンションチューブ 増灯用
●シ−ルド         バルブ破片が飛ぶのを防ぎ、光をソフトにする
 となっています。好きな組み合わせで買えたのかも知れません。

 写真工業、1959年の4月号の「スーパーグラフィック解剖」記事を要約しま
すと、
 バッテリー2個のグラフライトはスーパーグラ用、3個のものはそれまでの
ペースメーカ用。ペースメーカーのソレノイドは大電流を喰うので電池が3個
必要だった、スーパーグラは高性能ソレノイドがカメラに内蔵されたので2個
でもOKになった、とあります。
 ペースメーカー用には電池3個の長い方がオススメということになりますか。
 では、T.Kubo



山崎 パーツの多さに驚きます。
12月22日(土)21時08分

山崎です。

Sugiyama様、こんばんは。

詳細な解説を頂きまして有り難うございます。おかげさまで、始めた時の
事を思いますと、ずいぶん、知識がつきました。海外通販などをあてにする
しかないものですから、間違えずに、正確に手に入れる事が第一だと思いま
した。手元に、マニュアルが無いものですから、ご返事から、想像するしか
ないのですが、スピグラは、膨大なパーツが、お国柄か、合理的にシステム
化されていたのですね。これにはこれ・・・これはあれと互換性がある・・
・無駄なものが無いです。逆に、その辺の事を理解していないと、なんの部
品だか分からないです。部品が多いだけに。プロが多く使ったから、購入者
が、使いやすいようにと言う、メーカーの配慮なのかもしれません。今では
プロもアマも、同じカメラを普通に使える時代です。当時の職業カメラマン
は、職人と言うイメージがあります。これほど、道具と人間が身近に感じる
世界は少ないと思います。スピグラは、その最たるものだと思いました。い
かようにもカスタマイズできる。先日、sBayを見てましたら、スピグラに、
古めかしいバレルレンズを着けていました。フォーカルプレーンだから出来
るんですね。これは一例ですが、これほど、多様に組み合わせができるカメ
ラは、楽しいものです。そして手持ち撮影が出来るのも嬉しいです。スピグ
ラへの、熱い思いを書いてしまいました。(一部、間違っているかもしれま
せん・・・失礼しました)



N.Honda 美スズ産業
12月22日(土)23時29分

懐かしい社名がでてきましたね。

倒産?直前に訪ねてグラフライト一式を購入したんです。
当時工場撮影が多くてフラシュが必需品でした。
パソコン通信時代の会合で集合写真を撮ったヤツです。
バッテリケースは2本用でも、延長チューブで3本でも5本でも増設できます。
増灯1灯でしたらバッテリ2本でも問題ありませんが3灯以上増灯する場合は
バッテリを3本にしました。

当時国産でも数社から発売されていましたが、信頼性、材質感、美しさなど
グラフライトには及びませんでした。



山崎 グラフライトフラッシュ、やはり良いですね。
12月23日(日)00時01分

山崎です。
「スピグラと駈けた」の表紙折り返しの写真のやつが、Sugiyama様のおっしゃる、
正統派スピグラガンでしたら、たいへん美しい物です。モノクロですが、光り輝い
てます。クローム処理してあるのでしょうか。往年のアメ車のラジエータグリルを
連想します(きざな言い方ですね)デザイナーの美学というか、こだわりを感じま
す。物として、こういうのは、強い思い入れを感じてしまいます。道具です。必要
以上のこだわりは、持ってはいけないのですが、持たずして、スピグラには、付き
合えないでしょう。後年は・・・どうでしょう。アルミの地肌のように見えます。
いずれ、手に入る日が楽しみです。



T.Kubo グラフライト
12月23日(日)01時11分

 N.Hondaさん、こんばんは。
 美スズ産業のカタログには当時のグラフレックス社の主力商品が
ほとんど出ており、積極的に販売していた様子を窺い知ることがで
きます。
 カメラはスピグラ、クラウン、センチュリー、XL、XLS、それに
グラフィックビューも出ています。ホルダー、アクセサリー、レン
ズが網羅されています。私がスピグラを使い始めたのはメーカーや
代理店が消滅した後なので、カタログなどは貴重な資料になります。
 4x5カメラが光を放っていた時代に、直接グラフライトを買い
に行った話はうらやましいような気もします。では、T.Kubo



N.Honda 美スズ
12月23日(日)11時44分

Kuboさんをはじめ熱心な研究家のみなさんには敬服します。
グラフレックス最後の華?はXLシステムだったと思います。
システムカメラという呼び方のはしりであったと思います。
日本橋高島屋の特別室で発表会があって、関係者には華やかでしたが
一般受けはしませんでした。ぼくも冷ややかでした。
グラフレックスの終焉を告げるがごとしでした。

グラフライトを買いに行ったときセンチュリーを見せていただいたのですが、
レンズボードがアルミからプラスチックになっていました。
その後電話をしたら、どこかの大問屋にすべて売り払ったとのことでした。
それから間もなく美スズも消えたようです。

そしてまもなく中古店に新品が出回りました。さほど必要はないのですが、
安かったこともあって66のロールホルダーを買いました。
─────────────────────────────────
スピグラを使うには自分で修理できなければだめだと言われました。
また修理できるカメラでした。そんなところに魅力があるのでしょう。
ぼくがセンチュリーを欲しかったのもこうした理由がありました。

かつて業務で4x5カメラが必須だったのは、製版カメラが4x5であった
ことも理由だったようです。ネガに直接修正を加えたという話もあります。

ともあれバックは、その後の4x5カメラの標準とも言えるほど普及しまし
たし、パックホルダーは最後までグラフレックスでした。現在でもフイルム
があれば使いたいと思います。(パックフイルムは製造されていますか?)



山崎 スピグラの代理店、美スズ
12月23日(日)12時32分

山崎です。

Honda様、はじめまして。

日本の新聞社などに多く扱われていたスピグラですから、代理店が存在したと思って
ましたが、ご説明の美スズがそうなのですね。店の倒産とともに、多くのカメラが、
おそらく、破格で売られてしまったのかと思うと哀れです。それを思うと、中古市場
に、それらが出てこないのも不思議です。新聞社の倉庫の奥に、埃に埋もれて、多く
のスピグラの墓場があるのかもしれません。

今日は、良い天気です。シートフィルムが、2セットできてます。持ちだそうと思い
ましたが、冬は日差しが短いです。正月は、縁日で着飾った晴れ着姿の人並みを写そ
うかと思います。

あ、それと、皆様にお聞きしたいのですが・・・オプター135ミリのフード径は
いくつでしょう。量販店で汎用の物があれば付けようと思います。



T.Kubo 美スズ
12月24日(月)09時40分

 山崎さん、いよいよ撮影編ですね。シートフィルム2セットはたった
4枚ですね。4x5はこれでも十分です。私は、Grafmatci Film Holder
2個(12枚)をセットして、意気込んで出かけますが、Holder1個も消
化できずに、余って困ることがあります。このホルダーは露出分だけ取
り出して現像というのは真に面倒で実際にはできないのです。仕方なく
余った分は、子供のスナップということになりますが、大きくなると付
き合ってくれません。
 オプター135mmのフードは今このレンズを持っていないのでよく分かり
ません。エクター127mmF4.7の場合、内ネジは36mmφで特殊なものです。
普段このレンズには他のカメラ用の38mm被せ式フードを使っています。
 私の仲間はフードが手に入らない場合は、スピグラに限ったっことで
はありあませんが、少し大きめのフードの内ネジの部分にプラスチック
を入れて被せ式にして使っています。プラスチックの材質は分かりませ
んが白い半透明のもので、削って合わせているようです。古いレンズは
直射日光が当たると虹が出ることがあるのでフードは必需品です。しか
し、手持ち撮影のときは面倒なのでのでフードを使わない「いけない撮
り方」もしょっちゅうやっています。

 N.Hondaさん、パックフィルムは確か8枚(10枚?)連続して撮れる
4x5フィルムだと思いますが、私もパックアダプターを持っているの
で随分昔にコダックに問い合わせたことがあります。「ノー」の返事で
した。では、T.Kubo



Y.Sugiyama 懐かしい「パックフィルム」
12月24日(月)14時00分

N.Hondaさん、T.Kuboさん、失礼します。

期限切れのパックフィルム(Tri−X)1箱持ってます。
コダックのPlus−X・Tri−Xの16枚撮りなんですけど
レディーロードパケット(表裏の2枚撮り)発売と同時に廃止されてしまって、
フィルムの平面性がどうとか良く議論されてましたけど、すごく使いやすくて、
便利だったです。1日あたり2箱も持てば目一杯撮れます。
10年ぐらい前に木製フィールド4x5で使っていたんですが、隅っこに隠れ
ていたのが1箱あって、今は記念で開封もしてません。
Tri−Xpan/ISO320で、当時の量販店価格が¥4050でした。
多分、1991年ごろの購入で、箱に次のように注意書きが貼ってあります。

NOTICE
This prodeuct will not be
manufactured after April 1, 1993.
As a replacemennt we recommend
KODAK T-MAX 100 Professional Film
in the Kodak Readyload packet.



N.Honda 懐かしい
12月24日(月)21時55分

山崎さん、
嘱託をしていた会社には3台のスピグラがありましたが、
安心して使えるものはありませんでした。
それだけ使い込んだということです。
たぶんどこの職場もそうだと思います。
そんなことから中古としても商品価値がなく、
中古市場に数少ないとしても不思議ではないでしょう。

最良の仕事をするには機材の選択もカメラマンの技量です。
失敗をカメラの理由にはできないからです。
ここが趣味と大きく異なるところです。
本来趣味もそうなんですがね。
でもカメラ趣味ならいいでしょう、ぼくもそうですから。

Kuboさん、
パックフイルムはなぜか16 枚なんですね。
撮影の度にベロを引いて破くのがスピグラにはよくお似合いでした。
Sugiyama さんはお持ちなそうですが、1993には終了でしたか。
T-MAX 100のレディーロードパケットがあるなら使ってみます。
明日早速ホルダーのことなど聞いてみます。
4x5のB/Wは十数年ぶりです。そういえばかつて上下2分割して
パノラマ撮影などして遊びましたね。引き蓋を半分に切ったのが
まだあるかもしれません。
レンズのテスト撮影会などなど…、元気でしたね。



T.Kubo パックフィルム
12月25日(火)17時23分

 そうでしたか、パックフィルムは16枚撮りでしたか。私は一度も使っ
たことがないのでうる覚えでした。パノラマ用の引き蓋は私も持って
います。どこかのメーカーが売っていたものです。一度トライしました
が、無駄でも上下をカットすれば同じと思い始めたら、その頃は興味が
失せてしまいました。ところで、Hondaさん、今年も猫のカレンダー、
I嬢がやっと買えたと言っていました。大きい方もあと僅かだったそう
です。
 Y.Sugiyamaさん、一日に4x5で32枚は撮り甲斐があるでしょうね。
35ミリならどーってことない枚数ですが。私も組立て暗箱はハセミウッ
ドを一台だけ持っていますが、もう何年も使っていません。一時期アオ
リに凝った(練習した)頃やたら使いました。

 正月は久しぶりにスピグラのオリジナル、エクターで撮ってみようと
思い、出してみたらシンクロコンパーの掛かりが悪く、修理に出しまし
た。年内に上がって来るかどうかわかりません。ここんところスピグラ
で盛り上がっているのでそんな気持ちになっています。では、T.Kubo



N.Honda 無題
12月25日(火)21時48分

Kuboさん、電脳網もそうでしたが話題はむかしを思い出させますね。

I嬢はお客さまでしたか、よろしくお伝えください。

コダックのレディーロードパケットは片面1枚撮りに変更され、
富士のクイックロードも似たような構造らしいです。
というのは近くの堀内カラーでもトラブルが多いために需要が少なく、
在庫しているのは富士のカラー1種類だけです。ホルダーも共通だとか
少し違うとか曖昧でした。見たところぼくも不安な感じがしました。
やはり自分でシートホルダーに詰めたほうが安心です。

ということで正月の撮影は普段使わない69にします。

ところでセンチュリー(エクターとロールホルダー付)が5.5万円で
あったので見せてもらおうと思ったのですが止めました。でもやっぱり
気になります。程度は中古の中古といった感じでした。



Y.Sugiyama レディーロードパケット
12月26日(水)06時38分

N.Hondaさん、おはようございます。そして、とんだお手数をおかけして
申し訳ございません。
表裏2枚撮りなんて古い規格だったのですね、、お詫び申し上げます。



T.Kubo レディロードパケット
12月26日(水)08時37分

 レディロードパケット(コダック)を一度使ったことがあり
ます。黒いプラスチックの専用ホルダーはフィルム面の片側が
少し下がったように見え精神衛生上好ましく有りませんでした。
構造上仕方がないのかも知れません。実際の撮影でも何枚か失
敗しました。もちろん私の操作の誤りからですが。

 友人はフジを使っていましたが、ホルダー、フィルムとも安
定しているようです。ただ、普通の撮り枠で撮ったのと違い像
のエッジが真っ直ぐ写らないので(エッジが枠でマスクされな
いので)好きではないと止めたようです。

 その頃、やはり4x5は撮り枠(シートホルダー)が基本で、
この単純なホルダーを見直したことがあります。前日に何セッ
トか用意する、この作業も楽しみのひとつです。翌日雨が降っ
てがっかりすることもよくあります。では、T.Kubo



N.Honda 手ロードが確実
12月26日(水)09時21分

Y.Sugiyamaさん、お詫びは不要です。
おかげさまで明確になりました。

4×5をあまり使わなくなったこともあって、レディーロードパケットには
関心ありませんでした。グラフマチックも不安で使わなかったくいですから
なおさらです。便利はリスクを伴いますね。
やはり自分でシートホルダーに詰めたほうが安心です。



山崎 酷使されていた報道スピグラ
12月26日(水)12時48分

山崎です。

>Honda様

「スピグラと駈けた〜〜」には、スピグラの距離計は、誰も使わなかった・・・
不正確と言うより、壊れていたりで、目測で写していたそうです。フィート
の換算を瞬時にして、焦点めもりを見て合わせる・・・・職人技です。私の
クラウンも、購入時は、ひどい距離計の狂いでした。海の向こうでも、あま
り、役立っていなかったのかもしれません。ただ、調整をしてやれば、たい
へん、使いやすい物でした。プロの世界では、その、ハードな扱いに、狂う
こと、しばしばだったのでしょう。トップレンジファインダーは、ハーフミ
ラーのあたりに、カバー止めのネジが貫通してます。強い衝撃や、何かのは
ずみで狂いそうです、カラート製の側面に付くのも、フラッシュガンの付く
あたりです。なにかのはずみで狂いそうです。注意しています。話が脱線し
てしまい失礼しました。

>Kubo様

私の出撃パターンですが(笑)シートフィルム2セットに落ち着いてます。
35ミリ判では、フィルム枚数が多いので、いつも、持て余します。幸い、
大判カメラは、自分でフィルムをセットするので、私のような人間には、
たいへん、有り難いです。経済的でもあります。ダークバックで、フィルム
を装着するのは、最初は、苦労しました。シートフォルダーの構造を、手に
憶えこますのに時間がかかりました。夏場のセットはどうすればいいのか、
もっか、頭を悩ませています。私が、クラウンを手に入れたのが、今年の
秋でした。暑くも寒くもない時期ですが、ダークバックの中は、すばやく
処理しないと汗まみれです。汗で溶けた乳剤が、右手、親指と人差し指に
付着してます。不慣れもありましたが、注意しないといけません。レディー
ロードパケットは、この作業がいらないので、たいへん便利だと思いますが、
結構、高いです。楽しんで写すより、緊張の方が、私を支配しそうです(笑)



N.Honda そんなもんです
12月26日(水)18時59分

山崎さん、
スピグラを愛し、熱心に研究なさっているみなさんには酷な言い方ですが
そんなもんです。とくに多数の人が使う道具はどうしようもありません。
ライカだってそうでした。ボデーとレンズを集めて写してごらんなさい。
ピントがきたら偶然といっていいでしょう。
だからぼくは新品主義になったんです。けれども新品だからといって全面的
に信頼しておりません。念入りにチェックしても直後に問題が起きる場合も
あるのです。ここは程度問題ですが、日頃カメラを熟知していれば様子が
わかります。体調のようなものです。
──────────────────────────────────
かつて概略こんなことを書いた記憶があります。
よく銘柄をさして故障がち云々というけれども、カメラが故障するヤツって
決まっている。つまりカメラの故障は、銘柄ではなく持ち主に原因があると
いうことです。
──────────────────────────────────
水をさしたようでごめんなさい。でも心得てよいと思います。
なにせクラカメの世界は中古しかありませんから苦労しますね。
このサイトやロムニーの教科書で大いに勉強しましょう。
ぼくもロムニーの教科書や工具を分けていただいたのですが、なかなか
実行に移せません。そうした意味で気軽に分解できる中古が欲しいのです。



山崎 素敵なポラロイドカメラ
12月26日(水)23時47分

山崎です。

本を見てましたら、昔のポラロイドカメラの限定品が出てました。15万くらい
でしょうか。ウィンドウ越しですが、実物を昨日みました。写真よりも良く見え
ました。あれに、ロールフィルムバックが付いたら、さらに良さそうです。時々、
本物の古いポラロイドを中古で見ます。姿は、距離計の付いた、昔風の蛇腹カメ
ラです。安いようです。あれにも、ロールフィルムが付けば、生き返るのでは
ないでしょうか。スピグラについで、穴場の逸材になりえるんですが、どうなの
でしょう。



Y.Sugiyama 4x5のシートフィルム
12月27日(木)12時05分

私の場合はRVPしか使わないんですが、経済的な理由でシートフィルムを
使ってます。
   RVP量販店価格    フィルム単価+ 現像 =1枚当り(税込)
シートフィルム 50枚(\12,800) 256 + 270 = 553
シートフィルム 10枚( \2,640) 264 + 270 = 561
クイックロード 20枚( \7,690) 385 + 270 = 688
クイックチェンジ 8枚( \3,400) 425 + 270 = 730

そして、近場(早朝撮影)はホルダー2個(フィルム4枚)と決めてます。
持って行けば有りったけ使ってしまうので、、、
たまに、帰り際に、フィルム無しで良い光線状態なんかありますけど。
日の出から夏はAM7:30、今(冬)はAM8:30頃で撮影終了です。

8泊ぐらいの遠出の時は、有りったけのシートホルダー12個(24枚)と
フジクイックロード2箱(40枚)かフジクイックチェンジ(8枚撮り)を
4個(32枚)を持っていきます。これが1人力で出撃出来る限界です。
最初、シートフィルムを消化して、3日目に不要品とともに郵便小包で自宅
に送り、その3日後、そして帰り際にと3回の郵便小包です。
帰ってくる時には着替え類やフィルムは郵送済みで、カメラだけの軽い荷物
でご帰還です。

週間天気予報で風の無さそうな場合はクイックロードで、強そうか良く分か
らないときはクイックチェンジです。
持ち運びにはクイックロードがコンパクトで圧倒的に良いですが、引き蓋
(封筒様のタブ)が風に煽られます。
シートフィルムホルダーを旅館とかで日々詰め替えてもいいんですが、
ダークバッグ(チェンジングバッグ)が意外とかさばり重いのと、面倒なの
でやってません。自宅の場合でも詰めるだけで、撮影後はそのままホルダー
ごとラボに出しているズボラ者です。傷つき防止対策でも有るんですけど。



おやおや クラカメ雑感
12月27日(木)13時36分


現在を近代とすれば写真歴史中期50〜60年代には非常につくりの良い(機会仕上げ,手作りの良さ、レンズの良さなど)とくに外国製のカメラが花盛りでありました。
それを狙って、コンテッサ、ビトレックス、レチナ等ライカ、コンタックスとは違ったいわゆる大衆向きのカメラを集めてみました。レンズはテッサ‐、ウルトロン、クセノンと第一級で写りといった点では交換は出来なくても昨今のレンズと比べても何ら劣りません。概して、フィルムの高感度が低かった故か、大口径、明るいレンズの開発が華やかでありましたが,ここに最近のいわゆる馬鹿ちょんを含む小さい口径で写す写真と違った良い雰囲気が生まれているのでしょう。更に時代は進み中期末70年ごろとなり、わが国のいわゆるレンジカメラも花盛りを迎えましたが、SLRへの転換が直ぐ後に控えていたためそれほど長い期間続くことなく、終わってしまいました。コニカ、オリンパス、キャノン、ヤシカ、ミノルタといったところが大同小異のレンジカメラを出していますが,どれも此れも改めてそのつくり具合を見ると、非常に手が込んでいて、昨今、中古市場で数千円で売っているのを見るにつけ,当時ほしくとも手が届かなかった時代間隔と兼ね合わせて考え、今コレクションに並べてあるところを見ると隔世の感があります。この二つの世代にあたっての一群の内外製カメラには、わが国の機械的製作技術がようやっと5,6年〜10年遅れて外国に追いついたという所を感じさせます。SLRになってから、また電子化が進んでからのわが国の他の追従を許さない一人舞台の発展は、誰しもが知るところでありましょうけれども。しかし,私はこれらの時代のカメラを今もって愛していますし、作画後の出来具合においても、何ら結果的に昨今のカメラにまけない事実から見ても、便利さだけは技術の発展があったものの、機械そのものの最終的に良い画像を作るという点においては発展はないほどに今から何年も前に爛熟してしまっていたというのが、否み得ない事実なのではないでしょうか。目のさめるような古いカメラの写りに改めて満足している今日この頃であります。



海 初めまして。
12月27日(木)13時58分

ニコマートの検索でやって参りました。
私も一台、父親の使っていたニコマートを持っているのですが、
長い間、使用していなかったためか、壊れてしまいました。
Nikonの方に修理に出したのですが、
古くて部品がないということで、戻ってきてしまいました。
もし、何所か直してもらえるかも、という所をご存知でしたら
是非、教えていただきたいのですが・・。



山崎 貴重なお言葉です。
12月27日(木)14時41分

山崎です。

>Honda様

当時を知っておられます、方々のお話は、たいへん参考になります。銀座などの
名のある店は、クラカメを整備して売っています。でも、実際は、調整や修理を
必要とするカメラがほとんどです。海外のネットオークションや、安いけど、買
いつけたままの物などは、私の場合はライカでしたが、ほとんど、距離計が狂っ
ていました。今回は、スピグラでした。でも、そういう物だと、はなからではな
いですが、割り引いて考えてます。持ち主の原因・・・おっしゃるとおりです。
私のカメラは、この先、運がよければ、何十年も人へ継がれてゆくことでしょう。
ちゃんとした状態で残してあげたいです。



山崎 ニコマート
12月27日(木)14時51分

山崎です。

海さん、はじめまして。

ニコマートの故障は露出計でしょうか?露出計関係で、メーカーサポートを
受けられない古いカメラは、結構、聞きます。

×東カメラに聞かれては、いかがでしょう。

人様の掲示板ですので、伏せ字にしましたが、メールをくだされば、返信して
ご返事できます。もし、出来るとしたら、ちょっと高くなるかもしれませんが・・・



海 お返事ありがとうございます。
12月27日(木)19時33分

ミラーのはがれと、シャッターが切れません・・。
カメラ屋さんで、みてもらった時、
底を開けてみてくれたのですが、
どうも、簡単には直りそうにない、という事で、
修理に出したのですが、どうなんでしょうね。
電機系統の故障かと思われますので、
代えが無い限り、無理かもしれません。
一度、○東カメラにも問い合わせてみます。
ありがとうございました。



T.Kubo ニコマート
12月27日(木)22時06分

 私のニコマートも一度だけシャッターがロックしてしまい修理に
出しました。ニコンサービスに問い合わせたところ、部品が無いの
でと丁重に断られました。ニコンなら大抵の修理屋さんで直しても
らえると思います。関東カメラサービスは場合によっては部品を作っ
てまで直してくれるそうです(社員の方に聞いた話)。
 私は人形町の直井カメラサービスに頼みました。しかし、これは
webに書いた通り10年以上前の話です。参考になりませんね。以後。
たまにしか使いませんが元気です。では、T.Kubo



匿名でお願い 誠に失礼ですが山崎さんに苦言を
12月28日(金)10時37分

山崎さんの書き込みを他BBSでも拝見しますが、ここでは「Ur Name」は「Title」に併記されます、毎回の「山*です。」改行「**様」改行、は4行ほど画面をムダにしています。こちらに限っては不要なのでは?



山崎 分かりました。
12月28日(金)11時32分

匿名さん、このようなことは、ついぞ、言われた事はありませんでしたが、
環境によっては、見ずらいし、うざったくもあり・・・と言う事もあります。
メールにてご返信したかったのですが、分かりません。こちらは、kubo様の
主催されていますカメラ掲示板です。苦言は結構ですから、私あてに、メー
ルを入れて欲しかったです。

了解しました。



TCONTA プレスBのフラッシュガン
12月28日(金)17時42分

T. Kuboさん
先週の皆様のフラッシュガンの
話しは、読ませていただいて
実用になるところが非常に勉強になりました。

横浜のYでプレスBのバルブも入手可能でしたし、
途中で無理と思った22.5Vの積層電池も
秋葉原で入手できて、まだ生産しているそうです。
オヤジのところにあったニコンF/SP用の
フラッシュガンがまだ使えることが確認できました。

この時代のキャノンの
フラッシュガンもレンジファインダーのキャノンのカメラの
サイドに専用コネクターにつけるやつで
全く他社のカメラには、使えません。

昨日ICSのライカプライスカタログを見ていたら
お勧めのCETOOは、非常に割安なので、探してみたいです。

お遊びは、スーパー、文房具やで売っている
プリントゴッコ用のフラッシュバルブ(10個/980円)
がプレスBのバルブの口金で
黄色?のカバーをしているので、正月休みにこれで遊びます。

TCONTA



山崎 キヤノン独自のコネクター
12月29日(土)00時31分

TCONTA様、私も、キヤノンのサイドコネクターでは、縁があります。
キヤノン7を使いはじめてるんですが、これにはアクセサリーシューがあ
りません。キヤノン7用に、専用のカプラーが存在したそうですが、本体
よりも高いというプレミア品です。スピグラのフラッシュガンがよぎりま
した。高い割には完品(品物)が無い・・・



T.Kubo フラッシュガン
12月29日(土)09時15分

 TKONTAさん、まずフラッシュガンは今や使う人が少ないので格安
で手に入ります。ライツ製でも例外ではなく、CEYOOとCHICOが2,
3千円で手に入ります。CEYOOは大型の汎用ガンです。CHICOはIIIf
用でノーコードで使えるのが特徴です。接点の構造が違うため、普
通のカメラのホットシューには対応しませんが、プラスチックのブ
ラケットにドイツ式接点が出ています。普通のシンクロターミナル
を持ったカメラなら問題なく使えます。
  http://www.cosmonet.org/camera/flash.html
 ツァイスイコン製にはIkoblitzというガンがあり、これも精巧に
できています。オシャレなガンで有れば2千円以下で買えると思い
ます。

 ガンのテストは1〜3ボルトのスワンベースの豆球を使います。
日曜大工ショップなどで売っています。22.5Vの電池でも、実際は
コンデンサーにチャージされた電力を放電するので通電時間が短か
くあまり明るくは光りません。撮影前にこれで接続をチェックする
といいでしょう。ストロボとは光が違うので一度使うと止められな
くなります。では、T.Kubo



山崎 ライツのフラッシュガン
12月29日(土)11時57分

kubo様、よく話に出ます、ライツ製のフラッシュガンですが、ずいぶん
とお安いのですね。ライツ製と言う事で、高いものだと思っていました。
作りの良さが想像できます。確かに、使う機会は、ストロボには、かない
ませんが、当時をしのぶかのように、プレス然として撮影するのは楽しい
と思います。また、フラッシュは、光の拡散がストロボよりも、自然との
事(うろ覚えです。間違っていたらすみません)傘の効果は大きいです。
バルブは今でも手に入ります。私は、ちょっと、こちらの方に興味があり
ます。値段もありますが、スピグラの専用ガンよりも、優れてる面を、持
ち合わせていると、以前にも読んでおりますし。スピグラの方は、気長に、
焦らずです。



T.Kubo フラッシュガン
12月30日(日)10時07分

 ガンにしてもその他のアクセサリーにしても、探して直ぐ
有る物ではなく、頭の隅に入れておいて見かけたら買うぐら
いの気持ちでいればいいと思います。

 山崎さんがポラロイドカメラについてコメントしていまし
たが、私も昔同じことを考えたことがあります。ただ、実物
を見るとカメラ自体が大きいのでひるんでしまいます。引伸
ばしを前提にしないカメラですから当然のことですが、6x9cm
蛇腹カメラと比べるとあまりにも大きいのです。
 昔のポラフィルムは超高感度のASA2000や3000が普通でした。
そのためレンズの絞りはF48やそれ以上も可能で、優秀なレン
ズが付いていることもあり、これを取り外して特殊な用途の
撮影にに使えると、友人が話してくれたことがあります。雑談
でした。では、T.Kubo



N.Honda フラッシュガン
12月30日(日)11時04分

美スズからグラフライトへと話題が展開し、モノを出して点検しました。
Graflite Flash Equipment Guidebookなる小冊子も出てきました。
普段から整理がよくないので、いざというとき探すのが大変です。
おかげさまで整理ができたのが収穫です。
もちろん年末年始の休みにはフラッシュ撮影を試みます。
─────────────────────────────────
グラフライトは堅牢で美しく、あらゆるカメラにガッシリと固定できて
ホールド感が安心できる。ブラケットは二つの部品から構成されており
スピグラ以外のカメラにも有用だ。
2種類のリフレクターはエジソン、スワンベースを撮影目的に応じて使い
分けできる。
シールドもその装置は半端なものではなく堅牢な作りだ。
設置するデュフーザーは、透明や乳白など何枚かあったが乳白だけが設置
されていた。
バッテリーはいつでもどこでも容易に入手できる単1なのがいい。ここは
重要なところだ。

ライツのCEYOOはエジソン、スワンベース共に使えて小型軽量。ゆえに
リフレクターの反射効率はグラフライトよりも劣る。けれども小型軽量さ
は重要だから、そこは撮影目的と携帯性を合わせてある程度妥協する。
バッテリーの入手が容易でないなのが欠点。コンデンサーの寿命も心配。
─────────────────────────────────
Kuboさん、CEYOOとCHICOが2、3千円とは驚きです。多分海外通販
だと思いますが、銀座では1万前後だったと思います。
CEYOOはコンデンサーの寿命が心配ですし、増灯用にもう1台欲しいく
らいです。ついでにCHICOも欲しいです。
Ikoblitzはオフミでどなたかに差し上げた記憶があります。
ローライのガンはバヨネットなので改造しましたが、根気が続かず途中で
止めてしまいました。というよりも失敗でした。



山崎 海外事情
12月30日(日)13時09分

山崎です。

Honda様、私は、当ても無いまま、気のむくままですが、ネット検索で
フラッシュ関係を見ておりますが、ライツ物は、結構、目にするので
驚きました。国内ではなくアメリカですが。国内は、需要の無さからか、
そう、引っかかりません。付属品などで格差があると思いますが、$10
〜$30、ボックス付の、おそらく完品でしょうか。$50でありました。
多くを望まなければ、$30前後と言うところのようです。それでもEX±
です。それに安いです。eBayにCEYOOがありました、なるほど、
作りの良さがうかがえます。黒塗り結晶塗装と言い、良いものです。集合
写真や記念写真では、光量が多くて、きれいに拡散するフラッシュの恩恵
は大きいはずです。ハレの撮影には重宝すると思います。ストロボとフラッ
シュの使い分けは、案外、理にかなっているのではと、最近、思います。
コレクションに見られがちな、これらの製品を常用したいです。グラフ
ライトフラッシュよりも、こちらが先になりそうです。

kubo様、私の見たポラロイドは、おっしゃるように、どれも大きかったです。
てっきり、4の5用だと思っておりました。安いと言っても、その値段を出せ
ば、海の向こうから、センチュリーグラフィックを輸入できます。知らない
とは、恐ろしい事です。間違えが起こらなくて良かったです。



T.Kubo フラッシュガン
12月30日(日)18時16分

 N.Hondaさん、山崎さん、こんち。
 CEYOOは国内のカメラショーでは4〜8千円くらいしていま
した。今はオークションですがインターネットが普及する前は
海外通販から買っていました。CEYOOは5台くらい買いました
が、付いてくるコードがまちまちで、中にはM3用の接点の付い
たものも有りました。赤いボール箱に入っています。CHICOは
3〜4台買いましたが、テスト用の豆球が入っているか否かの
差で殆ど内容は同じものでした。こっちは透明のプラスチック
ケースに入っています。
 イコブリッツ(1,000円)やミノックスガン(約2,500円)は
国内で買いました。ミノックスガンも今まで数個買いました。
あと国産のガンは十数台買いましたが、殆ど500円以下でした。
使う人口が少ないので助かります。

 内部のコンデンサーは殆どのガンが100マイクロ(ファラッ
ド)の電解コンデンサーなので秋葉原で調達してハンダ付け
で交換できます。一回くらい交換した記憶がありますが、大
抵生きています。

 バルブの調達はプレスBがヨドバシ、ピーナッツはカメラ
クラブの先輩がアメリカから大量に仕入れたらしく、100個
500円でわけてもらいました。ピーナッツといえども強力で、
箱に印刷されている露出表から、ISO100で、5m離れた場合
F11に絞れます。
 環境問題から新品のバルブを捨てるのを躊躇している近所
のカメラ屋さんに、私が捨ててあげる、と紙袋いっぱいのバ
ルブをもらってきました。半分はキューブタイプとSX70用の
ものでした。残りは5Bやピーナッツでこれは使えます。この
秋のことでした。では、T.Kubo



T.Kubo オークション雑感
12月31日(月)08時43分

 ebayとYAHOO!でフラッシュガンを見て感じたのですが、ebayで
は魅力的なAGFAのガンが3ドル、ライツのCEYOOは10ドル、一方
YAHOO!(日本)では国産のガンが3,000〜4,800円と、何れもスタ
ート価格ですが値段の開きの大きいのがわかります。国内の方は
殆ど価値がわかっていなくてルックスが立派だから、くらいの気
持ちで出品するのでしょう。殆どが動作不明、返品不可ですから
落札意欲は湧きません。ガンでもライツ製となると高値を付けて
も不思議はありません。
 私はオークションではあまりカメラは買いませんが、アクセサ
リーには手を出すことがよくあります。先日、ペンタックスのア
ングルファインダーを1,500円で買いました。これなんかは上のガ
ンとは逆にもう少し高い値段でも売れたと思います。
 オークションは見ているだけで楽しいので、暇があればチクチ
クとクリックしています(実際は暇がない)。しっかりした知識
があれば安く買えることもあるので、日頃の研究(?)が役に立
ちます。では、T.Kubo



山崎 国内外のオークション
12月31日(月)13時19分

今年も終わります。皆様、如何、お過ごしでしょうか。

Kubo様、私も、最近は、ネットオークションをよく見ます。一頃は、落札も
しましたが、このご時世もあり、これは・・・っと、思うもの以外は、ひか
えています。しかし、欲しいととなると、意外と気に入った物が出てきません。
うまく行かないものです。手元のローライ35(テッサー、ドイツ物)とモス
クワ5は、eBayで手に入れました。前者が確か$300前半、後者が$70台
だったような記憶があります。送料や税金を入れても、国内よりもお得でした。
良品でしたし。バルナックが好きで、お気に入りの一台の予備にと、同機種を
手に入れましたが、こちらは、値段が安かった事もあり、注釈通りの物でした。
OHを見越して落札すべきでした。私が悪かったんですが。メールにて内容を
理解できるので、ネットオークションも、理解して行なえば、そう、リスクは
無いと思いました。ヤフーは、落札した事は無いですが、スタート価格が高め
です。それでも、キヤノン7用の専用フラッシュが出ていたり、面白い物が
見られます。ヤフーは、確かeBayの成功から、始めたのではなかったでしょう
か。eBayにおいて業者が落札したりで、流通というものの、ある部分が分かっ
てしまい、いろいろな発言が聞かれました。流通の仕組みが明快で、お金のク
リーンな取り引きが出来るので、(問題が無い訳ではありませんが)これから、
ネットオークションは、もっと、普及するのではないでしょうか。



T.Kubo オークション
12月31日(月)16時35分

 山崎さん、私は今夜0時に謹賀新年のアップデートをしなければ
ならないサイトが何個かあるので仕事をしています。

 オークションはリスクを覚悟でやっていれば問題ないですね。期
待通りのものが来なかった、というトラブルが多いようですが、こ
れはルール違反です。出品する側は全てのコンディションを書かな
いので落札側とのミスマッチが起こるようです。納得いくまで質問
するのがベストですが、手にとって買うようなわけには行きません。
ebayでは出品者にメールが出せるのでReserve Priceなんかは大抵教
えてくれます。日本のYAHOO!は公開質問形式ですが、大抵納得のいく
答えが返ってきます。出品者がカメラをよく知らない場合はトンチン
カンになりますが。
 私もオークションで買うのは100ドル止まりであまり高いものは買
いません。モスクワ5型の70ドルは安いですね。面白いのは日本の
オークションのデジカメは、ショップのディスカウントの方が安い
のを時々見かけます。では、T.Kubo



N.Honda オークションとガン
12月31日(月)19時17分

 たしかにオークションは、最終価格はわからないにしても銀座価格より
もはるかに安いようですね。それにかつて欲しかったモノが豊富で、欲し
いモノだらけです。けれども中古だから安いのであって、新品ごときを望
むべくはありませんが、よりよいモノを求めるのは人情ですね。でもそれ
らを全部手にしたら、そりゃあ楽しいけれども一時でしょうが振回される
ことになるでしょう。

 それにしてもT.Kuboさんはガンをたくさん買いましたね。
できることならCEYOOとCHICOを分けていただきたいくらいです。
シャッターコードは現行の(コンパータイプ?)が理想ですが、無理なら
接点を交換しますからなんでも結構です。
 それとCEYOOのシャッターコードだけなんてないでしょうね。という
のはコンパータイプに改造するとき、ガン側のソケットを壊してしまった
んです。ハダカ線を差込んで間に合せていますがちゃんとしたいのです。

 昨日はCEYOOをパラソルバウンスするための装置を工夫しました。
バルブをパラソルのセンターにするには難儀ですね。そこで頻繁に使うわ
けではないのでHama製のパイプを通す穴とアクセサリーシューが一体に
なったもので妥協しました。

 実際集合写真の場合はパラソルバウンスがいいです。高出力のストロボ
は大きく重いのでフラッシュガンが最適です。そして今日はCEYOOとグ
ラフライトをTechnika69にセットした写真を撮影しました。デジカメが
あればメールできるんですが、未だにないのです。来年は買わなければな
らないようです。

間もなく新年ですね。今年もお世話になりました。来年もどうぞよろしく
お願い申しあげます。Kuboさんは現在超多忙でしょう。